面接の悩み

【結論:転職で未経験職種にいくなら落ちて当たり前】対処法を解説

【結論:転職で未経験職種にいくなら落ちて当たり前】対処法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、サラリーマンとして正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりさん
ごりさん
未経験職種への転職で落ちてばっかりなんだけど、そういうもんなの…?どうしたら受かる?

 

結論からいうと、未経験職種への転職を目指すなら落ちるのは当たり前です。

もちろん受かることはありますし、僕も未経験職種に受かった経験があるのでそれは間違いないんですけど、でも現実は落ちることの方が多いので、当たり前くらいに思っておいた方が良いですね。

 

じゃあ、どうすれば受かるようになるのかという対処法含めて、本記事で深堀りしていきます!

3分ほどで読み終わるかなと思います!

未経験職種への転職は落ちて当たり前です

未経験職種への転職は落ちて当たり前です理由は下記の通り。↓↓

  • 経験者との競争があるから
  • 年齢が高いと受かりにくい
  • やってみないと分からないは落ちる

 

経験者との競争があるから

未経験職種への転職で落ちるのが当たり前といえる1番の理由が「経験者との競争があるから」ですね。

これが一番よくあるくせに、一番面倒なんですよね。

 

というのも、僕が転職活動をしていた頃に「経験のある他の応募者を面接してから連絡させて」って言われた経験が何度もありまして、こういうときって大抵受からないんですよ。

受かる可能性があったとしても、本来の結果連絡日から1ヶ月くらい遅れて連絡の来ることが多くて、それまで精神的にしんどい状態でいないといけないわけです。

 

もちろん、その返事に期待している場合は他の企業から内定を貰っていても返事を先延ばしにしないといけませんし、最悪企業側がそれに耐えられずにお断りを入れるかもしれません。

なので、基本的に「経験のある他応募者を面接してから連絡させて」って言われたら良いことはないんですよね。

 

先方からしたら妥協して採用した人材なので、期待感も薄ければ、良い教育をしてくれないなんてこともよくありますからね。

未経験職種へ転職したい場合は、どれだけ経験者と被らないかという運であったり、被っても検討させないくらい圧倒的な面接力が必要だったりするわけです。

 

年齢が高いと受かりにくい

未経験職種への転職っていうのは、基本的に20代でないと採用されません。

これも未経験職種への転職が落ちて当たり前といえる理由の1つなんですけど、30代とか40代から未経験職種へ挑戦してもほとんど落ちてしまうんですよ。

 

ただ、これって雇用形態とか職種とかにもよってきまして、正社員であれば基本的に30代前半くらいまでがデッドラインです。

でも、派遣の働き方であれば40代くらいまではいけますし、人手不足な看護とか介護職であれば50代くらいまで採用される可能性は広がってきます。

 

なので、みなさんがどんな働き方であったり、どんな職種に転職するか次第なんですけど、基本的に正社員であれば30代前半くらいまでに転職しないといけませんよってことですね!

30代後半であったり40代なのであれば、まずは派遣とかで経験を積むのか、もしくは職種選択を見直すかをしたほうがいいかなと思います。

 

厳しいことをいえば、30代までにどんな職種で活躍していくのかを見定めておけるのが一番ですので、早め早めに考えて行動していけると良いかなと思いますね!

 

「やってみないと分からない」は落ちる

ちなみにですが、面接のときに「未経験職種だから大変さとかある中で続けられそうですか?」とか「未経験職種ですけど仕事内容とか大丈夫ですか?」って聞かれると思うんですよ。

そのときに「やってみないと分からない」って答えてる人はめちゃくちゃ要注意です。

 

なぜかというと、採用する企業側からしたら「やってみないと分からないのは理解できるけど、その意気込みの人は大抵続かない」っていう考えを持っている人がほとんどだから。

要は、採用担当が求めているのは、やってみないと分からないという答えではなくて、頑張れる明確な理由を求めているわけですよ。

 

なので、僕も含め、多くの面接官は「やってみないと分からない」という言葉が応募者から出たら基本的に不採用判定をしています。

余程人手不足な会社であったり、派遣であれば採用されることはありますけど、出来るだけ上記の言葉は使わない方が損しませんよ!

