面接の悩み

転職の面接官は意外と論理的な話を求めていません【重要なことは2つ】

転職の面接官は意外と論理的な話を求めていません【重要なことは2つ】

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

相談者さん
相談者さん
転職の面接では、志望動機や過去の職歴について、論理的に話さないといけないんでしょうか?

 

結論からいうと、転職の面接官は面接で論理的な話をそこまで期待してません。

もちろん、分かりやすい様に結果から伝えて、理由や短エピソードを1つ付け足すくらいはしたほうがいいです。

 

ただ、それよりも大切なことが2つあるんですっていうのが本記事の内容になります。「論理的に話さないと」って苦しくなっている方は、是非最後まで読んでくださいね。

論理的な話よりも大切なこと2つ

論理的な話よりも大切なこと2つ面接官が分かりにくいと感じない程度の伝え方は、最低限として必要です。

ただ、転職の面接では論理的さを追求するよりも大切なことがありまして、それが人間性とやる気の2つ

 

人間性が良くないと簡単に落ちます

その職種で働けるのか、一緒に働きたいと思えるのか。これが簡単な人間性の良し悪しの定義になります。

面接官は、これらを面接開始5分くらいには見定めていることが多いです。

 

面接の第一関門的な位置付けになるわけですが、ここをクリアできない方は意外と多くいます。

例えば、以下の判断材料で不採用判定をされてしまいます。↓↓

  • 身体的な体力面・外見(体力仕事だと体型・体調も見られます)
  • コミュニケーション能力(説明の明確さ)
  • 面接時の態度・姿勢(肘を机に付けながら話す、目を見て話せないとか)
  • 企業(職場)の雰囲気に合う性格

 

人間性が良いだけで採用されるケースは滅多にありませんが、人間性が良くなければ採用の確率はかなり落ち込みます。

 

論理的に職歴を話すことを追求するよりも、面接官に人間性を高評価されるように、各項目の対策をしておきましょう。

対策方法は、後ほどお話します。

 

意欲・やる気で面接官の心が動きます

じゃあ、開始5分の人間性評価の第一関門をクリアしたとしましょう。

そうすると、何が起こるのかというと、面接官の応募者を見る目が変わってきます。具体的にいうと、その仕事に対するやる気と意欲の評価ですね。

 

ここまでくると、論理的に話すことを意識するのではなく、面接官の心をどう動かすのかに焦点を当てるべきです。

 

論理的に話すというのは、面接官の心や感情を揺さぶることには繋がりません。

多少の荒れた文章であっても、相手の心を動かす伝え方を意識したほうが採用の確率はグンと高くなります。

 

そこで、意識してほしいことが3つあります。↓↓

  • 志望動機の伝え方は、好きなことを話す熱量で伝えること
  • 一途な意思を必ず伝えること
  • 常に下手の姿勢でいること

 

志望動機が何で重要なのかというと、応募者のやる気や意欲が一番に現れるからですよね。そこで面接官の印象に残らないようであれば、絶対に採用されることはあり得ないわけです。

 

じゃあ、どうやって面接官の印象に残るように伝えるのか。答えは簡単、好きなことや趣味を話す熱量で伝えるということです。

 

イメージとしては、友人にその趣味の良さを伝えて、一緒にやろうと誘うくらいの熱量。志望動機を伝える際は、このくらい相手を巻き込むような熱量で話したほうが好印象が残ります。

 

そして、その熱量を冷まさないようにするために、必ず、その企業に対して一途な思いを伝えましょう。

 

具体的には、他の選考状況を聴かれた際に、「御社一本です!!」くらいに言っちゃってOKです。

この時に1つ注意してほしいのが、態度や姿勢です。

 

熱量を持って伝えている以上、偉そうに思われるような態度や姿勢は絶対にとらないようにしましょう。

ジェスチャーを入れつつも、机に肘を置いたまま語り出すなんてことはないように。

 

【対策】必ず面接前には客観的に確認しよう

ということで、論理的に話すことを追求するよりも、人間性とやる気・意欲で高評価を貰えるように焦点を当てていきましょう。

そして、面接の前には必ず客観的に確認をしておくことをおススメします。

 

誰かに聴いてもらうことが一番効果がありますので、面接経験のある友人であったり、家族などに手伝ってもらうのが良いですね。

 

他人に話すのは恥ずかしいけど、面接前に自己分析や面接対策をしておきたいという方には下記がおすすめです。

スマホで簡単にできるので気になる方はどうぞ。

日本の人事部HRアワード2019最優秀賞「ミイダス」の無料診断はこちら

職歴を伝えるときは、論理的思考は必要です

職歴を伝えるときは、論理的思考は必要です論理的思考というより、話に一貫性があるかどうかってのが重要ですね。面接官は、ここが特に気になります。

 

疑問が残る職歴は絶対にNG

転職回数が多く、身体的に疲弊している人にありがちですが、疑問が残る職歴は絶対にNGです。

何で絶対にNGなのかというと、応募者に対しての信頼性が低くなってしまうからですね。信頼性のない応募者を採用する面接官は滅多にいませんから。

 

じゃあ、疑問が残らない職歴にするにはどうしたらいいのか。答えはめちゃくちゃ簡単でして、一貫性を持たせるだけでOKです。

 

一貫性を持たせるためには、以下の3つのことを意識すればOKです。↓↓

  • 退職理由を表す職歴(転職先)であること
  • 短すぎる職歴は削除しておくこと
  • キャリアの一本線を作ること

 

特に重要なのが、退職理由を表す職歴(転職先)であることです。

 

たとえば、A社を退職した理由が「雇用の安定のなさ」なのに、次の転職先が「派遣」だと謎ですよね。

不動産の営業をしていたのに、次の転職先が飲食店だと疑問が残りますよね。

 

もちろん、明確な理由があるのならOKですが、職歴に一貫性のない人の中で、理由を明確に話せる人は滅多にいませんからね。

自分だけでは気付かないときもあるので要注意です。

 

添削してもらう為のエージェント活用もアリです

職歴に不安がある方や書類選考で躓いてしまう方は、転職エージェントを一度活用してみると良いと思います。

案件を紹介して貰うのはもちろんですが、履歴書等を添削してくれるのも有益な点の1つ。

 

なぜ有益なのかというと、内容を修正して貰えるのは勿論のこと、面接での伝え方まで教えてくれるから。

彼等は転職のプロですので、面接官から好印象を貰える方法を理解しています。

 

無料でこのサービスを受けられるんですから、有益なものは使っておくべきかなと思いますね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

転職中は、論理的思考にとらわれないで大丈夫です

論理的な話が出来れば、面接官からの印象は悪くなることはないですし、どっちかというと好印象ではあります。

だけど、最優先事項ではないですし、論理的であれば受かるというわけでもないです。論理的思考を意識しすぎると、本番で頭が空っぽになってしまうなんてこともよくあります。

 

なので、論理的思考にとらわれることなく、その企業はどんな人材を求めているのかっていうことを考えていきましょう。

その中でも、人間性とやる気は持っておくのがおススメですよ。

 

本記事でご紹介したアイテム

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!