求人探しの悩み

転職して事務になれても継続が難しい【受からないほうがマシかも】

転職して事務になれても継続のほうが難しい【受からないほうがマシかも】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職で事務職に就くのは難しいの?転職の事務って未経験だと受からない?

 

結論からいいますと、事務職に就くのは難しくないですが、仕事に少しでも楽しさを求めるならおすすめはしません。

 

本当に事務に合った性格や動機でないと、必ず苦しくなって早期再転職に繋がってしまいます。

本記事を読んで、事務の仕事が自分に合っているのかどうかを考えてみましょう。

転職で事務になれても辛い理由を解説

転職で事務になれても辛い理由を解説正直にいうと、事務に転職できたとしても、仕事にやりがいを感じるのは難しいかもしれません。

 

仕事内容がほぼ毎日同じ作業です

事務の仕事はとにかくルーティン。

 

仕事内容はほぼ決められているので、変化や刺激というのはかなり少ないです。詳しい仕事内容は企業によって異なりますが、大体が下記の通りかなと思います。↓↓

  • 書類作成、郵送の手続き
  • 電話応対、来社対応
  • 備品管理、発注

 

企業によっては給与計算や求人関係の仕事も任されることがありますね。ただ、メインは上記のお仕事ですので、一日中パソコンと向き合うことが多くなります。

営業や販売をしていた方にとっては苦痛の時間になりやすいですね。

 

事務の給料はかなり低め

事務の年収は正直低めです。

一般事務で大体年収が250~300万円くらいで、医療事務なんかだと年収は280~330万円くらいですね。

 

派遣の場合、医療事務だと時給1300~1500円くらいがほとんどですね。

他の時給制の仕事に比べれば少し高めですが、直接雇用になるとかなり低めになってきます。

 

20代後半になっても、月給が営業の新卒以下なんてことはよくあります。

ボーナスがあったとしても、年収が350万円を超えることは期待できませんので、お金を本当に必要としていない人以外は避けるべき職種です。

 

いつ切られてもおかしくない

とても失礼なことで申し訳ないですが、事務の仕事に市場価値はあまりないです。

正社員雇用を餌にして契約社員で働かせる企業は多いですし、正社員で働いていたとしても、景気が怪しくなればいつ切られてもおかしくない。

 

出入りがよくある職種なので、代わりの場所は見つけやすいかもですが、続けることの価値はあまりないかなというのが個人的な意見ですね。

将来的にもAIに仕事を奪われる可能性が高いし、キャリアアップも見込めない。

 

なので、特に20代から事務一筋でいこうと考えている方は、できるだけ早く他の職種に転職するのをおすすめします。

 

事務に転職して毎日がつまらない経験談

本業のおかげで、何人かの事務職から転職された方と繋がることができまして、その経験談を少しお話しようかと思います。

 

たとえば、これまでにこんな事務系の方々の転職をサポートしました。↓↓

  • 営業をしていたけど上司と合わず、事務へ転職、退屈で営業へ出戻り
  • 新卒で事務に就くも退屈な毎日とキツイ人間関係が理由で、販売へ転職
  • 安月給で将来性のない医療事務から、ITへ転職

 

このお三方に共通することは、[ 事務の仕事=退屈 ]ということ。

個人的な感覚の話になりますが、事務の仕事を心の底から楽しめている方は、他の職種よりも圧倒的に少ないです。

 

毎日繰り返す仕事内容にやりがいを感じなくなり、会社に行くのも面倒になる。

給与も大きな変化がないため、プライベートの充実化も限界がある。キャリアアップも望めない為、将来性の不安もある。

 

かといって事務以外の仕事に転職できるのかも不安。このような理由で事務職に転職したことを後悔している方が結構います。

私がこれまでに事務職から転職された方の中で、その転職を後悔している方は一人もいません。

 

たまたまかもしれませんが、真実でもあると思います。

みなさんも同じようなことで悩む可能性はありますからね。しっかり見極めて転職することをおすすめします。

 

結論:転職して事務になれても継続の方が難しいです

一旦まとめますと、転職して事務に就けたとしてもこんなことで苦労します。↓↓

  • ほぼ毎日変わらない退屈な仕事内容
  • 上がるのが期待できない低収入
  • 将来性の無さ

 

このような環境なので、事務に転職できたとしても続けるほうが断然難しいです。

続けたところで大きな成果があるわけでもないですが、事務に転職してもそれほど良いことがないのは理解していただけたらと思います。

 

