面接の悩み

【結論:交渉が前提】転職面接の「いつから働けるか」の答え方を解説

【結論:交渉が前提】転職面接の「いつから働けるか」の答え方を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業で正社員や派遣に関するエージェント業務をしながら、複業で転職ブログを運営しています。本業では話せないようなリアルな情報をお届けしています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職面接で「いつから働けますか?」って聴かれた時に、どのくらいまで要求を伝えて良いのか分からない…。

 

結論からいうと、「いつから働けますか?」の質問に答えるときは、交渉することを前提に話始めるのがベストです。

企業側にも考えがあって、応募者のみなさんにも考えがあって、それを上手く調整するにはどう伝えたらいいのか。

 

これを本記事で解説していきますね!3分くらいで読み終わるかなと思います。

「いつから働けますか?」の答え方を解説

「いつから働けますか?」の答え方を解説結論は先程お伝えした通り、「交渉することを前提にお話する」ということ。

何でそれが大事なのかというと、企業側には企業側なりの考えがあって、応募者には応募者なりの考えがあるからですね。

 

応募者側の考えはみなさん自身の考えなので分かると思いますが、企業側の考えは採用担当の経験がない限りあまり分からないかなと思います。

なので、まずはここからお話していきますね。

 

「いつから働けますか?」の企業側の真意

僕はどちらかというと、「いつから働けますか?」って伝える側の経験のほうが長いので、企業側の気持ちはよく分かります。

結論からいうと、「いつから働けますか?」という質問には下記の2つの意味があります。

  • 単純な就業開始日の確認
  • 応募者の能力・就業意思の確認

 

まずは、単純な就業開始可能日の確認の意味ですね。

企業側としてもいつ頃から働いてほしいという予定は事前に決めていますが、まずは応募者の希望をヒアリングします。

 

それをヒアリングした上で、お互いの希望が合っていれば問題ないですし、合っていなければ調整する必要がありますよね。

企業側が思っている予定日に関しては大体が求人に書いてありますし、求人がいつから掲載されているのかにもよるので、しっかりとチェックしておきましょう。

 

ただ、実際のところ、企業側と応募者の希望が合っている状況はそこまで多くないんですよね。

そこで企業側は応募者がどこまで交渉してくれるのかを見ています。

 

つまり、これが2つ目である「応募者の能力・就業意思の確認」ですね。

まずは、自分の意見を主張するだけではなく、しっかりと相手の意見を理解した上で妥協点を見出す交渉能力があるのかどうか。

 

「企業側がなぜその時期に入社してほしいと思うのか」や「その時期に対して交渉する余地はあるのか」などを自分からヒアリングできるかどうか。

その上で自分の主張にも近づけられるかどうか。

 

それに加えて、「どこまで入社したいと思ってくれているのか」を企業側は確認したいんです。

「応募時期が合わないなら他の企業にします」なんて言ってくる人を採用したいとは思わないですよね?

 

「入社したい気持ちは強いんだけど、それでも入社時期は調整して貰えたら幸いです!」っていう気持ちで交渉することが大事なわけです。

 

応募者の都合を伝えることは必須です

一番大切なのは、後々になってお互いが困るような状況を作らないこと。

どうしても入社したいから、退職時期が確定していないにも関わらず入社時期を決めてしまい、内定を貰ってから「やっぱりその時期に入社できなそうです」なんてことになれば話は一瞬にして飛んでいきますからね。

 

そうなれば企業側にも迷惑をかけますし、自分自身も再度転職活動をやり直さないといけないので、精神的にも肉体的にもキツイものがあります。

実際に、形は違えど転職活動をやり直した経験が僕にはありまして、めっちゃくちゃ精神的にきつかったですよ!(笑)

 

そうならないために、企業側の意見をヒアリングしつつ、しっかりと自身の状況と願望を伝えることが重要になってくるわけです。

それってつまり、本記事の結論の通りになるわけですね。

 

結論:交渉を前提に話すことが大切です

面接では、最初に面接官から「いつから働けますか?」というヒアリングをしてくることがほとんどですので、まずは自分の状況と希望を伝えましょう。

「退職自体は上司に伝えてから1ヵ月程度で出来なくもないのですが、お世話になった分、しっかりと引継ぎをして終わりたいので、2ヵ月後からの就業開始を希望します」みたいな感じですね!

 

そう伝えた上で、「私の希望はお話した通りですが、御社としていつまでに入社してほしいなどの希望はございますでしょうか?」とヒアリングできればOK。

これこそがコミュニケーションですし、必ず評価アップにも繋がりますからね。

 

お互いの希望が合わないほうが多いので、最初から交渉意識で臨んだ方が気も楽です。

交渉意識なしで臨むと、オドオドしてしまったり、気まずい雰囲気になったり、企業側が愛想を尽くしたような対応をしてくるのでそれだけは絶対に避けて欲しいですね。

 

交渉が難航するときの注意点を解説

交渉が難航するときの注意点を解説ちなみにですが、交渉が難航したときに注意しておきたことが2つあります。ササっと読んで頭の中に入れておきましょう!

  • その場で結論を出さないこと
  • 最悪1ヵ月前に伝えれば退職は可能

 

その場で結論を出すのは絶対に避けよう

面接の間に結論を出さないといけない決まりはないですし、そこまで無理させるような企業であれば辞退したほうが身のためです。

面接中はどうしても「内定を貰って安心したい」という気持ちが影響してくるので、その場で判断したときは大抵無理していることが多いんですよね。

 

なので、お互いの希望を確認して、多少交渉してみてもその場で結論が出ない場合は、必ず一度話を持ち帰ってください。

たとえば、「面接後3日以内にお返事いたします」とかって言っておけば企業も待ってくれますし、時間をかけることで改めて気付くこともありますからね。

 

ちなみにですが、いつから働けるのかだけでなく、内定についても同じくその場で結論を出すことは絶対に辞めておきましょう!

これについては下記の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

その場で内定を受諾すべきない理由をまとめた記事はこちら

 

最悪1ヶ月前に伝えておけば退職は可能です

本当に最悪の場合、1ヵ月前に現職のほうに退職の意思を伝えれば退職は可能です。法律的には2週間前に伝えれば問題ないんですけど、良心的に考えて1ヵ月くらい。

なんでこんなことを言うのかというと、企業や上司が酷い場合、退職させまいとしてくるからですね。

 

実際に、引継ぎ含めて1ヵ月もあれば十分なのに3ヶ月以上引き延ばしにさせたケースを知っていますし、そうやって退職できない人はこの世界にめちゃくちゃいます。

誤解してほしくないんですけど、退職できない人を悪く言っていないですからね。

 

この世にはそういう酷い企業がたくさんあるので、時にはそれをぶち破って退職しないといけないときもあるってこと。

お金を出せば退職エージェントを活用して辞めることもできますが、ほとんどの方は自分でやると思うので、何とか勇気を出して頑張ってほしいところですね。

 

覚えておいて欲しいのは、法律的には2週間前に伝えれば問題ないですし、1ヵ月前であれば十分に退職可能だということです。

 

まとめ:「いつから働けますか?」は重要な質問です

「いつから働けますか?」という質問に対して、ただ自分の希望を伝えていたのはもうおしまいです。

このセリフを聞けたから内定が確定するわけでもないので、最後まで気を抜かずにアピールしていく必要がありますし、そのためには「交渉の意識で臨む」ことが大切!

 

頭の中に入れておいて、納得できる企業に転職しちゃいましょう!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

おすすめの関連記事

未経験職種に転職したいけど給料が下がらないか不安な方向けの記事

転職の面接が面倒くさい方に向けた記事はこちら