自己分析の悩み

転職は働きながらと退職してからのどっちにすべき?【成功する転職方法】

転職は働きながらと退職してからのどっちにすべき?【成功する転職方法】

 

  • 働きながら転職すると大変かな?
  • 自分は退職してから転職すべきなのかな?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事のテーマは[ 働きながら転職できる人と退職してから転職すべき人の特徴 ]についてです。

 

転職活動をしようと考えたときに、働きながら転職するのか、退職してから転職するのかの2つの選択肢があります。

どちらでも良いと思うかもしれませんが、自分に合っているほうを選択しなければ、転職自体が失敗に終わってしまう可能性が高いです。

ということで、これからそれぞれのケースに向いている人の特徴を説明していきますので、これから転職を考えている方は、ぜひ読んでみてください。

 

この記事を読めば、

自分が働きながら転職できるのか、退職してから転職すべきなのかを理解でき、転職活動中に精神的に苦しくなるのを防ぐことができます。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてください!

 

 

 

働きながら転職できる人の特徴

働きながら転職できる人の特徴

 

働きながら転職できる方の特徴がこちらです

  • 仕事において精神的に余裕があり、やめる急ぎがない
  • 行動力がある
  • 働きながらでないと生活が難しい

 

 

仕事において精神的に余裕がある

 

まず、働きながら転職できる方の特徴として、仕事において精神的に余裕があることが挙げられます。

家に帰宅してからも仕事のことで悩んだり、うつ気味になっていないようであれば、精神的に余裕があるといえます。

なぜ、働きながら転職するときに、精神的な余裕が必要になるのかというと、転職活動は精神面に大きく負担をかけるからです。

 

というのも、転職活動はいわば、自分を評価してくれる会社と自分が入社したい会社のマッチングです。

求人をいくつかみていれば、おそらく、入社したい意欲のある会社が出てくるかと思いますが、それら全てが自分を評価してくれるとは限りません。

転職活動での精神的負担というのは、自分自身の価値に対する不安です。

そのような精神的負担は、転職活動をするならば一度は訪れてしまうものなので、普段の仕事で精神的に余裕がある方でないと、働きながらの転職活動は難しいです。

 

 

 

行動力がある

 

働きながらの転職になれば、面接は退社後や休みの日に行うことになります。

転職活動の平均期間は3ヶ月と言われていますが、それだけの期間を仕事と転職を両立して行うには、当然ながらプライベートの時間を転職活動に当てなくてはいけません。

たとえば、1ヵ月で転職活動を終えたい場合は、1週間に2~3社と面接をする週も出てきます。

働きながら1週間に2~3社の面接を受けるのと、退職してから1週間に2~3者の面接を受けるのとでは、疲労度が大きく異なります。

このようなスケジュールをこなす人のほとんどが、行動力や転職に対して強い思いを持っています。

 

 

 

働きながらでないと生活が難しい

 

できるかどうかの話ではなく、しなければいけない話になってしまいますが、お金に余裕のない方は働きながら転職活動をしなければいけません。

お金の余裕というのは、生活費3ヶ月分と思ってください。

これは転職活動の平均期間と同じ月数分ですね。

もし、このくらいの貯金がないのに、退職してから転職活動をしてしまうと、必要のない不安を作ることになります。

なので、生活費3ヶ月分の貯金を作ってから退職して転職活動を始めるか、働きながら転職活動をするかのどちらかをおすすめします。

 

 

 

退職してから転職するべき人の特徴

退職してから転職するべき人の特徴

 

退職してから転職するべき人の特徴は、先ほどの働きながら転職できる人の特徴の逆と思っていただいて良いのですが、あえて挙げるとすればこちらです

  • 現在の職場から強いストレスを受けている
  • 仕事で忙しく転職のことを考える時間がない

 

 

現在の職場から強いストレスを受けている

 

現在の職場から強いストレスを受けている場合、できる限り早く退職することをおすすめします。

というのも、転職活動中のストレスは、転職活動が成功するかどうかにも関わってくるからです。

たとえば、仕事で大きなストレスを受けながら、帰宅しても転職のことで悩まされていたとします。

その状態で転職活動をしても、面接官からの印象が悪かったり、思うように自分のことを伝えられなかったり、最悪の場合は社会から外れることになってしまいます。

転職活動中にストレスを受けるのは、転職に関することだけで十分です。

転職を成功させるためにも、現在の職場から強いストレスを受けているのであれば、退職してから転職活動を始めましょう。

 



 仕事を辞めづらいという方は退職代行サービスを活用しましょう

安全・低費用・確実の3要素を重視するなら退職代行ガーディアンしかないかなと思います

こちらからチェックメディア掲載実績多数!【退職代行ガーディアン】

 

 

 

仕事で忙しく転職のことを考える時間がない

 

仕事で忙しく、転職のことを考える時間がない方には、退職してから転職することをおすすめします。

というのも、転職活動では、自己分析や求人探し、面接対策など時間を必要とすることが多いからです。

特に、一番最初に行い、なおかつ一番重要な自己分析では多くの時間が必要です。

人によっては1週間以上かかることもあるかと思います。

どれも妥協すれば、短い時間でも終わらせることはできますが、当然ながら質は伴いません。

内定を貰うためにも、準備や対策には時間をかけて質を高める必要があるため、仕事が忙しすぎるという方には、退職してから転職することをおすすめします。

 

自己分析や履歴書作成、面接対策などの時間を削減したい方は転職エージェントを活用が必要です

転職初心者ならこちらの2つの転職エージェントが良いです

 




 20代の転職に特化したマイナビ転職20’sはこちらからマイナビジョブ20’sで相談

 


企業との交渉力が高く、求人数が圧倒的に多いリクルートエージェントはこちらから【リクルートエージェント】

 

 

 

ダラダラするのと焦るのは要注意

ダラダラするのと焦るのは要注意

 

働きながらダラダラするのも、退職してから焦って転職するのも良くないことです。

なぜなら、双方ともに[ 転職の質 ]を下げてしまうからです。

ダラダラと転職活動を進めると、自分に合った求人を逃したり、対策を十分に用意できなかったりします。

焦って転職活動を進めれば、自分を精神的に追い込んだり、本当に入社したい企業なのか、やりたい職種なのかを間違えやすくなります。

 

働きながら転職活動をするのか、退職してから転職するのかは個人の性格や環境によります。

どちらかを選択すれば、転職活動はより上手くいくというわけではありません。

自分に合った転職方法を選ぶことが成功への近道になります。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!