派遣の悩み

派遣社員から抜け出したい人へ【抜け出す必要性と方法を解説します】

派遣社員から抜け出したい人へ【抜け出す必要性と方法を解説します】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣社員から抜け出したいけど、中々できない…。どうしたら抜け出せる?

 

結論からいうと、派遣社員から抜け出すのは可能なんですけど、職歴的に正社員から正社員への転職よりも苦労はしやすいですね。

とはいえ、少しハードルが高くなるだけで全く不可能っていうわけではないですよ!

 

その状況から転職を成功させるにはどうしたらいいのか、そもそも派遣社員から抜け出す必要があるのか、ここを本記事で解説していきます!

3分ほどで読み終わるかなと思います。

派遣社員から抜けだす必要性は人による

派遣社員から抜けだす必要性は人による一概に派遣社員だからダメってことはないです。派遣社員から抜け出す必要があるのかは人によりけりですからね。

 

派遣社員から抜け出さないくてもいい人の特徴

これまでのエージェント経験上、こちらに当てはまる方は派遣社員から抜け出す必要性はあまりないかなと思います。

  • 働く時間に制約がある人
  • 複業などの目標や夢がある人

 

派遣の働き方の一番の特徴って、正社員より勤務時間が調整しやすいってことですよね。

たとえば、週4日の勤務日数が許されたり、勤務時間を指定できたりで、「この働き方が良いからこそ派遣をしています!」って方はめちゃくちゃ多いかなと思います。

 

子育てをしないといけなかったり、健康上の問題で働けなかったり、理由は人それぞれだと思うんですけど、いずれにしろ働ける時間が限られている方は、無理にここを変える必要はないと思うんですよね。

たとえば、給料をもう少し上げたいのであれば、派遣会社を変えてみると交渉次第で時給100~200円くらいは上げられるかなと。

 

そして、複業などの目標や夢があるという方も、無理に正社員を目指す必要性はないかなと思っています。

大きな目標や対価が欲しいのなら、その為に何かを犠牲にするのは仕方ないですからね。週5日で働く必要がなく、時間も調整できる派遣はかなり適した働き方のはずです。

 

僕も大きな夢を叶える為に毎日努力を続けていますが、正社員で働きながら続けるのはかなり大変だなと実感しています。

正社員で働きながら努力を続けるのは可能ですが、簡単なことじゃないし、時間は限られてくるので派遣よりかペースが落ちますしね。

 

何かを得るには何かを失わないといけない、じゃあ、どっちのバランスが大事なのか。

働きやすさを重視するならそのまま派遣でも良いかなと思いますけど、待遇条件を改善したいのであれば正社員への転職を目指すべきですね。

 

派遣社員から抜け出すべき人の特徴

逆に、こんな特徴に当てはまる人は真剣に派遣脱出を考えるべきかなと思います!↓↓

  • 何となく派遣で働いている人
  • 派遣のみでしか収入がない人

 

特に目標もなく、ただ毎日何となく働いているという方は、正社員への転職に限らず何かしらの行動を起こした方が良いんじゃないかなって個人的には思いますね。

転職は年齢を重ねるごとに難しくなってきますし、そのときにやりたいことを見つけても会社に所属しながらというのは難しくなりますからね。

 

何がしたいのか、どうしないといけないのか。何となく派遣社員で働いていた方はここを一度考えてみてほしいです!

別に次の転職先がゴールである必要はないので、長期的に見てどういう風に進めていけばいいのかというのを考えておきたいですね。

 

あとは、派遣のみでしか収入がない人も考え時かもしれません。

派遣は確かに正社員より時給は高いですが、将来的な視野で見れば正社員の方が確実に上回りますからね!

