自己分析の悩み

飲食業から転職するなら今のうちです【2020年以内の転職をおすすめ】

飲食業から転職するなら今のうちです【2020年以内の転職をおすすめ】

 

こんにちは、てんたです。

本業と複業の両方で転職に関わって毎日生きています。

自分自身も年収400万円UPの転職を成功させた経験があります。

 

さて、先日、本業のほうでこんな悩みの相談を受けました。↓↓

相談者さん
相談者さん

ウイルスの影響をすごく受けている飲食業で働いてきましたが、今のうちに転職しておくべきでしょうか?

 

結論からいうと、飲食業から転職をするなら今のうちです。

2020年以降もしばらくはウイルスの影響を受けますし、その影響も現在が最低とは限りません。

現在はダメージがほとんどない職種も、これから数ヶ月後には状況が変わっている可能性もあります。

 

なので、飲食業から転職しておくなら早い方がいいです。

少なくとも、飲食業が安全で、他の職種が潰れるなんてことはありませんからね。

ということで、本記事では、飲食業から転職するべき理由と、飲食業からおすすめの転職先などについて解説していきます。

 

本記事の内容

  • 2020年のうちに飲食業から転職するべき理由の解説
  • 飲食業からのおすすめの転職先
  • おすすめの転職エージェント

 

飲食業が受けるコロナウイルスの影響

 

飲食業が受けているコロナウイルスの影響についてお話します。

現在受けていること、そして、これから起こることがこちらです

  • 売上の減少による従業員の減給・解雇
  • 求人の減少

 

 

従業員の減給・解雇

コロナの影響で飲食業界の売上は半減しているんですよね。

コロナの影響で飲食店の売上は半減、個人営業では60~80%の売上減だそうです。

3月は飲み会シーズンであったのにも関わらず、ゴールデンウイークも緊急事態宣言により、大きく売上を落とすことになりました。

緊急事態宣言が解除され、第二波が起きるまでは少しずつ飲食店の売上も戻るかと思いますが、今年いっぱいはこのような状況が続いていくと思われます。

 

そんな状況になると、避けられないのが従業員の減給や解雇です。

解雇については、非正規労働者の方が真っ先に対象となりますが、正社員の方もウカウカしてられないはず。

それほど、コロナウイルスから受けた影響は大きいですからね。

ボーナスが減らされる、もしくは支給されない、それ以前に固定給までも減給される可能性はありますし、実際にもうそうなっている企業もあります。

 

 

求人の減少

売上が減り、従業員の待遇が悪くなれば、当然求人の数も減っていきます。

総務省によれば、2020年の3月の宿泊・飲食業の就業者は、前年から14万人減少したそうです。

ここまで減っているのはリーマン・ショックの時ですら起こらなかったことです。

コロナ不況がどれだけ恐ろしいことなのかを表していますね。

 

 

 

飲食業を辞めるなら、今がおすすめの理由

飲食業を辞めるなら、今がおすすめの理由

 

飲食業を辞めるなら、今がおすすめの理由は、先程の内容も合わせてこちらです

  • 従業員への待遇悪化・解雇の可能性があるため
  • コロナウイルスの終息が見えないため

※1つ目は、先程お伝えしましたので、ここでは2つ目のコロナウイルスの終息が見えないことをお話します。

 

どんなに辛いことでも、期限が決まっていれば、なんとか踏ん張れる気がしませんか?

筋トレも回数や時間が決まっているから、なんとかこなせますよね。

ですが、残念ながら、コロナウイルスの終息は予想がついていない状況です。

 

コロナの感染が収まり始めたかのように見えて、実は公表していないだけかもしれない。

スペイン風邪の時のように冬になれば、再び感染が広がるのかもしれない。

残念ながら、コロナウイルスや経済危機の不安を解決するには数年かかるかと思います。

 

そのような状況で、最も影響を受けている業界にいるのは危険過ぎませんか??

今は不確定要素が多すぎるのに、限定的な情報だけで楽観視している方は多いです。

ポジティブは大切ですけど、考えないのとはまた別の話ですからね。

 

少なくとも、コロナの影響が働き方を見直すキッカケになっている方は多いと思います。

個人営業の方々はこれからの半年間で倒産してしまう方は増加していくと予想されていますよね。

それは企業も同じです。企業に余裕がなくなれば、個人の余裕もなくなっていきます。

 

そうなる前に、転職を考えるべきです。

 

先程もお伝えしましたが、これから飲食業だけではなく、様々な業界が求人を減らしていきます。

もし、そのような状況になってしまえば、転職を成功させるのが困難なことは明白です。

 

とはいえ、すぐに仕事を辞めれるわけではありませんし、すぐに求人に応募できるわけではないと思います。

なので、まずは、転職サイトに登録し、どんな求人があるのか、自分が興味のある職種は何なのかを調べておくのをおススメします。

ここの行動の有無が、出遅れた方との大きな差になります。



求人数が圧倒的に多いリクナビNEXTがおすすめです

まずは、求人をチェックしたいという方に最適です!

こちらから簡単に登録リクナビNEXT

 

やりたい仕事が思いつかないし、これからどうしていけばいいのか分からない方には、こちらの記事がおすすめです。↓↓

夢ってのは、いつになってもあるほうが人生を面白く、楽しくしてくれます。

仕事に夢中になれないなら夢を追いかけるのがおすすめです【批評を覚悟】
仕事に夢中になれないなら夢を追いかけるのがおすすめです【批評を覚悟】 今日もおつかれさまです、てんたです。 毎日サッカークラブのオーナーになる夢を追いかけながら、楽しく仕事をしています。楽しく...

