面接の悩み

【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させるための過ごし方を解説 

【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させるための過ごし方を解説 

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
面接の結果待ちでメンタル死にそう。面接の結果待ちの過ごし方はどうしたらいいの?

 

転職活動をしていると必ず面接の結果待ちの時間が訪れます。めちゃくちゃストレスだし、ドキドキするし、どうしても不安になってしまう期間ですね。

ただ、この結果待ちの期間をどう過ごすかによっては、転職を成功させる確率をグンっと高めることができます。

 

じゃあ、どう過ごせばいいのか。結論からいうと、次の面接や応募に備える過ごし方が一番効果的です。

本記事を執筆している僕自身がこれをやらずに後悔しているので、念押しでおすすめします。(笑)

 

もちろん、めんどくさいのは間違いないです。何もやらずに結果待ちしているのが一番楽です。でも、だからこそ「何もやらない」選択をする方は多いので、ここで差別化を図るのが重要になってきます。

じゃあ、具体的にどんなことをしたらいいのかっていうのをお話していきますね!4分ほどで読み終わります。

転職を成功させるための過ごし方を解説

転職を成功させるための過ごし方を解説します結論をいうと、100%はないんだから備えておこうってことですね。ただ、備えるための行動は下記のたった2つだけです。↓↓

  • 面接力を上げておく
  • 応募候補の求人を探しておく

 

面接力が低いとどこにも受からないです

転職ってめちゃくちゃシンプルに考えれば、大切なのは下記の2つだけです。↓↓

・職務遂行能力の保証(職歴やスキル)

・職務における人間性の保証(人柄部分)

 

職務遂行能力の部分に関しては、1ヵ月後までに改善するとか無理ですよね。

微妙に在籍年数を長くするとかの小さな工夫はできますけど、基本的にここは既にあるもので戦うしかないです。

 

じゃあ、いま出来ることってなんだろうって考えたときに大切になってくるのが、「面接力を上げる」ってことなんですよね。

「この人を採用したら間違いなく真面目に働いてくれそうだな」とか「欲しいと思っていた人材像に近いし、社風にも合ってそうだな」って思わせるような対応力のことを面接力と言いまして、簡単にいえば上記の「職務における人間性の保証」の部分ですね。

 

面接力に関しては、1日あれば充分に変えられるので、ここはやっておかないと絶対に損する部分になります!

じゃあ、具体的にどんなことをすればいいのかというと、下記の通り。↓↓

  • 企業が欲しい人材像に近づく
  • 退職理由を正直に言い過ぎない
  • 面接官ごとの対策をしておく

 

自分を理解してもらうとか、個性を大切にすることも重要なんですけど、それが企業が求めている人材像なのかっていうのはまた別の話ですよね。

採用するのはあくまでも「企業側が欲しいと思う人材像に近い人」なので、ここのバランスには要注意です!

 

ただ、「企業側が求めている人材像」に全寄せする必要は全くなくて、「実は、あなたたちが求めている人材像に近いところが自分にはありまして~」って2つ3つ話せる程度で問題なしです。

求人とか企業HPに色々情報が散らばっていると思うので、意識的に汲み取ってみましょう!

 

他に関しては参考記事を載せておくので、不安なものは読んでおいてくださいね。

参考記事:面接官ごとの対策についてのまとめ

参考記事:前職を辞めた理由の伝え方まとめ

 

【超重要】落ちたときに備えて求人を探しておこう

面接の結果待ちで死にそうな方は、落ちたときに備えて求人を探しておきましょう。これが結果待ちの期間の過ごし方で一番重要ですね。

ここで求人を探しておけば万が一落ちたとしても、精神的に楽な状態で転職をリスタートすることができます。

 

なんで精神的に楽な状態で転職をリスタートすることが大切なのかというと、理由は下記の2つですね。↓↓

  • 落ち込んでいると面接官に伝わるから
  • 落ち込んだ後は行動力が失せるから

 

そもそも落ち込んだままの状態で面接を受けても、「この人なんか暗いな」っていうようなネガティブな印象を与えてしまいがちなので、転職活動中は出来るだけメンタルを安定させましょうっていうのが1つですね。

もう1つは、「落ち込んだ後って何だかんだ行動する気が失せるよね」ってことです。(笑)

 

僕は正にこれを経験して失敗しております。(笑)

 

面接の結果待ちの過ごし方を間違えた体験談

当時の僕は内定を貰えると確信したら、受ける予定だった面接をキャンセルしたり、落ちたときの候補を探さないでいました。

だって、めちゃくちゃ面倒なんですもん。(笑)

 

だけど、面白いことに、そういうリスクマネジメントができていないときに限って、確信があった企業から不採用の連絡がきて、「ああ、どうしよう~」って落ち込んじゃうわけです。

