仕事の悩み

【販売員から転職して年収400万UP】販売員の辞めどきを3つ解説

【販売員から転職して年収400万UP】販売員の辞めどきを3つ解説

 

販売員を辞めて転職しようか迷う。

販売員から転職するならいつが辞めどき?

 

てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

本記事の結論

  • 販売員の辞めどきは、やりがい・お金・年齢の3つから考えられる
  • 辞める意思が強いならささっと転職しよう

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

つまらない販売員時代から脱出し、タイトルにもある通り、年収400万円UPの転職を成功させました。

ただ、低収入の中でも、とりあえず、販売スキルを磨いておいた経験はいまでも活きています。

 

さて、やりがいがある販売業ですが、将来性は全くといっていいほどありません。

それを感じて、販売員からの転職を検討している方は多いはず。

そこで、本記事では、販売員の辞めどきについて解説していきます。

 

販売員として働くことに不安を感じている方は必読です。

 

 

 

販売員の辞めどきを3つ解説します

販売員の辞めどきを3つ解説します

 

どれか1つでも当てはまるなら、ささっと転職したほうがいいです。

やりがいを感じられなくなったとき

 

販売員は、やりがいを持って働いている方が多い職種。

人と話すことが好きであったり、ブランドや商品が好きであったり、働く人の数だけやりがいがあるわけです。

でも、そのやりがいを感じられなくなってしまえば、一気に働くのが地獄の環境に変わります。

 

地獄と表現するのには、こんな理由があります。↓↓

  • 月給が安い
  • ボーナスもない
  • 休みも不定期
  • 拘束時間が長い

 

やりがいを感じられているから続けている人も多いはずです。

そのやりがいを感じられなくなったのなら、それはもう販売員の辞めどき。

ささっと転職したほうが時期を逃さずに済みます。

 

将来に必要なお金に不安を感じたとき

 

販売員はなんといっても低収入です。

結婚して、子どもを授かってというような将来ビジョンであったり、30代過ぎたら独立しようと考えているのなら、販売員は全く適した職種ではないです。

会社にバレないように副業をする方法もありますが、それにしても正社員として働くのなら他の職種のほうが金銭的な面で安心感があります。

 

お金だけが重要ではありませんが、お金も必ず重要です。

それは幼少期の頃からの貧乏な育ちをしていた僕が保証します。

将来に必要なお金に不安を感じるのなら、販売員の辞めどきですし、良いタイミングだと思いますよ。

 

25歳を過ぎたら転職について考えよう

 

いきなりですが、いくつか質問をさせてください。↓↓

  • いつまで販売員を続けようと思っていますか?
  • 20代後半まで?30代になってから考える?一生続ける?
  • 将来ビジョンやキャリアアップについてしっかり考えていますか?

 

まず、結論からいうと、販売員は25歳で一区切りだと思ってください。

というより、そのタイミングで将来について深く明確に考えておいたほうがいいです。

30代に入っても販売員はできますが、生活面は苦しいままですし、そこから転職するとなると採用される確率が落ちていきます。

 

専卒から働いているならもう少し早くてもいいですが、25歳が販売員の辞めどきであり、1つのターニングポイントだと思ってください。

 

販売員を辞めたときの経験談

 

僕が販売員を辞めたときの経験談を少しお話します。

 

もともと、3年以内に辞めるつもりで販売員に就職しまして、当時のやりがいといえば、売上の数字を追いかけながら、お客さんとの会話を楽しむくらい。

何度か面接で誇れるくらいの成果を出しましたが、元ホステスの方の売上には到底届かず。

このままでは良い思わないけど、これからどうキャリアアップしていこうかなと悩んでいた時期でした。

 

本記事でお話している3つの辞めどきを考えると、こんな感じでした。↓↓

  • やりがい→販売員はもういいな。他のことにチャレンジしたい。
  • お金→時給換算すると低すぎて情けない。
  • 年齢→25歳というより、早めにチャレンジしていきたい。

