求人探しの悩み

【結論:実績を創ろう】書類選考が全く通らない状況の変え方を解説

【結論:実績を創ろう】書類選考が全く通らない状況の変え方を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、サラリーマンとして正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
書類選考が全く通らない…。どうすれば書類選考が通るようになるの…?

 

結論からいうと、書類選考が全く通らないときは「実績を創ること」を意識すると受かりやすくなります。

というのも、書類選考において応募者の人間性はほとんど見えないので、目に見える実績や職歴というのが一番の評価対象になるんですよね。

 

なので、「実績を創る」という作業をしてほしいんですけど、具体的にどういうことなのかっていうのを本記事で解説していきます!

3分ほどで読み終わるかなと思います!

書類選考が全く通らないときは実績を創る

書類選考が全く通らないときは実績を創る下記の3つに分けてお話していきます。↓↓

  • 根拠:信頼されるのは数字のみ
  • 対策:小さいことでも創る
  • 注意:物語の整理が必要

 

根拠:書類選考で信頼されるのは数字のみ

まず、「書類選考が全く通らないときは一体何が原因なの?」ってところを明確にしますと、記事の冒頭でお伝えした通り、書類選考で何より大切なのは職歴や実績といった数字になってきます!

これは僕が普段のエージェント業務で経験していることでもありますし、転職活動をしていた頃に身に染みて感じたことでもあるんですよ。

 

じゃあ、なんで数字しか信頼されないのかというと、「書類選考では応募者の人間性が見えないから」ですね。

「機械のように正確に仕事をこなせます!」とか「仕事を覚えるのがめちゃくちゃ早いです!」とか「コミュニケーション力が高いです!」っていうのは文字上では伝わらないじゃないですか。

 

じゃあ、たとえば、販売職や営業職の人がコミュニケーション能力が高いっていうアピールをしたいんだとしても、本当にその能力があるなら実績として数字に表れるよね?って話なんです。

もちろん、数字として表れづらい職種もありますけど、それでも会社としてチームとして「これだけ実績を出せて、それに対してこの部分で貢献できました」っていうのが必要になってくるわけです!

 

ちなみに、職歴に関しては、どんな会社で働こうとしていたのか、何年くらい働いていたのかを重要視しています。

ここは説明がいらないくらいシンプルですが、ごまかしようがない部分なので説明は割愛しますね。

 

対策:小さいことでいいから創る

実績が大切だと分かったところで、対策についてお話していきます。

対策はめちゃくちゃシンプルでして、「小さいことでいいから実績を創る」というのがめちゃくちゃ重要になってきます!

 

たとえば、僕が転職活動をしていた頃は前職である販売職の実績として「1ヶ月に個人売上300万円を売り上げた」というのを伝えていました。

実際はギリギリ300万円に届かないくらいだったんですけど、伝わりやすい様に少し盛っていまして、一応これはその当時の店舗歴代記録ではありました。

 

ただ、その後に商品の認知度が爆発的に上がったこともあって、僕の売上記録はササっと抜かれてしまいまして、内部の人間からしたら「あー、まあすごいね」くらいの実績になってしまったんですよね。

でも、その程度の実績であっても、内部を知らない企業相手には充分効果はあるわけです。

 

おそらく、あなたのこれまでの職歴の中にもそういった実績はあるはずですし、たとえ個人ではなくても会社やチームが出した実績の中に自分が少しでも関わっていればOKです!

「会社として○○の実績を上げることができて、その過程の中で自分は△△の分野を任され、○○を達成するために□□の行動を常に意識してきました」みたいに伝えられますからね。

 

書類選考の中に実績があるのとないのとでは天と地ほどの差がありますので、小さくても個人でなくても良いので実績は書くようにしましょう!

