面接の悩み

【連絡を受けた瞬間からできる!】面接に落ちた時の立ち直り方を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、

転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
面接に落ちるとどうしても落ち込んでしまう。どうしたらメンタルを整えられるの?

 

転職活動をしていれば、落ちることなんて当然のようにあります。

落ちることは決して悪いことではないですし、どんどん失敗していいと思います。

でも、気分が落ちてしまうのは絶対に避けてほしい。

 

転職活動はメンタルがかなり重要になってきます。

メンタル1つで面接のパフォーマンスは大きく変わってきますし、

ここを整えることが出来れば、転職成功が見えてきます。

 

そのメンタルの整え方(立ち直り方)を本記事で解説していきます。

 

面接のパフォーマンスはメンタルが影響しています

面接のパフォーマンスはメンタルが影響しています

 

メンタルが整わない状態の面接は絶対に上手くいきません。

面接官にも伝わりますし、その状況で採用される場合は、

余程の職歴やスキルを持っているか、企業が極端な人不足なのかのどちらかです。

 

【面接官視点】メンタルが整っていない人の特徴

 

メンタルが整っていない方は、面接でこんな特徴があります。↓↓

  • 質問されたことと回答がズレてしまう
  • 回答するまでに時間がかかる
  • 挨拶やマナーがおどおどしてしまう
  • 自分本位な回答ばかりしてしまう

 

メンタルが整っているというのは、

何をするべきか、何をしないといけないのかを理解できている状態のことです。

その企業にはどんな特色があって、どんな人材を求めていて、自分はどうマッチしているのか。

 

企業と自分をしっかりと見れている。

要は、準備が出来ているかどうかってことですね。

 

他の企業の選考に落ちたことを引きずっていたり、

前職を辞めた後悔ばかりしていたり、転職の不安に潰されそうになっていたり、

準備が整っていないのなら結果も悪くなってしまうのは当然の話ですよね。

 

それでも受かるから転職は怖い

 

そう、たとえ準備不足でも受かってしまうことがあるんです。

メンタルが整っていないときは、1つの採用結果で心が大きく動かされやすい。

もう転職活動終わらせちゃおうかなって思ってしまうわけです。

 

もちろん、それが本当に良い企業なら良いんです。

みなさんが転職で求めていることを叶えられるのなら最高ですよ。

でも、この場合はほとんどが人手不足な企業、いわゆるブラックであることが多い。

 

この罠にハマってしまうと、早期再転職に繋がる可能性が大です。

早期再転職をすると、キャリアに大きな傷がつきますし、

精神的にもかなり大きなダメージを負うことになります。

 

人によってはもう正社員の転職活動に戻れないくらい疲れてしまう人もいますからね。

本当に気を付けないといけません。

じゃあ、どうすれば罠にハマらないのか。

 

ここで出てくるのが、メンタルの整え方と立ち直り方です。

 

 

 

面接に落ちたときの立ち直り方を解説

面接に落ちたときの立ち直り方を解説

 

転職活動をしていれば、何度も面接を受けることになるかと思います。

それに比例して何度も選考落ちすることもあると思います。

…それって悪いことなんですか?

 

面接で落ちるのは悪いことではない

 

僕は何度も面接を受けましたし、何度も面接官をしています。

その経験からみなさんにお伝えしたいことが1つ。

面接で落ちることの何が悪いんでしょうかってことです。

 

そりゃあね、全てに受かるのがベストだとは思いますよ。

でも、そんなことができるのは、ほんの一握りですからね。

職歴が綺麗で、応募先が求める内容で、人柄も良くて、面接上手。

 

そんな人材であるなら転職活動は苦労しないですけど、

過去は変えられないし、面接も経験していかないと上手くならないじゃないですか。

落ちたからこそ分かることもありますしね。

 

何社受けようと、何社から内定を貰おうと、何社に落ちようとも関係ない。

大切なのは自分が納得いく企業から内定を貰えたかどうかです。

これが転職の本質ですからね。

 

面接で落ちたらひたすら未来に期待する【立ち直り方】

 

ぶっちゃけ、精神論です。(笑)

でも、問題が精神的なことなので、解決方法も精神的になりますよね。

実際に、僕が転職活動をしていた頃はこのおかげで楽に進めることができました。

 

じゃあ、具体的にどうすればいいのかというと、

ひたすらこれからの未来に期待するということです。

つまり、転職後の未来を楽しみに、気持ちをワクワクさせるってことですね。

 

転職活動中のこの気持ちってかなり重要なんですよ。

転職の原動力ですし、ここがないと妥協のループになっちゃいますからね。

自分が叶えたいキャリアプランをひたすら考える。

 

ただ単に転職活動をしていたら地獄ですけど、

ここを意識して進められれば、かなり精神的に楽に転職活動を進められます。

騙されたと思って実践してみてください。

 

 

 

転職活動は情報と行動力が命

転職活動は情報と行動力が命

 

いかに自分本位の面接にならないように情報を入れられるか。

いかにその努力を実らせる行動力を出せるのか。

これが大事です。

 

自分本位な面接だと受からない

 

どんな面接官でも、下記のような人材を採用したいと思います。↓↓

  • ウチの会社で働きたいと思う人
  • 応募した職種が得意、経験、思いのどれかがある人
  • 求める人材像に近い人

 

これはどの企業にも共通することですし、

上記のことと真逆のことを面接で証明してしまうと、

採用される確率はかなり低くなっていきます。

 

なので、上記の情報はしっかりと頭に入れて、

自分の特徴や希望などを伝えつつ、相手が採用したいと思うようなことも伝えないといけません。

これが出来たらあとは行動していくのみですね。

 

もう一人で出来ないならアイテムを使おう

 

ここまで面接に落ちたときの立ち直り方を解説してきましたが、

やっぱりもう一人では転職続けられないかもとか、

出来る限り楽をして終わらせたいって方に最後にお話があります。

 

それは、転職にはラッキーアイテムがあるんだよってことです。

 

ここを誤解している人が結構いまして、

転職の可能性が狭まっているのがかなり勿体ないなと思うんです。

 

1ヵ月何も進展しなかった人が、たったの2週間で転職を成功させたり。

ラッキーアイテムなので上手くいかないこともありますけど、

それと同じくらいにうまくいく可能性もある。

 

こちらの記事で解説していますので、

ぜひ併せて読んでみてくださいね。↓↓

【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社
【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社本記事では綺麗ごとばかりの怪しさ満点の内容ではなく、転職エージェントを活用することのデメリットもしっかりお話していきます。3分ほどで読み終わりますので、じっくり読んでみてくださいね。...

 

てんた
てんた
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!