面接の悩み

【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準

【転職で気が進まない会社の面接】行くか迷う時に使える3つの判断基準

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
気が進まない時でも面接は行かなきゃだめ?

面接を辞退することってよくあるの?

 

結論からいうと、面接を辞退することはよくあります。

僕はほぼ毎週面接をしていますが、頻繁にドタキャンが起きていまして、採用側としては、正直困ることもあります。

 

でも、大事なのは、採用側に迷惑をかけないことではなく、みなさんの人生を良くするために、いい仕事を選ぶこと。

なので、気が進まないなら面接は行かなくてもいいんです。

 

本記事では、ここを掘り下げていきます。

気が進まない面接に行くかどうかの3つの判断基準

気が進まない面接に行くかどうかの3つの判断基準下記の通りですね。

  • 最終面接まで進んでいる企業が他に2社以上あるか
  • 転職する理由や、次の職場に求める条件が半分以上満たされているか
  • 社風や面接官と気が合うかどうか

 

最終面接まで進んでいる企業が他に2社以上あるか

気が進まない面接に行くかどうか悩んだ際は、最終面接まで進んでいる企業が2社以上ある場合は面接を辞退してもいいかなと思います。

というのも、最終面接の合格率は大体50%ほどと言われているからです。

 

つまり、2社(もしくは3社)以上、最終面接に残っている企業があればどれか1つは内定を貰う可能性が高いということ。

このような状況にいるのであれば、無理して気が進まない面接にいく必要はありません。

 

大事な最終面接で内定を貰えるよう、しっかり対策を考えておくことも有効的だと思います。

最終面接に受かりやすくなるポイントを解説した記事はこちら

 

転職する理由や次の仕事に求める条件が半分以上満たされているか

求人に応募する最初の段階で、次の職場に求める条件をある程度決めているかと思います。給料であったり、通勤時間であったり、仕事の内容であったり。

 

もしも、面接に行く気が進まない会社がその条件の半分以上を満たさない場合は、面接を辞退しても良いと思います。

なぜなら、具体的に挙げられる条件というのは本人が思っているよりも重要視している事が多いから。

 

転職活動中は悪い意味で妥協をしてしまうことが多い。

条件を満たしていない企業に行けば、必ず不満が沸き起こり、再度転職を考え始めることになりやすい。

 

そうなってしまえば、時間やお金、メンタルに大きな影響を与えてしまいます。

最初に設定した条件がブレてしまうほど、あとで後悔することになりかねますので、条件が半分以上満たしていないところは切り捨てでいいかなと思いますね。

 

社風や面接官と合うかどうか

最後の判断基準は、社風や面接官と合うかどうか。転職後に業務内容を中々理解できず、苦労してしまう時間は誰にでもあることです。

前職と同じ職種に転職したとしても、企業が異なればやり方も異なりますからね。

 

そんな時にみなさんの支えになるのが、その企業の社風や新しい同僚のひとたち。

ここが合っていなければ、働き始めて辛いことになりますので、絶対に妥協してほしくない。

 

実際に、転職活動をする理由で多く上げられるのがこの人間関係です。

割り切って続けられる人もいますが、人によってはうつ病になったりと身体を壊してしまうケースも多く見られます。

 

企業の社風や面接官、社員インタビューなどで、直感で合わないと感じたら無理してその企業の選考を進める必要はないと思いますよ。

 

面接を断る際の注意点

面接を断るとなれば、断る企業への早めの対応が必要不可欠になります。というより、そうしてあげてほしいなっていう面接官としての願いですね。(笑)

 

ただ、みなさんが思っている以上に、多くの方が面接や内定を断っていますので、企業もそのような状況には慣れているところが多いです。

もちろん、僕も自慢になりませんが、何社も面接を辞退した経験があります。

 

なので、あまり不安になることはないですので、安心してくださいね!もしも面接を断るのであれば、以下のことに注意しましょう。

  • 遅くても、面接の2日前には、面接辞退の連絡をする
  • ほとんどの場合はメールで済ませますが、企業から指定があればそれに合わせる
  • 面接を断ると罪の意識に陥りやすい為、代わりになる求人を見つける

 

目的を意識した転職活動をしよう

目的を意識した転職活動をしよう転職活動では、常に目的を意識することが大切です。

何のために転職をするのか、何で仕事を変える決断をしたのか。これらを明確にしながら転職活動をしないと、いつか必ず迷子になります。

 

キャリアプランの重要性を理解すると転職は楽になる

目的が定まっていない方はここから始めましょう。

キャリアプランというのは、転職活動をする上でめちゃくちゃ欠かせません。理由がこちら。↓↓

  • 将来を意識した行動力をアピールできる
  • 転職活動がブレなくなる
  • 早期再転職のリスクが減る

 

キャリアプランには、めちゃくちゃ大事なことが詰まっています。だけど、ほとんどの方がここを考えていません。ほーんとうに勿体ないです。

ぜひ、ここから考えてみましょう。

キャリアプランについてまとめた記事はこちら

 

まとめ:転職を楽にしてもOKです【方法次第】

キャリアプランを考えるだけでも、転職活動はかなり楽になります。どの仕事に就けばいいのか、就きたいのかが明確になるからですね。

でも、もっと楽に転職活動をしても全く問題ないです。

 

その方法というのがラッキーアイテムを使うということ。転職でいうラッキーアイテムというのは、転職エージェントのことです。

 

使ってみて良いところを紹介して貰えないならそれはそれ。でも、紹介して貰えたら、それはラッキー!

そのくらいのラッキーアイテムって思っとくのが一番気が楽です。

 

最悪、紹介して貰えないというデメリットもありますが、履歴書・職務経歴書の添削や面接対策をしてもらえたり等、得られることもたくさんあります。

転職に苦戦している人は特に活用してみて損はないですよ。

 

詳しくは下記の記事で解説していますので、ぜひ併せて読んでみてくださいね。↓↓

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました!