派遣の悩み

派遣の顔合わせ後に不採用はあり得るのか解説【油断すると損する話】

派遣の顔合わせ後に不採用はあり得るのか解説【油断すると損する話】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣の顔合わせ後に不採用になるなんてあり得るの?

 

結論からいうと、顔合わせに進んだからといって採用決定とは限りません。

ほぼ採用で間違いないんですけど、油断すると落ちるなんてことがまあまああるんです。そして、その原因が自分だけにあるとは限らないのが厄介なところですね。

 

自分で改善するべきところがあるのか、派遣会社を変えたほうがいいのか。

原因によって次の行動が変わってくるので、本記事を参考にしてしっかり確認してみてください!本記事は3分ほどで読み終わります。

派遣の顔合わせ後に不採用となる3つの原因

派遣の顔合わせ後に不採用となる3つの原因派遣の顔合わせ後に不採用となる原因は主にこちら。↓↓

  • 応募者の準備不足
  • 派遣会社・営業の力量不足
  • 他の応募者との競争負け

 

残念ながら応募者の準備不足はよくある

これはある意味、派遣営業の対策不足とも言えるんですけど、応募者の準備不足が原因で不採用となるケースが残念ながら多いんですよ。

どんな準備不足なのかというと、主にこんなことがあります。↓↓

  • 派遣先の情報を全く頭に入れていない
  • 応募動機の印象が悪い
  • コミュニケーション不足

 

まず、派遣先と顔合わせになるのであれば、派遣先のHPなどを閲覧し、どんな派遣先なのかを理解しておく必要があります。どんな業務をするのか、どんな会社・施設なのか等ですね。

顔合わせは、応募者と派遣先との話し合いになるので、基本的に応募者が話せるようでないと意味がないんです。

 

派遣会社の営業担当も同席しますが、少し助言をしたり、最初の自己紹介を代弁する程度です。なので、応募者が無策で何となくお話してしまうと、顔合わせ後でも不採用になる可能性は大いにあります!

とはいえ、全然難しいことではないんです。大抵は派遣営業が事前に顔合わせで聴かれることを教えてくれるので、そのときに話す内容を確認しておけば大丈夫!もしくは、事前に派遣営業に教えてもらうのも良いですね!

 

そして、次によくあるのが「志望動機の内容が薄い」パターンです。

志望動機の内容が薄いって何ぞやって感じだと思うんですけど、要は「派遣先の面接官が自社に来てもらいたいと思うかどうか」なんですよね。たとえば、こんな志望動機はアリです。↓↓

こちらの病院で子どもを出産して、そのときに病院職員の方が精神的にかなり支えてくださいまして、いまでも感謝の気持ちでいっぱいです。その経験から、何とか恩返しというとか、こちらのお役に立てないかと思い、今回応募しました。

 

こんなことを言われて「うちには絶対に来てほしくない」って思う採用担当者は滅多にいないですし、自分たちのことをエピソード交えて良くいってくれたら誰でも嬉しいですよね。

逆に、「家からも近くて、未経験歓迎とあったので何となく応募しました」とかだったら、めちゃくちゃ内容薄いし、印象最悪です。

 

最後に、もう1つ気を付けてほしいのが「コミュニケーション不足」ですね。特に、コミュニケーション能力を必要とされている職種ではめちゃくちゃ重要ですよ。

たとえば、職場見学をしているときに応募者から積極的に質問ができるかとか、職場見学時も積極的にコミュニケーションがとれるかっていうのが意外と採用基準になっています。詳しくは参考記事:職場見学は安心できない理由まとめで解説しています。職場見学が間近の方は必ず読んでおきましょう!

 

派遣営業の力不足

残念ながら、派遣営業の力不足で落ちるケースもあります。というのも、応募者の第一印象を操作するのは派遣営業が作る資料なんですよ。

ここで間違った記述をしたり、印象の悪い内容をそのままにしていると、とりあえず顔合わせをしてみてもそのハンデを覆すのって難しかったりします。

 

「○○の経験があるから顔合わせしたのに!!」って言われることもありえますからね。もしくは、派遣営業が代理でする最初の自己紹介で間違った内容を伝えてしまうと、これも印象が悪いですよね。

だからこそ、お互いの為に顔合わせ前によく確認しておくことが大切なんです。ここまで下手な派遣営業は滅多にいませんが、あり得ない話ではないですからね。対策は後ほどお話します。

 

他の応募者との競争負けもあり得る

最後にこれはよくある話ですが、他の応募者との競争に負けて不採用となることもあります。正直、これは運みたいなもんです。(笑)