 

結論:未経験職種への転職は落ちて当たり前

一旦話をまとめますと、未経験職種への転職は落ちて当たり前でして、理由は下記の3つですね。↓↓

  • 経験者との競争があるから
  • 年齢が高いと受かりにくい
  • やってみないと分からないは落ちる

 

ここで何が言いたいのかというと、「未経験職種への転職は苦戦して当たり前」ってことなんです。

逆に言えば、未経験職種への転職が余裕だなと感じている人は「その企業がブラック企業である」という可能性を考えたほうがいいんですよ。

 

僕もこれは経験したんですけど、応募者が未経験者なのに必要以上に応募者を褒めたり、面接のその場で採用を与えちゃう企業ってほとんどブラック企業なんですよ。

人手不足だからこそ未経験者でも欲しいし、そういう応募者を逃さない為に判断を鈍らせる行動をしてくるわけです。

 

なので、苦戦して当たり前ということを大前提にしてもらって、その苦戦をどうやって乗り越えるかっていう話を最後にしたいと思います!

もう少しだけお付き合いくださいね!

 

未経験の転職に受かる方法

未経験の転職に受かる方法未経験職種への転職に苦戦しながらも受かるためにしてほしいのが下記の通り。↓↓

  • 明確な頑張る動機が必要
  • 早めの行動と面接を多く受けること
  • エージェントの後押し

 

明確な頑張る動機が必要

「やってみないと分からない」という言葉は禁句ですよってお話をしましたが、そこで代わりに必要になるのが「明確な頑張る動機」ですね。

なんでその職種を選んだのか、未経験職種だけど出来ると思える根拠は何なのか。

 

ここの理由を明確にして、面接官に「この人なら未経験者が避けられない最初の辛い学ぶ期間を乗り越えられるだろう」って思わせることができれば、面接は簡単に突破できます。

たとえば、僕が未経験職種へ転職したとき、「そもそもとして自分のキャリアプランがあって、未経験職種へ転職することもそこで頑張ることもあくまでも通過点でしかない」ということを説明していました。

 

幸いなことに4社受けて3社から採用連絡を頂けてましたので本当に効果はありますし、現在の本業であるエージェント業務でも活かせている知識なので、試してみる価値はあると思いますよ!

下記のポイントを参考にどうぞです。↓↓

  • その職種からブレない話を創る
  • その職種をしっかり理解する
  • 自分のプライベート情報を混ぜる

 

早めの行動と面接を多く受けること

正直、1回や2回面接を受けたくらいでは採用に繋がらないと思いますし、簡単に決まるところほど危険なので、行動の量と早さは意識したほうが良いです。

いくら転職市場が落ち着いてきたとはいえ、無策で行動しても時間だけが過ぎてしまいますからね。

 

量でいえば、練習用と本番用の2種類合わせて10社くらいは受けた方がいいかなと思います。

ただし、練習用でもなく、ただ何となく受けてみるというのは時間の無駄ですのでおすすめしませんよ。

 

そして、早さでいえば、求人の掲載期間が残り1ヶ月~3週間くらいのタイミングがデッドラインです。

残り2週間とか1週間とかの求人に応募しても、ほとんどがもう採用者を決め終わっている可能性がありますし、経験者で良さそうな職歴なら面接してみるってのがほとんどなので、早めに応募しておくのがおすすめですね!

 

エージェントの後押し

職歴に自信がなかったり、既に転職活動をしているけど上手くいっていないという方は、積極的に転職エージェントを活用したほうが良いです。

なぜかというと、転職エージェントを活用することで企業ごとの面接対策を教えてくれたり、エージェントの営業力で採用に繋がる可能性が高くなるからなんですよね。

 

エージェントによっては書類選考なしのところもあるので、職歴に自信がない方は一度は試しておくと良いかなと思いますよ!

もちろん、転職エージェントを活用することのデメリットもあるわけですが、詳しくは下記の記事でまとめてありますので、良かったら参考にしてみてください!

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

書類選考なしの「就職Shop」についてまとめた記事がこちら

 

まとめ:苦戦して当たり前の未経験職種への転職

未経験職種への転職は苦戦して当たり前ですので、面接まで進まないとか、面接までいったのに落ちちゃったとかで落ち込む必要はないです。

自分の面接力を磨きながら応募を続けていけば、必ずブラック企業以外にも受かるところはありますからね。

 

ただし、転職活動の時間が制限されている方は短い時間でどれだけ面接力を上げられるのか、どれだけ1つ1つの応募の質を上げられるのかを考えないとめちゃくちゃ時間をロスします。

転職エージェントの活用もそういう面でかなり役立つので、出来るだけの行動をして、後悔ない転職をしてもらえたら嬉しいです!

 

関連のおすすめ記事

おすすめの転職エージェントについてまとめた記事はこちら

書類選考なしの「就職Shop」についてまとめた記事がこちら

仕事ができない理由で転職する方向けの記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!