面接の悩み

面接結果の連絡が早すぎるのはブラックか解説【結論:決めつけ危険】

面接結果の連絡が早すぎるのはブラックか解説【結論:決めつけ危険】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
企業から面接結果の連絡が来たんだけど、早すぎてブラックか疑ってしまう。

 

結論からいうと、この段階でブラック企業と決め付けてしまうのはかなり勿体ない。

 

連絡が早いホワイト企業もありますし、そこには企業側の理由もあったりします。

ただ、一方で思った通りのブラック企業の可能性もある。どうやって見極めたら良いのかというのを本記事でお話していきますね。

企業には早く伝えないといけない理由もある

企業には早く伝えないといけない理由もある

連絡が早すぎるというのはネガティブな要素を思い浮かべやすいですが、企業には早く伝えないといけないポジションな要素もあります。

それがこちらの3つ。↓↓

  • 早急に応募者を確保しておきたい
  • 求人費用の都合で早めに連絡するときもある
  • 応募者事情を考慮してくれるときもある

 

早急に応募者を確保しておきたい

面接をした結果、企業がどうしても確保しておきたいと思えば、他の仕事に逃げないように早めに応募者に連絡することはあります。

 

いくら応募者が自社しか受けていないとか、第一優先にするって言っていたとしても、それを100%信用する企業はない。

応募者だってそう言いながらも他社を受けているケースがほとんどですから。

 

だからこそ、どうしても欲しいと思う人材に関しては、「あなたに是非とも入社して欲しい!」というアピールを込めていち早く連絡をする。

面接の翌日、もしくは当日中に連絡をすることもあります。

 

ここまでの評価を受けるには、経験と人柄の両方で高評価を得ないといけません。簡単なことではないけど、対策次第で実現は可能。

実現できれば面接の手応えも相当だと思うので分かりやすいかなと思います。

 

求人費用の都合で早めに連絡するときもある

企業は人材を募集するために転職サイトや求人紙などに求人を掲載します。週もしくは月毎に何十万円という費用を使うわけです。

良い応募者と出会えて、枠が埋まるのであれば無駄に延長する必要はない。

 

なので、無駄に費用を計上しないために、いち早く採用を確定させようと応募者に連絡することもあります。

 

でも、実際に企業側からその理由を伝えられることはないです。けちくさい会社だと思われますし、採用した理由は応募者の評価がメインですからね。

 

じゃあ、応募者側はどうやって知ることができるのか。ずばり、目安となるのは転職サイトの掲載期間。

ここが残り1ヵ月を切っているようであれば駆け込み採用の可能性は高くなります。

 

ただし、掲載終了までの1ヵ月間は駆け込み採用の可能性があるのと同時に、他の応募者の決断待ちの理由で連絡を待たされる可能性もある。

簡単にいえば、他の応募者のほうが採用したいってことですね。

 

企業側から「他の応募者を含めた選考状況が遅れていまして…。」なんて言われたらその可能性が大です。

特に、応募する職種が未経験の場合はよく起こりやすいので要注意ですね。

 

応募者事情を考慮してくれるときもある

応募者は基本的に他企業の面接も受けているので、どんな結果であれ早く貰える分には損ないですよね。

お金に余裕がなければいち早く働きたいと思う人もいる。

 

そんな応募者が困らないように、応募者事情を考慮していち早く連絡をすることもあります。

 

これこそ入社後にしか確かめられないことなので、面接時の企業側の雰囲気であったり、面接官の人柄次第かなと思います。

少なからず良い企業、良い人たちだなって手応えはあるはずです。

 

ブラック企業の可能性も捨てられないです

ブラック企業の可能性も捨てられないです

ホワイト企業の可能性がある一方で、当然ながらブラック企業の可能性も捨てられないです。

特徴としては主に下記のこと。↓↓

  • 人の出入りが激しい企業は採用連絡も早い
  • 小規模企業はすぐに採用決定が可能

 

人の出入りが激しい企業は採用連絡も早い

まさにブラック企業ですが、人の出入りが激しい企業は採用連絡も早いです。どんどん人を入れても退職しちゃうので時間を掛ける必要がないんですよね。

採用のハードルも低いので、勘違いして入社しないように要注意。

 

見分けるコツとしては、企業の評判を調べればそれなりの評価になっているかなと思います。

あとは転職サイトで1年から半年を通してほぼ掲載されているようなところは匂いがプンプンですね。

 

どうしても早くお金が欲しかったり、余程根性があるのなら別ですが、基本的にはこういう企業への転職はおすすめしません。

 

小規模企業はすぐに採用決定が可能

良い企業かどうかは置いといて、従業員が10人以下の様な小規模企業は採用決定を直ぐに出すことができます。

 

たとえば、このような企業は一時面接から代表者が出てきたり、いきなり最終面接だったりします。

1回限りの30分にも満たない面接時間で採用の合否が決まるなんてことも。

 

あえてそうしているというよりは、会社の規模などが原因でそうせざるを得ない場合がほとんどです。

企業側は良い人たちかもですが、環境や働き方で苦労はするかなと思います。

 

まとめ:見分けるには直感と情報が大切

企業からの面接結果の通知がいかに早くきたからといって、ブラック企業と決め付けしまうのは危険です。

ホワイト企業といえるだけの理由もありますからね。

 

じゃあ、それをどうやったら見分けられるのか。

それには直感と情報が重要になってきます。面接で得た情報からの直感、転職サイトや会社の評判からの情報などですね。

 

特に直感については重要な判断材料になりますので、大切にしたほうがいいかなと思います。

転職における直感の大切さを解説した記事はこちら

 

ただ、本記事を読んでことで、既に連絡がきた企業はブラックである可能性が高いなと感じたなら、ササっと他に向けて行動していいと思います。

ショックな気持ちもあるかもですが、そこは切り替えが大事。

 

特に、いち早く転職活動を終わらせたい方は焦りから妥協しちゃいがちですが、長期的にみたらもう少し頑張ってみる方がメリットが大きいはず。

 

ラッキーアイテムである転職エージェントも活用すれば1ヶ月以内に終わらせられる可能性もありますからね。

ササっと切り替えて、ササっと行動していきましょう!

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!