派遣の悩み

紹介予定派遣の面接は難しくないです【合格率を高める対策を解説】

紹介予定派遣の面接は難しくないです【合格率を高める対策を解説】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務をしながら、複業で転職ブログを運営していまして、月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
紹介予定派遣の面接ってどんな感じなの?合格率を高められる面接対策があれば知りたい。

 

結論、紹介予定派遣の面接は対策さえしておけば決して難しいことはありません。

派遣の面談と正社員の面接と比べても、そこまで大きな差があるわけではないですが、本当に受かりたいならこれからお話する対策だけでもしておくと良いかなと思いますね。

合格率を上げる紹介予定派遣の面接対策3つ

合格率を上げる紹介予定派遣の面接対策3ついくら正社員より受かりやすい派遣の一種とはいえ、対策しないまま面接に臨むのはかなり危険。

でも、下記の3つの面接対策を行うだけで合格率を上げることができます。↓↓

  • 派遣営業と面接対策について話すこと
  • 自分で派遣先について調べる
  • 過去の職歴の考えをまとめておく

 

派遣営業と面接対策について必ず話すこと

紹介予定派遣の面接対策で一番重要なのが営業担当と面接対策について話すこと。

営業担当は派遣先となる企業からどんな人材を求めていて、どんな人材が高評価を得られるのかをヒアリングしてます。

 

もしかしたら、みなさん以前に何人かを紹介していて、実際に面接で聴かれる質問事項を熟知しているかもしれません。

僕も派遣営業経験があるのでよーく分かるんですけど、ここの情報があれば正直面接で苦労することはほぼなくなるんですよね。

 

聴かれることさえ分かれば、それに対してどう答えればいいのかを考えればいいだけですし、全く何も情報がない状況よりも精神的にかなり楽。

多少面倒さはあるかと思いますが、絶対にしておいたほうがい良いです。

 

ちなみに、話すタイミングとしては下記の2通りが多いですね。↓↓

  • 面接当日の開始15分前
  • 面接当日までに電話かメール

 

タイミングは派遣営業によって異なるので、一概には言えません。

だた、よくあるのが面接当日の開始15分前くらいに集合してさらって伝えられたり、事前に電話かメールで伝えてくれるかの2パターンですね。

 

いきなり当日に伝えられても準備する時間がないと思うので、ベストは事前に教えてもらうこと。

そして、派遣営業が事前に教えてくれなそうだったら、ドンドンこちらから面接対策について聴いていきましょう。

 

これで評価が悪くなるとか、不採用に繋がるとかはないので、安心してくださいね。

 

自分で派遣先について調べておこう

派遣営業が教えてくれるのは、どんな質問をされて、どんな受け答えが良い評価を得られるかがほとんど。

なので、派遣先に関する基礎情報に関しては自分で調べて覚える必要があります。

 

たとえば、下記の基礎情報は頭に入れておくといいかなと思いますね。↓↓

  • 設立年数
  • 社風や企業が目指しているもの
  • 主な事業内容
  • 仕事内容※分からない事は調べておく

 

「設立年数を知っていますか?」なんて直接的な質問が来ることはないですが、それ以外のことに関しては遠回しに調べてきたか確認されることはあります。

特に、事業内容や仕事内容に関しては知っていないとバレると一気に評価が落ちてしまうかもなので要注意ですね。

 

少なくても求人に載っていることはしっかり頭に入れておく必要がありますし、本当にここまで教えてくれる派遣営業はあまりいないですからね。

公式サイトに載っている内容を完璧に覚える必要はないですし、ある程度で大丈夫なのでポイントは押さえておきましょう。

 

過去の職歴について考えをまとめておくこと

ここはどの面接にも言えることですが、過去の職歴について必ず考えをまとめておくことをおすすめします。

なぜかというと、ここがあやふやな応募者を選んでくれるところはほぼないから。

 

考えを整理しておくべき項目はこちら。↓↓

  • 各職歴の入社と退社の時期
  • どんな仕事をしていたか
  • 退職理由
  • 今回の志望動機

 

上記の中で特に重要なのが、どんな仕事をしてきて、なぜその仕事を辞めて、どうして今回応募したのか。

つまり、ほとんどが重要だということですね。(笑)

 

でも、自分が面接官だとして、上記のことをうろ覚えの応募者を採用したいと思いませんよね?

