自己分析の悩み

入社後に仕事内容のギャップを理由でやめたい人へ【注意すべき3つのこと】

入社後に仕事内容のギャップを理由でやめたい人へ【注意すべき3つのこと】

 

  • 入社後から仕事内容にギャップを感じていて、仕事をやめようか迷う
  • 仕事内容のギャップを理由に転職するなら何に気を付けるべき?
てんた
てんた
この記事では、こんな悩みを解決します

 

 

本記事では、[ 仕事内容のギャップを理由に転職する際の3つの注意点 ]についてお話していきたいと思います。

入社してみたら、説明会や面接で説明された仕事内容と違うことはよくあります。

企業側としては、そうしないと人が集まらないことをわかっていてしていますが、それを指摘すると面倒なことになる可能性もあります。

ここでみなさんにある選択肢は、ギャップを感じながら継続するのか、ギャップを理由に転職するかの2つです。

そして、本記事では、ギャップを理由に転職する際の注意点を中心にお話していきます。

 

 

この記事を読めば、

仕事内容のギャップを理由に転職活動をすると、どのような状況になるのか、そのためにどうすればいいのかを理解できます。

継続するのか、転職するのかの選択は、ぜひこの記事を読んでから考えてみてください。

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

仕事内容のギャップを理由に転職する際の3つの注意点

仕事内容のギャップを理由に転職する際の3つの注意点

 

仕事内容のギャップを理由に転職する際には、3つのことに気を付けなければなりません。

その3つがこちら

  • 企業側からの印象が悪いこと
  • 自己分析をし直さないと再度繰り返しやすいこと
  • すぐに結論を出さないこと

 

 

企業側からの印象が悪いこと

 

仕事内容のギャップを理由に転職すると、面接の際に、企業側からの印象が悪いことは覚悟しなければいけません。

というのも、企業側からすれば、自社でも同じように仕事内容にギャップを感じるのではないかと疑問に思うからです。

 

なぜ、そう感じるのかというと、ほとんどの企業が求人や説明会で説明した仕事内容と、入社してから実際に行う仕事内容を100%同じ通りにはしないからです。

そうしなければ、応募者が集まらないと分かったうえでの対策ですので、ある程度それは受け入れたほうが早いです。

ホワイト企業であれば、求人で記載された通りの仕事内容ではないけれど、面接の際に、実際にこれから行う仕事内容を伝えてくれます。

 

なので、面接では、仕事内容にギャップを感じてやめたという理由ではなく、他の理由を述べたほうが面接官の受けは良いです。

人間関係やキャリアプランの修正など、退職した理由はいくらでもありますので、一貫した内容になるように退職理由を考えましょう。

 

 

自己分析をし直さないと再度繰り返しやすいこと

 

仕事内容が思っていたものとはちがうということは、こちらの2つのケースがあるかと思います。

  • 企業側が原因の仕事内容のギャップ
  • 自分が原因の仕事内容のギャップ

 

 

企業側が原因の仕事内容のギャップ

企業側が原因で起こる仕事内容のギャップを解決するためには、面接のときの質問がとても重要になってきます。

というのも、仕事内容のギャップを起こさせる企業は、応募者さんが「この企業で働きたくないな」と思われるような情報をわざわざ伝えることはありません。

できるだけ良い部分、入社したいと思うような部分に限定して話を進めてきます。

 

なので、それに騙されないように、こちらから質問をしていくことが重要になってくるんです。

質問自体は単純な内容で構いませんので、質問を繰り返すこと、掘り下げていくことを意識してみてください。

ブラック企業のようなところならば、そのような質問をしていくと回答をあやふやにしたり、回答が面倒な雰囲気を出してくることが多いです。

もし、そのような企業に当たってしまった場合は、面接の練習程度に思って切り替えていきましょう。

ちなみに、ホワイト企業の場合は、そのような質問を歓迎しますし、お互いの理解度を摺り合わせようとしてくれます。

両方のパターンを経験してみると、すぐに見分けることができますので、ぜひ意識してみてください。

 

 

自分が原因の仕事内容のギャップ

 

自分が原因で仕事内容のギャップを感じる場合では、自己分析をし直すことが大切です。

なぜなら、自己分析をし直さなければ、再度同じような理由で転職を繰り返しやすいからです。

自分が原因の仕事内容のギャップを理由に転職を繰り返していくと、時間やお金を浪費させていくだけでなく、最悪の場合、いまのように改善しようとする意欲さえもなくなってしまいます。

 

ですが、自己分析をし直し、仕事に求める要素を見つけ出すことができれば、これからの仕事は必ず充実した楽しいものになっていきます。

ここでいう自己分析というのは、自分が本当にしたいことは何なのか、将来ビジョンやキャリアプランを達成するにはどうすればいいのかなどを考えることになります。

こちらに自己分析や将来ビジョン・キャリアプランについてまとめている記事を貼っておきますので、ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

すぐに結論を出さないこと

 

仕事内容のギャップを理由に転職する場合、すぐに結論を出すことはおすすめしません。

なぜなら、企業側が原因であろうと、自分が原因であろうと、結論付けるにはそれなりの分析が必要だからです。

 

たとえば、企業側が原因で仕事内容にギャップを感じる場合、自分が思っていた仕事内容がなぜできないのか、足りないものは何なのかを考えてみる必要があります。

これは自分で考えるだけではなく、上司や同僚などに話を聴いてみることも大切です。

自分が原因で仕事内容にギャップを感じる場合でも、先ほどお話した自己分析や将来ビジョン・キャリアプランを見直すことが必要になってきます。

どれだけ時間を掛けて考えたのではなく、どれだけ深く考えられたのかが重要です。

 

 

 

1年、2年、3年先の仕事内容をしたいのなら継続すべき

1年、2年、3年先の仕事内容をしたいのなら継続すべき

 

未経験で入社した場合、入社してから1年や2年は基礎をつくるための期間になるのは、どの企業でも同じことです。

経験があったとしても、企業ごとに方針ややり方は異なるので、そのような準備期間があるのは仕方ない部分もあります。

なので、ここで重要なのは、その先の仕事内容をしたいと本当に思っているかどうかです。

その思いが簡単に揺らいでしまうようであれば、他の仕事を考えるか、自己分析をし直したほうがいいです。

 

でも、もしも、その先の仕事内容を本当にしたいのであれば、いまがその仕事内容と多少ちがっていたとしても継続するべきです。

仕事内容にギャップを感じていたとしても、その経験を活かすのか無駄にするのかはみなさん次第ですからね。

一度ゆっくり休んで、考えてみてください。

 

 

 

仕事内容にギャップを感じて転職するのは悪いことじゃない

仕事内容にギャップを感じて転職するのは悪いことじゃない

 

仕事内容にギャップを感じて、転職しようとすると、「忍耐力がない」とか「社会を舐めてる」とかの批評を受けることもありますが、全く気にする必要はありません。

失敗を経験せずに、大きな成功を成し遂げた人はいません。

一度も打たれたことのない一流投手はいませんし、一度もゴールを外したことのないサッカー選手もいません。

失敗はしていいんです。

その後に反省して、改善して、行動していくのかが重要です。

 

みなさんが本当に転職をしたいのなら、周りが何と言おうと関係ありません。

次は同じような状況にならない仕事を見つければいいだけです。



 これから転職していく方には、圧倒的に求人数の多いリクナビNEXTは登録しておいたほうがいいです

こちらから簡単に登録リクナビNEXT

 

 

てんた
てんた
この記事がみなさんのお力になれたら嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!