お勧めのエージェント

【20代専用】マイナビジョブ20’sのデメリットと活用法を解説

【20代専用】マイナビジョブ20’sのデメリットと活用法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事はマイナビジョブ20’sのまとめ記事になります。解説することは主に下記の4つです。↓↓

  • マイナビジョブ20’sの特徴
  • マイナビジョブ20’sのメリット・デメリット
  • マイナビジョブ20’sの活用方法
  • 活用する上でのポイント

 

転職エージェントというのは、「ハイキャリアを目指すためのエージェント」と「転職初心者のためのエージェント」の大きく2種類に分けることができます。

前者でいえば、リクルートエージェントだったり、パソナキャリアだったりが有名ですよね。後者でいえば、リクルートが運営する就職Shopが有名です。

 

じゃあ、今回解説するマイナビジョブ20’sがどっちなのかというと、圧倒的に「転職初心者のためのエージェント」になります。

なので、今回の転職でハイキャリアを目指したいのであれば、あまり役に立たないわけですが、「これから初めての転職活動をする!」とか「転職に慣れていないから不安!」という方には最適の転職エージェントです!

 

前置きが長くなりましたが、ここから4分ほどで読み終わりますので、ぜひ最後までお付き合いください!

転職初心者向けエージェント「マイナビジョブ20’s」

転職初心者向けエージェント「マイナビジョブ20’s」早速、マイナビジョブ20’sの特徴から解説していきます。

 

マイナビジョブ20’sの特徴4つ

マイナビジョブ20’sの特徴がこちら。↓↓

  1. 20代に特化された転職エージェント
  2. 定着率94.6%
  3. 未経験歓迎求人1700件以上
  4. 信頼性の高い適性診断の受験可能

 

なんといっても20代に特化された転職エージェントというのが一番の特徴ですが、サービス内容からしても、「転職に慣れていない転職志望者が主な対象」になっています。

上記特徴をふまえて、より深く、マイナビジョブ20’sのデメリットとメリットについてお話していきますね!

 

マイナビジョブ20’sのデメリット

デメリットからお話していきます。↓↓

  • 20代しか利用できない
  • キャリアアップ目的には合わない

 

めちゃくちゃ分かりやすいデメリットとして、「20代しか活用できない」があります。

あくまでも、サービスのターゲットは、「転職初心者の20代」に特化しているので、どちらかというとキャリアアップ目的になりやすい30代の方が利用しても、大きな成果は期待できないんですよね。

 

案件の種類にしても、未経験歓迎求人が全体の7割近くを占めているので、「この転職で年収をがっつり上げたい!」とか「職歴を活かしてキャリアアップしたい!」みたいな動機がある方は利用しないほうがいいです。

エージェントをミスマッチしてしまうのは、ただの時間の無駄ですからね。

 

もちろん、30代ではじめて転職活動をする方もいると思うんですけど、そういう方は自分で面接対策や転職のコツを調べながら、ハイキャリア向けの転職エージェントを活用するほうが良いです!

リクルートエージェントなんかは、ハイキャリア向けとも言えなくらい丁度いい位置にあるので、おすすめですね。

参考記事:リクルートエージェントについてまとめ

 

マイナビジョブ20’sのメリット

次に、メリットがこちら。↓↓

  • 信頼性の高い適性診断テスト
  • 利用者思いのサポート力
  • 9割超えの定着率

 

まず、マイナビジョブ20’sを活用する上で一番のメリットといえば、「信頼性の高い適性診断テストを受けられる」ということですね。

信頼性が高いというのは、世界最大級のアセスメント・サービス・プロバイダーの協力のもと作られたツールであることと、実際に世界中で数千万人が活用しているものなので、豊富なデータ量から客観的に適性をテストできるということが挙げられます。

 

要は、世界最大級の実績を誇る企業と協力して作られた適性診断テストを受けられるってことですね。この適性診断テストをお目当てに活用する方も多いので、転職初心者の方は一度は受けてみると良いですよ!