僕も面接官として毎日のように面接を行いますが、過去の職歴についてしっかり答えられない人はほとんど採用していません。

 

これだけですべてを判断できるわけではないですけど、ここまで手を抜かずに準備してきたというのは人間性を評価するには十分な要素なんですよね。

なので、ぜひみなさんにも対策をしておいてほしいところです。

 

紹介予定派遣の面接は1回きりが多いです

紹介予定派遣の面接は1回きりが多いですちなみに、一般的な正社員の面接であれば2次面接くらいまであるところが多いですが、紹介予定派遣の面接は1回きりが多いんですよ。

派遣との面接を含めれば2回カウントになりますけど、基本的には1発勝負ですね。

 

だからこそ準備が大切

派遣との面接は言わばヒアリング目的の面談の様なものなので、面接とはちょっと違うんですよね。

その後の派遣先との面接は、派遣営業が同行してくれるとはいえ、相手が複数いる場合もあるので心して臨まないといけません。

 

そこで重要になってくるのは、やはりどれだけ準備できたのかということ。

本記事で紹介した面接対策もそうですが、1回の面接で好印象を残すためには適当に準備したものでは無理ですし、出来たとしてもその後の正社員雇用は勝ち取れません。

 

正社員雇用を勝ち取れるかどうかは最初の面接から始まっているといっても過言ではないですし、毎日何時間もする必要はないですが、ある程度の努力はしておく必要があります。

念のため、面接対策をもう一度貼っておきますね。↓↓

  • 派遣営業と面接対策について話すこと
  • 自分で派遣先について調べる
  • 過去の職歴の考えをまとめておく

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

 

派遣会社と派遣先について見定めよう

とはいえ、面接は何も自分をよく見せるだけの場ではないですよね。

それと同じくらい重要なのが相手を見極めるということでして、より良い職場で働くにはここも絶対に意識していったほうが良いです。

 

いくら実際に現場を最長6ヵ月の間体験できるとはいえ、面接の段階で応募者から断った方がいい派遣先も多少なりともあるんですよ。

実際、派遣営業として紹介予定派遣の面接に同行した際に、「この人には合わないだろうから他を探した方が良いんじゃないかな」って思ったことは何度もあります。

 

それでも派遣営業は出来るだけ契約を結べるようにするのが仕事ですし、あくまでも頼りにすべきなのは応募者自身がどう感じ取ったかということ。

面接官の態度を見たり、話を聴いていて何か怪しい部分はなかったか。

 

そして、これは派遣先だけでなく、派遣会社に対しても同じことがいえます。

「面接してみたら怪しい派遣先だった」なんて場合は、必ずといっていいほど派遣会社も同じくらい怪しいはずです。

 

基本的には、「派遣先のレベル=派遣会社のレベル」ですからね。

派遣会社との面接、派遣先との面接は自分をアピールするだけではなく、相手を見定める気持ちで臨みましょう。

 

それでもしも怪しいな感じたら、他の派遣会社や派遣先から仕事を探せばいいだけですからね。

もう既にそんな状況だという方は、下記の記事を良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

まとめ:対策すれば難しくないのが紹介予定派遣

最長6ヵ月間のお試し期間があるのはめちゃくちゃ良いことですが、その期間に甘えて面接で雑にならないように注意しましょう。

こちらから断る場合もあれば、派遣先から断られる場合ももちろんありますからね。

 

ただ、本記事でお話した面接対策が出来ていればそこまで難しくないのが紹介予定派遣です。

面接対策も特別なことはないですし、やれば誰でも良い結果を出せるようになってますからね。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

本記事でご紹介した記事

職歴の伝え方についてまとめた記事はこちら

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら