自己分析の悩み

【コロナで転職はしないほうがいい?】コロナで転職をやめるのが危険な理由

【コロナで転職はしないほうがいい?】コロナで転職をやめるのが危険な理由

 

  • コロナの影響を考えて、いまは転職しないほうがいい?
  • これから求人は減っていくの?
  • コロナがきたけど、転職のタイミングはいつ?

こんな悩みを持っている方に、この記事はおすすめです

 

 

外出を自粛するこのタイミングで、転職活動も中断する方は少なからずいるのではないかなと思っています。

確かに、直面接に行ったり、説明会に行ったりすることを控えるのはてんたも大賛成です。

ですが、これから転職が厳しくなる前に転職活動をしておいたほうが絶対に良いです!!

 

この状況で出来るだけコロナウイルスの影響を受けない企業であったり、コロナ不況を乗り越えられる業界に進むべきです。

ということで、本記事では、上の悩みを中心に【コロナで転職はしないほうがいい?】いま転職をやめるのが危険な3つの理由についてお話していきます!

 

てんた
てんた
もし、転職活動をするつもりであった人や自分の会社がコロナで怪しくなる前に転職しておきたいという方はぜひ、最後まで読んでみてくださいね!

 

 

 

コロナの被害はこれからが本番!

日本のコロナの被害はこれからが本番!

 

てんた
てんた
都内の1日における感染者数が200人近くになってきましたが、今がピークのはずがない!

 

コロナウイルスによる感染者数の増加は日を追うごとに悪化していってますよね。

都内の1日における感染者数が180人を超えたことで焦っている方も大勢いらっしゃると思いますが、実際にはもっと大勢の方がコロナウイルスに掛かっているはず。

なぜなら、調べたら出てきますが、コロナウイルスのような症状が出たところで、検査をしてくれる医療機関が多くないからです。

 

実際の感染者数は100倍なんてことを主張されている方もいますが、その可能性は多くありますね。

ニュース番組を見ていても、政治家よりの方は「日本国民の意識の高さ」がここまで感染防止に繋がっているなんて言ってますけど、騙されたらダメですよ。

毎日メディアが「今日は○○人の感染者数でした!」と公表したところでその信頼性はとてつもなく低い。

 

正しい現状分析ができないという事は、いつこの事態が終息するのかも予測ができないということ。

経済対策や医療機関への援助、国民への救済措置などを海外と比較すればどれだけ日本の政治家たちがおかしいのかよく分かります。

このブログでてんたが何度も「本番はこれからだよ」って伝えているのは変に安心感を持ってほしくないからなんです。

 

てんた
てんた
じゃあ、これからコロナウイルスが更に進行していくとして、転職活動は厳しくなってしまう??って話ですよね。

 

 

 

求人の減少は避けられない?!

コロナの影響で求人が減るのは避けられない!?

 

てんた
てんた
何回も伝えますが、今が最悪の時とは限りません!

 

これは感染者数のこともそうですし、経済的なことでもそうです!

現在は定期的に現金で得られる収入で何とか余裕があるように見える企業でも、来年はどうなるかは分かりません。

先が見えないからこそ経費削減を考える企業はほとんどですし、それは企業間の取引であったり、雇用の問題などに当てはまります。

 

実際に、観光や飲食の業界ではもう既に経費削減の為に何人もの方が解雇されていますよね。

観光や飲食、航空業界がフォーカスされているだけで、他の職種も大きな影響を受けていまし、倒産している中小企業も少なくないですよね。

現在の雇用を減らしていく企業が多いという事は、当然ながら新しく雇用する余裕もないわけです。

 

そうなると転職の求人も減っていき、いまの職場で我慢するか、無職になってしまうというケースが増えていくわけですね。

今後、必ず転職活動はコロナウイルスの影響で更に厳しくなっていくのではないかと思います。

てんた
てんた
だからこそ、今のうちの転職活動をおすすめしているんです!

 

直面接だけではなく、Web面接も活用して、どんどん転職活動をしていきましょう!

「もうこれだけしか求人ないの?!」なんてなってからでは遅いです!

そして、その台詞が出てくる可能性は大いにありますので、本当に注意してくださいね!!

 

 

ただ、いま現在はほとんどの転職サイトがこのように主張しています。

転職サイト
転職サイト
現在、サイトで掲載している企業は、コロナウイルスの影響を考慮しても採用活動を進めたいという意思を持った企業のみです。

なので、Web面接を活用するなどして、感染防止に努めて頂くよう企業にもお願いしております。

 

これからも分かる通り、現在求人を載せている企業は積極的に採用活動を継続しています。

てんた
てんた
今がチャンスです!タイミングは今です!

転職活動を行おうか迷っていた方はどんどん行動していきましょう!

 

 

 

2020年の転職のタイミングはいま!

2020年のタイミングはいま!

 

てんた
てんた
これも何回もお伝えはしていますが、2021年のことを考えても転職のタイミングは正に今なんです!

 

これは2021年に開催が延期されたオリンピックのことを考えてもってことです。

2021年は2020年の負債を継続しながらオリンピックの不況にも立ち向かわなければいけません。

本当はその前にオリンピックが延期になったことによる損失にも立ち向かわないといけないんですけどね。

 

詳しくこれから起こる大不況について知りたい方はこちらの記事もぜひ読んでみてくださいね!

https://tenterview.com/2020-recession/

 

なので、来年の主な懸念事項はこんな感じです

  • コロナウイルスによる経済不況
  • オリンピック延期による経済的ダメージ
  • オリンピックによる経済的不況

 

日銀の金融緩和が更に進んでいく展開になりますと、一時的には回復しても、益々日本の経済は悪化していきます。

これらの懸念事項が進行していく前に出来るだけその影響を受けない企業に転職しておくことも考えた方がいいと思います。

現職で悩まれている方は、是非とも転職のタイミングだけは逃さないようにアンテナをバンバンに張っていきましょうね!

 

 

 

自分に合う企業を見逃さないように

 

ということで、ここまで【コロナで転職はしないほうがいい?】いま転職をやめるのが危険な3つの理由についてお話してきました。

 

まずは、転職サイトで求人を見る事。

1つの転職サイトだけではなく、2~3の転職サイトを併用して見て行くと企業を見逃すことはなくなります!

 



まだ自分に合った求人が見つけられていない方は、リクナビNEXTを登録しておきましょう。

求人数が他社よりも圧倒的に多いことが特徴です。

こちらから詳細をチェック→リクナビNEXT

 

 

てんた
てんた
みなさんの転職が上手くいきますように!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!