仕事の悩み

アパレルに疲れたら転職するのはアリです【アパレルから転職した体験談】

アパレルに疲れたら転職するのはアリです【アパレルから転職した体験談】

 

アパレルで働くことに疲れたから転職しようかな。

アパレルって給料が低いし、休みは少ないし、将来が不安。

 

てんた
てんた
こんな悩みを解決します↑↑

 

本記事の結論

  • アパレルに疲れたら転職の時間がきた証拠
  • アパレルから転職するなら強みを活かした職種にしよう

 

こんばんは、てんたです。

アパレルではないですが、販売員を経験したのちに起業活動に挑戦するも失敗し、そこから転職をすることで、なんとか這い上がってきました。

具体的な数字でいえば、年収400万円UPしていて、今年はもう少し上げられそうです。

 

さて、転職サポートをしている中で、やっぱり、アパレルで働くのは大変だなって思うんです。

仕事の難易度というよりも、給料の低さや拘束時間、土日休みじゃなく平日休みなどの待遇面が特にキツい。

僕も販売員の経験があるのでその辛さはよく分かります。

 

本記事は、アパレルから転職するべき理由や転職先について解説していますので、アパレルで働くことに疲れた方は必読です。

 

 

 

アパレルに疲れたら転職するべき理由を解説します

アパレルに疲れたら転職するべき理由を解説します

 

生涯アパレルの人は滅多にいないですよね。

ということで、アパレルに疲れたら転職するべき理由を解説していきます。

お話するのはこちらの3つと結論です。↓↓

  • アパレルの将来性は悲しいほどに厳しい
  • 給料が低いのに個人で稼ぐの禁止はおかしい
  • 好きだから続けられる職種の代表

 

アパレル(販売員)は将来性がないと断言できる

 

残念ながら、アパレルには将来性がありません。

将来性というのは、たとえばこんな感じです。↓↓

  • キャリアアップ
  • 給料アップの上限額
  • 何歳まで続けられるのか

管理職になっても給料が新卒と変わらない人や、5年働いても手取り20万の人はたくさんいますよね。

 

販売員を経験している立場で考えても、もう戻ることは考えられないし、将来性とか待遇の良さをある程度欲しいなら絶対に勧めませんね。

将来性の観点でみれば、販売員に近い不動産営業とか個人営業系をしているほうが断然マシです。

 

副業を始めたくても始められない企業がほとんど

 

アパレルは、安い給料で働かされているのにもかかわらず副業もできない。

これは本当に辛い話で、何人かの知り合いは禁止にされていながらも、バレないようにしていますが、正直気を使うのが面倒ですよね。

禁止と言われたら動かない人もいるわけですし、収入の低さの問題を個人的に解決するのもダメなんて酷い飼いならし方です。

 

好きでしている感覚がなくなったらお終いです

 

個人的なイメージで申し訳ないんですけど、アパレルで働いている人って趣味感覚が強かったり、コミュニケーションを取るのが好きな方が多いと思うんですよ。

つまり、アパレルの仕事内容とか商品、人が好きな人たち。

そのアパレルを好きでしている感覚がなくなったら、正直もう終わりだと思います。

 

好きとかやりがい以上に、負担とかストレスとかが勝ってるんですよね。

常連のお客さんとかとの関係を考えると、アパレルからの転職にストップが掛かってしまう方もいますが、こうなれば早めの脱出を考えた方がいいです。

 

結論:アパレルに疲れたなら転職したほうがいい

 

ここまで愚痴のようなことばかり言ってしまいましたが、これがアパレルの現実だと思います。

好きで始めたり、続けてきた仕事で精神的に疲れた状態が続いてしまうのなら、ささっと転職しちゃいましょう。

特に、20代後半の方は、早めにアパレルから転職しないと、30代になれば未経験の求人から相手にされなくなってしまいますからね。

 

じゃあ、どの職種がいいのかってことをこれから解説していきます。

 

アパレルから転職するなら強みを活かした職種へ

アパレルから転職するなら強みを活かした職種へ

 

結論から伝えると、みなさんの強みを活かした職種へ転職するのが一番です。

アパレルから事務はやめておいたほうがいいです

 

まず、よくあるのがアパレルから事務への転職。

これはほとんどの方が失敗しているといっても過言ではないです。

アパレルから事務へ転職して、こんな理由で失敗したと思う人が多い。↓↓

  • ボーナスは少しだけあるけど、結局給料低い
  • 人と話すのが好きなのに、全く話さない職場
  • 毎日同じことの繰り返しで飽きる
  • 事務作業自体あわない

 

本当に自分が事務作業に合っていると思う人以外はやめておいたほうがいいです。

まずは、自分の強みを活かした職種を考えて、その後に給与や土日休みなどの待遇面を考えていきましょう。

 

