生き方の悩み

【まだ気づいていないだけ】本当の自分がわからない人へ2つの問いかけ

こんにちは、てんたです!

 

みなさんは「いまを生きる」という映画をご存知でしょうか?

今は亡き、ロビン・ウィリアムズが主演の名作の1つです。

てんたにとってこの映画は、まさしく人生を変えた1本の映画でした。

何かのCMみたいですね(笑)

でも、本当に大袈裟なんかじゃなく、人生が変わった瞬間がそこにはあったんです。

 

「人生が変わる・本当の自分を知る」というのは、何かを気付くことで始まると思っています。

何かに気付いた時のその瞬間は何とも言えない不思議な感覚で、今までの自分は社会の奴隷で、そこから解放されたかのような気分です。

僕の人生は「いまを生きる」を観終わった、あの瞬間から変わっていったんです。

 

 

本記事は「いまを生きる」のレビュー記事ではありません。(笑)

 

本記事は「本当の自分がわからない人」に向けた記事となっています。

 

タイトルにもある通り、あなたはまだ「気づいていないだけ」です。

これからその瞬間は必ず訪れます。

自分に素直になって、一緒に考えていきましょう。

 

てんた
てんた
Seize the day!

 

 

 

問いかけ① 過去のあなたはどんな人でしたか?

 

てんた
てんた
未来を見ることはとても大切なことですが、過去を振り返ることも大切なことです。

なので、まずは、過去のあなたはどんな環境で育ったのか考えてみましょう。

 

育った環境で人は大きく変化します。

特に幼少期で満たされなったことを大人になって満たそうとするケースは多いです。

 

たとえば、てんたの場合、子どもの頃は貧乏で、両親が共働きだったので一人でいることが多かったんです。

新しいゲームカセットを買ってもらうのは年に1,2回で、それも新品ではなく中古品。

保育園では夜の22時まで一人で遊んでるのなんて当たり前の日々でした。

両親が揃ったところで2人は仲が悪いので喧嘩が始まることがほとんどで。(笑)

 

そのような育ちだった影響から、中学生くらいまでは、自分でお金を増やす方法を考えたり、仲の良い家族というものに対する憧れを無意識に持ち始めていました。

ここまでお話したのはあくまでもてんたの過去の振り返りです。

 

育った環境を知れば、その人が人生に対して何を求めているのかが分かることが多いです。

なので、みなさんも一度「自分はどのような環境で育ったのか」を振り返ってみてください。

思い出したくないこともあるかもしれませんが、それすらも自分を知るカギになります。

 

家にいたり、いつもの生活の中では探せない答えもあるかと思います。

そういう時は、1人で少し遠くに出て考えてみるのもおすすめですよ!

 

てんた
てんた
自分を知るために過去を受け入れて、整理してみましょう。

 

 

 

問いかけ② あなたのしたいことは何ですか?

 

てんた
てんた
さて、過去のことを振り返った後はこれからの未来について考えていきましょう。

そこでお聞きしますが、あなたのしたいことって何でしょうか?

 

またまたてんたのことで申し訳ないですが、僕の場合は「サッカークラブのオーナーになること」が20年以内の目標です。

目の前の1試合を何万人の人たちが夢中になって応援する。

勝ちも負けも多くの人の記憶に残る。

喜びと興奮、時には悲しみを大勢の方と共有できる。

そんな素晴らしい仕事をしていくのが僕のしたいことであり、目標です。

 

もちろん、ただ目標を立てるだけではダメですよね。

それを叶えていくための計画も合わせて考えないといけません。

でも、まずは、したいことがなければ始まらない。

 

なので、まずは、自分の人生で、

  • ○○だけは達成したい!
  • ○○の仕事に就きたい!
  • ○○で社会に貢献したい!
  • ○○をして毎日生きていきたい!

 

など、○○の中に入るものを探してみてください。

何でもいいんです。

出来るだけ自分の本心からしたいことを見つけましょうね。

そうすれば、努力を継続していくのもそこまで大変じゃないですから。

 

 

 

まとめ

 

冒頭でもお話しましたが、何かに気付くだけで人生は変わります。

そして、特に「自分は何をしたいのか」に気付いた時には、頭の中の霧がスーッと引いていくと思います。

 

気付けるか、気付けないかの違いは、自分と向き合った時間があるかどうかです!

その為に行動して、考える時間を作ることが大切ですからね。

この記事をきっかけに、みなさんが何かに気付いて、自分を知っていけたら嬉しいです!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!