 

こう考えると、販売員を続ける理由が見当たらなくなり、何かにチャレンジしたい欲の方が勝っていきました。

その後、起業活動をスタートさせるもうまくいかず。

ただ、面白いことに、行動した先には良いことが待っているもので、販売員の経験と起業活動の経験を活かして転職したら、現在の年収400万円UP越えに繋がっているわけです。

ちなみに、2020年はコロナの影響がありながらも、さらに更新していけそうです。

 

結論:辞める意思が強いならささっと転職しよう

 

正直、販売員に関しては、アルバイトであったり、結婚後の小遣い稼ぎ程度の職だと思っていいんじゃないかなと思います。

好きなことをやるのは大切ですし、それを仕事にしたほうが成果が出るのは確かです。

ただ、それを販売員のままでいいのか、少し視点を変えて違う職種でやりがいを貫くのか。

 

販売員じゃなくても、人と話すことが活きる職種はありますし、そこまで固執する職種ではないかと思います。

ここまでお話した3つの辞めどきを考えて、辞める意思が強いのであれば、ささっと転職することをおすすめしますよ。

 

 

 

販売員の経験は無駄になりません

販売員の経験は無駄になりません

 

もし、販売員から転職する場合、販売員での経験やスキルは無駄にならないので安心してください。

販売経験が活きる3つの職種

 

販売経験が活きる職種を3つ挙げてみます。↓↓

  • 人材コーディネーター
  • 人事
  • 個人営業

 

人材コーディネーター

多少ハードになりますが、販売経験を活かすなら人材コーディネーターはアリです。

求人をみると分かるんですけど、応募条件のところに販売経験を記載しているところは結構多い。

貢献度の高い職種でもありますし、頑張った分だけインセンティブも入るので、おすすめの職種です。

 

人事

人事も販売経験が有利になる職種です。

普段の業務からコミュニケーション能力が重要になってきますし、面接対策をしっかりしていれば受かるのは難しくない。

年収は上げづらい職種ですが、販売の頃よりは上がりますし、ボーナスもあるところが多いです。

 

個人営業

個人営業といっていますが、具体的に言えば、不動産営業が一番いいかなと思っています。

というのも、販売スキルや顧客との接し方など、そのまま活かせることが多いですし、高収入を叶えやすい職種なんです。

不動産営業といえば、ノルマを気にされる方がいるかと思いますが、勉強しながら販売スキルを活かしていけば難しいことではないです。

 

早速、求人をチェックしたい方は、求人数が他社よりも多いリクナビNEXTで見てみましょう。↓↓



 転職活動経験者の80%以上が活用していた転職サイトなので、確かな求人数と質があります。

こちらから詳細をチェック→リクナビNEXT

 

未経験でも将来性がある職種

 

販売員の経験を活かせないけど、チャレンジしてみる価値のある職種をご紹介します。

それが最近流行りの” IT業界 ”です。

最初の1~2年はそこまで良い年収ではありませんが、その後の伸びしろはめちゃくちゃあります。

 

ただ、未経験のままIT業界へ転職すると悲しい現実を迎えることになります。

詳しくはこちらの記事を読んでみてください。↓↓

【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!
【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!”IT業界へ転職すると必ず年収が上がる” これは半分正解で、半分不正解です。 IT未経験の方が何も準備をしないで転職すると地獄です。 解決策を解説します。...

 

ささっと転職しよう

 

ということで、ここまで販売員の辞めどきについて解説してきました。

 

お話した3つの辞めどきに心当たりがある方は、ささっと転職してしまいましょう。

2020年はコロナの影響もあって、転職は厳しいと言われていますが、実際にこの状況下でも転職できている方は大勢います。

2020年の下半期に向けた転職の準備についてはこちらの記事をどうぞ→2020年の転職下半期に向けて

 


おすすめの転職サイトは求人数が他社よりも多いリクナビNEXTです。

こちらから詳細をチェック→リクナビNEXT

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!