新卒の悩み

新卒から転職するならハローワークは不要です【通うだけ時間の無駄】

新卒から転職するならハローワークは不要です【通うだけ時間の無駄】

 

今日もおつかれさまです、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
新卒入社後はじめての転職をするんだけど、ハローワークは行ったほうがいいの…?

 

結論からいうと、新卒入社後はじめての転職をするならハローワークは不要です。

1年未満の転職だろうと、3年の職歴があろうと変わらず、通うだけ時間の無駄ですね。「ここに時間を割けるなら他に良い選択肢があるよね」っていうのが本記事の内容になります!

 

もうハローワークに行き始めた方や、これから行こうと検討していた方は少しショックかもしれないですけど、絶対に知っておいた方が良い情報ですので、ぜひ参考にしてくださいね!

本記事は3分ほどで読み終わるかなと思います。

新卒からの転職でハローワークが不要な理由を解説

新卒からの転職でハローワークが不要な理由を解説新卒からの転職でハローワークが不要な理由は下記の3つですね。↓↓

  • 時間がかかる
  • 案件詳細を知らない
  • 大した面接対策はない

 

ハロワの利用は時間がかかる

まず、ハローワークが不要だといえる理由は「ハローワークで割く時間が長すぎる」ということですね。

在職中であっても、既に離職をしていたとしても、時間ってめちゃくちゃ大切だと思うんですけど、ハローワークに関しては費用対効果がとてつもなく低いんですよ。

 

感染症影響のせいでハローワークに通うしかないという方は増えていまして、日によっては半日かけないと相談等をしてもらえないなんてことがよくあります!

転職活動の期間は平均で3ヵ月程度、早い人なら1ヵ月かからないくらいの限られた時間の中、せっかく時間を割いたにも関わらずあまり成果が見込めないのは辛い話ですよね。

 

じゃあ、「成果が見込めない」とか「費用対効果が低い」というのは具体的にどういうことなのかというと、お話するのは下記の2つです。↓↓

  • 求人詳細を知らない
  • 大した面接対策がない

 

求人詳細を知らないのが普通です

ハローワークでも求人を紹介してくれますけど、実は求人について詳しいことを知らないのが大半なんですよね。

転職サイト以外の転職方法で大事になってくるのって、「転職サイトを閲覧した以上の情報や効果を得られるか」ってことなんですけど、ここがハローワークは弱いわけです!

 

じゃあ、ハローワークではどのくらいの情報を得られるのかというと、下記の通りになります。↓↓

  • 求人に掲載する程度の仕事内容
  • 採用基準(年齢や経験の上限下限等)
  • 待遇条件

 

上記の通りなので、「基本的に求人票にあることくらいしかハローワーク担当者は知らないんだな」って思ってもらって大丈夫です!

念のため、採用基準についてもお話しておきますと、年齢や経験の上限下限については企業側に質問しているので知ってはいるんですけど、それ以上深くは知らないんですよね。

 

たとえば、どういう性格が評価されやすいのかとか、採用基準は何なのかとか、面接中にどういう姿勢でいれば評価されやすいのかなどを知らないわけです。

つまり、ハローワークにいっても、大した面接対策に繋がらないわけでして、ここを次にお話します!

 

大した面接対策はない

ハローワークの方には失礼かもですけど、そもそもハローワークは企業側から報酬を得ているわけではないですし、あくまでも面談や相談からいくつかの仕事を利用者に紹介するだけなので、結果に対する分析の根拠は利用者の感想のみになってしまうんですよね。

要は、「ハローワークの方は利用者の面接に同行しているわけじゃないから、実際にどんな面接でどんな内容だったかというのは利用者の感想からでしか判断できないよね」ってことです!

