新卒の悩み

【転職するべきか解説】新卒で入社してから怒られてばかりで辛い方へ

【転職するべきか解説】新卒で入社してから怒られてばかりで辛い方へ

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
新卒で入社してから毎日怒られてばかりで辛い…。転職したほうがいいのかな…?

 

結論からいうと、転職はいまの状況を変える1つの解決策としてはアリです。

「上司が嫌なら転職したらいい」とか「怒られてばかりで辛いなら転職したらいい」ってのは間違ってはないんですけど、あまりにここを正当化してしまうと社会復帰できなくなる可能性が高い。

 

転職という選択をすべき状況と、転職の選択をすべきじゃない状況がありますので、本記事ではここを詳しくお話していきます!

ちなみにですが、僕は過去に上司から「これまで頑張ったって面接でアピールしたこと全部嘘でしょ?全然仕事できないもんね。」って言われたり、怒られたことがあります。

 

そんな僕からのお話ですので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。3分ほどで読み終わります!

怒られてばかりで辛い理由次第で転職はアリです

怒られてばかりで辛い理由次第で転職はアリです新卒で入社してから怒られてばかりで辛いとき、ほとんどの方の頭の中に「転職」という解決方法が浮かんでくるはず。

解決方法の1つであることに間違いはないんだけど、転職という選択肢を選ぶべきかどうかは状況次第ってことをお話していきます!

 

転職すべきでない怒られてばかりで辛い状況2つ

まずは、「新卒で入社してから毎日怒られてばかりで辛いけど、転職すべきでない状況」からお話していきます!

早速、結論からいうと、転職すべきではない状況は下記の通りです。↓↓

  • 仕事に対する思いの原点がある
  • 理不尽に特定の人物が怒っている

 

1つ目が、「仕事に対する思いの原点がある」場合についてですね!

「なんでその仕事を始めたのか」とか「その仕事を経験することがなんで必要なのか」っていうその仕事に対する思いの原点がある場合は、転職の選択肢はもう少し待ったほうが良いです。

 

というのも、自分がしている仕事に対して「何で始めたのか」とか「何でその経験が必要なのか」っていう思いを明確に持って働いている人ってめちゃくちゃ少ないんですよ。

めちゃくちゃ少なくて、尚且つそういう人は失敗を経験しても、確実に経験として積み上げることができて、時間に個人差はあれど確実に実績を出せる人なんです。

 

何が言いたいのかというと、めちゃくちゃ貴重な価値ある人材なんだよってことです!

とはいえ、失敗をしない人なんていませんし、失敗を気にしちゃう人もいれば、上司が失敗に対して寛容じゃない人もいるわけですよね。

 

ここで2つ目の話に繋がるわけですが、指導方法を分かっていない上司ほど、めちゃくちゃ頭こなしに怒ってきます。

まあ、どこの会社にもそういう上司はいるもんですし、いないほうが珍しいよねって感じですね。

 

でも、そういう上司が1人とか2人いたとして、そういうやつのせいで、仕事に対するモチベーションだったり、思いを持っている価値ある人材のあなたがその仕事を辞めなくちゃいけないなんてバカバカしくないですか?

もちろん、うつ病になるくらい辛いのであれば、転職してでも回復することに努めるべきなんですよ。

 

でも、「なんだこの糞上司。失敗を経験値に変えて、いまに結果で黙らせてやるからな」って反骨精神を持てるくらいなら、転職はまだ早いです!

そんな上司のせいで、せっかくやりがいある仕事を辞めるのはめちゃくちゃ勿体ないですからね。

 

転職すべき怒られてばかりで辛い状況3つ

逆に、「新卒で入社したものの毎日怒られてばかりで辛いなら、転職した方が良い」状況もあります。

それが下記の3つの状況ですね。↓↓

  • 精神的病になるほど辛い
  • 何となくで選んだ仕事
  • やってみたい未経験の職種がある

 

まず、先ほどもお伝えしましたが、精神的病になるくらいならササっと転職しちゃったほうがいいです。

たとえば、何くその反骨精神に切り替える余裕がなく、毎日家で泣いてばかりなんて状況とかですね。

 

もちろん、いつかは多少辛くても頑張らないといけない壁は出てくるんですけど、それでも精神的病になるくらいっていうのは避けていいものです!

うつ病になってからだと、完全に社会復帰できるまでにかなり時間と労力がかかるので、早めに見切りをつけるってのも大切ですよ。

 

そして、いまの仕事を選んだ理由が「なんとなく」であったり、もう既にやってみたい未経験職種があるならササっと転職したほうがいいです!

できれば新卒で入社した会社で3年くらいの職歴を積んだ方が今後の転職はしやすいんですけどね。少なくとも最初の2つのキャリアで合計5年くらいは積めるのがベター。

 

とはいえ、未経験職種への転職って早めにチャレンジしないと、年齢を重ねるごとに採用されなくなっていくわけですよ。

正直に言ってしまえば、いまチャレンジしたいと思っている職種も本当に合っているかは分からないじゃないですか。

 

なので、若いうちにいくつかの職種にチャレンジしておくのは良いことですし、そう思える職種があるならチャレンジするべきです!

