仕事の悩み

【営業がしんどいから辞めたい】あなたが営業を辞めてもいい3つの理由

【営業がしんどいから辞めたい】あなたが営業を辞めてもいい3つの理由
  • 営業職のしんどい生活にはもう耐えられないから辞めてもいいかな?
  • コミュ障で成績悪いし、営業は向いていない気がするから辞めたい
  • 営業職になって、まだ半年しか経っていないけど、辞めていいかな?

こんな悩みを持っている方に本記事はおすすめです!

 

営業職には、向き不向きが明確にありますが、将来的なキャリアアップを考えている方にとっては経験しておきたい職種の1つ。

ですが、営業職は、「しんどい・辛い・辞めたい」で有名でもありますよね。

その3つのワードが出てきてしまう要因が「売上ノルマ・無理難題な上司・コミュニケーション不足」で占められています。

 

最初にお伝えしましたが、営業には向き不向きが必ず存在します。

なので、辞める人がいて当然ですし、辞める方はこれから自分に合う仕事をすればいいだけのお話なんです。

 

ということで、本記事では、上の悩みを中心に【営業がしんどいから辞めたい】あなたが営業を辞めてもいい3つの理由についてお話していきます。

 

てんた
てんた
最後までしっかり読んでみてくださいね!

 

 

 

営業職の生活が「しんどい生活」と思うなら辞めるべき

営業職の生活が「しんどい生活」と思うなら辞めるべき

 

てんた
てんた
どんな理由で営業職になりましたか?

 

営業職は、辞める人が多かったり、会社にとって欠かせない重要な職種のため、多くの求人が出回り、毎年多くの方が営業職になります。

ですが、営業職になる理由は人それぞれです。

たとえば、こんな理由があるかと思います。

  • 給料が高いから
  • 主体的に働きたいから
  • 成果が目に見えて出るから
  • 将来のキャリアアップのため

 

新卒でも中途でも、入社する前に必ず「営業職にした理由」があったはずです。

たとえば、上記の理由の中にあなたの理由があるのなら、それ相応のしんどい生活があることは当然とも言えます。

なぜなら、それが営業職で得られるスキル・経験を得るための対価だからです。

 

てんた
てんた
給料が高いのも、成果を出してインセンティブを貰うのも、それなりのしんどい時間から生まれるものです。

「外に歩き回って、数をひたすらこなしていくしんどい営業をしなさい」というわけではないですよ。

どんな効率的な営業だからといって、ある程度の成果が出るまではしんどい時間はあるものです。

 

ただ、しんどい時間を乗り越えるには、最初の営業職になった理由を明確に持ち続けないと厳しい。

そして、もし、いま「しんどい」というイメージが強いのなら、営業職になった理由が崩れかけている可能性が大です。

きついかもしれませんが、その時の営業職になった理由と、現在のあなたが仕事に求めていることは違うのかもしれません。

 

すれ違っている状態を無理に続けたところで、辛くなるのはあなた自身です。

なので、まずは、自己分析をし直して、どんな働き方、職種がいいのかを考えていくことをおすすめします。 

詳しい自己分析の方法については、こちらの記事を読んでみてください。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

 

 

あなたの長所が営業に向いていないなら辞めるべき

あなたの長所が営業に向いていないなら辞めるべき

 

てんた
てんた
あなたの長所は営業職に向いていますか?

 

営業をする前に、自分が長所だと思っていたことが、営業をしてからそうではないと気づいたり、

そもそも自己分析をあまりしておらず、自分の長所はなんのこっちゃという方もいるかと思います。

 

ここで僕が言いたいことは、この一言です。

 

自分の長所が営業と合っていないなら辞めたほうがいい!

 

 

こう断言する理由は、成長するための時間が限られているからです。

成長するための時間というのは、ある程度の自己成長を追い求めて行動できる時間であり、それは大体が20代までと考えてください。

20代で自己成長し、長所に磨きをかけて、30代からはそのスキルと経験で仕事を得ていくのが理想的なキャリアアップといえます。

 

てんた
てんた
もちろん、どんなキャリアアップかはみなさん次第でもありますよ。

ただの目安として考えておいて頂いて大丈夫です。

 

これはあくまでも僕の持論ですが、日本文化的に短所を補うことに時間を費やすことが一般的ですよね。

でも、それだと結局バランス型の人材になって、周りとの差別化は上手くできません。

なので、僕たちがすべきなのは、圧倒的に長所を伸ばし、長所を活かしていくことです。

 

営業が自分の長所と合っていないのならば、営業を辞めて、自分の長所と合う他の職にするべきです。

コミュ障で成績が悪いのなら、コミュニケーションが武器でなくともよい、何か自身のスキルが活かせることをしていくべきです。

そのほうが圧倒的に差別化ができますし、成果も出しやすくなります。

 

てんた
てんた
これから短期的に転職をしてみよう!という方はこちらの記事をどうぞ
【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説
【転職活動1ヵ月で内定は貰える】短期間の転職ですべきことを解説転職には平均3ヵ月程度かかると言われています。それを1ヵ月程度で成功させたいのなら、それなりの努力が必要です。具体的に何をすればいいのかを解説しますが、誰にでもできることなので、安心してくださいね。...

 

 

半年間で辞めるならやりたいことを探してから辞めるべき

半年間で辞めるならやりたいことを探してから辞めるべき

 

てんた
てんた
半年間という短い期間で辞めるなら、それ相応の準備が必要です。

 

営業を辞めるにしても、半年間というのは短い方です。

半年間だから絶対に辞めちゃダメ!というわけではないですが、たったの半年間で辞める以上、それなりの準備が必要になってきます。

その準備というのは、営業を半年で辞めたとして、次に何がしたいのかを決めておく必要があるんです。

 

ただ、半年間で営業が合わない・辛いで辞めてしまい、次に何もしたいことがないと、その後の転職活動にも影響が出てきます。

具体的にいえば、「ただ営業が嫌になって、仕事を辞めた」という転職の意図が面接官に伝わってしまうと、「この人は忍耐力がないんだな」というイメージだけが残ってしまいます。

なので、営業を半年で辞めたいのなら、まずは次に何をしたいのかを明確にしてください。

 

 

てんた
てんた
そして、考えてみても何も思い浮かばない方は、もう半年間営業を続けることをおススメします!

というのも、転職では、社会人経験年数や営業経験数を意識する企業は結構多いです。

なので、1年間は経歴を作って、そこから転職を考えるのもいいかなと思いますよ。

 

ここで抑えてほしいことは、半年間で辞めるならやりたいことを探してから辞めるべきということです!

 



 半年間だけだし、上司に言いづらくて会社を辞めづらい方はこちらの退職代行サービスがおすすめです

退職代行ガーディアンの特徴は、安全・低費用・確実の3要素です。

会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

 



実際に求人をチェックしてみたい方は、リクナビNEXTを登録しておきましょう。

求人数は他社よりも圧倒的に多いですし、これから転職活動を始めるなら欠かせない転職サイトになります。

こちらから詳細をチェック→リクナビNEXT

 

 

 

まとめ

 

ということで、ここまで【営業がしんどいから辞めたい】あなたが営業を辞めてもいい3つの理由についてお話してきました。

 

この記事のポイントはこちら

  • 営業になった動機と、いま仕事に対して求めることが異なるなら転職を考えるべき
  • 自分の長所が営業と合っていないなら辞めて、その長所を活かすべき
  • 営業を辞めるのが半年以内なら、次にしたいことを見つけておくこと

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!