派遣の悩み

派遣の顔合わせ後に不採用はあり得るのか解説【油断すると損する話】

派遣の顔合わせ後に不採用はあり得るのか解説【油断すると損する話】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の顔合わせ後に不採用になるなんてあり得るの?

 

結論からいうと、顔合わせに進んだからといって採用決定とは限りません。

 

ほぼ採用で間違いはないですが、油断すると落ちることもあります。そして、原因が自分だけにあるとも限りません。

自分で改善するべきところがあるのか、派遣会社を変えたほうがいいのか。

 

原因によって次の行動が変わってくるので、しっかり確認しておきましょう。

派遣の顔合わせ後に不採用となる3つの原因

派遣の顔合わせ後に不採用となる3つの原因派遣の顔合わせ後に不採用となる原因は主にこちら。↓↓

  • 応募者の準備不足が一番多いです
  • 派遣会社、営業の力量不足
  • 他の応募者との競争負け

 

応募者の準備不足が一番多いです

これは派遣営業の対策不足とも言えるんですけど、応募者の準備不足が原因で不採用となるケースがかなり多いです。

どんな準備不足なのかというと、主にこんなことがあります。↓↓

  • 派遣先の情報を全く頭に入れていない
  • 応募動機の印象が悪い
  • 自分の情報を整理できていない

 

まず、派遣先と顔合わせになるのであれば、派遣先のHPなどを閲覧し、どんな派遣先なのかを理解しておく必要があります。

どんな業務をするのか、どんな会社・施設なのか等ですね。

 

顔合わせというのは、基本的に応募者のみなさんと派遣先の方との話し合い。

派遣営業も同席しますが助言をする程度なので、応募者がしっかりしていないと顔合わせ後でも不採用になる可能性はあります。

 

ただ、大抵は派遣営業が事前に顔合わせで聴かれることを教えてくれるので、そのときに話す内容を確認しておけば良いかなと思います。

もしくは、事前に派遣営業に教えてもらうのも良いですね。

 

そして、顔合わせの中で特に気を付けてほしいことが1つありまして、派遣先のこと以外に自分自身の情報が整理できていない場合も不採用となりやすいということ。

過去の職歴を把握できているのか、どんな仕事内容をしていたのかを覚えているのか。

 

派遣営業がスキルシートを作成して派遣先に提出しているはずですが、応募者が曖昧な回答をしてしまうと印象はとても悪くなります。

そうなれば、信頼性に欠ける人材として不採用認定を受けることも。

 

応募者の準備不足はこんなところですが、逆もしかりなわけでして、次にそこをお話しますね。

 

派遣営業の力不足

派遣営業の力不足で落ちるケースもあります。というのも、応募者の第一印象を操作するのは派遣営業が作る資料だからです。

 

ここで間違った記述をしたり、印象の悪い内容をそのままにしていると、とりあえず顔合わせをしてみてもそのハンデを覆すのは難しい。

○○の経験があるから顔合わせしたのに!!って言われることもあり得る。

 

もしくは、派遣営業が代理でする最初の自己紹介で間違った内容を伝えてしまうと、これも印象が悪いですよね。

だからこそ、お互いの為に顔合わせ前によく確認しておくことが大切なんです。

 

ここまで下手な派遣営業は滅多にいませんが、あり得ない話ではないですからね。対策は後ほどお話します。

 

他の応募者との競争負けもあり得る

最後に、これはよくある話ですが、他の応募者との競争に負けて不採用となることもあります。

残念ながら運みたいなものですね。

 

他社の紹介が重なるときもありますし、直接雇用の枠で重なるときもあります。応募者が重複してしまったら、判断基準としては経験値と人柄の2つ。

 

人柄の部分に関しては1日あればある程度対策できると思いますが、経験はどうしようもできないですよね。

なので、人柄で出来るだけ高評価を貰えるように対策しておくことが大切です。

 