期待していただけあって、その日は転職サイトを見ることですらきつかったです。

 

「これだとあっという間に3ヵ月なんて経ってしまう!」と焦りを感じ、やっとこ本記事でお話している対策をし始めて2週間後くらいに内定を貰い始めましたね。

「面倒な努力を避けたら面倒な結果がやってくる」。スポコンかもですが、この通りかなと思います。

 

過剰な期待は良いことありません

どんなに手応えがあっても、過剰な期待をすると落ちたときのメンタルが急降下します。

たとえば、最終面接で入社後の具体的な所属先などを説明され、「これから一緒に、よろしくお願いしますね。」と言われたのにも関わらず落ちることはあります。期待していたとしたらかなりショックですよね。(笑)

 

結果はどうであれ、転職活動中は過度な期待をして得することは1つもないです。僕はここで失敗しています。

「期待はしても行動は止めるな」って過去の自分に言ってやりたいくらい。

 

「もしかしたら、受かっているかもな~。いやいや、次の応募先決めておこう」ってくらいの精神状態で安定させておくのがベストですので、しっかり自分をコントロールしていきましょう。

 

結論:100%はないんだから備えておこう

どんなに手ごたえがあっても、100%内定を保証できる面接はありませんよね。

当然の話ですが、内定を出すのは企業側ですので、僕らが勝手に安心して転職活動を止めても何のメリットもないわけです。だからこそ、結果待ちの際に求人を探しておくことが重要になってくるわけですね!

 

実際に、それで失敗している僕がこの記事を書いているので間違いないです。

面接力を上げながら、次の応募先を探しておく。この過ごし方ができれば、2ヵ月目とか3か月目くらいには見える景色がめちゃくちゃ違ってきますよ。

 

とはいえ、死にそうなら休憩するのも大切です

とはいえ、死にそうなら休憩するのも大切です面接力を上げるとか、次の応募先を探すっていう作業を意識的にやろうとすると普通に疲れるんですよね。

備えておくのがベストであることは変わらないですけど、とはいえ死にそうなら休憩するのも大切です。

 

ただし、1日を全力で休みましょう

転職活動中の1週間はものすごく貴重です。1週間あれば気になっていた求人が募集終了になることもありますし、怠け始めるには十分すぎる時間です。

死にそうなら休むことは大切。ただし、1日を全力で休むこと。これがとにかく効果アリです。

 

もともと、3ヶ月間ずっと気を張り続けるなんて無理です。何かしらコツコツ積み上げるとしても、何もしないで休む日を1日は作らないと精神状態から先に崩壊していきます。

転職のことを考えない、将来のことを考えない、趣味や好きなことだけを考える1日を作る。

 

そうすると、不思議なことに次の日からまた少しやる気が出てきます。1週間に1日はそういう日を作ってあげましょう。

 

何もしないが怖いなら情報だけ入れよう

とはいえ、何もしないと不安や焦りが生まれてしまう方もいると思います。僕もどっちかというとそういうストイック体質なので気持ちはよーく分かります。

でも、面接力を上げるとか、求人を探すほど気力は残っていないんですよね。

 

なので、そういうときは出来るだけエネルギーを使わない小さな努力を積んでおきましょう。

「今日は何もしないで休めたはずだったのに、自分えらすぎ!」って言ってあげるだけの小さな努力でいいんです。

 

そんな小さな努力としておすすめなのが、「情報を入れる」ってことですね。

もっと楽な言い方にすれば、「あ~そういうことも転職ではあり得るんだ~」って思える話を知っておきましょうってことです!

 

たとえば、「未経験職種への転職で苦労は当たり前の話」とか、「転職エージェントから紹介されるところって本当にブラックばかりなのかな」ってこととかですね。

「YouTubeに流れてくる広告見ちゃってたわ」くらいの気持ちでいいので、休むためにも今後の自分のためにも情報を入れてみるのはおすすめですよ!

参考記事:未経験職種への転職についてまとめ

参考記事:エージェントからブラックばかり紹介される噂についてまとめ

 

少しでも積み上げる意識があれば成功します

僕は大した経験もないし、資格もなかったですけど、転職活動中の少しの努力の積み上げで転職のコツを覚えて、納得のいく転職ができました。

転職活動中はちょっとした意識の差が、ちょっとずつ行動を変えて、時間をかけて結果に影響していくもんです。

 

今回お話した結果待ちで死にそうなときの過ごし方が、あなたの意識をちょっとでも変えてくれると嬉しいですね!

 

本記事でご紹介した記事

参考記事:面接官ごとの対策についてのまとめ

参考記事:前職を辞めた理由の伝え方まとめ

参考記事:未経験職種への転職についてまとめ

参考記事:エージェントからブラックばかり紹介される噂についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!