新卒の悩み

新卒からの転職で給料を重視すると失敗します【重視すべき事を解説】

新卒からの転職で給料を重視すると失敗します【重視すべき事を解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
新卒で入った会社からの給料が低すぎる…。給料を上げるために転職するのってアリ?

 

結論からいうと、新卒からの転職で給料を重視するとめちゃくちゃ失敗しやすいです。

いまあなたが新卒で入社してから何年経験を積んだのか次第で話は変わってくるんですけど、おそらくほとんどの方が3年以内の状況で転職を検討していると思うんですよね。

 

じゃあ、社会人歴が3年以内のまだまだこれからの若者に対して、そこまで高い給料を出してくれる会社って果たしてあるのかな?ってことなんです。

もちろん、いくつかはあると思うんですけど、ほとんどが怪しい理由を持っていますので、目先の利益に飛びつかずに、客観的にキャリアを考えてほしいわけですね!

 

新卒からの転職で給料を重視すべきでない理由と、「じゃあ、何を重視すればいいの?」ってところをお話していきます!

ここから3分ほどで本記事は読み終わるかなと思います。

新卒からの転職で給料を重視すべきでない理由

新卒からの転職で給料を重視すべきでない理由新卒からの転職で給料を重視すべきでない理由は下記の通りですね。↓↓

  • 若さだけで給料は上がらない
  • 給料を求めるほど不満足の転職になる

 

若さだけで給料は上がらない

転職活動で評価されるのって、これまでの経験だったり、身に付けたスキルであったり、達成してきた実績がメインになってきまして、ここが転職後の待遇に一番影響してくる部分なんですよね。

つまり、採用してもらえるのかどうか、求人に掲載されている以上の給料を貰えるかどうかっていうのは、この経験・スキル・実績部分でどこまでアピールできるものがあるのかってことが重要になってくるわけです!

 

じゃあ、新卒で入社後3年以内に転職を考えている方はどう評価されるのかというと、まず経験に関してはたかだか3年以内しかないので、応募条件をクリアできるかな~くらいのもんですね。

資格やスキルに関しては、再現性のあるものであれば評価はされやすいですが、やはり一番見られるのは実績の部分。

 

社会人になってからの3年間くらいは業務への慣れや知識を増やすという毎日なので、あまり大した実績を上げられていない方がほとんどなんですよね。

なので、実績に関しては下記の例文を参考に、客観的に考えて、しっかりアピールできるものがあるのかということが重要になってきます。↓↓

「前職では○○の実績を達成しまして、それを達成するために△△をしてきました。その中で重要だと学んだのは□□でして、この学びは御社に入社させてもらえましたら活かしていける部分だと思います」

 

そこでもし、経験やスキル、実績に関して自信を持って伝えられるアピールポイントがないようであれば、新卒からの転職でいきなり給料を上げるというの難しいですね。

前職と同じくらいとか微増くらいはできるかもですけど、あまり評価されるポイントがないのにめちゃくちゃ給料が上がるというのは逆に怪しい話なので要注意です!

 

要は、「若さだけで給料が上がる転職ってほとんどないですよ」ってことですね。

 

給料を求めるほど不満足の転職になる

ここまでの話のように、新卒からの転職は給料を上げにくいもんなので、給料を上げようとすればするほど、他の部分が疎かになってしまい、結果的に不満足の転職になりやすいんですよね。

じゃあ、どんなことが疎かになりやすいのかというと、たとえば下記のこと。↓↓

  • 仕事内容
  • 転職先企業の信頼性
  • 職場の雰囲気や人間関係

 

よくあるのが自分の不得意分野であるにもかかわらず給料の高さを優先してしまい、転職できたは良いものの、毎日残業ばかりだとか心身ともに極度の疲労に悩まされるとかですね。

あとは会社としてしっかりしていないベンチャー企業に転職してしまうとか、転職してみたらブラックで給料も結局上がらなかったとかもよくあります。

 

そして、個人的に一番注意してほしいのが、職場の雰囲気や人間関係に合わないというところでして、ここはうつ病だとかの精神的病に一番繋がりやすく、一度なってしまうと抜け出すまでが大変ですからね。

なので、絶対に無理しないようにしてほしいです!

