面接の悩み

中途転職の攻略法はたったの3つ【なかなか受からない方必読です】

中途転職の攻略法はたったの3つ【なかなか受からない方必読です】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を行いながら、複業で転職ブログをしています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿中です。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
中途採用枠の転職活動をしているんだけど、中々受からない。どうしたらいい?

 

結論からいうと、中途転職の攻略法はたったの3つです。

中途の評価事項はとても分かりやすいので、3つのことを対策するだけで必ず評価されるようになります。

 

年々中途採用の需要は高まっていますので、中々受からないで苦戦している方は本記事でポイントを再確認してみてくださいね。

中途の転職の攻略法はたったの3つ

中途の転職の攻略法はたったの3つ中途採用の攻略法は下記の3つ。たったこれだけの対策で評価は必ず上がります。

  • 経験とスキルを具体的にアピールすること
  • 志望動機はストーリーで伝えること
  • コミュニケーションスキルが採用を後押しする

 

経験とスキルを具体的にアピールすること

中途採用においてよく言われることの1つが「企業は経験とスキルを備えた即戦力を求めている」ということ。

そうそう、これこそが中途採用を行う意味なので間違いないです。

 

大切なのは即戦力という評価軸に対してどうアピールをすればいいのか。ここで大事なのは下記のこと。↓↓

  • 自分の経験スキルがマッチする企業に応募していること
  • 求人や企業HPからどんな人材を欲しているのか理解すること
  • 面接で具体的な実績をアピールすること

 

経験スキルの需要と供給がマッチングしていることが大前提としてありまして、その上で具体的にどんな人材を求めているのかを理解する。

まずしておきたいのが上記のことですね。

 

その上で大切になるのが面接で具体的に実績をアピールすること。言い換えれば経験とスキルの証明ですね。

 

営業の仕事に転職したいなら、これまでにどんな折衝経験があって、どんな数字を出したのか。

月に、年にどのくらい売上を出していたのか、どれだけのスタッフを担当していたのか。

 

その数字をどうやって出すことができたのか。面接によって段階的に答えることもありますし、まとめて話すこともあります。

評価して貰えそうな話を用意して頭に入れておくことが大切ですね。

 

ちなみに、暗記をしてしまうと面接官も簡単に気付きます。

その場での対応力を疑われてしまう可能性もあるので、内容は頭に入れておくくらいが丁度良いです。

 

志望動機はストーリーで伝えること

ストーリーで伝えるというのは、過去の職歴や出来事から繋がっている志望動機であるということ。

つまり、企業の特色や自分の希望だけにならないようにするということですね。

 

企業側が職歴を見て「ん?なんでうちを選んだの?」って思われたらほぼ詰んでしまうわけで、上記のNG理由はそうなりやすい。

浅い志望動機だな~って人はいくら職歴が優れていても人柄面で評価はされません。

 

じゃあ、具体的にどうやってストーリーで伝えるのか。繋げて欲しいのは下記の3つです。

  • 過去の職歴、過去の出来事
  • 応募する企業の特色や風土
  • キャリアプラン、入社後に貢献したいこと

 

上記3つが繋がっていると応募者への評価は確実に上がりますし、納得できる明確なプランや動機があるほど面接官からの信頼は得やすいです。

これは才能とかの話でなく、純粋に対策できているかの話。

 

転職後のキャリアプランやどう企業に貢献していくのかをゴールにして、それまでの道筋に「なんで?」と問いかける。

少し時間をかけて考えれば、納得される志望動機は絶対に作れます。

 

多少面倒かもですが、中途での転職なら対策しておきましょう。

 

コミュニケーションスキルが採用を後押しする

中途採用だと、即戦力の保証となる実績や経験というのは大きな武器になります。でも、これだけあれば採用されるというわけではないんですよね。

そう、最後に採用を後押ししてくれるのはコミュニケーションスキルなんです。

 

ある意味実績や経験だけが評価対象ではないっていうのは安心するかもですね。

即戦力枠での転職に自信がない方は、コミュニケーションスキルだけは負けないようにしておきたい。

 

じゃあ、具体的にどんなコミュニケーションスキルが大切なのか。ポイントは下記の3つです。

  • 始まりから終わりまでの挨拶・礼儀
  • 単発返事にならず喋りすぎない回答
  • 企業への興味を示す質問力

 

「最後に質問はありますか?」って聴かれたときに、何にもなければ印象ダウン確実。

回答力と質問力に関しては、とにかく重要なので事前に内容を決めておくのが良いかなと思います。

 

その他、職種や企業ごとに求められる人柄やコミュニケーションスキルに対して臨機応変に対応できるかも大切ですね。

 

中途転職を成功させるために知っておきたいこと

中途転職を成功させるために知っておきたいこと

ただでさえ競争が激しい中途採用なので、需要が回復してきている現状でも妥協はしていられないです。

この転職を成功させるために知っておいてほしいことを1つだけお話します。

 

転職エージェントが使えるかは運次第

みなさんに知っておいてほしいのは上記の通りです。

 

おそらく、みなさんは転職に関して色々なサイトを見てきたと思いますし、これからも参考にすることがあるかと思います。

その中で転職エージェントについての情報が必ずあるあず。

 

きっと転職エージェントのメリットがたくさん書かれていると思いますが、それは正しくもあり間違いでもあります。

要は、デメリットもちゃんとあるんだよってことです。

 

下記が転職エージェントのデメリット。↓↓

  • 紹介先がない可能性もある
  • 選考が進んでも落ちる可能性はある

 

上記のことは当たり前といえば当たり前ですよね。何が言いたいのかというと、転職エージェントは所詮運次第ということです。

 

企業が求人を出している運。他の転職者と被らない運。選考に勝ち進む運。

元々転職活動はタイミングと運次第でもあるのですが、これらは転職エージェントを使っても変わることはないです。

 

だけど、良い結果というのは常に行動した先にあるもので、転職エージェントも使ってみないとどうなるかは分かりません。

 

使ってみたら苦戦していた転職活動が嘘のように2週間で終わることもあるし、未経験の職種に簡単に受かることもある。

非公開求人の中に応募したいと思える企業があるかもしれない。

 

何が言いたいのかというと、転職エージェントって所詮はラッキーアイテムでしかないよねということ。

あまり期待し過ぎずに、まずは使ってみる精神がいいかなと思いますね。

 

リクルートエージェント:エージェントの営業力を生かしたい方向け

マイナビジョブ20’s:転職初心者やヒアリングを重視してほしい方向け

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:結局、考えて行動するしかない

結局、ブラック企業に転職しないには上記のことをしていくしかないんですよね。

どうしたら受かるのか、どうしたら自分をアピールできるのか、何がアピールポイントなのか、そもそも自分は何をしたいのか。

 

考えることはたくさんありますし、面接をする度に考え事も増えていくと思います。在職中の転職活動だと普段の仕事をしながらなので尚更きついです。

 

辛いのは分かりますが、そこから逃げて待っているのはブラック企業。もしくは全く働きたくもない企業での仕事だけ。

手抜き転職の結末は最悪でしかないです。

 

ぶっちゃけ、僕はみなさんを脅しています。でも、それと同時に本気で後悔のない転職をしてほしいと思っています。

とりあえずとか、何となくは絶対に避けて欲しい。

 

じゃあ、どうすればいいのか。それは考えて、行動して、考えて、行動する。これのくり返しです。

どう考えたら良いのか、どう行動したらいいのかについては本ブログでも解説しています。

 

気になるものだけで大丈夫なので、良かったら読んでみてくださいね!

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!