もちろん、1年以内に何度も転職を繰り返すのは、今後の転職活動で苦戦していく原因となる可能性大なので、そこは注意してくださいね!

 

経験談:僕は転職しない選択肢を取れました

ちなみにの経験談ですが、僕は転職しない選択肢を取れまして、幸運なことにも「毎日怒られてばかりで辛い」日常を脱することができました。

もちろん、運で乗り越えられたのではなく、乗り越えられる手応えを感じていたんですよね。

 

というのも、僕の場合は「複業に繋がる、繋げる」という原点があったので、怒られてばかりで辛いという気持ちはあったんですけど、何とか毎回原点に立ち返り、乗り越えることができました。

ただ、一番最初に新卒として入社した会社は1ヵ月程度で辞めて転職しているので、理由は違えどササっと転職して良い結果に結びつけている経験もあります。

 

何が言いたいのかというと、どちらでも成功はできるよってことですね!

正解は1つじゃないですし、そのためのアプローチも1つじゃないですからね。視野と考えは広く、ただ頑張らないといけない壁はいつか超える。これができれば絶対に成功できます!

 

結論:原点が弱いなら転職すべきです

一旦話をまとめますと、いまの仕事に対して「なんでその仕事をしているのか」という原点が弱いなら転職していいと思います。

未経験の職種に転職するなら早い方が良いですし、合わない何となくでやっている仕事なら時間の無駄ですからね!

 

とはいえ、転職だけが解決方法ではなくて、実際に僕みたいに転職しないでも解決することはできます。

もちろん、その決断をしたあともしばらくは辛かったわけですが、人によってはやる価値はありますね。「じゃあ、そんな辛い状況をどう乗り越えたのか」ってことを最後にお話していきます!

 

怒られてばかりで辛いときの転職以外の解決方法2つ

怒られてばかりで辛いときの転職以外の解決方法2つ怒られてばかりで辛い状況を転職以外の方法で解決するとなると、下記の2つがおすすめですね。↓↓

  • 自分の考え方を変える
  • 経験と成果で黙らせる

 

自分の考え方を変える

「人は変わらない」ってよく言われていますけど、個人的には「そんなの人次第だし、変われるほどの何かを体験していないだけじゃないかな」って思います。

というのも、僕は毎日怒られてばかりで辛いときに、思い切って考え方を変えることにしたわけですよ。

 

「毎日怒られてばかりで辛い。これからもこの生活を堪えないといけないのかな…」っていう気持ちから、「失敗して学べるのが自分の良いところだし、上司の言い方は気にせずに本質だけ抜き取って成長に繋げよう!!」って切り替えていきました。

なんで考え方を変えられたのかっていうと、毎日怒られてばかりで辛い状況を変えたいと心の底から思えたし、「こんなもんか…」って思ってしまった自分の人生を変えたいって思ったからです!

 

辛いこととか、失敗とかって避けられがちですけど、こういうところにこそ、人生を変えるターニングポイントって隠れてるんですよ。

なので、あえて今の辛い状況を受け入れて、「これからの人生、ここから変えてやる!」って思って努力してみるのもアリだと思いますし、頑張った先には必ず何かしら得たものがあるはずなんです!

 

それに期待して考え方を変えてみる。これも1つの解決策ですね!

 

経験と成果で黙らせる

めちゃくちゃ負けん気な人におすすめなのが「ひたすら実績を追いかける」って方法ですね。

というのも、「結果を出している部下に対しては怒りづらい」っていうのが社会なんですよ。だって、評価されるのは常に結果であって、実績なんですもん。

 

もちろん、どれだけ真面目にやったかっていうのは大切なんですけど、それだけでは会社は潰れてしまうわけです。

従業員を守っていけないわけです。

 

僕の場合、結果を出し始めてからは上司の態度がみるみると変わっていきましたし、最後のほうは気持ち悪いくらいに良い人になってました。(笑)

自分のことを言うわけじゃないですけど、実績を出せる人材というのは会社にとって重要ですし、見返してやるって気持ちを込めてここに注力してみるのもアリだと思いますね!

 

まとめ:辛い道なのは確実なので転職が手っ取り早い

とはいえ、「考え方を変える」とか「実績を出して見返してやる」っていうのは本当に精神的に強い人だったり、気持ちに余裕がある人ができることです。

精神的に強かったり、「もう少し頑張れるわ!」って思えるんだったら、変に転職して職歴を増やすよりも粘ってみた方が良い!

 

でも、そうじゃないなら、いま無理をすることもないので、ササっと転職しちゃえばいいんです!

ただ、何度もいいますが、必ずどこかで壁を越えないといけないときはあるので、壁を乗り越えたいと思える仕事や環境と出会えたときは何とか頑張りましょう。

 

いまは、そう思える仕事や環境と出会えるように転職をしてみたらいいんです!これが本記事の結論ですね!

 

関連のおすすめ記事

仕事ができない理由で転職する方向けの記事がこちら

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!