面接の悩み

【面接結果が早く届いた人は必読】連絡が早いときの良し悪しを解説

interview-result-too-soon

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業でエージェント業務をしながら、複業で累計20万人以上が訪れている転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
企業から面接結果の連絡が来たんだけど、連絡が早すぎてブラックか疑っちゃう…。

 

結論からいうと、この段階でブラック企業と決め付けてしまうのはかなり勿体ないです!連絡が早いホワイト企業もありますし、企業側の事情もあったりしますからね。

ただ、一方で思った通り「やっぱりブラック企業だったかー!」なんていう可能性があるのも事実。絶対にブラック企業に捕まるのは避けて欲しい。

 

なので、本記事では、ブラック企業なのかどうかを見極められるように、結果連絡が早いときのポジティブな側面とネガティブな側面について解説していきます!

1回読むだけで必ず為になりますので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!【読了時間:5分】

面接結果が早いときのポジティブな理由3つ

面接結果が早いときのポジションな理由3つ連絡が早すぎるというのはネガティブな状況を思い浮かべやすいですが、企業には早く伝えないといけないポジティブな状況もあります。それが下記の3つ。↓↓

  • 早急に応募者を確保しておきたい
  • 求人費用の都合で早めに連絡している
  • 応募者事情を考慮してくれている

 

早急に応募者を確保しておきたい

面接をした結果、企業がどうしても確保しておきたい人材だと思えば、他の企業に逃げないよう早めに応募者へ連絡することがあります!

転職活動中を早めに終わらせたい人がほとんどの中で、いち早くオファーを出すことで採用の確度を高めるのが狙いですね。

 

いくら応募者が「自社しか受けていないです!」とか「御社が第一優先です!」って言っていたとしても、それを100%信用する企業はほとんどありません。

応募者側だってそう言いながらも他社を受けているケースがほとんどですからね。(笑)

 

だからこそ、どうしても欲しいと思う人材に関しては、「あなたに是非とも入社して欲しい!」というアピールを込めていち早く連絡をするわけです!

面接の翌日、もしくは当日中に連絡をすることもありますね。

 

僕も面接官として採用に携わるとき、本当に良い方がいた場合は翌日くらいには結果を伝えていますし、僕も運よく応募者としてそのくらいに結果を貰ったことはあります!

なので、もらえたときはとりあえず喜んだらいいんです。本当に入社したいと思った企業からなら尚更ですね!

 

ちなみに、この時点でブラック企業なのかどうかを判断するとしたら、下記の2つをとにかく客観的に考えてみるのがおすすめです。↓↓

  • その企業へ入社する難易度
  • その難易度に対しての自分の武器

 

当たり前ですけど、待遇条件が良い企業ほど入社の難易度は高くなりますよね。その難易度をクリアできる応募者、つまり、企業側が求めている人材がどんな人なのかを求人から汲み取って考えてみてほしい。

汲み取って考えた人材像に対して、自分の職歴や能力、実績がどの程度当てはまっているのかを客観的に考える。

 

ここまで考えた上で、「待遇条件がこんなに良いのに、募集条件を満たしきれていない自分がすぐに採用してもらえるなんて…」っていうようなギャップが起こり得る場合はブラック企業の可能性有です!

実際に、求人には高待遇情報が記載されているけど、入ってみたら全然低賃金で働かされるブラック企業だったというのはよくあります。特に不動産系とかプログラミング系ですね。

 

求人費用の都合で早めに連絡している

企業は人材を募集するために転職サイトや求人紙などに求人を掲載します。たとえばタウンワークだと一回の2週間限定掲載で5万から10万くらいとられるんですよね。

決して安くない費用がかかるわけですが、いずれにしろ期間が決まっていて、その期間が終了間際になるにつれて企業側の行動が変化することもあります。

 

「掲載期間を更新して無駄に費用を計上しないよう、いち早く応募者に採用確定の連絡をしよう!」なんて感じ。余程のケチ企業ですね。

ちなみに、企業側から「広告費用をケチりたいから早く採用連絡をしました」と伝えられることは絶対にないです。(笑)

 

あと、残りの掲載期間が1ヵ月を切っていたとしても、既に採用枠が確定していたり、他の応募者の回答待ちの状況も考えられるので、決して穴場期間というわけではありません。

なので、「企業側がそういう理由でいち早く採用連絡をしてくれるときがあるんだな」くらいに理解しておきましょう!

