仕事の悩み

【目標を意識することが大切】仕事を続けるべきか辞めるべきかで迷う方へ

【目標を意識することが大切】仕事を続けるべきか辞めるべきかで迷う方へ

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

販売員時代に、目標から遠ざかっている状況を打破すべく、起業活動に踏み切りました。

結果的に失敗に終わりましたが、その失敗のおかげもあり、その後の転職では成功を収めることができました。

遠回りをしたようで、目標への近道を通れている今日この頃ですね。

 

さて、先日、ブログ経由でこんな相談を受けました。↓↓

相談者さん
相談者さん
いまの仕事を続けるべきか、辞めるべきかで悩んでいます。

同じような仕事しかしたことがないので、転職できるかも不安です。

どうしたらいいでしょうか?

 

結論からいうと、続けるべきか、辞めるべきかの判断は、目標の道の上に乗れているかどうか次第です。

現職が目標の道に乗れているなら続けるのもアリ。

だけど、目標の道から逸れているのなら、すぐにでも軌道修正をしたほうが良いです。

 

一回きりの人生なのでこだわったもん勝ちです。

 

本記事の内容

  • 仕事を続ける、辞めることの判断基準
  • 転職は準備すれば難しくない

 

仕事を続けるべきか、辞めるべきかの判断基準

仕事を続けるべきか、辞めるべきかの判断基準

 

仕事を続けるべきか、辞めるべきかにおいて、よく言われているのがこちらです。↓↓

  • 人間関係が悪いなら辞めてしまおう
  • お金がもっと必要なら転職してしまおう
  • 仕事にやりがいを感じないなら辞めてしまおう

 

でも、僕としては、上記3つの前に、もっと大切なことがあるんじゃないかなって思っています。

 

結論:目標までの道を歩けているかどうか

 

いきなりですが、ここが本記事の結論になります。

職場の人間関係や、現在の収入、現職のやりがいなどについて考える前に、将来ビジョンやキャリアプランを目標として、それらを叶える道の上を、今現在歩けているのどうかについて確認してみてほしい。

 

転職において、将来ビジョンやキャリアプランというのは、採用を勝ち取るための大きな武器でありながらも、そもそもの人生のコンパスのような役割をしてくれます。

仕事を続けるべきか、辞めるべきかで悩んだときは、ぜひこのコンパスを使って進むべき道を選択してほしいと思ってます。

将来ビジョンやキャリアプランの転職における重要性や、考え方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。↓↓

【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...
将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】
将来ビジョンが転職活動に必要な理由を解説【面接で必ず為になります】将来のビジョンというのは、自分自身の人生がどうなっていきたいのかを考えることです。将来ビジョンを持っていると、その後の人生が大きく変わってきます。...

 

目標への道を歩いているなら続けるべき

 

現在の仕事が目標を叶えるために、直接的に役に立つのであれば、仕事は続けるべきです。

直接的にというのは、その仕事をすることで、目標のための成果がある程度予想できていることを指します。

そして、役に立つというのは、大きく分けてこちらの2種類が考えられます。↓↓

  • 現在の段階で、既に役に立っている
  • 将来的に役に立つ仕事ができる

 

この2つのどちらかに当てはまる場合は、仕事を続ける価値があります。

ただし、将来的に役立つものの、現在はそうではなくて悩んでいる方もいるかと思います。

そういう方に知っておいてほしいのは、人生は遠回りが一番の近道だったりするよってこと。

 

目標を持って、何をしないといけないのかを意識して毎日過ごしていれるのなら、いつか必ず報われるはずです。

それまでの道のりで苦労もあるでしょうが、それも飛躍のためには必要なことですからね。

遠回りが一番の近道は本当です【転職の面接で毎回面白がられた話】
遠回りが一番の近道は本当です【転職の面接で毎回面白がられた話】20代前半で行動力を爆発させた結果、[ 遠回りこそが一番の近道 ]の意味を理解することができました。本記事で、この言葉の意味を解説していきます。...

 

目標から遠ざかる一方なら辞めるべきです

 

将来的に目標を叶えられる算段もなく、ひたすら目標から遠ざかっている場合は、仕事を辞めるべきです。

辞めるべきと言われても、中々踏み出せない方が多いかなと思います。

というのも、仕事を辞めるべきかで悩んでいる方は、大抵以下のことで迷っているからです。↓↓

  • 転職活動を支えるお金の問題
  • 仕事が見つからないんじゃないかという不安
  • どんな仕事がしたいのか分からない

 

転職活動を支えるお金の問題と、仕事が見つからないんじゃないかという不安の解決策として、在職中の間に転職活動をするということが挙げられます。

ですが、個人的にはあまりオススメしていません。

 

なぜなら、在職中に転職活動をすると、普段の仕事疲れや忙しさに加えて転職作業もしないといけないので、めちゃくちゃ忙しくなります。

そうなってしまうと、そもそもの転職の質が落ちてしまいますよね。

それは本末転倒ですから、できるだけ余裕を作っておいて、退職後に転職活動をすることをおススメします。

 

退職後の転職活動、在職中の転職活動については、こちらの記事を参考にどうぞ!

