転職エージェントの悩み

就職Shopのデメリットと活用方法を解説【結論:20代には有益】

就職Shopのデメリットと活用方法を解説【結論:20代には有益】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。現役エージェントの視点と自身の転職経験を基に、複業として転職ブログを運営しています。

さて、本記事は就職Shopのまとめ記事になります。解説することは主に下記の5つです。↓↓

  • 就職Shopの特徴
  • 就職Shopのメリット・デメリット
  • 就職Shopの活用方法
  • 活用する上でのポイント1つだけ!

 

就職Shopの活用を迷っている方や気になっている方は、本記事を読み終わるころには何かしらの答えが出ていると思います。

活用するかどうかは置いておいて、転職が難しくなっている現代ではこういう可能性を検討すること自体がとっても大事なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

就職Shopはリクルート運営の転職エージェント

就職Shopはリクルート運営の転職エージェント上記の通りですが、特徴を含めて「就職Shopとは?」というところからお話していきます。

 

就職Shopの特徴は8つあります

就職Shopはリクルートが運営している転職エージェントでして、求人数の多さやエージェントの質から人気の高い転職エージェントの1つとなっています。

そんな就職Shopの特徴は下記の8つです。↓↓

  1. 書類選考なし
  2. 正社員未経験の利用者多数
  3. 強みを引き出す面接対策
  4. 応募者の希望に沿った求人紹介
  5. 求人は全て直接取材
  6. スピーディーな転職活動
  7. 個別サポート
  8. すべて無料

 

少し深堀りしていきますと、まずは書類選考がないのが一番の特徴かなと思いますね。

職歴に自信がない方や、これから未経験の職種に転職したい方、もしくは正社員経験のない方にとってはめちゃくちゃ有益。

 

企業側も職歴よりも人柄・やる気を重視したところばかりなので、応募者の希望に沿った求人紹介をしてもらいやすくなっています。

そして、求人は直接取材したものだけなので、どういった人材を求めているのか、どういった面接対策が必要なのかが明確なのも大きな特徴ですね。

 

企業から直に聴いた情報というのは、転職エージェントを利用していないと分からないことですし、これがあるだけで面接の通過率がかなり変わってきますからね。

ザックリと特徴を説明しましたが、次は、この特徴が応募者にとってどんなメリットやデメリットに繋がるのかを解説していきます。

 

就職Shopのメリットとデメリット

まずは、就職Shopのデメリットからお話していきます。下記の3つがデメリットですね。↓↓

就職Shopのデメリット

  • 人気のため予約が取れないときがある
  • 20代の転職に特化されている
  • 面談の必要がある ※現在はWEB対応

 

まず、就職Shopは人気の転職エージェントでして、第二新卒や未経験職種への転職が増えているとともに利用者もドンドン増えています。

そのため、ヒアリングを含めて最初に面談をする必要があるんですけど、ここの面談予約が取れないときがあるのが1つ目のデメリットですね。

 

特に、転職市場が盛んになるお盆明けや2~3月などは、早め早めの予約が必要になってきます。

それだけ需要があるということですが、2021年の10月頃から市場の求人数が徐々に戻ってくるという話も出ているので、予約は早めにしておくのが良いですね。

 

2つ目は就職Shopの主な利用者は20代ということ。

学歴や職歴に自信がない方、未経験の職種に転職したい方などが主な利用者になるので、30代以降の方ですと他の転職エージェントを活用したほうが良いかなと思います。

 

就職Shopに掲載している企業側も、どちらかというと20代の方をターゲットにしていますからね。

他の転職エージェントについては下記の記事で解説していますので、良かったら参考にしてみてください。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

3つ目は就職Shopを利用するには必ず一度面談をする必要があるということ。

どんな企業に転職したいのか、どんな職種に就きたいのか、どんなキャリアプランがあるのか等、出来る限り応募者の希望に応えるために面談を実施しています。

 

なので、めんどくさいと思う方もいるかもですが、ここは避けられませんし、圧迫面談をされるわけでもないので、気楽に受けてみたらいいかなと思いますよ。

いまはコロナ影響もあってWEB面談が主流となっているそうですしね。

 

次に、就職Shopのメリットをお話していきます。メリットは下記の3つですね。↓↓

就職Shopのメリット

  • サポート力の高いエージェント
  • 登録求人数1万件
  • 書類選考なし

 

