退職の悩み

【1人で無理は危険】退職時に有給消化できないときの対処法を解説

【1人で無理は危険】退職時に有給消化できないときの対処法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に僕の自己紹介になりますが、本業で正社員や派遣のエージェント業務を行いながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
退職するのに有給消化できないって言われた。揉めるのは怖いから避けたいけど、この場合諦めるしかないの?

 

結論からいうと、退職するのに有給消化させてもらえないのはおかしいですし、これしないと法律的にアウトなので有給消化はできます。

ただ、みなさんが予想している通り、企業によっては有給消化させないようにしてくるところもありますし、そういったところに対して一人で無計画に戦うとかなり面倒なことになってくるんです。

 

なので、本記事ではそうならないようにするための対処法を解説していきますので、同じょうな悩みを持っている方、これからそうなりそうな方は是非最後まで読んでいってくださいね!

退職時に有給消化できないときの対処法

退職時に有給消化できないときの対処法会社から「退職するにあたって、残っている分の有給は消化させません」って言われたら、みなさんには下記の選択肢(=対処法)があります。↓↓

  • 退職代行を使う
  • 音声録音などで証拠を作り組合にいく

 

退職代行を使うのが一番楽です

退職後に有給消化できるか不安、もしくはもうできそうにないという方は、退職代行サービスを活用しちゃうのが一番手っ取り早く、一番楽な方法になります。

ザックリと退職代行のデメリットとメリットを説明すると下記の通りですね。↓↓

デメリット

  • 利用料金がかかる
  • 今後その会社で働けなくなる

メリット

  • 即日退職が可能
  • 有給消化の対応もしてくれる
  • 退職日の目処が立てやすい

 

一番のデメリットはやっぱりお金がかかってしまうことですね。

高いところだと5万円以上かかるところもありますけど、相場でいうと大体3~4万円くらいかなと思います。

 

ただ、退職しやすい会社にいる人にとってはこの料金を支払うのが馬鹿馬鹿しく思うかもですが、退職しづらい人や有給消化を認めて貰えなそうな人にとっては、そこまで高い金額じゃないのかなとも思います。

実際にぼくがお勧めしているところは3万円あれば活用できますし、相場的には安いほうですが、安心安全さはトップクラスのところです。

 

実際に有給消化出来るようになれば、3万円分くらいは回収できますし、それプラスで自分が退職の交渉をしなくていいという精神的な負担も考えたら、決して高くはないんじゃないですかね。

次に自分一人で行う対処法について解説していきますが、それを読んで面倒だし、上手くできる自信がなければ、退職代行に頼ることも検討してみると良いですね!

 

音声録音などの証拠を作り組合に助けてもらう

もしも1人で退職に伴う有給消化の交渉をする場合は、まずは証拠を作ることが大切になってきます。

要は、最終的に「それって法律違反ですよね?組合呼びますよ?」って企業を脅す、もしくは本当に組合の力を借りて交渉するためようになるので、そのために法律違反だと証明できる証拠がないと駄目なんです。

 

そこで一番手っ取り早いのが音声を録音すること。

たとえば、会社に行って上司に有給消化して貰えるように相談するときなんかに音声を録音しておくわけですね。

 

「有給消化していい」という意味の言葉でも良いですし、「有給消化させない」という言葉でもOK。

前者の場合は「有給消化していいって言いましたよね?証拠ありますよ?」って主張できますし、後者の場合は「有給消化させないってそれ法律違反ですよ?労働基準法第39条を読み上げましょうか?」って言えますからね。

 

ちなみに、会社が「時季変更権を~」などのアホなことを言ってきたら、「時季変更権を使って、有休消化を退職日以降に会社側の意図で動かすことはできないですよ」って伝えてあげましょう。(笑)

退職日後に有給消化はできませんし、時季変更権を使ったとしても有給消化を拒否することはできないので、そこらへんの簡単な知識は頭に入れておくと役立つかなと思いますよ!

