派遣の悩み

【世界規模の大手派遣会社】ランスタッドのデメリットと活用法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事はランスタッドのまとめ記事になります。解説することは主に下記の4つ。↓↓

  • ランスタッドの特徴
  • ランスタッドのデメリット・メリット
  • ランスタッドの活用方法
  • 活用する上でのポイント

 

世界39ヵ国の中で4000を超える拠点を持っているのが、今回ご紹介する「ランスタッド」という大手派遣会社です!

日本でも北海道から九州まで全国展開しているのでかなり活用しやすいですし、設立60年超えなのでかなり歴史もあって、派遣会社の中ではかなり珍しい部類なんですよね。

 

とはいえ、良いことだらけではなくて当然のようにデメリットも存在します。

僕自身の派遣営業経験と、直近に発表された月刊人材ビジネス2021年11月号に掲載されている「第36回派遣スタッフ満足度調査結果」を基にぶっちゃけた話をしていきます!

 

4分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

世界規模の大手派遣会社「ランスタッド」

世界規模の大手派遣会社「ランスタッド」オランダで始まり、現在は世界39ヵ国に拠点を置いている世界規模の大手派遣会社。そんなランスタッドの特徴からお話していきます!

 

ランスタッドの特徴

ランスタッドの特徴は下記の4つですね。↓↓

  1. 得意な職種がハッキリしている
  2. 積極的な無期雇用化
  3. 担当営業のほとんどが女性
  4. 最短で1週間後から勤務開始可能

 

「この特徴の根拠って何ぞや?」って感じる方がいるかなと思うので説明しますと、お話の根拠は主に2つでして、まずは月刊人材ビジネス2021年11月号に掲載されている「第36回派遣スタッフ満足度調査結果」を基にお話しているということですね!

派遣で就業中の2000人の方を対象に調査したものですので、かなり信憑性の高い情報になっています。

 

それに加えてもう1つの根拠となるので、僕の派遣営業経験から感じるランスタッドの姿ですね。

実際にランスタッドで勤務されていたことのあるスタッフからお話を聴いたり、自分で調べ上げた情報を基にお話しています!

 

じゃあ、そんな特徴を含めて、ランスタッド活用のデメリットとメリットについてお話していきます!

 

ランスタッドのデメリット・メリット

ランスタッドのデメリット

まず、ランスタッドのデメリットは下記の通りですね。↓↓

  • 得意な職種が限られている
  • 規模が大きい故の営業担当の忙しさ

 

まず、1つ目が「得意な職種が限られている」ということ!

ランスタッドの得意としている職種というのは主に「オフィスワーク系の仕事」であったり、「製造や工場の軽作業」の大きく2つでして、これ以外の職種も扱ってはいるんですけど、一番期待できるのはこの2つということですね。

 

なので、たとえば、「介護系の仕事をしたい!」とか「医療関係の仕事をしたい!」っていうような希望があるとしたら、他に特化した派遣会社があるのでそちらを活用したほうが期待はできます。

とはいえ、これって派遣会社の中では決して珍しいことではないので、一応お伝えしておいたほうが良いかなってくらいの話ですね!

 

2つ目のデメリットが「規模が大きい故の営業担当の忙しさ」ですね!

忙しい要因としては、歴史が積まれている分の「稼働中スタッフの多さ」であったり、「応募者の多さ」ということが挙げられます。

 

派遣スタッフ満足度調査結果の1つとして「担当営業とのコミュニケーションが少なめ」という意見も挙げられているので、ここはあらかじめ知っておいた方が良いかなと。

でも、勘違いしてほしくないので他の調査結果もお伝えしておくと、「この派遣会社を友人に勧める」という調査項目と、「登録全体の満足度」や「仕事内容と比較した給与満足度」で高評価を得ているので、しっかりスタッフにコミットしているんだよってことですね!

 

ランスタッドのメリット

ランスタッドのメリットは下記の通り。↓↓

  • 積極的な無期雇用化
  • 担当営業のほとんどが女性
  • 最短1週間後から勤務開始可能

 

まず、1つ目のメリットが「積極的な無期雇用化」ということですね!

これは実際にランスタッド雇用で稼働したことのあるスタッフからも聴いた話ですし、ランスタッド公式HPにもわざわざ掲載されている内容なので信頼度の高い情報になります!

 

じゃあ、なんでここがメリットなのかというと、正直な話、ほとんどの派遣会社は無期雇用化をしたくないと思っているんですよ。

理由は、無期雇用化にすることで人件費が加算されてしまうからですね。

 

なので、働き始めてから3年経つ前に雇用を止めようとしてくる派遣会社も多いですし、派遣先を強引に変更させようとしてくるところもめちゃくちゃ多いです。

その中でランスタッドは積極的な無期雇用化をすることで、3年が経っても派遣スタッフが安心して同じ派遣先で働けるようにしているわけですね!

 

2つ目のメリットは「担当営業のほとんどが女性」ということ!

