面接の悩み

面接で盛り上がったのに落ちる理由を解説【内定の本質を見極めよう】

面接で盛り上がったのに落ちる理由を解説【内定の本質を見極めよう】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業でエージェント業務をしながら、複業で累計17万人以上が訪れている転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
面接で盛り上がったから内定だと思っていたのに落ちた。面接で盛り上がっても合否とは関係ないの?

 

結論からいうと、面接で盛り上がったからといって採用の可能性が高いわけではないです。なんなら盛り上がった内容によっては不採用の可能性のほうが高かったりします。

もちろん100%当たるものではありませんが、大体の目安にはなるかなと。

 

何より、本記事では『求職者としての経験談』『採用担当としての経験談』の両方の経験談をお話します。面接や転職活動に慣れていない方には絶対に役立つ内容です!

なので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね!【読了時間:5分】

 

面接で盛り上がったのに落ちる理由を解説

面接で盛り上がったのに落ちる理由を解説面接が盛り上がったというのは、大きく2つの種類に分けることができます。↓↓

  • 転職に関係のある話題で盛り上がる
  • 趣味や生活の話題で盛り上がる

 

転職に関係のある話題で盛り上がったら問題なし

転職に関係のある話題で盛り上がったのなら特に問題ないです。

転職に関係のある話題というのは、自身の経歴やスキルなどの書類に記載していること、企業側が説明する業務内容などになります。

 

面接の本質は、企業が求めている人材に対して、求職者がどれだけ近いのかを見極めることです。なので、その判断材料になることで盛り上がるのなら良い傾向といえます。

採用される可能性も高いかもしれません。たとえば、僕が転職活動をしていたときは下記のことで盛り上がりました。↓↓

  • 起業活動時の苦労や得たものについて
  • 1ヵ月でソファーを100個売った話

 

盛り上がるっていうのがどういうことなのかというと、一方的な会話ではなくお互いがテンポよく発言とヒアリングを繰り返している状態。もしくは企業側がめちゃくちゃ話に食いついて質問攻めしてくるような状態です。

ただし、あくまでも盛り上がる内容は『その企業に入社できたときに役立つこと』

 

趣味や生活の話題で盛り上がったら不採用率高め

とはいえ、盛り上がる内容は『その企業に入社できたときに役立つこと』以外にもあります。たとえば下記の通り。↓↓

  • 趣味について
  • 好きな映画や音楽について
  • 休みの日の過ごし方について

 

このあたりは転職の面接で一般的な盛り上がりやすい話題でもあります。

ただ、趣味や生活の話題で盛り上がったとしても、実はそんなに嬉しいことではないんですよ。なぜかというと、不採用の可能性が高いから。

 

緊張しているときは面接が盛り上がると嬉しいですし、打ち解けれたような気がして採用の可能性も期待しちゃいますよね。

でも、実はこれって不採用の可能性のほうが高いんです。理由は記事後半の採用担当の経験談部分でお話させてください!

 

【経験談】趣味の話題で盛り上がったけど落ちました

僕は販売員で成果を出しただけあって、基本的に誰とでも仲良くなれますし、会話の流れを掴むのが得意な方かなと思っています。その分事務作業は全くと言っていいほど不得意です!!

そんな僕がある企業の面接に向かった際に、初見で「あ、この人とは合わないな」と感じた方との面接があったんです。結論からいうと、案の定内定は貰えませんでした。

 

過去の経験やスキルを話していても、何だか人の話を聴いている気がしない。その方との面接は全く手ごたえがなかったわけです。

そして、最後にその時は来ました。

 

趣味について深堀りされ、答えないわけにもいかないので映画鑑賞と適当に答えると、どの映画が好きなのかとパソコンで検索し始める。

「へぇ~、私も映画好きなんですけど観たことないですね。どんな映画何ですか?」って具合にですね。

 

そんなの聴いてどうすんのと思いつつも、会話を進めていくと面接官は盛り上がったかのような雰囲気を出しています。

そして、3日後、不採用の連絡がきました。

 

結論:面接で盛り上がった内容で合否が予想つきます

求職者視点でも、面接で盛り上がった内容次第で大体の合否予想ができます。

転職に関係のある話題で盛り上がるのは良いのですが、趣味や生活の話題で盛り上がるのは内定率が低いので要注意。

 

マイクロソフトの面接が開始5分以内で結果を決めるように、面接は最初にどれだけイメージ良くいられるかが大事です。

もし、面接落ちそうな予感があり、どうしても行きたい企業じゃなければ、他の求人を探しておくことをおすすめします。

 

面接の結果待ちの過ごし方次第で、転職活動の期間は長くもなりますし短くもなりますし、成功する確率だって変わってきますからね。

結果待ちの過ごし方について詳しく知りたい方は、こちらの記事も読んでみましょう。↓↓

【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させるための過ごし方を解説 
【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させる為の過ごし方を解説 転職活動をしていると、必ず面接の結果待ちの時間が訪れます。この結果待ちの期間をどう過ごすかで転職を成功させる確率がグンっと高くなります。 本記事では、転職を成功させるための結果待ち時間の過ごし方を解説していきます。...

