求人探しの悩み

【転職でよくある未経験歓迎は嘘?】真相と内定率を上げる対策を解説

【転職でよくある未経験歓迎は嘘?】真相と内定率を上げる対策を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
未経験歓迎って記載されている求人に応募したら2次面接で落ちた。未経験歓迎が受かりやすいって嘘?

 

結論からいうと、未経験歓迎と題していても、経験者が有利なのは間違いないです。

実際に、過去の僕は社会人経験やスキルで優遇されるようなことがなかったので、未経験歓迎求人に応募するしかなく、そのときにかなり経験者優先の選考をされた経験があります。

 

そんな経験を基に、「転職サイトやスカウトメールでよく見かける未経験歓迎だけど、そんなに甘いものじゃないんだよ」ってことを本記事でお話していきます!

未経験歓迎求人を気になっている方には、かなり有益な情報をまとめていますので、ぜひ最後までお付き合いくださいね!

転職でよくある未経験歓迎は嘘?【真相解説】

転職でよくある未経験歓迎は嘘なのか解説結論からいうと、未経験歓迎と題していても経験者の方が有利なのは間違いないです。

「でも、未経験歓迎って言うくらいだから未経験者も可能性あるんじゃないの?」って思いますよね。ここからお話していきます。

 

未経験歓迎の意味は勘違いしやすいです

正直なところ、未経験歓迎の求人は勘違いさせる意図があると言っても過言ではないです。たとえば、こんな求人を見たことがあると思います。↓↓

学歴不問〈職種・業界未経験者/社会人未経験者/第二新卒歓迎〉
・応募時に必要な知識・スキルなし。
・ブランクをお持ちの方や、社会人経験10年以上の方も大歓迎!

 

上記のような未経験歓迎の求人を見たときに、過去の僕を含め、転職に慣れていない方はこんな風に思ってしまうことが多々あります。↓↓

経歴とかスキルじゃなくて、性格とか人間性を見てくれるのかも!よし、応募してみよう!!

 

未経験歓迎の求人を見つけたときの気持ちはよく分かります。少なくとも過去の僕は上記のような考えでしたからね。(笑)

でも、分かっているかもですが、これって別に「未経験者を積極的に採用します!!」っていうわけではないんですよね。どっちかというと、「未経験の方も応募してもらっても構わないですよ!」っていう意味なんです。

 

つまり、「経験者が集まるならそれが一番で、それで良い人が来なければ未経験者でもいいや」っていうことなんです。

これが未経験歓迎の求人のリアルな意味ですね。なので、歓迎されているというよりかは「別に応募しても構わないよ」って言われていると思った方がいいです。(笑)

 

ただ、未経験歓迎と書いていない求人よりかは受かりやすいので、ここを狙っていくのは間違いないですよ!

その根拠は、「僕が採用者の立場で経験したことと、転職活動時代に経験したこと」の2つですね。

 

採用者と応募者としての経験談

まずは、企業側である採用者としての経験に基づいてお話します。企業側が求人に未経験歓迎をつける理由は大体下記の2パターンです。↓↓

  • 早めに人員を補充したいから
  • 未経験者でも良ければ採用したいから

 

「早めに人員を補充したいから」という理由で未経験歓迎を使っている企業は、正直おすすめしません。なぜかというと、簡単に内定を貰えることが理由で入社前までの企業イメージは良いんですけど、入社してからはめちゃくちゃ雑な扱いをされることが多いからですね。

要は、ブラック企業に入ってしまったみたいな感じですね。これめちゃくちゃよくあるパターンなんです。(笑)

 

一方で、「経験者だったら最高だけど、人柄とか意欲部分が良ければ採用したい」という意味合いならチャレンジしてみることをおすすめします。

なぜかというと、そういう企業は優良企業である可能性が高いからですね。研修の充実度にばらつきはあるものの、大事に育ててくれる企業が多い傾向にあります。

 

その分内定を貰える難易度は高くなります。経験者と競合になる可能性はどうしてもありますし、選考に時間がかかったり、面接対策をしないと受からないですからね。

経験よりも人柄を重視して、一緒に働きたいと思えるような人材を採用するので、あなたの応募先がこのパターンなら是非応募してみることをおすすめします!

 

サラッと応募者としての経験談をお話すると、当時の僕が応募したところは「経験者がベターで、未経験者でもやる気があれば採用しますよ」っていうスタンスの企業でした。

結論からいうと、僕が最終面接を終わった段階で新しく応募のあった経験者と競合になり、その経験者が最終面接を終えるまで採用の返答は待ってほしいと打診されました。

 

がっつり3週間くらいは待たされまして、その間に受けた他のところから内定を貰えたので、待たしてきたところはお断りをしましたね。

最終面接も問題なくこなし、評価にも手応えがありましたが、未経験者が未経験歓迎に応募してもこんなもんなんだなって思った経験ですね。(笑)

 

企業の必死さで見分けよう

ブラック企業の可能性が高い「早めに人員を補充したい意図のある企業」と、優良企業の可能性が高い「経験者でなくても人柄や意欲が良ければ採用したい企業」の見分け方は意外と簡単。

それは、「企業がどれくらい採用のために動いているか」で判断してください。

 

たとえば、ブラック企業の可能性が高い方はスカウトメールを頻繁に活用しているところが多いです。それくらいしないと人が集まらないし、早く人を補充しないといけない計画性のない採用体制になってしまっているからですね。

スカウトメールについては個人的には非推奨でして、下記の参考記事で解説しているので、良かったら参考にどうぞです。

【スカウトメールは信用できない?】期待しないほうが良い理由を解説
【スカウトメールは信用できない?】期待しないほうが良い理由を解説 毎日お疲れ様です、てんたです。 ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で累計17...

 

逆に、優良企業の可能性が高い方は、スカウトメール等を活用しなくても人が集まりますし、選考スケジュールにも余裕があるのが特徴ですね。

あとは、面接回数が1回以上あるところも優良企業の可能性が高めです。

 

結論:未経験歓迎でも経験者がめちゃくちゃ有利

本記事の結論をいうと、未経験歓迎でも経験者がめちゃくちゃ有利でして、残念ながらそれは変わらない事実ですね。

僕みたいに、経験のある応募者の面接終了待ちになる可能性も十分にあり得ますし、未経験歓迎と記載があっても受からないことはよくあります。

 

なんですけど、経験のない方が未経験歓迎の求人にチャレンジするのは間違っていないので、未経験の職種に転職したいなら継続したほうが絶対に良いです!

僕は苦労した経験もありますが、同時に未経験歓迎枠で採用を貰えたこともありましたし、受かるところがあるのも事実ですからね。

 

じゃあ、その上で、より採用されるにはどうしたらいいのかってことを最後にお話していきます!もう少しだけお付き合いくださいね!

 

未経験歓迎求人の内定率を上げる対策を解説

未経験歓迎の求人に受かりやすくなる方法を解説未経験歓迎求人の内定率を上げる対策が下記の2つ。↓↓

  • 人柄面でのアピール
  • 転職エージェントの活用

 

人柄面でのアピールが大事なのは間違いない

職歴でアピールできない分、人柄面でアピールしないといけないのは間違いないですし、ここで高評価を得られないようなら採用されるのはかなり難しいです。

とはいえ、別に「どんな企業からも欲しいと言われる最高の人柄になれ!」と言っているわけではなくて、意外と対策は簡単なんですよ。

 

対策は下記の3つ。↓↓

  • 社会人マナーでミスをしない
  • 職歴は積極的理由を話す
  • 企業が求めている人材像の理解

 

未経験歓迎だとしても、社会人マナーは出来ていて同然と思っている企業がほとんどなので、ここでミスをするのは絶対に避けたいですね。

ミスをしたとしても、丁寧に明るく対応できると良きです。挨拶やマナー含めた第一印象にはとにかく注力すること!

 

そして、職歴の退職理由に関しては積極的理由を話すことも大切です。積極的というのは「○○がしたい」とか「○○の経験を活かせると思い~」というようなウォンツの話ですね。

逆に、消極的な退職理由というのは「人間関係が原因で辞めた」とか「通勤が遠くて~」とか印象がかなり悪い本音の部分。詳しくは、参考記事:職歴の伝え方についてまとめで解説していますので、良かったら参考にどうぞ!