自分が何をしたいのか、どう自己分析していけばいいのか分からない方は、こちらの記事を読んでみてください。↓↓

簡単に誰でもできる自己分析方法についてまとめてあります。

大切なことなので、しっかり読んでみてくださいね。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

給料を上げたいなら人材系でガッツリ働く

 

もしも、給料が低いことを一番に解決したいなら人材系の仕事に転職することをおすすめします。

人材系は過酷な職種で有名ですが、企業によっては残業をさせないところもありますし、一概には断言できません。

実際に、転職サイトに登録してみたら、求人の内容や口コミ、掲載期間が終わっても何回も掲載を繰り返しているなどから、そのような企業を判別できるようになります。

 

また、人材系は、求める人材像として、営業経験や販売経験を求めるので、販売で培った経験と強みを活かしやすい職種です。

実際に、販売や飲食経験者で年収800万円の人はうじゃうじゃいます。

興味がある方は、とりあえず、求人をチェックしてみてください。

おすすめの転職サイトはリクナビNEXTです。↓↓

 



リクナビNEXTの特徴は、求人数が他社よりも圧倒的に多いため、自分に合った求人を見つけやすいです。

また、とりあえず、求人を探してみたい方は、多くの求人を見られるのでめちゃくちゃ参考になります。

実際に、転職した8割以上の人が活用する転職サイトなので、登録しておいて損はないです。

 

こちらから簡単に登録→リクナビNEXT

 

アパレルからITに転職するなら注意点があります

 

最近、アパレルからの転職先で増えてきたのがIT系です。

「IT系で働けば給料が上がる」という広告が多いんですけど、これには注意点があります。↓↓

  • 未経験でITに転職したら地獄をみる

 

実際に、ITへ未経験で転職した方の記事がこちらですので、ぜひ読んでみてください。↓↓

IT未経験で転職したら苦労ばかりな話【IT未経験からの転職体験談】
IT未経験で転職したら苦労ばかりな話【IT未経験からの転職体験談】IT業界へ未経験で転職すると苦労が多い話をします。IT業界への転職を考えている方へおススメの記事となっていますので、最後までぜひ読んでみてください。...

 

ただ、未経験といってもITスクールに通えば、地獄は見ずに済みます。

解決策であるITスクールについてまとめた記事がこちらです。↓↓

【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!
【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!”IT業界へ転職すると必ず年収が上がる” これは半分正解で、半分不正解です。 IT未経験の方が何も準備をしないで転職すると地獄です。 解決策を解説します。...

 

アパレルから人材コーディネーターへ転職した体験談

 

最後に、アパレルから人材コーディネーターへ転職した方の体験談についてお話したいと思います。

この方は、コロナの影響が出始めた3月に退職し、3ヶ月かけて転職を成功させた方です。

まだ転職したばかりなので、研修で忙しいみたいですけど、楽しくやれているそうで何よりです。

 

ただ、結論からいうと、この方は経歴やスキルの割に苦労していました。

この方の経歴とスキルがこちら。↓↓

  • 専門学校を卒業してから6年間働いていた
  • 年間の個人売上高で2度社内表彰をされていた

 

先程も言いましたが、人材系は販売経験を大いに活かせる職種の1つです。

ですが、これだけの経歴とスキルを持っていても内定を貰えないことがあります。

なぜなら、入社意欲が足りないからです。

 

こういうと、この方に失礼かもしれませんが、3度面接で落ちた内容を分析すると、最後の最後でここを欠いていたことが分かりました。

これを改善したことで、あっさり内定を貰えるようになったので間違いないです。

詳しい内容は、こちらの記事を読んでみてください。↓↓

【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

転職に自信がない方は転職エージェントを活用しよう

 

販売が転職において不利ということはありませんが、どうしても不安に感じる方はいるかと思います。

そのような方は無理して一人で転職をしなくていいんです。

そのために転職エージェントがいるんですから。

 

おすすめの転職エージェントを下にまとめておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ネットの評判ではなく、実際の口コミを重視した選考になっています。



リクルートエージェント

大手の中でも求人数がかなり多いことが特徴です。

エージェントのタイプでいえば、営業気質な方が多いので、自分では企業と交渉できないなと不安に思う方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】




マイナビジョブ20’s

こちらも同じく大手ですが、エージェントのタイプが大きく異なります。

マイナビジョブ20’sは、面談ではなく相談というスタイルを心掛けているエージェントですので、落ち着いて転職活動を進めていきたい方に向いています。

 

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

 

てんた
てんた
もしも、合わないエージェントであれば、担当の変更を申し出れば、すぐに違うエージェントを活用できるので安心してください。

また、転職の悩みや不安について、いつでも相談に乗りますので、何かあればTwitterのアカウントのほうにメッセージを送ってください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!