 

面接官が盛り上げる意味を解説

面接官が盛り上げる意味を解説ということで、本記事の前半は求職者視点でお話してきましたが、後半は採用担当の視点で解説していきます。

採用業務の経験がない方にとってはかなり重要な部分ですね。

 

面接を盛り上がらせる意図は軽い思いしかない

そもそも、面接官はなんで趣味や生活の話題で盛り上げようとするのか。それは、主に下記の2つが理由になります。↓↓

  • 企業イメージを良くしておくため
  • 求職者の精神的負担を軽減するため

 

面接官としては、求職者が求める人材と違っていた場合、無理して求職者への理解を深めようとはしません。

なぜなら、ある程度の段階でもう結論を出しているからです。

 

じゃあ、その後に何をするかというと、企業のイメージを損なわないようにフレンドリーな質問をしていきます。

その求職者がSNSで自社の悪口を書かれたら困りますし、フレンドリーにしておけばブラックなイメージは減りますからね。

 

だからこそ、盛り上がりやすく、応募者からの印象が良くなりやすい趣味や生活の話題を出してくるわけです。

「面接の結果は分からないけど、面接官の人は良さそうな人だったな」なんて思えば面接官の作戦通り。

 

また、優しい面接官の場合は、求職者のメンタルを気にして、趣味や生活の話題を掘り下げることもあります。

ただ、いずれにしろ、ここで盛り上がっても採用の可能性は高くなりませんし、転職の話題で盛り上がっていないことは不採用のほうがあり得ます。

 

【経験談】応募者の企業イメージを最初に作るのは採用担当

採用担当を一言で言うなら『応募者にとってのショーウィンドウ』です。

応募者からすれば一番最初にしっかり話すのが採用担当なので、採用担当の印象とその会社の印象は比例しやすい。良ければ人が集まるし、悪ければ酷評コメントを付けられてしまう。

 

企業ブランディングがめちゃくちゃ重要になっている現代において、Google評価が2.0以下だったりすると印象が最悪なわけですよ。BtoBでもBtoCでも機会損失に繋がります。

だからこそ、採用担当は応募者に悪い印象を与えないように、良い終わらせ方を意識するわけです!

 

ここからが採用担当としての経験談になりますが、僕が経験しているのは下記の通りです。↓↓

  • 派遣スタッフの採用担当
  • 人材紹介の採用担当
  • 自社の営業職の採用担当

 

結論からいうと、どの場合でも応募者からの印象を悪くしないよう、採用不採用に関わらず私生活などのお話で場を盛り上げることがあります。

ただ、不採用と早期に判定できてしまう応募者面接のほうが場を盛り上げる意識は高いですね。

 

共通の趣味があればその話をして盛り上げますし、基本的には応募者が話しやすい内容を引き出していきます。応募者が話してくれるほど、それに頷いて、話を広げて、ストレスのない時間を作ろうとする。

これが採用したいと思える応募者なら、無理に私生活等まで話を広げて盛り上げなくても、『その企業に入社できたときに役立つこと』で十分に盛り上がるわけですね。

 

なので、やっぱり大事なのは『どんな内容で盛り上がったのかどうか』になります。

 

結論:悪い意味で盛り上がったらすぐに切り替えよう

趣味や休日の話で盛り上がったからといって、採用の可能性が全くないとは限りません。

どちらかというと可能性は低いかなと思いますが、これで落ち込んでいる時間はありませんよ。気持ちはとっても分かりますけどね。

 

どんな質問を受けて、どんな回答をして、どんな返事をされたのかなどを振り返ることはめちゃくちゃ重要ですし、これができないと同じことを繰り返すだけです。

ササっと切り替えて、まずはこの段階にまで進めましょう。

 

落ちても切り替え、受かっても切り替え。転職が無事に終わるまでは常にメンタルを整えておくことが大切ですからね。

ただ、いくら振り返ってもよく分からなかったり、面接対策に不安がある方はいるかと思います。そんな方に絶対に試してほしいのが転職エージェントの活用です。

 

転職エージェントの面接対策は利用価値あり

転職エージェントは面接対策を教えてくれるだけではなく、キャリアプランの相談もしてくれます。

もちろん、履歴書や職務経歴書の添削もですね。

 

企業を紹介してくれる前に、そもそもとして転職活動に必要な対策を教えてくれるので、本記事を読んでいるような方にはすごく有難い存在ですね。

未経験の職種にチャレンジしたい方なんかもそうです!

 

ただ、みなさんが不安視する通り、転職エージェントのデメリットも存在することは事実です。対策事態は簡単なので問題視する必要はないですけど、ここもしっかりと理解しておいたほうが良いかなと。

下記の記事でおすすめの転職エージェントと、転職エージェントのデメリットについて詳しく解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント3社
【試す価値あり】現役エージェントがおすすめの転職エージェント4社本記事では綺麗ごとばかりの怪しさ満点の内容ではなく、転職エージェントを活用することのデメリットもしっかりお話していきます。3分ほどで読み終わりますので、じっくり読んでみてくださいね。...

 

Twitterやお問い合わせページからいつでも相談を受け付けていますので、何かあればぜひお声掛けください!下記は派遣用ページですが参考までに。

※もちろん派遣以外でも完全無料&個人情報不要で受け付けています。

派遣の不安解消【無料&個人情報不要】
派遣の不安解消【無料&個人情報不要】 毎日お疲れ様です、てんたです。 簡単に自己紹介をしますと、本業で転職エージェントをしながら、複業で累計20万人以上が訪れて...

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!