 

そして、一番大切なのが企業が求めている人材像を理解すること。

「企業側がどんな人を欲しがってるのかなんて分からなくね?」って思うかもですが、これが意外と簡単なんですよ。

 

というのも、求人に書いてある人柄への記述とか経験部分を汲み取ればいいんです。企業HPまでいけばもう少し追加で情報を得られるかもですね。

このくらいの情報であっても、知っていて対策するのと、知らないでありのままを表現するのとではめちゃくちゃ差が出ます。

 

自分を表現するのも大切ですが、それと同じかそれ以上に企業側が欲しいと思っている人材像に近づく努力は大切です!

ここの対策は絶対にしてください。本当に採用結果に直結しますからね。

 

転職エージェントは絶対に活用しておきたい

未経験歓迎の求人に応募するんだとしたら、転職エージェントは絶対に活用したほうがいいです。理由は下記の3つ。↓↓

  • 転職サイトからより採用されやすいから
  • 転職サイトより求人が洗練されてるから
  • 未経験者の転職は厳しくなっているから

 

転職エージェントから応募すれば受かりやすいって聞いたことありません?

これって意外と本当でして、転職エージェントが企業ごとの面接対策を教えてくれるので、何も知らないで転職サイトから応募する人よりも高評価されやすいんです。

 

どんな質問をされやすいのか、どんな答えが評価されやすいのか、どんなことを心掛ければ良いのかなどなど、知っていたら必ず得する情報を教えてくれるわけです。

転職サイトを見るだけではここまでの有利性はありません。訪れた人はみんな平等にですからね。自分で努力するしかないです。

 

じゃあ、なんでそんな情報を得ているのかというと、転職サイト運営者よりも転職エージェントのほうが企業から定期的に詳しい話を聴いているからですね。

直接取材していることに加えて、日頃の紹介実績があると常に最新の情報を入手しているので、情報の価値としては転職エージェントのほうが高めです。

 

そして、2022年から数年間先の話でいえば、未経験者の転職は厳しい状態が続きます。第二新卒もそうですね。というのも、求人数自体は回復しているんですけど、未経験歓迎の求人があまり回復していないんですよね。

「未経験の転職希望者を採用するくらいなら新卒を取り、中途は経験者のみ」って考えている企業が増えてきています。

 

今後数年間はそれが続くと予想されているので、出来るだけの努力と対策をする必要があるわけですね。

とはいえ、需要はまだまだありますし、「努力をサボる人が受からず、努力できる人が受かる」という流れが加速しているだけなので、ササっと行動していきましょう!

 

転職エージェントを活用したほうが良い人の特徴をまとめると、下記の通り。↓↓

  • 面接対策が苦手・面倒な人
  • 未経験歓迎求人で既に苦戦している人
  • 出来るだけ早く内定が欲しい人
迷ったときにおすすめのエージェント2選
迷ったときにおすすめな利用者思いのエージェント2選「迷ったときにおすすめの転職エージェント2選」を2分でお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください!...

 

まとめ:行動したらあとは運任せです

未経験歓迎の求人は一般のものよりは受かりやすいです。なんですけど、経験者の方が有利なのは間違いないので、あとは努力と運次第ですね。

運はどうしようもないですけど、努力は誰にでもできることです。転職活動が終わった時に、納得できるように行動していきましょう!

 

ちなみに、「これからのキャリアをどうしたらいいのか分からない…」とか「本気で人生を変えたいけど、どうしたらいいか分からない…」という方には、マジキャリというサービスがおすすめです!

転職エージェントではなく、有料の転職サポートサービスですので、効果が段違い。マジで今後のキャリアが変わります。下記の記事で詳しく解説しているので、興味がある方は是非参考にどうぞです。

【エージェントではなく自己投資】マジキャリの評判とデメリットを解説
【エージェントではなく自己投資】マジキャリの評判とデメリットを解説マジキャリは転職エージェントではなく、理想のキャリアを手に入れるための自己投資になります。費用も決して安いものではないので、「これから先の人生を本気で変えていきたい」という方にしかおすすめできません!...

 

本記事でご紹介した参考記事

参考記事:スカウトメールをおすすめしない理由まとめ

参考記事:迷ったときにおすすめのエージェント2選まとめ

参考記事:職歴の伝え方についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!