新卒の悩み

【経験談あり】新卒入社した会社がブラックだったら転職はアリです

【経験談あり】新卒入社した会社がブラックだったら転職はアリです

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
新卒で入社した会社がブラックだったんだけど、転職してもいいかな…?それとも1~2年は耐えるべき…?

 

結論からいうと、新卒で入社した会社がブラックだったら転職するのはアリです。

アリなんですけど、簡単に「じゃあ、退職しまーす」とか「はい、転職しまーす」って決めてしまうのはめちゃくちゃ危険なんですよ。

 

現代は個人の自由さが尊重され過ぎているところもあって、ここを勘違いしてしまうと「どこにいっても通用しない人材」になってしまいます。

なので、ここをよーく考えた上で選択してほしいんですよね。

 

本記事は4分ほどで読み終わるかなと思いますが、絶対にこの4分間は貴重な時間になると思うので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

新卒入社後1ヶ月で転職した経験談

新卒入社後1ヶ月で転職した経験談偉そうに話せている根拠は「僕自身に新卒で入社して1ヵ月で転職した経験」があるからでして、少しだけそのときの経験談を先にお話しますね。

 

怪しい雰囲気だったベンチャーに入社

当時の僕は就職活動というのものに対抗を感じていまして、就職活動の対策をしたこともなければ、大学の就職センターみたいなのに足を踏み入れたこともないんですよ。

抵抗していた理由はたぶん「めんどくさいから」とか「みんなと同じが嫌だから」みたいな感じだったかなと思うんですよね。(笑)

 

じゃあ、そんな僕がどうやって就職活動をしたのかというと、ベンチャー企業を中心に中途採用枠で面接を申し込むという方法でした。

面接力には自信があったので、この方法を選択したわけですが、見事に4社受けて2社から内定を貰えまして、これだけ聴くと優秀そうだなって見えますよね。(笑)

 

でも、正直に話すと、受かった会社は本当に酷いブラック企業だけだったんですよね。少なくとも僕が1ヶ月間所属した会社はかなり雑なベンチャー企業でしたもん。

たとえば、こんなブラック要素がありました。↓↓

  • 研修開始日の通知が来なかった
  • 研修から1年間は他社で経験積み
  • 他社での勤務時間に加えて研修時間有
  • 経費旅費は全て自費

 

でも、そもそもこういうブラックっぽさは面接のときに感じていたので、要は就職活動のめんどくささに負けて目をつむっていた自分が悪いんですよね!

その中で幸運だったのは、そこから転職を決意できたことです。

 

考え抜いた末の転職決意

「1ヵ月目の時点でブラックだと判断することこそ危険でしょ」なんて声があるのも理解できますし、その声が正しい場合も確かにあると思うんですよね。

もちろん、僕も早すぎるかなって考えましたし、両親からもかなり口うるさく「3年はいるべきだ!」なんて言われてましたね。

 

でも、僕の主観としてはここのブラック企業で働くことで自分自身が壊れていく気がしたんですよ。たぶん、この気持ちを理解できる人は多いんじゃないですかね。

システム上、お金も貯まらないことは分かっていましたし、勤務時間のあとに研修を受けたりと疲労しかたまらなかったですから。

 

「そんなところに入社してしまった自分が悪いのは当然として、ここで3年もいるくらいならササっと転職して、そこでこそ3年の職歴を作るべきだ」って思い、転職をすることにしました。

そこから考えたのは、たとえば下記のこと。↓↓

  • 10年後にしていたい仕事について
  • その為に必要なスキルや実績について
  • 今後3年間で身に付けるべき経験について
  • その為に就くべき仕事について

 

結果論になっちゃいますけど、考えに考え抜いたおかげで現在は転職を成功させて、将来の目標のために複業をこなしています!

言葉だけだと大して考えていないと思われるかもですけど、本当にこの考えた時間と質の差って大きいんですよ。

 

学び:何となく転職は危険です

一旦話をまとめますと、僕は新卒でブラック企業に入社してしまい、そこでの将来に耐え切れず転職を決意しました。

そこから転職を成功させるために、どうすればこれから自分が叶えたいキャリアを歩めるのか、どんなキャリアを叶えたいのかを考え抜いたことで、転職が上手くいき、現在は順調に計画し期待したキャリアの途中にいます。

 

でも、記事の冒頭で話したように、個人の自由の尊重に甘えて、何となく退職して何となく転職をしてしまえば、上手くいかない可能性の方が断然に多いです!