ただ、優秀なのは適性診断テストだけじゃなくて、サービスを行うエージェントたちも優秀なんです。

 

というのも、マイナビジョブ20’sのエージェントたちは業界一といっていいくらい利用者思いのサポートに徹しています。

実際に、「エージェントの方が本当に親切だった」とか「丁寧かつスピーディーに対応してくれた」とか、エージェントへの評価は圧倒的に良いものが多いんですよね。

 

利用者の希望もしっかりヒアリングしてくれるし、利用者の希望に沿った転職活動のサポートをしてくれる。転職初心者向けのエージェントはたくさんありますけど、しっかり利用者目線でサポートしてくれるエージェントというのはめちゃくちゃ少ないです。

そこが優れているという根拠の1つになるのが、「マイナビジョブ20’s経由で転職した利用者の転職先定着率が94.6%」という数字ですね。

 

一番退職しやすい最初の3ヶ月間の定着率なので、かなり信頼性高い数字ですよね。

エージェントに振り回されないか心配という方は、まずはマイナビジョブ20’sから試してみることを強くおすすめします!

公式HPはこちら→マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの活用方法

マイナビジョブ20’sの活用方法マイナビジョブ20’sの応募から採用までの流れがこちら↓↓

  1. WEBで申し込み
  2. 個別カウンセリング
  3. 求人に応募
  4. 選考・面接
  5. 採用

 

採用されるまでのポイント3つ

最後の採用に至るまでに、どうすれば上手くマイナビジョブ20’sを活用できるのかというと、ポイントは大きく3つあります。↓↓

  • カウンセリングまでにプランを考える
  • 求人条件は妥協点を作る
  • エージェントに面接対策を聴きまくる

 

カウンセリングまでにプランを考えておく

いくらマイナビジョブ20’sのエージェントたちが利用者思いのサポートをしてくれるとはいえ、たたき台になるプランがなければ意味がありません。

とはいえ、全然難しい話ではなくて、下記のことを考えておけば大丈夫です。↓

  • 転職したい理由
  • 転職したい仕事
  • 転職したい時期
  • 叶えたい待遇条件

 

このくらい考えておけば、あとはマイナビジョブ20’sのエージェントたちが詳細をヒアリングしてくれて、それに合った求人を紹介してくれます。

もちろん、断定的な結論を出しておく必要はなくて、「転職したい仕事は、営業もしくは販売を考えてまして、でもプログラミングとかも興味あったりするんです」くらいでもOKです。大切なのは、自分の考えと意思を持っておくことですからね!

 

求人条件は妥協点を作っておく

とはいえ、エージェントが出してくる求人というのは、自分が希望する条件を100%クリアしているかというと、そうでもないです。良くて80~90%くらいですね。

ただ、これはエージェントを経由するからというよりは、転職活動自体がそんなもんなんです。

 

入職してからミスマッチだと分かることもあるし、逆に入職してみたらミスマッチだと感じていた部分が気にならなくなったなんてこともあります。

自分の希望が100%通る転職なんてそうそうないので、求人に関してはある程度妥協点を作っておくことをおすすめします。

 

たとえば、下記の項目の中で、2つ以上マッチングしていたら前向きに考えようとかですね。↓↓

  • 年収
  • 通勤
  • 社内風土
  • 仕事内容
  • 転職しやすさ

 

エージェントに面接対策を聴きまくる

いざ、応募したい求人が決まったときは、エージェントにひたすら面接対策を聴きまくりましょう。

というのも、エージェントは企業側の採用担当者と繋がっているので、面接前からどんな人材を求めているのか、どんな人材が評価されやすいのかを理解しているんですよね。

 

僕も現役エージェントなのでよく分かるんですけど、良いエージェントほど、求人に書いてあること以上の情報を持っているので、エージェントを利用したらこのメリットを活かさないのはめちゃくちゃ勿体ないです!

聴いておくべきことは、たとえば下記の通りですね。参考までに。↓↓

  • 企業が求めている人材像
  • 質問されやすいこと
  • 高評価に繋がる回答
  • 面接担当者の傾向・性格

 

まとめ:転職者初心者ならマイナビジョブ20’sがおすすめ

転職に慣れていない方こそ、転職エージェントを活用したことがない方こそ、マイナビジョブ20’sがおすすめです!

業界一といってもいいくらいに、エージェントのサポート力は優れていますし、適性診断テストもゲーム感覚で受けてみるのが良いですね。30代以降の方には申し訳ないですが、20代であれば活用して損なしです。

公式HPはこちら→マイナビジョブ20’s

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!