これも派遣会社にしては珍しくてですね、派遣営業って男性の方が多くて、どちらかというとエネルギッシュな方だったり、イケイケ系の方だったりが多めなんですよ。

 

逆に派遣スタッフは女性の方が多めなので、ここの違いで衝突することがあったり、「私の気持ち全然理解していないじゃん!」なんてことがあるわけです。

でも、ランスタッドではほとんどの営業担当が女性なので、相談しやすい環境になっているということですね!

 

3つ目のメリットが「最短1週間後から勤務開始可能」ということ!

派遣って正社員とは違って派遣先ありきでの就業になるので、派遣会社と面接をしてから、その後に派遣先と顔合わせをしたりといった風にいくつか段階を踏まないといけないんですよね。

 

それが派遣会社によっては就業開始まで1ヶ月かかるところもありますし、「どんなに早くても2週間はかかります!」ってところが多いんですよ。

その中でランスタッドは最短1週間後から勤務開始可能なので、担当営業の仕事の早さが光る部分かなと!

 

とはいえ、早いことは凄いことなんですけど、しっかり考える時間も作らないと早期退職に繋がりやすくなってしまうので、そこは注意してほしいですね!

ということで、一旦デメリットとメリットをまとめますと、下記の通りです。↓↓

ランスタッドのデメリット

  • 得意な職種が限られている
  • 規模が大きい故の営業担当の忙しさ

ランスタッドのメリット

  • 積極的な無期雇用化
  • 担当営業のほとんどが女性
  • 最短1週間後から勤務開始可能

 

ランスタッドの活用方法を解説

テンプスタッフの活用方法を解説活用方法はめちゃくちゃ簡単なので、ササっと確認してもらえたらなと思います!

 

登録から就業までの流れ

登録から就業までの流れは下記の通りですね。↓↓

  1. WEB、電話面談の希望日登録
  2. 面談時に活用する事前情報の入力
  3. お仕事の紹介
  4. 紹介の手続き、勤務開始!

 

感染症を考慮していることもあって、現在はWEBか電話での面談を選べるようになっています!

なので、まずはどちらかの面談を選んでもらって、希望日を決めていきます。

 

その後、面談時に使う事前情報を入力してもらいます。

どんな内容かというと、希望のお仕事内容だったり、仕事を探している上での不安点だったり、勤務条件やこれまでの経験やスキルといった内容ですね!

 

そうすると、面談後に希望に沿った案件を紹介されて、希望に合うところがあれば話を進めてもらい、派遣先との顔合わせや就業開始に繋がっていくという流れですね!

他の大手派遣会社だとスキルテストとかがあったりするんですけど、ランスタッドでは行わないので、だいぶ気が楽なんじゃないかなと思いますね。(笑)

 

活用する上でのポイント

ランスタッドを活用する上でのポイントは下記の通りですね。↓↓

  • WEB面談を選ぶ
  • 未経験職種なら無理しない選択をする

 

まず、一番注意してほしいことから説明しますと、面談方法は必ず「WEB面談」を選択してください!

効果は2つありまして、1つ目はあなたの人柄をしっかり伝えられること、もう1つは営業担当を見極めるためですね。

 

これは派遣営業経験があるからこそ言えることなんですけど、WEB面談を選択できるのにわざわざ電話面談を選択してしまうと評価が悪くなる傾向にあるんですよ。

なぜかというと、電話面談のほうが人柄やマナー、コミュニケーション能力を隠しやすいからですね。

 

要は「電話面談を選択するということは、コミュニケーションが苦手だったり、隠したいことがあるのかな?」って思われやすいということですね。

もちろん、断定しているわけではないですけど、どうしてもこういった先入観で捉えてしまうのが電話面談の特徴なんですよ。

 

なので、コミュニケーションが苦手な方だったり、わざわざ顔を見せあって話すのが怖いと思う方もいるとは思うんですけど、ここの評価次第で紹介される案件の質も変わってくるので、どうか少しだけ勇気を出してほしいんです!

予定がつきづらいとか、操作が不慣れで怖いとかっていう理由もあるとは思うんですけど、絶対にWEB面談をしておいたほうが評価は良くなりますからね!

 

そして、もう1つの注意点が「未経験職種なら無理をしない選択をすること」ですね。

というのも、デメリット部分でもお話したように、ランスタッドの営業担当は忙しいことが原因でコミュニケーション不足になったり、連絡が遅れてしまうこともあるので、一番サポートを必要とする未経験職種への就職は慎重になったほうがいいかなと。

 

もちろん、「コミュニケーションの少なさが逆に有難い!」という方もいると思うので、考え方次第でもあるんですけど、念のための注意ですね!

 

まとめ:事務系や製造系希望なら試すべき

事務系や製造系での派遣を希望されているなら、ぜひ試してみるのをおすすめします!

登録も簡単ですし、同じ派遣先で長く働ける無期雇用化にも積極的なので、かなりスタッフ思いの安心安全の環境ですからね。

 

ここ一択にしないとしても、まずは面談をしてみて、どんな案件があるのかを確かめてみると転職の可能性も広がるのでおすすめです!

下記から直接ランスタッドの公式HPまで飛べるんですけど、いきなり登録にはならないので安心してくださいね。

 

ランスタッド公式HPへはこちら

オフィスワーク系を希望される方→ランスタッド

製造系を希望される方→ランスタッド

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!