 

なので、ハローワークができる面接対策ってめちゃくちゃ基本的なマナーだとか、一般的な面接対策くらいしかないんですよ。

じゃあ、それってわざわざ時間と労力をかけてまで聴く価値があるのかっていうと、「ネットで検索すれば解決します」っていうのが結論ですね。(笑)

 

新卒からの転職っていうのはどうしても「入社したばかりなのに転職なんだ」って思われることが多いので、印象を挽回するとか、どれだけポジティブな印象を与えられるかってことが大事なんですよ。

でも、ハローワークの方はその評価基準までは知らないですし、そもそもネットで検索すれば出るくらいの情報価値しかないので、わざわざ時間かけていく必要はないよねってことです!

 

結論:時間の無駄です

一旦話をまとめますと、ここまでお話した下記の点から「ハローワークに通うのは時間の無駄だよね」っていうのがまずは結論ですね。

  • 利用するのに時間がかかる
  • ハロワは案件詳細を知らない
  • 大した面接対策はない

 

新卒からの転職でハローワークがあまり使えないと分かったところで、「じゃあ、転職サイト以外にどうしたらいいの?」ってところを最後にお話していきます!

これも結論からいうと、おすすめは「新卒からの転職に向いている転職エージェントの活用」です。

 

ハロワよりエージェントのほうが効果アリ

ハロワよりエージェントのほうが効果アリハローワークよりもエージェントのほうが効果アリという理由は下記の2つですね。↓↓

  • より詳細な有益情報を得られる
  • 書類選考を突破しやすくなる

 

より詳細な有益情報を得られる

転職エージェントを活用することの一番のメリットってこの「有益な情報を得られる」っていう部分なんですよね。

転職サイトだけ活用していても得られないですし、ハローワークに行っても得られないような情報があるわけでして、たとえば下記のこと。↓↓

  • 企業ごとの採用されやすい人の特徴
  • 企業ごとの質問されやすいこと
  • 企業ごとの面接対策

 

先程もお話した通り、新卒からの転職ってどうしてもネガティブな印象で面接をスタートすることが多いので、上記のことを知っているかどうかってめちゃくちゃ重要なんですよね。

特に、転職に慣れていないというか、転職がはじめてだと思うので、ポテンシャル採用だった新卒の就職活動と実績などの数字を求められる中途の転職活動の違いもよく分からないと思うんですよ。

 

なので、尚更転職エージェントを試してみるのが良いですし、別にエージェントを利用したら必ずその候補の中で転職先を決めないといけない法律とかもないので、より良い転職活動ができるように使っておくのがおすすめです!

 

書類選考を突破しやすくなる

転職エージェントを活用するもう1つのメリットが「書類選考を突破しやすくなる」ということでして、ここはかなり有難いポイントですね。

というのも、何度も何度もしつこいですが、新卒からの転職って基本的に職歴が弱いんですよね。

 

人によっては1年しかいなかった人もいると思いますし、それより少ない期間の職歴の人もいると思います。

その職歴が日本の社会でどこまで評価されるのかというと、正直ほとんどの会社で「3年働けなかったんだ」っていう評価になってしまうんですよね。

 

じゃあ、その評価の中で書類選考を受けたらどうなるのかというと、「他の経験があったり、職歴に安心感のある応募者」を優先されてしまうわけです。

同じ新卒からの転職でも、3年間の職歴を積んだのかどうかで結構左右されるんですよね。

 

そこで役に立つのが転職エージェントでして、エージェントのコネであったり、交渉力であったり、ブランドであったりで突破しやすくなります。

そもそも書類選考なしで進めてくれる転職エージェントもあったりするので、「職歴に自信がないかも」っていう人は活用してみると良いですよ!

 

下記の記事で転職エージェントのデメリットや上記の書類選考のない転職エージェント含めておすすめのエージェントについて解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね!

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:使うならエージェントです

僕も新卒で入社した会社をわずか1ヶ月で退職した経験があるので不安な気持ちはよーく分かりますよ。

でも、ハローワークに行くことで解消される問題は大抵ネットに落っこちているので、そこに時間を割くくらいなら転職エージェントを活用してみたほうが絶対に有益です!

 

新卒からの転職を成功させるポイントについてまとめた記事も貼っておくので、良かったら参考にしてみてくださいね!

 

関連のおすすめ記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

新卒からの転職を成功させるポイントを解説した記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!