仕事の悩み

【自分に合う給料制度はどっち??】年功序列と成果主義の比較!

【自分に合う給料制度はどっち??】年功序列と成果主義の比較!

 

  • 給料制度って違いはあるの?
  • 年功序列と成果主義の違いを知りたい
  • 自分に合うのは成果主義?それとも年功序列?
てんた
てんた
こんな悩みを解決します

 

 

本記事のテーマは[ 年功序列と成果主義の違い ]についてです。

 

新しく転職を考える際に重要となる項目の1つが給料ですよね。

大きく分けて給料制度は、年功序列制度成果主義制度の2つに分けられますが、自分に合っていない給料制度にしてしまった場合、大幅に給料が下がってしまうなんてことはよくある話です。

どちらとも特徴は異なりますし、向いている人も異なりますので、しっかりと確認していきましょう。

 

 

この記事を読めば、

年功序列と成果主義の給料体制の違いが分かり、どちらの給料制度が自分に合っているのかを確認できます。

 

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

年功序列制度のメリットとデメリット

 

まず、みなさんご存知だと思いますが、年功序列制度の特徴といえば勤続年数や年齢などによって給料や役職が上がっていく制度です。

年功序列制度は、高い経験値が必要とされていた高度成長期によく見られた制度でもあります。

現代では、成果主義を採用する企業が多く存在しますが、その反面、成果主義の不安さに年功序列を求める方も多くいらっしゃいますね。

全体の30%弱が年功序列制度を採用しています。

そんな年功序列制度のメリットとデメリットについて、これからお話していきます。

 

 

年功序列制度のメリット

 

年功序列制度のメリットはこちらです

  • 将来に対する安心感
  • 昇進しやすい
  • チームワークが取りやすい

 

 

将来に対する安心感

年功序列制度のメリットの中でも、将来に対する安心感は絶大の人気があります。

勤続年数が長くなるにつれて給料やスキルが得られ、給料が下がっていく不安を感じなくて済みます。

その結果、将来の給料が想定しやすく、プライベートの計画を立てやすいです。

※公務員なら安全ですが、コロナウイルスの影響により、一般企業ではこの安心感が怪しくなっているところもあります。

 

昇進しやすい

勤務態度に大きな問題がない限り、ある程度のポジションまでは確実に昇進できるのもメリットの1つです。

ある一定の年齢に達すれば、昇進のチャンスが自動的に訪れますので、毎日コツコツと頑張れる方には向いていますね。

ただ、昇進のしやすさを理由に年功序列制度を選ぶ方は、将来ビジョンやキャリアプランを持っていないケースが多いので、今後の転職に備えるためにも、これらは考えておいた方がいいです。

 

将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】
将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】将来のビジョンというのは、自分自身の人生がどうなっていきたいのかを考えることです。将来ビジョンを持っていると、その後の人生が大きく変わってきます。...

 

【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

チームワークが取りやすい

年功序列制度を採用するところでは、成果主義ではないために心にゆとりが生まれ、チームワークの意識が強い傾向にあります。

社員同士の人間関係も比較的に良好なところが多いです。

近年、若者を中心に競争することを避ける傾向にあるため、競争がストレスになってしまう方には向いていると思います。

 

 

 

年功序列制度のデメリット

 

年功序列制度のデメリットはこちらです

  • 向上心のある人は腐りやすい
  • 使えない上司が多い

 

 

向上心のある人は腐りやすい

努力して成果を出しても、基本的に優先されるのは勤続年数と年齢です。

どんなに向上心があり、行動してもそれが給料やポジションに大きな影響を与えないので、優秀な人が腐りやすいのが大きなデメリットといえます。

自分が頑張ったことに対する対価を求める方には、年功序列制度は向いていませんね。

 

使えない上司が多い

とても失礼な言い方にはなりますが、勤続年数と年齢が優先された結果として、上司の役職に足らない方が昇進してしまうことがあります。

そのような上司に指導される部下は成長率が低下し、辛くつまらない時間を過ごしてしまうかもしれません。

 

 

てんた
てんた
年功序列はメリットもデメリットも同じくらいの数が挙げられます。みなさんが何を重視するのかで見方が変わっていきますね。

 

 

 

成果主義制度のメリットとデメリット!