退職後の転職活動が不利と言われる理由を解説【内定を貰えた経験談あり】
退職後の転職活動が不利と言われる理由を解説【内定を貰えた経験談あり】本記事では、退職後の転職活動が不利になると言われている理由を解説し、それをどうメリット化すればいいのかについて、経験談を交えながらお話していきます。...
転職活動を在職中にしたらこれで苦労します【在職中の転職が難しい理由】
転職活動を在職中にしたら苦労すること【在職中の転職が難しい理由】本記事では、多くの方が選択する転職活動を在職中に行うときに、苦労することについてお話していきます。 これから働きながらの転職を考えている方は必読です。...

 

目標のない人生はつまらないじゃん

 

仕事を続けるべきか、辞めるべきで迷ったら、目標を叶えられる道を歩けているのかを確認すること。

目標がないのならこれから作ればいいですし、目標や夢があったほうが何倍も人生が楽しくなってきます。

ちなみに、僕の最終目標は、サッカークラブのオーナーになって、その国一番の愛されるクラブにすることです。

 

そのために、再度起業するための準備と、個人でも稼げるような基盤を作ろうと、現在努力しています。

何よりも、毎日がつまらないと感じて生きている人の人生を変える手助けをするために、本ブログから情報を発信しています。

大きな目標でも、小さな目標でも構いませんので、自分がワクワクするような目標を作って、毎日を楽しんでやりましょう!

 

 

 

ちなみに、2020年でも転職は可能です

ちなみに、2020年でも転職は可能です

 

理由は3つあります。↓↓

  • そもそも転職は難しくない
  • 2020年の社会情勢でも人材不足の業界はある
  • 実際に転職できている人多数

 

そもそも転職は難しくない

 

そもそも論ですが、転職ってそこまで難しいことじゃないんです。

僕も経験するまではビビっていた部分もありましたが、いざやってみると、意外と攻略法があるもんなんですよね。

その攻略法というのがこちら。↓↓

  • 転職に役立つ情報をインプットすること
  • 自己分析をすること
  • 焦らずに、量をこなすこと

 

転職に役立つ情報をインプットすること

転職って、情報がめちゃくちゃ重要なんですよ。

面接官が何を見ているのか、どういう人材を求められているのか、どうすれば最終面接で採用枠を勝ち取れるのか等々。

実際に、僕は運良くもめちゃくちゃ内定を貰うことができていましたが、それには最終面接の段階でいくつかのことを意識していたからなんです。

 

それを知っていれば内定率は90%近くまでいけますし、知らなければ50%くらいまで落ち込むことになります。

情報ってめちゃくちゃ大事。

【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

自己分析をすること

転職活動の際に、自己分析をしていない方はとにかく多いです。

なんで自己分析が必要なのかというと、自分にマッチする仕事を見つけるため。

そして、間違って合わないところに転職して、早期退職をしてしまうリスクを下げる目的があります。

軽視するべからずです。

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

焦らずに、量をこなすこと

転職活動中は、精神的にも疲れやすくなりますので、とにかく焦らずにいることが重要です。

ただし、焦らずにいながらも、量をこなしていく必要はあります。

面接力を上げるため、採用を勝ち取るためにですね。

なので、退職後に転職活動をするほうが絶対にいいんですよ。

 

2020年の社会情勢でも人材不足の業界はある

 

新入社員の採用取り消しやリストラっていうのが起こっている2020年ですが、それでも人材不足の業界はいくつかあります。

たとえば、こちら。↓↓

  • IT業界
  • 医療業界
  • 不動産業界

 

専門的な知識や経験が求められる仕事もありますが、転職前にある程度準備すれば、めちゃくちゃ難しいというわけではないです。

特に、IT業界に関しては気になっている方が多いと思うので、ぜひ以下2つの記事を読んでみて貰えたらなと思います。↓↓

【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!
【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!”IT業界へ転職すると必ず年収が上がる” これは半分正解で、半分不正解です。 IT未経験の方が何も準備をしないで転職すると地獄です。 解決策を解説します。...
IT未経験ならスクールは必要です【安いのに優れたITスクールを紹介】
IT未経験ならスクールは必要です【安いのに優れたITスクールを紹介】IT業界未経験、プログラミング未経験だと転職してもかなり苦労します。せっかく転職したのにそれは勿体ない。そうならないために、プログラミングスクールが重要なんだよっていう話をします。...

 

実際に転職できている人は多数います

 

正直、2020年の転職は例年とは異なります。

1つの求人に対して、例年よりも多くの方が応募しますので、競争は激化状態です。

ですが、本ブログでサポートさせていただいた方や、本業のほうでサポートしている方を見てみると、意外と転職できている方は多いんですよ。

 

その人たちはどうして転職を成功させることができたのかというのは、先ほどお伝えした3つのことを意識したことが大きいです。

転職活動に手を抜いてしまう方は受かりませんし、しっかりと準備している人にとってはそこまで難しいことではない。

というのが2020年の転職ですね。

 

とりあえず、目標を確認してみよう

 

ということで、ダラダラとお話してしまいましたが、仕事を続けるべきか、辞めるべきかで悩んだら、とりあえず、目標を確認してみましょう。

そこから分かることや気付くことはあると思うので、ぜひ、見つめ直す時間を作ってみてください。

もしも、転職をする場合は、本ブログにて様々な情報を発信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!