他社の紹介が重なるときもありますし、直接雇用の枠で重なるときもあります。応募者が重複してしまったら、判断基準としては経験値と人柄の2つ。

 

人柄の部分に関しては1日あればある程度対策できると思いますが、経験はどうしようもできないですよね。なので、人柄で出来るだけ高評価を貰えるように対策しておくことが大切です。

面接中の態度やコミュニケーション、志望動機の内容や入職意欲をどこまで誠実に示せるかどうかですね。「これが正解!」っていうのはないんですけど、それでも客観的に考えて良し悪しはあるので、しっかり客観的に考えて貰えたらなと思います!

 

結論:ほぼ採用だけど、顔合わせ後に不採用はあり得る

「ほぼ採用に間違いないんだけど、顔合わせ後でも不採用はあり得るよね」というのが結論になります。ただ、派遣法のルール的に見たら不採用って実はNGなんですよ。(笑)

派遣先は顔合わせした時点でお断りするのは禁止されていますからね。とはいえ、そうなるとスキルシートでごまかせばどんな人でも受かるようになりますよね。だから、顔合わせ後でも不採用にするのが許されているわけです。

 

なので、絶対に油断はしちゃだめです。顔合わせが上手くいくポイントを理解して、それが起きないように対策を練っておく必要があります。

最後にそれをお話して終わりますね。もう少しだけお付き合いください!

 

顔合わせ後の不採用を防ぐ対策を解説

顔合わせ後の不採用を防ぐ対策を解説自分自身の力でどうにもできないことは努力しても仕方がないですよね。なので、簡単に自分でどうにかできる対策を2つお話します!

 

人柄面で評価されるようにマナーを守る

顔合わせのときに一番大切なのが人柄面で評価されることって先程お話しました。職歴や経験はどうしようもないですが、人柄面での対策はそう難しくないです。

じゃあ、具体的にどんなことを注意すればいいのか。たとえば、こんな簡単なことが出来れば問題ありません。↓↓

  • 挨拶や返事をしっかりすること
  • 話す態度、聴く態度で誠実さを出す
  • 派遣先が求める人材像に近づくこと

 

まずは、挨拶や返事をしっかりとすること。当然のことかもしれませんが、意外とここが出来ていない人は多いです。元気がなさそうだったり、暗そうな印象の人を採用したいところはまずないですからね。

それは話をする態度や、聴く態度でも同じことです。ボソボソと話したり、偉そうな姿勢で話しを聴いていたら採用なんてされません。特に、歳を重ねるごとに話し方は変化してくるので、初心に戻ることがおすすめですね!

 

そして、派遣先が求める人材像に近づくこと、これがめちゃくちゃ大切です!派遣営業は事前にどんな人材が欲しいかヒアリングしているので、聴けば「コミュニケーションが取れて、見た目の清潔感にかなり気を遣っている方」とかとかの人材像が必ず見えてきます。

これらのことをしっかり教えてくれて、先導してくれるような派遣営業なのが一番なんですけど、どの派遣会社の営業もそこまでしてくれるとは限らないんですよね。最後にここをお話しますね。

 

しっかりサポートしてくれる派遣会社を使う

派遣会社によって良し悪しというのはめちゃくちゃ差があります。悪いところに捕まっちゃうと驚くくらいブラックな営業担当がついてしまうので、最初の見極めがかなり重要になってくるんですよね。

たとえば、全く連絡を返してくれない担当営業がついてしまったり、交通費全額支給と説明されたにも関わらず一部支給とかですね。

 

じゃあ、どんな派遣会社がいいのかっていう基準については下記の記事で解説しているので、詳しくはそちらを参考にしてみてください!

参考記事:おすすめの派遣会社3選についてまとめ

 

とはいえです。

そんな記事読んでいる時間ないし、ササっとどの派遣会社が良いのか知りたいという方は下記の2社を試してみるのがおすすめですね。↓↓

テンプスタッフ:女性特化の大手派遣会社

マイナビスタッフ:事務系強めの大手派遣会社

 

どちらもスタッフ満足度の高さは特徴的でして、「女性であればテンプスタッフ」とか「事務系の派遣ならマイナビスタッフ」みたいに条件さえあえば活用してみる価値はありますね!

どちらもデメリットやメリット、活用方法について解説した記事がありますので、こちらも良かったら参考にしてみてくださいね。

参考記事:テンプスタッフについてまとめ

参考記事:マイナビスタッフについてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!