これは現在のエージェント業務をしているからこそ分かることですね。

 

新卒で入社して転職を考えているあなたには、本記事を読んでくださっているあなたにはそんな失敗をしてほしくない。

なので、最後に「新卒からの転職で考えてほしいこと3つ」をお話していきます。もう少しだけお付き合いくださいね!

 

新卒からの転職で考えてほしいこと3つ

新卒からの転職で考えてほしいこと3つ下記の3つだけで良いので、真剣に考えてほしいんです。↓↓

  • ブラックだった基準
  • 辞め癖の危険性
  • 転職の選択はアリ

 

ブラックだった基準は人それぞれです

おそらく、本記事を読んでいるあなたにも「新卒で入社したこの会社ブラックだったなー」っていう後悔があると思うんですよね。

そして、そのブラックさを退職や転職の理由にしていいのか迷っているかもしれません。

 

結論からいえば、ブラックだったという基準は人それぞれですが、個人的に基準となるのは「身体的に病んでしまうかどうか」だと思います。

ここまでの危険性があるならササっと転職するべきですし、資本となるあなたの身体が壊れてしまったら3年間とか言ってられないですからね!

 

なんですけど、少し厳しいことをいうと、「自分の努力で環境を改善できる」ブラックさであるのなら、もう少し頑張ってみてもいいかもです。

たとえば、職場の人と合わないということが理由だったとして、「コミュニケーション不足」だったり、「自分から殻にこもってなかったかな?」っていうところは自分の努力次第で改善できると思うんですよね。

 

そういう理由で転職してしまうと、どうしてもその後も同じような傾向になりがちですので、職歴が荒れてしまう可能性がめちゃくちゃ高いんです。

なので、そこだけ注意してほしいですが、とりあえず身体的悪影響があるならササっと転職すべきですね!

 

20代からの辞め癖は危険です

若いうちに早期退職を経験してしまうと、その後に辞め癖がついてしまうのはよくある話ですね。別に転職回数が多いことには問題はないんですよ。

勘違いしちゃだめなのが、「転職回数ごとに実績を出してしっかり評価されていたのか」ってこと。

 

たとえば、転職する度にしっかり年収が上がっていたのかっていうのは一番分かりやすいですよね。

逆に、転職回数が多いのに年収も上がっていなくて、キャリアプランもバラバラ、退職理由も環境のせいにばっかりしているとなると、30代の若さであったとしてもその後の転職はかなり難しくなります。

 

なので、基本的に無意味な辞め癖はつけるべきではないですし、転職をしていくのであっても一回一回しっかり考えて、目的意識のある転職をしたほうが良いということですね!

 

とはいえ、転職はアリです

とはいえ、転職はアリです。

僕の経験談からも分かるように、無策じゃない転職をすれば、全然そのあとの仕事で挽回できますからね。

 

なにより、いまの生活は全然楽しくないと思うんですよ。僕も同じような経験があるので、その気持ちはめちゃくちゃよく分かります。

でも、転職を成功させることができれば、その生活は一変しますからね。

 

そもそも、そのブラックな会社でいつまでも働き続けられるわけないですよね?いつかは転職するはずですし、時間の問題だと思うんですよね。

もちろん3年くらいいれるならそれから転職が一番楽ではありますけど、新卒で入社後はじめての転職であれば大して難しくもないですからね。

 

下記の記事で新卒で入社後はじめての転職を成功させる方法について解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね!

新卒からの転職を成功させるポイントを解説した記事がこちら

 

まとめ:ブラックならササっと転職しよう

正直、いまの会社での職歴が1年足らずであっても、次の職場で2~3年いれば全然問題ないですし、これからの転職活動でも不利にはならないですよ!

それよりもこのままブラックに疲弊してしまい、社会復帰できなくなってからじゃ遅いですからね。

 

自分の人生より良くする決断なら、ササっと行動していきましょう!

 

本記事でご紹介した記事

新卒からの転職を成功させるポイントを解説した記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!