 

注意:物語の整理が必要

書類選考のために実績を創る上で注意してほしいことが1つあります。

それが何かというと、面接まで進めば創った実績は必ず掘り下げられますので、絶対に実績の物語を整理しておいてほしいんです。

 

物語をどう整理するのかというと、具体的には下記のことを意識してください。↓↓

  • どういう目標だったのか
  • 目標に対する対策の考え方
  • 実行した対策の内容
  • 実行した上での苦労
  • 実績に至った成功点

 

このくらいの要点を含めて物語をまとめておけば、面接で困ることはないかなと思いますので、しっかり面接対策をしておくことをおすすめします!

特に、「どうやって達成したのか」という部分は客観的に納得いく説明がないと面接官は納得しませんので、しっかり振り返っておきたいですね。

 

結論:数字としての実績を創ろう

一旦話をまとめますと、書類選考が全く通らないときは、まずは数字としての実績を記載しているかを確認してください。

職歴としての数字はごまかしようがないので、ある程度話を盛ってアピールできるのは実績部分ですからね。

 

ただし、実績を出すまでの過程を説明できないと意味ないですし、期待ばかり大きくなるような嘘は禁物ですからね。

これまでの仕事を振り返って、ぜひ実績を創ってみてください!

 

とはいえです。

「実績なんか本当に思いつかないよ!!」っていう人も中にはいると思うんですよね。

 

最後に、そんな方に向けて実績が思いつかないときの対処法についてお話しますので、もう少しだけお付き合いくださいね!

 

実績が思いつかないときの対処法

実績が思いつかないときの対処法お話する順番がそのまま優先順位です。

  • 転職エージェントに頼る
  • 経験を作る覚悟を決める

 

転職エージェントに頼る

まず、一番効果的なのが「転職エージェントに頼ること」ですね。

なんで一番効果的なのかとうと、転職エージェントに頼ることで下記の効果を期待できるからです。↓↓

  • エージェントの交渉力による突破
  • エージェントによる添削効果
  • 書類選考なしで応募可能

 

エージェントが仲介することで面接まで進む可能性は高くなりますし、面接もエージェントから対策を教えてもらうことができたり、面接後もエージェントの交渉力で採用に繋げてもらえる可能性があります。

これが一番の分かりやすいエージェントの活用効果ですね!

 

それに加えて、エージェントから履歴書と職務経歴書の添削をしてもらうこともできます。

何十人、何百人という応募者の転職に関わり、書類選考に関わってきたからこそ分かることがエージェントにはあるので、ここも頼ってみて損なしですね。

 

ただ、個人的に一番試してみてほしいのが「書類選考なしの転職エージェント」です!

リクルートが運営している「就職Shop」という転職エージェントなんですけど、かなり人気のエージェントの1つでして、職歴や書類選考に自信のない方は一度は活用してみると良いですよ!

就職Shopについてまとめた記事はこちら

 

経験を作る覚悟を決める

自力で応募する量でカバーしても、転職エージェントを活用しても上手くいかないようであれば、いよいよ妥協点を大きく引き下げないといけなくなります。

もちろん、貯金があったり、アルバイトなどで生活に困らないのなら最長でも半年間くらいは転職活動をしてもいいですけど、それ以上は「どこにも転職できなかった応募者」として見られること確実です。

 

しかも、さらに書類選考で落ちやすくなるので、転職活動を引き延ばしすぎるのはあまりおすすめできないんですよね。

なので、最低でも1年、出来れば2年くらい悪い環境だろうと、「とりあえずの経験を作る」という覚悟を決めることも必要になったりします。

 

本当の最終手段ですので、まずは転職エージェントに頼ったり、実績を創ったりの対策をしてみてくださいね!

 

まとめ:書類選考はありのままだと苦労必須

書類選考は実績や職歴などの評価できる数字が記載されていない限り、ありのままを書いても苦戦することは確実です。

なので、小さくてもいいので書ける実績を思い出して、あとは転職エージェントに頼ってみることが一番ですね!

 

関連のおすすめ記事

就職Shopについてまとめた記事はこちら

未経験職種への転職についてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!