退職の悩み

【「もう無理」を乗り越える必要なし】仕事を辞めたいときの対処法

【「もう無理」を乗り越える必要なし】仕事を辞めたいときの対処法

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
仕事を辞めたいと思っていたけど、いよいよもう無理な気がする。仕事辞めてもいいかな…?

 

結論からいうと、「もう無理」と思うくらいなら相当限界に来ているはずなので、ササっと仕事を辞めるのが一番です。

日本って労働者をかなりこき使う文化があるので、「甘えるな。それでも乗り越えろ!」みたいな風潮がありますけど、気にする必要は全くありませんよ。

 

なぜそう言い切れるのか、どうすれば負担なく退職できるのかを本記事で解説していきます。3分ほどで読み終わるかなと思います!

「もう無理」と思ったら仕事を辞めるべき理由3つ

「もう無理」と思ったら仕事を辞めるべき理由3つ「仕事を続けるのはもう無理」と思ったら、すぐにでも仕事を辞めるべき理由が下記の通り。↓↓

  • うつ病になったら転職も上手くいかない
  • 会社側都合は滅多に変わらない
  • 求人のタイミングを見るべき

 

うつ病になったら転職も上手くいかない

これに気付いていない方は意外と多いんですけど、うつ病になってしまったら転職は絶対に上手くいきません。

少し可哀想かもしれませんが、これが現実なわけです。

 

じゃあ、なぜうつ病になったら転職が上手くいかないと断言できるのか、それはうつ病になってしまうと下記の3つの状況になりやすいからです。↓↓

  • 自分を上手くアピールできない
  • 転職活動の行動量が少ない
  • 企業側に見抜かれたら採用はない

 

自分を上手くアピールできない

面接のときにどれだけ自分をアピールできるのかっていうのは、「精神的コンディション」がめちゃくちゃカギを握っています。

ここが安定していないと、どうしても頭の回転も落ちてしまうので、面接官の話を聴いていても話が入ってこなかったり、自分のことを話すときも支離滅裂な内容になることが多いんです。

 

転職はどうしても中途採用という即戦力を求める機会になるので、自分を上手くアピールできない方は余程のブラック企業でない限り採用されることはありません。

「面接官の質問を理解できなかったり、自分を上手くアピールできないようだと、成果は到底期待できないよね」っていう評価を下されやすいわけですね。

 

転職活動の行動量が少ない

そもそもですが、うつ病になってしまえば、働くことだったり面接を受けることに対して強い恐怖を感じることになるので、転職活動の行動量はかなり落ち込んでしまいます。

転職活動って余程優秀でない限りは、どうしても10社以上は受けるようになりますし、それ以上に受けても中々決まらないっていう方も多いんですよね。

 

もちろん、転職エージェントを活用したりすれば少しはカバーできるんですけど、それでも評価されやすい実績や資格、経験がなければ苦労するかなと。

その苦労を打開するのが思考の伴った行動量なわけですが、うつ病になってしまうとこれが難しいわけですね。

 

企業側に見抜かれたら採用はない

応募者がうつ病だったり精神的に疲弊している状態というのは、意外と面接官に簡単に伝わってしまうもんなんです。

面接中の表情だったり、質問に対する回答内容だったり、転職や退職の理由からですね。

 

もしも、企業側に見抜かれてしまうと、採用される可能性というのはほとんどありません。絶世の美女だったりイケメンでない限りは不採用になってしまうのが世の現実なんですよね。

即戦力が欲しいのにメンタル回復するかどうかも分からない人材を採用するなんてめちゃくちゃリスクがあるし、採用したら簡単にはクビにできないから採用はしないという感じですね。

 

かなりストレートな言い方で気分を悪くされたら申し訳ないですが、これが現実なんです。だからこそ、うつ病になる前に仕事を辞めたほうがいいんです!

 

会社側都合は滅多に変わらない

もしも、「もう無理」と追い込まれた理由が会社側にあるとするなら、ササっと辞める決断をしたほうが良いかなと思います。

というのも、会社側都合の問題点って滅多に変わらないんですよね。

 

たとえば、よくあるのが下記のような問題点です。↓↓

  • 残業を毎日させてくる
  • 休みが取れず連勤ばかり
  • パワハラ問題を解決しない

 

こういうブラック企業のような問題は中々解決しませんし、解決するとしたら社会的に告発されるか、倒産するかくらいなのであまり期待しないほうがいいんですよね。

なので、こういうところにいるなら早めに転職しちゃうほうが将来的に絶対に良いですよ!

