自己分析の悩み

【未経験は弱みじゃない】未経験からの転職を成功させる為の3つのこと

【未経験は弱みじゃない】未経験からの転職を成功させる為の3つのこと

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、

転職や派遣、仕事に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

  • 転職では未経験は弱みになるの?
  • 未経験での転職では何に気を付ければいい?
  • 未経験からの天職を成功させるには?

 

結論からいうと、未経験よりも経験者が優先されるのは事実です。

でも、企業や職種によっては、変に経験があるよりも、

未経験者を採用して育てていきたいと考えているところも多くあります。

 

未経験からの転職を不安に思われている方はたくさんいると思いますが、

未経験は決して弱みとは言い切れないことんだよってことを、

本記事でお伝えしていきたいと思います。

 

未経験からの転職を成功させるコツを解説

 

未経験からの転職を成功させるために、

まずは、3つの重要なコツをお伝えしていきます。

それがこちら。↓↓

  • 未経験を弱みではなく熱意として伝えること
  • 人柄面の評価で必ず高評価を勝ち取ること
  • 自分の強みを明確にしておくこと

 

未経験を弱みではなく熱意として伝えること

 

未経験を弱みとして伝えるのか、熱意として伝えるのか。

このちょっとした伝え方の違いで、面接時の評価は大きく変わります。

ネガティブ要素をどうやってポジティブに伝えるかが転職では大事なんです。

 

簡単に例を出してみますと、

みなさんは営業に転職したいけど、営業経験のない社会人2年目だとします。

そして、面接時に、こう聴かれたとします。↓↓

 

面接官:「営業経験はないですが、その点についてはいかがですか?」

 

その答えとして、理想の段階別に答えるとこうなります。↓↓

【悪】:未経験なので不安はありますが頑張りたいと思います。

【普】:未経験ですが、積極的に質問をして吸収していきたいです。

【良】:未経験ですが、(エピソード…)なので、今回志望致しました。

 

ざっくりな回答例で申し訳ないですが、

一番最悪なのは不安を宣言し、ただ頑張りたいとアピールすることです。

抽象的なアピールですし、面接官へ印象はほぼ与えられないといっても良い。

 

平均的な回答なのは、少しの意気込みを交えて回答すること。

平均的ではありますが、最悪ではないだけで、決して良い回答ではありません。

未経験の方が特に意識するべきなのが熱意を込めたかどうかです。

 

そして、その熱意をアピールするには、エピソードトークを交えると効果的です。

ここが出来る人は必ず面接で高評価を得ることができます。

理由は下記の3つ。↓↓

  • 面接官の印象にストーリーとして残るから
  • 人柄面でのアピールに繋がるから
  • コミュニケーション能力のアピールになるから

 

面接においては、エピソードトークは欠かせませんので、

必ずあらかじめに用意しておきましょう!

 

人柄面の評価で必ず高評価を勝ち取ること

 

企業によって、どんな人材が欲しいのかは異なります。

求人や企業HPなどでその傾向を掴むことはできますが、

全てを知り得ることは不可能です。

 

なので、どこの企業からも評価されるような人材であることが大切です。

つまり、人柄面で高評価を勝ち取るということですね。

 

ただ、これは決して難しいことではありません。

たとえば、こんなことが出来ればOKです。↓↓

  • 挨拶を自分から、席を立って、明るく行う
  • しっかり目を見て聴いて、話す
  • 積極的に質問をする
  • 不清潔な身だしなみでないこと

 

基本的なことではありますが、

全ての転職者が出来ているわけではありませんし、

逆に第一印象で悪くなりやすいのはここらへんしかないです。

 

未経験にもかかわらず、第一印象から後れを取っていたらどうしょうもないですよね。

未経験であるならば、人柄面は高評価だよねって言われなくてはいけません。

ちょっとした意識で出来ることなので、ぜひここは徹底してみてください。

 

自分の強みを明確にしておくこと

 

未経験は決して弱みにはなりませんが、

他に何も強みがないのであれば、それは弱みであると断言出来ます。

 

別に、英語がネイティブレベルで話せますとか、

前職で社内から表彰されましたとか、

歴代最高売上記録を出しましたとかじゃなくて良いんです。

 

もちろん、数字でアピールするのはかなり効果的ですが、

もっと人柄が出るようなアピールでも良いし、

自分が強みだなと思えることであれば何でも良いんです。

 

人と話すことが好きなので、常連さんやリピーターを作ることが強みですとか、

目標に向かって道筋を立てて、コツコツ努力できるのが強みですとか、

何でもいいから強みを必ず明確にしておくことが大事。

 

その強みを認識できていないと、面接官は絶対に採用しません。

ブラック企業なら別ですが、ある程度ホワイトなところでは、

自分に強みがない人を採用したいなんて思うところはありませんからね。

 

もう1つ意識してほしいのが、採用する側は、

自分がどんな強みを持っていたら採用したいと思えるかなってこと。

相手が求める人材像になれるポイントを自分の中から見出すことはかなり重要です。

 

ぜひ、こちらも意識してみましょうね!

 

まとめ:未経験を弱みにしてしまうのは自分自身です

 

未経験を弱みにしてしまうのか、それを熱意に変えて、

高評価を勝ち取るのかは自分自身の意識で変えることができます。

 

僕も未経験分野への転職経験はありますが、

将来に対する熱意と、自分の強みを伝えたことで、

経験者を押しのけて採用されることになりました。

 

未経験を弱みにしてしまうのは自分自身。

これだけは絶対に忘れないでくださいね。

 

 

 

未経験者が経験者に勝つには行動力が大事です

未経験者が経験者に勝つには行動力が大事です

 

未経験者よりも、経験者が優先されるのはある程度仕方のないこと。

本記事で解説した3つのコツを意識するとともに、

さらに大切になってくるのが行動力の部分になります。

 

未経験なら味方をつけるべき

 

ここでいう行動力というのは、

採用されるために、経験者に負けないために出来ることは全てやろうということ。

1日10時間転職の勉強をしようとか、応募企業の知り合いを作ろうとか、

そういう難しいことでは決してないんです。

 

簡単にできる努力、かつ経験者に勝つ可能性を上げられる努力、

それが転職における味方を作ろうということです。

ここでいう味方というのは、友達とかではなく転職エージェントのこと。

 

転職エージェントを味方にすることで得られる効果がこちら。↓↓

  • 自分の条件に合う企業を探してくれる
  • 未経験者の書類選考を通過しやすくする
  • 面接対策を教えてくれる
  • 面倒な給与などの交渉を代わりにしてくれる

 

デメリットとしては、ご紹介先がない可能性があるくらい。

絶対の保証はないので、ある程度ラッキーアイテムくらいに思っておかないとですね。

でも、未経験の転職であれば、ラッキーアイテムを使うくらいの行動力は必須です。

 

ご紹介先があればいいなとか、

書類選考が通らなくても困ってるからどうにかできないかなとか、

未経験だから給与の交渉しづらいんだよなとか、

本当に気軽に使ってみたらいいかなと思いますよ。

 

所詮はラッキーアイテムですけど、

もしかしたらの効果に期待して活用しておくと後悔はないかなと思います。

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
ということで、最後までお読みいただき、ありがとうございました!