 

雇用の安定性の点から考えても、医療や介護業界でない限りは不安定なのは確実なので、家庭があったり、将来的に収入を高めていきたいのであれば、ササっと正社員への道にシフトチェンジしたほうがいいですね。

 

結論:キャリアプランや目的意識が大切です

一旦話をまとめますと、派遣から抜け出すべきなのかを考えるなら、キャリアプランや目的意識が重要な判断基準になってきます。

何のために派遣をしているのか、何のために派遣を抜け出したいのかっていう部分ですね。

 

派遣社員は未だに社会的地位が低いですが、少しずつ派遣法が改正され、待遇が見直されています。

なので、一概に派遣から抜け出したほうが良いわけではなく、派遣から抜け出さなくても良い場合もあります。

 

大切なことなので、もう一度言います。

なぜ派遣で働いているのか、なぜ派遣から抜け出したいのか。ここを明確に考えてみてください。その上で、やっぱり派遣から抜け出したいと思う方に向けて、派遣社員から抜け出す方法をこれから解説していきます。

 

派遣社員から抜け出す方法を解説

派遣社員から抜け出す方法を解説最後に派遣社員から抜け出す方法をお話して終わりますね。正社員の転職ルートとしては、主に2パターンあるかなと思います。

  • 正社員になりやすい職種を選ぶ
  • 派遣の職歴を活かして正社員を目指す

 

正社員になりやすい職種を選ぶ

派遣から正社員への転職をしたいときに、まず大切なのは「あなたが正社員になりやすい職種を選ぶ」ということですね。

もちろん、自分のやりたいことを軸にしてもらっても良いんですけど、20代前半ではないのなら上記の軸も追加したほうがいいかなと思います。

 

というのもですね、派遣から抜け出して正社員になりたくても、年齢や職歴から苦戦を強いられる可能性がめちゃくちゃ高いんですよ。

酷い話なんですけど、そもそも「派遣で働く人って少し変わっている人が多いよね」っていう変な偏見が世の中にはあるわけです。

 

[正社員経験のみ×30代前半]の応募者と[派遣経験豊富×30代前半]の応募者がいたら、人柄に問題ない限りは前者が間違いなく選ばれますからね。

なので、まずは正社員になりやすい職種を選んで、そこで正社員の職歴を積んで、その次の転職でキャリアアップを狙うのもアリかなと。

 

キャリアアップを狙う転職先に必要な職歴を狙うって感じですね。

例えば、転職エージェントになるには営業経験が必須になるので、まずは業種に問わず営業職の正社員を目指すとか。

 

正社員になりやすい職種でいえば、営業や販売、事務などが中心になるかと思いますが、個人的には次の転職を見据えるなら営業職がおすすめですね。

業種を指定しなければ選択肢は多いはずなので、チャレンジしてみる価値はあるかなと思いますよ!

 

派遣の職歴を活かした正社員への転職

派遣の職歴が安定していて、長期間同じ職種をしていたのなら、派遣の職歴を活かした正社員への転職もアリですね。

とりあえず正社員になりたいとか、新しい職種をするのは抵抗があるんだよなって思う人には特におすすめです。

 

仕事内容の理解度が高いこともアピール材料になりますし、派遣社員であっても経験者としてみなされるので、未経験の職種に転職するよりかは成功する可能性は高くなります!

いきなり正社員が怖いなら紹介予定派遣といって、最長6ヵ月後の正社員雇用を見据えた派遣社員の働き方もありますからね。

 

出来るだけ変化をせずに派遣社員から抜け出したいという方は、ぜひ派遣の職歴を活かして正社員を目指していきましょう!

 

ちなみに未経験職種なら転職エージェント必須

未経験職種にいくとしたら苦労必須なわけですが、それでも未経験職種にチャレンジしたいなら転職エージェントを活用してみるのがおすすめですね。

エージェントを活用することで、そもそも書類選考で落とされるといった状況にならないで済みますし、企業ごとの書類対策や面接対策を教えてくれるので、ただ転職サイトの情報しか見ていない人よりかは採用される可能性はかなり高くなってきます。

 

とはいえ、「転職エージェントを活用するのって不安だな」とか「騙されたりしないのかな」みたいな不安もあると思うんですよね。

確かにエージェントを活用するデメリットはあるので、そこも理解した上で活用していくのが後悔なくていいかなと。

 

そのデメリット含めて、おすすめの転職エージェントについてまとめた記事を貼っておきますので良かったら参考にしてみてくださいね!

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!