結論:ほぼ採用だけど、顔合わせ後に不採用はあり得る

「ほぼ採用に間違いないんだけど、顔合わせ後でも不採用はあり得る」というのが結論になります。

 

ただ、ルール的には不採用にするのはNGなんです。派遣先は顔合わせした時点でお断りするのは禁止されていますからね。

 

とはいえ、そうなるとスキルシートでごまかせば、どんな人でも受かるようになりますよね。

だから、顔合わせ後でも不採用にするのが許されているわけです。

 

なので、絶対に油断はしちゃだめです。

顔合わせが上手くいくポイントを理解して、それが起きないように対策を練っておく必要があります。

 

最後にそれをお話して終わりますね。もう少しだけお付き合いください。

 

顔合わせ後の不採用を防ぐ対策を解説

顔合わせ後の不採用を防ぐ対策を解説自分自身の力でどうにもできないことは努力しても仕方がないですよね。なので、簡単に自分でできる対策を2つお話します。

 

人柄面で評価されるようにマナーを守る

顔合わせのときに一番大切なのが人柄面で評価されることです。職歴や経験はどうしようもないですが、人柄面での対策はそう難しくないですよね。

 

じゃあ、具体的にどんなことを注意すればいいのか。たとえば、こんな簡単なことが出来れば問題ありません。↓↓

  • 挨拶や返事をしっかりすること
  • 話をする態度、聴く態度が横暴にならないこと
  • 派遣先が求める人材像と真逆にならないこと

 

まずは、挨拶や返事をしっかりとすること。

当然のことかもしれませんが、意外とここが出来ていない人は多いです。元気がなさそうだったり、暗そうな印象の人を採用したいところはまずない。

 

それは話をする態度や、聴く態度でも同じことです。

ボソボソと話したり、偉そうな姿勢で話しを聴いていたら採用なんてされません。特に、歳を重ねるごとに話し方は変化してくるので、初心に戻ることがおすすめです。

 

そして、派遣先が求める人材像と真逆にならないようにすること。

派遣営業は事前にどんな人材が欲しいかヒアリングしているので、聴けば必ず対策を考えることができます。

 

なので、これらのことをしっかり指導してくれて、先導してくれるような派遣営業を選ぶことが重要になってくるわけです。

最後にここをお話しますね。

 

しっかりサポートしてくれる派遣会社を使う

自分が派遣先から採用されるように、しっかりとサポートしてくれる派遣会社を選びましょう。

 

派遣会社によっては抱えている案件数や交渉力がかなり異なってきます。

それに、スタッフ満足度も派遣会社によって様々ですので、後悔しないようにしっかりと選んでほしい。

 

ということで、元派遣営業としておすすめできる2社がこちらです。↓↓

スタッフ満足度を重視する方向け→テンプスタッフ

求人数の多さを重視する方向け→マイナビスタッフ

 

テンプスタッフは女性に特化した派遣会社として、毎年スタッフ満足度が上位にいる派遣会社です。

派遣スタッフを大切にしてくれる会社ですのでかなりおすすめでして、女性であればまずは使ってみるといいんじゃないかなと思いますね。

 

マイナビスタッフは求人数がかなり多めの派遣会社。会社にブランド力があるだけに、有名な企業の求人も多く掲載しています。

ブランド力というのはスタッフの雇用条件に関する交渉力にも大きく影響してきます。応募先を探してる段階の人にはかなりおすすめの派遣会社ですね。

 

ただ、メリットもあれば当然ながらデメリットもあるわけでして、双方ともに言えるのが派遣営業が合わない可能性があるとか、紹介先がないということ。

ただ、紹介した2社は大手だからこそ、派遣の怪しさというのはないです。

 

2社の具体的な良いところや注意点は下記の記事で詳しく解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

本記事でご紹介した派遣会社2つ

テンプスタッフ※スタッフ満足度を重視する方向け

マイナビスタッフ※求人数の多さを重視する方向け

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!