 

結論:不安に耐える自信がないなら退職代行を使おう

1人で行う場合の説明をしましたが、あえてかなり強気な言葉を使いましたが、「やっぱりそういう緊張と不安が大きい場面は苦手だな…」って思う方もいると思うんですよね。

そういう方は無理しないで退職代行を使っちゃうのが良いと思いますよ。

 

というのも、断言しますが、有給消化をさせてもらえない会社に対して交渉をしていくのは精神的な負担がかなりあります。

上司から怒号されるかもしれませんし、もしかしたら裏で泣いてしまうこともあるかもしれません。

 

そんな仕打ちを受けながら残りの仕事もしないといけないですし、他の社員からの圧力も酷くなってくるかもしれません。

正直、こんなのは余程メンタルが強い人じゃない限りは耐えれないと思います。

 

なので、絶対に無理はしてほしくないんです!

これで鬱病になっちゃったり、これからの仕事や転職に悪影響を及ぼすくらいだったら、3万円払って退職まで代行してもらうほうが余程有意義な選択になるはず!

 

いまだけを見るのではなく、何年後かの未来も見据えながら、しっかり自分と相談してみてください。

ちなみに、先程お話した個人的におすすめの退職代行サービスは「toNEXTユニオン」が運営するこちらの2つになります。↓↓

  • 男の退職代行:男性に特化
  • わたしNEXT:女性に特化

 

下記の記事でそれぞれのデメリットとメリットであったり、活用方法や流れについて解説しているので、まずはそこをチェックしてみるのも良いかなと思いますよ!

「男の退職代行」についてまとめた記事はこちら

「わたしNEXT」についてまとめた記事はこちら

 

有給消化の交渉をするときの注意点2つ

有給消化の交渉をするときの注意点2つここから先は、「それでも1人で交渉してみます!」という方に向けた内容ですので、退職代行を気になっている方は上記の記事をチェックするのがいいかなと思います。

さて、見出しの通り、有給消化の交渉をするときの注意点は下記の通り2つあります。↓↓

  • 企業を信頼しすぎない
  • 退職後に気付いても対応が面倒

 

企業を信頼しすぎないのは自分のためです

退職に限らずですが、良い顔しといていざとなると裏切ってくることが意外とあります。

たとえば、「先週まではめちゃくちゃ退職させてくれそうな雰囲気だったのに、いざしっかり話す機会を設けたら退職させてくれない」とか。

 

何が言いたいのかというと、要は「きっと大丈夫だろうっていう気持ちで変に会社を信頼して、会社に退職処理を任せっきりになると損する可能性があるかもよ」ってことですね。

有休消化OKって言ってたのに、退職してみたら給料に反映されていなかったなんてことはよくある話ですからね。

 

なので、そういう会社のことはあまり信用せずに、定期的に確認しておくことが大切になってきます。

円満退職であれば、この辺は大丈夫かもですが、有休消化で揉めるくらいなところであれば、この考えは絶対に忘れちゃだめですよ!

 

退職後に気付いても対応が面倒です

たとえば、会社側がみなさんを騙して有給消化させてくれなかった、有給分の給与が支払われていなかったとしましょう。

「うわー、騙されたよ。もう退職しちゃったし、有給分の給料は諦めるしかないか…」って思うかもですが、諦める必要は全くないです。

 

会社に対してしっかりと書面で賃金不払いの請求をすればOK。書面をわざわざ用意する理由は証拠を残すためですね。

そうすれば相手も渋々ですが対応してくれますし、してくれなかった場合は労働基準監督署に連絡して取り合ってもらえば会社側も対応するしかないので、しっかりと請求することができます。

 

そのときに企業へ送った請求の書面が必須になってくるので、面倒かもですが、しっかり対処しておきましょう!

 

まとめ:1人で無理するのは危険なので辞めましょう

結論でもお話しましたが、退職交渉は悪質な会社相手だと本当に神経をすり減らす部分ですし、精神的にしんどい思いをするのはほぼ確実です。

なので、絶対に無理をしないことが大切。

 

無理をしないというのは有給消化を諦めるという意味ではなくて、他力で実現しようってことですからね。

有給残日数が多ければプラスになるかなと思いますので、自分の性格とメンタルと相談して後悔のないように決めてもらえたらなと思います!

 

本記事でご紹介した記事

「男の退職代行」についてまとめた記事はこちら

「わたしNEXT」についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!