面接の悩み

【転職が決まらない】続けるよりも諦めるほうが何倍も辛い理由を解説

【転職が決まらない】続けるよりも諦めるほうが何倍も辛い理由を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
転職が決まらないからもう諦めるか迷う。転職できないから諦めるのは仕方ないよね?

 

転職活動を経験した人の中で、諦めの2文字が頭に浮かんでこなかった人はほとんどいないと思います。

何の苦労もせずに転職できた人はめちゃくちゃ優秀か、めちゃくちゃ適当だけど少し運があったかのどちらか。

 

なので、現在、転職が決まらないことで諦めようか迷っているのは、実はそんなに深刻な話ではないんです。

めちゃくちゃ多くの人が経験する状況ですからね。

 

でも、ここでもしも諦めることを選択するなら話は変わってきます。

転職は人生における分岐点であり、生活の不満を解消するものであり、自分自身を見つめ直す良い機会です。

 

「そんな転職を諦めるのは続けるよりも何倍も辛いことなんだよ」ということを本記事で解説していきます。

続けるよりも諦めるほうが何倍も辛い理由を解説

続けるよりも諦めるほうが何倍も辛い理由を解説しますまだ続けたほうがいい、諦めるほうが辛い理由を解説します。

 

転職したかった動機でこれからも苦しみます

転職の決断をしたということは、何かしらの問題を解決したくて、行動に移したはずです。

ここまで行動できたことだけでも凄いことですが、道半ばにして諦めてしまえば、また転職したかった動機で苦しむことになります。

 

そうなれば、辛いのは諦めてしまったみなさん自身です。

 

年齢的に転職が難しくなってしまう歳になってから後悔しても、時すでに遅しです。人材不足の医療や介護業界だって40代以上の未経験者は中々採用しないですからね。

なので、もう一度考えてみてください。↓↓

  • なぜ、転職しようと思ったのか
  • 何に不満を感じて転職活動を始めたのか
  • 本当に解決したいことなのか

 

成功する前には必ず辛い時期があるもの。ここを乗り越えれば必ず良い時期がやって来ます。

乗り越えてやりましょう。

 

転職に失敗したことで精神的にきつくなる

失敗というのは、成功することへの努力を諦めたことを言うのかなって思います。

「転職が決まらないから、転職活動を諦めれば辛い精神状態から解放される」とたまに思う方がいますが、これは大きな間違い。

 

成功を諦めた時点、つまり、失敗した時点で精神的辛さはドンドン悪化していきます。なぜなら、ほとんどの人が自分の価値を「こんなもんか」と決め付けるようになるからです。

 

僕も学生時代にそのメンタルに陥り、将来に対して何の希望も感じられなくなりました。そのときの精神的な辛さはもう二度と経験したくないほどきつかったです。

みなさんがこの気持ちを味わう必要は全くありません。

 

10社受けて全部に落ちたとしても、それは失敗とは言いません。

ただの成功するまでの過程ですし、成功に近づいているなくらいに思っておけば良いんですよ。

 

諦め癖が身に付いてしまう

残念ながら、1度諦めると簡単に諦める耐性がついてしまいます。転職にもそれは当てはまります。たとえば、こんなことで諦めるようになります。↓↓

  • 転職サイトを見て自分に合う求人がないだけで諦める
  • 1つ面接に落ちただけで諦める
  • 否定的な質問をされただけで諦める

 

諦め癖が身に付いて良いことはありません。1度や2度チャレンジしたから報われるなら、ほとんどの人が成功者になっています。

そんな世の中に魅力はないですし、諦めずに努力を積んでいけば必ず道は開けます。

 

転職が決まらないときに諦めるか迷った転職体験談

ここまで偉そうに言葉をかけている僕ですが、みなさんと同じように転職が決まらない状態になり、諦めるか迷った経験があります。

 

中々転職先が決まらなかったのは、限界まで妥協したくなく、企業に求める条件が高かったことが原因でした。

両親からは、「そんな高望みしていないで現実をみろ」なんてことを言われてましたね。

 

友達からは、「何をしてるんだよ。」と笑われる。

正直、そのときは、諦めの2文字が何度も頭の中に浮かんできましたけど、それでも諦めずに努力を続けた結果、やりたいことを仕事にできている今があります。

 

何で諦めなかったのか。

それは、努力を続ける理由があったからです。きっと、これはみなさんも同じはずです。

 

僕であれば、どうしても叶えたい夢があるから。その夢を叶えるために、いくつもの壁を超えないといけない。転職もその壁の1つですね。

みなさんは何の為に転職をするのでしょうか。上手くいかないときこそ、原点回帰です。

 

結論:諦めるよりも続ける理由のほうが大事です

諦める理由を考えても仕方がないです。

そんなことよりも、努力を続けるとか、転職活動を続ける理由のほうが余程考える価値があります。

 

なので、諦める理由を考えるのではなく、続ける理由を考え続けてください。

ここまで、少し精神論のような言葉が多かったので、これからはもう少し具体的な話をしていきます。

 

転職がうまくいかなくても諦めず結果を出す方法

転職がうまくいかなくても諦めない人との違いを解説転職がうまくいかなくても諦めずに結果を出すにはどうすればいいのか。これを最後にお話しますね。

 

正しい努力を継続することが大切です

努力を継続することは大切ですが、正しい努力でないと効果が見込めません。正しい努力というのはこちらです。↓↓

正しい努力=思考・実践・改善の繰り返し

 

意外とこれができていない方が多いです。

何かを成功させたいなら、まずは、どうすれば成功できるのかを考えること。そして、行動に移してみて、うまくいかなければ改善してこのサイクルを繰り返す。

 

転職でも同じで、企業からどうすれば内定を貰えるのか考えて、実際に面接などで実践して、終われば良くなかったところやうまくいかなかったところを改善していく。

 

この努力を継続していけば必ず成果が出ます。思考を停止した努力は残念ながら自己満足になってしまいますので要注意ですね。

 

諦めずに成功する人は将来ビジョンを持っている

転職活動では、将来ビジョンやキャリアプランが重要だと、本ブログでは何回かお話しています。

なぜかというと、面接で聴かれることもそうですが、何よりも、将来ビジョンを持てば、諦めずに成功するまで努力を継続できるからです。

 

逆にいえば、転職活動を諦める方のほどんどは明確な将来ビジョンを持っていない方が多い。

辛いときや、諦めそうになったときに支えてくれるのは、将来に対する希望や意思です。

 

僕の場合は、サッカークラブのオーナーになるという断固とした夢があったので、うまくいかないときほど、それにすがっていました。

将来ビジョンは自分自身のことなので、考えだすのはそんなに難しいことではないはずです。

 

ゆっくり、時間をかけて考えてみてくださいね。

 

諦める前にラッキーアイテムを使ってみるべきです

2020年以降、コロナウイルスが原因で転職活動に苦戦している人は確実に増えています。求人数は例年と比べても少ないですし、一部の業界は絶望的な状況。

ただ、諦める必要は全くないです。

 

こんな状況でも転職出来る人はできますし、別にその人たちは優秀だからということでもありません。

大事なのは思考の伴った行動量をどこまで増やすことでできるか、どこまで転職の可能性を広げられるかです。

 

複数の転職サイトを巡回して応募していくことも大切ですが、それだけだとどうしても可能性は限れらてしまいますね。

そこで絶対に試してほしいのがラッキーアイテムの活用。

 

いまのみなさんは、ゲームをクリアしたいのにアイテムを使わないで頑張っているような状態です。

たとえば、マリオのゲームをしていて、巨大化できるキノコや炎を出せるようになるキノコを食べないでいるのと同じ。

 

そんなのマリオのゲームでは有り得ない話ですよね?キノコを使わずにクリアなんてかなりハードなはずで、転職活動だって同じ話なんです。

だからこそ、転職でもラッキーアイテムは使っておこうってこと。

 

じゃあ、その転職エージェントって何ぞやということですが、それはズバリ転職エージェントのことです。

自分に合った企業を紹介して貰えたり、履歴書や職務経歴書を修正してくれます。

 

ただ、上記がメリットなのに対して、紹介先がなかったり、興味のある企業がない場合もあるのがデメリットな部分ですね。

だからこそ、ラッキーアイテムでしかないよねってことなんですよ。

 

使ってみたら入社したいと思える企業があるかもですが、紹介先がない可能性もある。

だけど、転職の可能性を考えると試しておいて損はないし、そもそも使ってみないと分からない。

 

なので、良い紹介先があればラッキー。なかったらどんまいくらいの感覚で使ってみるのがいいかなと思います。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!