 

てんた
てんた
近年、成果主義制度を採用する企業が増えています!

 

成果主義の大きな特徴は年功序列と真逆にあるということ。

つまり、勤続年数と年齢が優先されることはなく、その人の成果によって評価が左右されるということですね。

リモートワークなどの現代的な働き方に着手している企業ほど成果主義の傾向が高いです。

そんな成果主義制度のメリットとデメリットがこちらです。

 

成果主義のメリット

 

成果主義のメリットはこちらです

  • 実力に見合った報酬
  • 公平な評価
  • 働き方の自由度が高い

 

 

実力に見合った報酬

成果主義の一番のメリットが実力に見合った報酬体制です。

勤続年数や年齢に関係なく、実力や努力の結果のみで評価されます。

つまり、努力して勉強し、行動するに比例して給料やポジションが高くなっていきますし、その意欲がさらに成長率を高めてくれます。

 

公平な評価

成果主義では、出した結果だけではなく、その過程もしっかりと評価してくれる企業が多いです。

年齢などの常識に囚われずに、努力に見合った評価が得られます。

どれだけ努力しても、中々給料に反映されないで苦しんでいる方は多いので、需要は高いですね。

 

働き方の自由度が高い

成果主義を採用する企業の多くは、働き方に対して個人の裁量に任せるところが多いです。

フレックスタイム制や複業OKやテレワークなど、結果を出すなら働き方は問わないという企業が多いので、そのような働き方を望む方には、成果主義を採用している企業をおすすめします。

 

 

成果主義のデメリット

 

成果主義のデメリットはこちらです

  • 給料の不安定さ
  • 個人主義になりやすい

 

 

給料の不安定さ

成果を重視されるため、成果をさせなかった際には、当然ながら給料は低くなります。

成果主義は、個人のコンディションや経済の動きに左右されやすいです。

たとえば、現在のコロナウイルスの影響により、営業などでインセンティブを貰っていた方は、大きく給料を減額されています。

なので、成果主義で給料を安定させたいなら、毎日モチベーションを保ち、尚且つ経済や社会の動向に敏感になる必要があります。

 

個人主義になりやすい

ここが成果主義が合う人と合わない人の大きなポイントだと思います。

どうしても成果が給料に反映してしまう分、同僚や上司などとピリピリした空気感が発生しやすいです。

成果主義は仲間との競争が激しくなりやすいため、その環境を管理する人材育成や社内風土が大きなポイントとなるので、そちらもチェックする必要があります。。

 

 

 

あなたはどっちの給料制度が合う??

 

さて、ここまで年功序列と成果主義の制度の特徴をお話させていただきましたが、ご自身でどちらの制度のほうが合うかなんとなく分かりましたか??

合わない方を選択してしまうと、相当な苦しい時間が待っていると思うので、しっかりと見極めた上で選択しましょう!

両方の制度に合うであろう人材をまとめましたので、参考になれば嬉しいです。

年功序列制度に合う人

  • 安定した暮らしをしたい人
  • 競争が嫌いな人
  • 時間をかけて成長していきたい人
  • チームワークが好きな人

成果主義制度に合う人

  • いち早く成長したい人
  • 負けず嫌いな人
  • 上司の質を求める人

 

これから実際に転職を考えていきたい方には、こちらの3つの記事は必読になりますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】
転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】この記事を読めば、転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。...

 

【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット
【エージェントは必要?】転職エージェント活用のメリットとデメリット 今のところ転職サイトを活用していて、自力で転職活動を行っているんだけど、これから転職エージェントを使おうか迷ってる。。。 ...

 

【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法
【誰でも可能】自分に自信がない人が転職で内定を貰う為にするべき3つの方法この記事を読めば、自分に自信がなくても、どうすれば内定を貰えるようになるのかが分かり、転職活動の道筋が必ず見えてきます。...

 

 

てんた
てんた
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!