 

応募者事情を考慮してくれるときもある

採用担当が気の利く人だと、応募者が困らないように応募者事情を考慮していち早く連絡をしてくれることもあります!

たとえば、応募者が「早めに就業開始したい」とか「採用を貰えれば翌週の面接は断りたい」みたいなことを面接時に伝えていて、それを採用担当者が気を利かせて早めに進めてくれたパターンですね。

 

もしくは、2名以上を採用予定で、その2人が同期入社となるよう出来るだけ早く採用しようとしているとか。小規模企業あるあるですね。

ただ、これは企業側から言われて初めて気付けることなので、あまり大きな期待はしないようにしましょう!

 

面接結果が早いときのネガティブな理由

面接結果が早いときのネガティブな理由ポジティブな状況を解説してきましたが、「企業側から即採用が貰えたから最高!」って思ってしまうのはちょっと危険。なぜかというと、「ブラック企業は人不足過ぎて即採用を出しやすいから」ですね。

 

人の出入りが多い企業は採用連絡も早い

人の出入りが激しいブラック企業は採用連絡も早めです。どんどん人を入れても退職者が止まらないので時間を掛ける必要がないんですよね。

採用のハードルも低いことが多いので、勘違いして入社しないように要注意!見分けるコツは下記の通り。↓↓

  • スカウトメール経由の応募
  • 長期間転職サイトに掲載されている

 

スカウトメールという形で企業側からオファーを貰うことがあると思いますが、個人的にはスカウトメール経由の応募はおすすめしていません。

なぜかというと、企業側は特定の条件に該当する応募者へ一斉にスカウトメールを送っているだけであって、あなた自身を注視してスカウトしているわけじゃないからですね。

 

過去の僕も「企業側からオファーを貰えた!嬉しい!」と思っていましたが、企業側としてスカウトメールを配信する立場になったときにこの悲しい現実を知りました。

詳しくは参考記事:スカウトメールをおすすめしない理由まとめで解説していますので、スカウトメールが気になっている方は是非参考にしてみてくださいね!

 

そして、長期間転職サイトに掲載されているところは人不足ブラックの代表格ですので、出来るだけ避けるのがベストです!

だからこそ、早い段階から転職サイトをチェックしておくことが重要ですね。

 

まとめ:見分けるために余裕を作ろう

企業からの面接結果の通知が早くきたからといって、ブラック企業と決め付けしまうのは危険です。

ホワイト企業の可能性も十分にありますし、逆に連絡が遅いときは不採用傾向が高めですからね。

 

事前にブラック企業かどうかを見分ける方法としては、下記に該当しなければホワイト企業の可能性が高まります。↓↓

  • スカウトメール経由で応募した
  • 長期間掲載中の求人に応募した
  • 面接中に採用を言い渡された
  • 面接が一回しかなかった

 

面接中に採用を言い渡されるところはめちゃくちゃ人不足な可能性が大。

一般的には面接の翌日以降や面接後に採用結果を伝えることがほとんどな中で、面接中に採用を伝えてしまうのはどちらかというとネガティブな意味が強いですね。

 

選考通過くらいなら分かりますが、最終面接でその場採用は絶対に怪しんでおくべきです!面接回数が一回しかないのも同じく怪しいので要注意!

ただ、即採用を貰えた喜び状態から冷静になるのは簡単じゃないんですよね。

 

面接時も緊張していたら企業を見分けることは難しいので、どれだけ余裕をもって面接に臨めるかが重要になってきます!

その為には面接対策をして、自信を持って面接に臨めるようにすることが大切。役立つ情報をどんどんインプットしていきましょう!

 

もしくは、利用者思いの転職エージェントを活用することで、転職の成功率を上げながらブラック企業に捕まる可能性を下げることもできます。

ただ、あくまでも「利用者思いのエージェント」を活用することが前提なので、どこでも良いわけじゃないですし、デメリットも当然あります。

 

下記の記事で詳しくまとめていますので、気になる方は是非知っておきましょう!

迷ったときにおすすめのエージェント2選
迷ったときにおすすめな利用者思いのエージェント2選「迷ったときにおすすめの転職エージェント2選」を2分でお伝えしますので、ぜひ参考にしてみてください!...

 

おすすめの参考記事

参考記事:未経験歓迎求人の対策まとめ

参考記事:利用者思いのエージェント2選まとめ

参考記事:本気で人生を変えたい人向けの「マジキャリ」について解説

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!