派遣の悩み

派遣で最悪な職場になってしまった方へ【3つの対処法があります】

派遣で最悪な職場になってしまった方へ【3つの対処法があります】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事は、こんな悩みを抱えている方に向けた記事となっています。↓↓

ごりー
ごりー
派遣で働いてみたいけど、最悪な職場に当たってしまったらどうしたらいいんだろう?辞めるのって難しいのかな?

 

新しい職場に変わるとき、人や環境と合わない最悪な職場だったら絶対に嫌ですよね。絶対に嫌だけど、残念ながらそうなってしまう可能性は誰にでもあるわけで。

もし、そうなってしまったときに、ストレスばかりの毎日を過ごすのは絶対に嫌ですよね。

 

じゃあ、最悪な職場に当たってしまったときはどうすればいいのか。結論をいいますと、最悪な職場になってしまったときの対処法は下記の3つ。↓↓

これを本記事でお話していきます。

  • 職場の中で配置を変えてもらう
  • 派遣先を変えてもらう
  • 派遣会社ごと変えてしまう

 

派遣で最悪な職場になってしまったときの対処法

派遣で最悪な職場になってしまったときの対処法最悪な職場になってしまったときの対処法は3つあります。

  • 職場の中で配置を変えてもらう
  • 派遣先を変えてもらう
  • 派遣会社ごと変えてしまう

 

職場の中で配置を変えてもらう

人や働いている環境が合わないと感じたとき、まず考えてほしいのが職場の中で異動できないのかってことです。

派遣会社も、派遣先も変えずに済むので、一番平和的な解決方法になります。ただし、これが出来るのは中々限られていますよね。

 

たとえば、病院などでは、1つの派遣会社が複数階を担当していることがあります。

その場合は7階から8階に異動したいと主張することもできるわけです。営業であれば、担当地域を変えてもらうとかですね。

 

でも、派遣社員として入社したての人の希望が通るのかというと、正直微妙です。

 

大体のエージェントは「とりあえず、いまのところで頑張ろうよ」って慰めてくるはずです。

それで毎回動かしていたら忙しくてたまらないですし、会社の評判も下がりますからね。

 

そうなると、どのタイミングで伝えればいいのかって話になりますが、結論からいうと、以下の2つのタイミングがおすすめです。

  • 入社してから3ヶ月経った頃
  • 次回の契約更新日の1ヵ月前

 

派遣の場合、正社員よりも人の出入りが激しい傾向にあります。なので、とりあえず3ヶ月間働いておけば、ある程度の信頼感は得られるはず。

その信頼感が得られたタイミングで異動の提案をすれば、エージェントが検討する確率は間違いなく高くなります。

 

ただし、一番良いタイミングなのは、次回の契約更新日の1ヵ月前ですね。

 

このタイミングでしか顔を出さない営業もいますし、このときが一番契約内容を変更できる可能性があります。

派遣会社にとっても、派遣先にとってもですね。

 

でも、それまで最悪な職場に耐えられる自信がないのなら、派遣先を変えてもらう方法もあります。

 

派遣先を変えてもらう【要慎重】

職場の中での異動が不可の場合、次におすすめなのが派遣先を変えてもらう方法です。

 

短期的に職場を変えつつ、自分に合った職場を探すことができるのは派遣の大きなメリットですよね。

上手くいけば、給料アップや通勤時間を減らすなんてこともできますし、気に入った派遣先があれば長く働くことも可能です。

 

ただし、派遣先を変えてもらう際には、3つのことに気を付けてほしいんです。

  • 1つの派遣会社で出来ても2回ほど
  • 2週間~2ヶ月は無職の可能性がある
  • 新しい派遣先が見つかるのかは運次第

 

まず、派遣先を変えてもらう場合、1つの派遣会社で出来るのは良くて2回ほどということ。

 

数年間働いた後に派遣先を変えてもらうというのは問題ないですが、数ヶ月単位しか働いていない場合はみなさんの評価に影響してきます。

人間関係で問題があろうと、仕事内容に問題があろうと、数ヶ月単位で派遣先変更を申し出てくる応募者を高評価してくるところは絶対にありません。

 