ネガティブな意見を多くお伝えしましたが、何が良いかは人にもよりますからね。

ここからはそれが自分には合っていないと感じている方に向けて、今後の転職活動に役立つことをお話していきます。

 

なんとなく事務に応募した人は受からないほうがマシ

なんとなく事務に応募した人は受からないほうがマシなんとなく事務に応募していた人は受からないほうがマシかなと思います。

受かったところで辛い生活が待っていますし、できるだけ他の職種を選択したほうがメリットは多いです。

 

事務に向かない人の特徴

念押しになりますが、事務に向かない人の特徴について少しお話します。これに当てはまる人は、すぐに他の職種を検討してください。その特徴がこちら。↓↓

  • 行動力がある
  • 成長意欲がある
  • 毎日違うことをしていたい
  • 細かい作業が苦手
  • 人と話すのが得意

 

とりあえず、上記5つの特徴に当てはまる方は、事務への転職はやめておいたほうが良いです。

特に、行動力と成長意欲を持っている方は、事務の仕事は避けるべきですね。

 

能力を持て余すのは勿体ないし、もっとみなさんに合う職種があるはず。

事務よりかはハードルも高くなり最初は苦労するかもしれませんが、個人の稼ぐ力が重要になっている現代においては良い選択かなと思いますね。

 

迷ったらキャリアプランを意識した職種をおすすめします

事務以外の仕事ならなんでも良いというわけではなくて、できるだけキャリアプランを意識した職種に転職することをおすすめします。

「こんな仕事をしてみたい」とか「年収400万円くらいは稼いでおきたい」とかですね。

 

キャリアプランは、転職の面接では聞かれる確率がめちゃくちゃ高いので、考えておいて絶対に損はないです。

キャリアプランについて考えてこなかった方は、こちらの記事で考えた方についてまとめていますので、ぜひ読んでみてください。↓↓

【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方
【転職でキャリアプランなしは危険】転職で使えるキャリアプランの考え方 転職でキャリアプランがないのは危険? キャリアプランがないんだけど、どうやって考えたらいい? こんな悩み...

 

事務以外に応募したい職種が思いつかない方は、自己分析をしてみると良きです。

自分がやりたい仕事が見えてきますし、それをエピソード化させれば面接でも使うことができます。

 

自己分析は、キャリアプランと同様に面接で自己アピールをする際に欠かせないことですので、こちらも考えておいて損なしです。

自己分析の詳しいやり方については、こちらの記事をどうぞ↓↓

転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】
転職の自己分析で悪いところしかないから辛い【簡単に出来る分析方法】本記事を読めば、自己分析で悪いところしか出てこない人でも簡単に分析ができ、早期再転職のリスクを減らせます。自己分析が苦手・よく分からない人は必読です。...

 

転職活動が面倒になったらアイテムを使うのもアリ

転職活動中は自分自身と向き合う時間が多くなるので、頭がパンクしてしまうときもありますし、転職活動が面倒に感じることもあるかと思います。

無理して転職活動を進めるほど、自分の首を絞めるようになるので要注意。

 

そんな状況になったときこそ、ラッキーアイテムである転職エージェントの活用がおすすめです。

絶対に転職が成功する保証はないし、もしかしたら紹介先がないかもしれないけれど、面接対策からキャリアプランの相談までしてくれますし、転職の可能性が広がることは間違いないです。

 

感覚的には、マリオの巨大化するキノコと同じくらいなので、ラッキーアイテムだと思って活用してみるといいかなと思います。

おすすめのエージェントとエージェントの活用デメリットをもう少し詳しく知りたいという方は、下記の記事がおすすめです。↓↓

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:事務職は適性が大事です

どんな職種にも言えることですが、事務職も適性はめちゃくちゃ重要です。

毎日同じような仕事をしていても飽きずにできたり、1日中パソコンとにらみ合いができないと事務職は難しいかなと思います。

 

どんな理由で事務職を希望しているかにもよりますが、なんとなくで受けるのは一番良くない。

しっかりとこれからのキャリアプランを考えながら、どんな仕事をして、何を求めているのかを考えながら転職活動を進めていきましょう。

 

そういう意味でも転職エージェントの活用はおすすめですし、第二新卒やこれから未経験の職種にチャレンジしたい方向けの人気エージェントも紹介していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!