 

結論:新卒からの転職で給料重視は危険です

一旦話をまとめますと、新卒からの転職で給料や年収重視は危険でして、理由は下記の通りですね!↓↓

  • 若さだけで給料は上がらない
  • 給料を求めるほど不満足の転職になる

 

なので、これから「じゃあ、給料以外にどこを重視したらいいの?」ってことを最後にお話していくんですけど、中には「いやー給料上げたいんですけど…」って思う方もいるはずなんですよね。

そんな方に1つアドバイスを送らせてもらうと、「どうしても次の転職で給料を上げたいなら転職エージェントを活用してみよう」ってことです。

 

というのも、正直な話、新卒からの転職をする方ってそこまで給料面の交渉力が強くないんですよね。

それは単純な交渉力の部分もなんですけど、一番は立場的な問題でして、20代そこそこのやつが給料上げろと主張しても「生意気だな」とか「自分の能力を高く見過ぎてない?」とかって思われやすいんですよ。

 

なので、給料の交渉は転職エージェントに任せておいて、少なくとも前職よりも高めに交渉してもらうのがベストになってきます!

一応、転職エージェントのデメリットやおすすめのところについてまとめた記事を貼っておくので、興味ある方は参考にしてみてくださいね。

転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

とはいえ、ここまでの話を聴いてみて、「給料の高さよりも次に繋がる転職の可能性を重視したい!」って思った方向けに、じゃあどんなところを意識して転職したらいいのかってことを最後にお話していきます!

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

新卒からの転職で重視すべきは環境です

新卒からの転職で重視すべきは環境です結論からいうと、新卒からの転職で重視してほしいのは「環境」ですね。まずはここを意識して、さらに次の転職で最初から給料アップを叶えるのがおすすめです。

 

新卒からの転職で足りないのは実績と経験

現時点でどこまでアピールできる実績や経験、スキルがあるか次第ではあるんですけど、客観的に考えて弱いなと感じる方は段階を踏んだ転職を意識すると満足度が上がりやすいです!

というのも、段階を意識しないでいきなり給料アップだけを考えて転職してしまうと、転職先から「あれ、この人給料の割に仕事できないじゃん」とかって思われてしまうかもなんですよね。

 

そうなってしまえば、居づらい職場でどんどん追い込まれていくだけですし、最悪の場合うつ病などの精神的病になってしまう可能性もあります。

なので、「段階を意識して転職しましょう!」ってことなんですけど、ここからが本題です!

 

「もったいぶってないで、具体的に何を重視したらいいのかササっと教えてよ!」って声にお応えしますと、意識してほしいのは「これまでの経験を活かして、少なくとも今後2~3年間は経験や実績を積みやすいと思える人間関係や社風の会社を選ぼう」ってことですね。

新卒からの転職で大事なのはとにもかくにもこの1点のみです!

 

新卒で入社したら最低でも3年、もしくは5年はいないと充分な社会人力や実績などを身に付けられないよねっていうのが日本のよくある考え方になります。

特に、今後面接官となるであろう年代の方はどうしてもこの考え方が抜き切れていないですし、そもそも大きく間違った話でもないので、このくらいの経験値は積んでおいたほうがいいんですよ。

 

だからこそ、本格的なキャリアアップを目指すために、少なくともあと2年は経験や実績を無理なく積み上げられる環境を選んだ方が、いざキャリアアップを目指すときに評価されやすいよねってことですね!

「遠回りに見えて実は近道」とは正にこのことですね。

 

自分の実績と経験を考えよう

とはいえです。

これまでの経験を活かして、少なくとも今後2~3年間は経験や実績を積みやすいと思える人間関係や社風の会社を選ぶのも大事なんですけど、どんな経験や実績を積むのかというのも大事になってきます。

 

なので、まずはこれから先どんなキャリアを歩んでいきたいのか、10年後くらいまでを考えてみるのがおすすめですね!

とりあえずのゴールが決まってしまえば、あとは逆算して行動していけばいいだけですからね。

 

まとめ:ここからの3年間が勝負です

新卒からの転職は、ここからの3年間がめちゃくちゃ大切になってきます。

給料を上げることも大事なんですけど、キャリアプランを立てて中期的に取り組んだ方が満足度の高い転職をしつつ給料を上げることができるので、ぜひ実践してみてください!

 

新卒からの転職に役立つ記事含めて、関連のおすすめ記事を貼っておくので、良かったら参考にどうぞです!

 

関連のおすすめ記事

新卒からの転職を成功させるポイントについて解説した記事がこちら

新卒から転職することに対して悩んでいる方向け記事はこちら

転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!