 

飲食業界の方が持っている武器

飲食業界の方が持っている武器

 

てんた
てんた
次に、飲食業界でどのようなスキルを身に付けれたのか考えてみましょう!

自分のいまの武器探しですね!ここでは3つご紹介します!

 

コミュニケーションスキル

まず、真っ先に思いつくのが「コミュニケーションスキル」ですよね!

お店のスタイルにもよりますが、お客さんを席まで案内し注文を聴くだけではなく、日常会話をするところもあるかと思います!

そのような接客は、販売業や営業などでも使えるスキルですのでとても有効的です!

売上に直接結びついたり、常連のお客さんが何人できたなどの数字で具体的にお話できるレベルですと尚アピールに繋がります!

 

マーケティングスキル

2つ目の飲食業界で身に付く武器は「マーケティングスキル」です!

ターゲットを選定し、そのためのマーケティング戦略を考えることは飲食業界では日常的な業務ですよね。

たとえば、「お昼時に女性が1人でも来店しやすい店内づくり」とか「20代の男性の満足度を高めて再来店に繋げる戦略」などです!

競争が激しい飲食業界だからこそ、マーケティング戦略で工夫を施しているはずです!

そのスキルはどの業界でも有効的ですので、何か具体的なエピソードや施策があればアピールポイントに繋がりますよ!

 

マネジメントスキル

そして、3つ目のスキルは「マネジメントスキル」です!

これは店長ポジションの方が特にそうだと思いますが、飲食業界は離職率がとても高いため、どうすれば従業員満足度を高められるのかを考えることが非常に多いと思います!

アルバイトの方にどうすれば働きやすい環境を与えられるのか、社員とアルバイトの壁を作らず、風通しの良い環境をどうやったら作れるのか。

このようなマネジメントスキルもどこに行っても欠かせないスキルの1つです!

実際に、離職率を下げることが出来たのなら大きなアピールポイントですからね!

 

 

 

 

飲食業界の方のおススメ転職先

飲食業界の方のおススメ転職先

 

てんた
てんた
最後に、飲食業界の方のおススメ転職先についてお話したいと思います!

 

営業職

 

まず、おすすめなのが営業職です!

 

飲食業界の方は活気が溢れるような方や、体育会系の方が多いと思います。

そのような方は同じような雰囲気の営業職であれば馴染みやすいのかなと思います!

また、営業職はやればやった分だけ収入も多く手に入ります!

前職の倍のお給料をもらうなんてこともよく聞く話ですね。

コミュニケーションスキル、マーケティングスキル、マネジメントスキルのどれも役に立ちますのでぜひ、おすすめです!

 

営業の求人をチェック営業の求人ならリクナビNEXT

 

 

販売業

 

次におすすめなのが販売業です!

営業職と同様に飲食業界で働いていた雰囲気に近いのが販売業への転職の良さですね。

「論理的よりも好印象」が求められる販売業のほうが働きやすいと思います。

いきなり営業職などのアクティブな職に就くのが不安な方にはとてもおすすめです!

 

【未経験で販売に転職するのは大変?】未経験からの販売で重要な事3つ
【未経験で販売に転職するのは大変?】未経験からの販売で重要な事3つ 販売に転職しようか悩んでるけど、未経験からだと大変? 未経験からの販売に求められることはなに?? ...

 

https://tenterview.com/hannbai-muiteiru/

 

IT系

これからも将来性が絶えることがないであろう職種がIT系です。

技術力と経験を身に付けるまでは苦労しますが、努力を積み重ねることができれば、確実に将来の生活は良くなります。

未経験のまま転職するのは危険なので、ぜひこちらの記事を読んでIT系への転職を検討してみましょう。

 

【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!
【IT未経験は受からない】知らないと絶対に損することと解決策を解説!”IT業界へ転職すると必ず年収が上がる” これは半分正解で、半分不正解です。 IT未経験の方が何も準備をしないで転職すると地獄です。 解決策を解説します。...

 

 

 

転職できるか不安なら転職エージェントを活用しよう

転職できるか不安なら転職エージェントを活用しよう

 

さて、飲食業界は現在も苦しいでしょうが、今後もまだまだその苦しさは続いていくと思われます。

2020年も残り半年を切りましたが、落ち着くどころか悪化している現状が証拠ですね。

なので、現職に強いこだわりがないのなら、できるだけ早く転職をしておくことをおすすめします。

 

最後に、おすすめの転職エージェントを2つご紹介して終わります。

口コミの評価が良かったところですので、ぜひ参考にしてみてくださいね



 リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴はこちらです。↓↓

  • 面倒見の良い転職エージェントが多い
  • 営業能力が高いエージェントが多いので、選考通過率が高め

 

積極的に転職エージェントの力を借りたい方におすすめです。

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】

 



マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴はこちらです。↓↓

  • 傾聴に力を入れているため、押し付け感を感じにくい
  • 20代専門のため、転職初心者向けにサポート体制が整っている

 

自分で主体的に考えながら、エージェントのサポートを受けてみたい方におすすめです。

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!