まずは何といっても、サポート力の高い転職エージェントが揃っているのが大きなメリットですね。

正直、転職エージェントの質というのは会社毎に異なりまして、「結局はエージェント個々次第」というのがあるあるなんです。

 

ただ、就職Shopは「あなたの可能性はあなたが思うより大きい」をコンセプトにしていますので、転職エージェントの質が平均的に高い。

転職エージェントの活用を不安に思われる方にとっては、かなり安心して活用できるところかなと思いますね。

 

2つ目は登録求人数が10,000件もあるということ。

どのくらい凄いのかというと、同じ20代の転職に特化されているマイナビエージェントでさえ2,000件程度です。

 

様々な職種の求人を揃えており、どれも直接取材してきたものなので、求人に対する情報力もかなり高いです。

転職の可能性はかなり広がるかなと思いますね。

 

3つ目は特徴としてお話した書類選考が要らないということ。

僕もそうでしたが、職歴が弱い方はいくら面接力に自信があっても、書類選考でスパッと落とされちゃうんですよね。

 

「面接までさせてくれれば挽回できるのに!」とか「職歴に自信がないから不安…」って思っている方にとってはかなりのメリットなはず。

その分、転職活動もスムーズに進みますので、早めに転職活動を終わらせたい方にとっても有益ですね。

 

就職Shopの活用方法を解説

就職Shopの活用方法を解説簡単に活用の流れをお話しますね。流れは下記の通り。↓↓

  1. 面談予約
  2. 個別面談・求人紹介
  3. 面接対策・セミナー
  4. 面接
  5. 就職決定

 

就職Shopの活用の流れ

まずは、面談の予約ですね。

いまはコロナ影響もあってほとんどWEB面談となっていますが、希望する日で面談予約を取ってもらえばOKです!

 

その後、実際に転職エージェントと面談をしまして、そのヒアリングを基に求人を紹介されます。

その中から応募したいものがあれば応募し、面接対策を受けて、いざ面接本番。

 

ちなみに、応募したいものがなければそれはそれでOKなので、話を持ち帰って後日活用停止の連絡をすれば問題ありません。

ただ、まずはどんな求人があるのか、いまの自分は転職市場でどのくらいの価値があるのかを理解するためにも面談の機会は作っておくと良いかなと思いますね。

 

就職Shopから転職するしないに関わらず、転職市場における自分の価値と、どんな求人があるのかを確認することは、転職を成功させる上でめちゃくちゃ重要です。

下記から簡単に面談予約に進めますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

就職Shop 

※↑公式サイトに飛べます。いきなり面談予約にはならないのでご安心を!

 

活用する上のポイント1つだけ!

実際にこれから就職Shopを活用してみようと思う方は、「しっかり話し合うこと」を意識してみてください。

活用する上のポイントはこれだけです。

 

まずは、しっかりと自分の転職希望条件を伝えること。どんな職種に就きたいのか、どんな仕事生活をしていきたいのか、将来はどんなことをやりたいのか。

面談の前に整理しておいて、面談ではとりあえず余すことなく伝えていきましょう。

 

その上で、転職エージェントの話をしっかり聴くこと。

どんな求人があるのか、転職市場における自分の価値はどのくらいなのか、どこまで希望が叶えられそうなのか、どうすれば叶えられるのか。

 

エージェント業務をしているからこその意見ですが、ここの話し合いがしっかりできないとエージェントとしてもどんなサポートをすればいいのか困ってしまいます。

特に希望がなければ、転職エージェントが主観で考えた求人を紹介することになるので、それはみなさんにとっても嬉しいことではないはずですからね。

 

まとめ:20代なら就職Shopは確実に有益です

デメリットがあることは事実ですが、それを差し引いても活用する価値はありますし、20代であれば確実に有益かなと思いますね。

少なくても、転職のプロからの客観的な市場価値を教えて貰えますし、求人数も多いので転職の可能性が広がることは間違いなしです。

 

なので、まずは面談してみて話を聴いてみたら良いと思いますよ!

そこで応募したいところがあれば、面接対策を教えて貰える分、採用される可能性も高くなりますからね。

就職Shop

※↑公式サイトの面談登録寸前まで飛べます。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!