 

求人のタイミングを見るべき

「もう無理、仕事辞めたい」って思ってときは、一度転職サイトを徘徊してみたり、転職エージェントに紹介可能な案件を見せてもらってください。

そこでもしも魅力的な案件があるのなら、ササっと仕事を辞める決断をして、転職活動に踏み切ることをおすすめします!

 

というのも、転職活動ってめちゃくちゃ運勝負でもあるんですよ。

自分が転職活動しているときにどのくらい気になる求人があるのかって本当に運でしかないですし、なければ1ヶ月待つとかもあり得ますからね。

 

僕も転職活動をしていたときに、毎週の求人更新で気になるところが増えないかと期待していたけど、本当に応募したいと思えるところが現れるまで1ヵ月待ちましたからね。

なので、もしも「仕事辞めたい、もう無理」と思ったときに、気になる求人があるならササっと転職の方向に動き出したほうが良いかなと思います!

 

ちなみに、転職サイトは下記のところがおすすめですね。↓↓

  • エン転職
  • マイナビ転職
  • リクナビネクスト

 

転職エージェントについては下記の記事でまとめているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

負担なく退職する方法を解説

負担なく退職する方法を解説既に疲弊していると思うので、出来る限り負担なく退職したいですよね。

退職させて貰えそうな企業で働いているなら問題ないですが、そうでなくていち早く辞めたいなら下記の方法がおすすめです。↓↓

  • 退職届を出して有給を使う
  • 退職代行を活用する

 

退職届を出して有給を使う

退職は2週間前に伝えていれば法律的には問題はないので、残りの2週間を有給で消化してそのまま退職するっていう方法があります。

別に2週間丸々有給で終わらせる必要はないですが、会社側は有給消化を拒めないので、余ってるならこういう使い方があるよってかんじですね。

 

会社側に迷惑をかける方法でもありますけど、退職って円満でない限りはどちらかが負担をするもんなので、ぜひ会社側に負担を押し付けてもらえたらと思います!

 

退職代行を活用する

多少お金をかけることになりますけど、退職代行を使って退職するのは個人的におすすめしています。

というのも、本記事を読んでくれているみなさんが働いているような企業や従業員に「もう無理」と思わせるようなブラック企業って、中々退職させてくれないんですよね。

 

もちろん、一概には言えないことなんですけど、可能性としては退職の場面でも苦労するケースのほうが多いんです。

精神的にも疲弊しきった状態でさらに働かされるって思うと、朝を迎えるのがめちゃくちゃ憂鬱ですよね?

 

本記事でもお話しましたけど、それでうつ病にでもなったら、数年間は立ち直れなくなるかもしれないですし、良いことなんて1つもないわけですよ。

だったら、多少お金をかけてでも即日退職したほうが良くないですか?

 

現時点のお金の消費だけを考えるんじゃなくて、来年、3年後、5年後の未来を考えたら、かなり有意義な投資と思えるんじゃないかなと。

確実に退職できて、尚且つ明日から職場に行かなくていいですしね。

 

ちなみに、僕がおすすめしているところは業界の中では安めの3万円弱で活用できます。もちろん、しっかり安心安全の根拠もありますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

女性専用の退職代行「わたしNEXT」のまとめ記事

男性専用の退職代行「男の退職代行」のまとめ記事

 

まとめ:「もう無理」は乗り越えなくて良いです

社会人になって仕事をしていれば、辛いことや苦しい場面というのは必ずあるものですけど、「もう無理」という状態で仕事を続けるのは話が違ってきます。

会社なんかよりも自分の健康と人生を優先すること、これだけは誰かが守ってくれるものではなく、自分で守るものですからね!

 

「もう無理」は乗り越えなくて良い、この考えを持つだけで気が楽になるはずなので、ぜひこれからの未来を大切にしてください。

 

本記事でご紹介した記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

女性専用の退職代行「わたしNEXT」のまとめ記事

男性専用の退職代行「男の退職代行」のまとめ記事

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!