なので、いまの派遣会社や営業担当が気に入っているなら、派遣先変更のお願いは慎重に行うべきですし、ある程度信頼関係が出来てからが良いですね。

 

2つ目の注意してほしいのが、2週間~2ヶ月くらいは無職状態が続くかもしれないということ。

 

派遣先を変える場合、派遣先候補が見つかるのに短くて1週間、長くて2週間程かかる場合があります。

そこから派遣先と顔合わせをして、働き始めるまでに2週間から1ヵ月程度かかる可能性も。なので、その間はほぼ無職状態になりますので、覚悟しておきましょう。

スキマ時間で働くなら超短期バイト利用率1位の「シェアフル」

 

最後に注意してほしいのが、派遣先を変えても上手くいく保証がないこと。

 

派遣先の人員が充足なのか、欠員、補充があるのかというのは運でもあります。

大体は派遣先の事情ですので、新しい派遣先が見つからないという可能性も考える必要があります。

 

じゃあ、新しい派遣先が見つからない場合は、どうしたらいいのか。結論からいうと、新しい派遣会社に登録すればOKです。

 

派遣会社を変えるのが無難です

多少強引にはなりますが、最悪な職場から脱出するために派遣会社ごと変えてしまうのもアリです。

いまの派遣先が最悪な環境だったときの対処法としては一番無難な方法ですね。

 

派遣会社ごとに抱えている求人の数や種類が異なるので、派遣会社を変えれば自分に合った派遣先を見つけるチャンスでもあります。

もちろん、派遣会社によって待遇条件も変わってきますしね。

 

多少手間がかかりますけど、いまの派遣会社で新しい派遣先を探して貰えるとは限らないので、どんな求人があるのか、自分に合った職場があるのかどうかだけでも話を聴いてみる価値はあると思いますよ。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

最悪な職場に居続けるのはデメリットしかない

派遣で最悪な職場に当たったら、遠慮せず行動しよう派遣営業の経験から最悪な職場に居続けられる人はいませんでしたし、居続ける必要もないですよね。

最悪な職場で働くのはデメリットしかないので、ササっと行動して環境を変えるべきです。

 

最悪な職場で働くデメリット3つ

分かっているとは思いますが、最悪な職場で働くというのはデメリットでしかないです。

耐えられる職場なら次の仕事のためにもある程度耐え忍ぶ時間も必要ですけど、本当に最悪な職場というのはそんなこともしてられません。

 

それには下記の3つの理由があるから。↓↓

  • 能力の低下
  • 精神力の低下
  • 病気にかかるリスク

 

簡単にいうと、最悪な職場にいたら頑張ろうともしないし、周りの能力も高くないので自分の仕事の能力も大きく伸びることは期待できません。

転職ではある程度の年数働いてたらその分の実績がないと評価されないところが多いので、これはかなり勿体ないですよね。

 

精神的に落ち込みやすいので、未来に対する意欲も失われていって、「自分なんか」とか「自分の人生はこんなもんか」なんてことを思ってしまうかもしれない。

最悪、うつ病やストレス性の病気にかかることもあり得るわけです。

 

誰にでもそうなってしまう可能性はあるので、ササっと行動して、リセットしていくのが良いかなと思います。

 

まとめ:早めに環境を変えるのがベストです

職場の人や派遣エージェントに迷惑をかけないようにするのは大切なことですよね。でも、それと同じくらい自分を守ることも大切なことです。

 

自分だけでは解決できないような最悪な職場に当たってしまったときは、環境を変えるために行動していきましょう。

 

本記事で解説した対処法を順序ごとにまとめると、こんな感じです。↓↓

  1. 職場内で異動の可能性を探る
  2. 派遣先を変えてもらう可能性を探る
  3. 派遣会社を変える

 

その人の状況によっては、いきなり派遣会社を変えた方が良いこともありますし、ここは臨機応変に考えて貰えればいいかなと思います。

派遣先が見つかるかどうかは運もありますので、出来る限りの行動をしてチャンスを掴んでいきましょう!

 

本記事でご紹介した派遣会社

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!