求人探しの悩み

フレックスタイム制が自分に合うか不安な方へ【企業が求める人材を解説】

フレックスタイム制が自分に合うか不安な方へ【企業が求める人材を解説】

 

  • フレックスタイム制度が自分に合うか不安
  • フレックスタイム制度を採用している企業は、どんな人材を求める?
てんた
てんた
こんな悩みを解決します

 

 

本記事のテーマは[ フレックスタイム制度を採用する企業が求める人材 ]についてです。

 

フレックスタイム制を導入している企業は全体のわずか6%ほどしかありません。

今後、コロナウイルスの影響などでテレワークとともに、働き方を変えていく企業は多くなります。

そんなフレックスタイム制は自由度の高さから魅力的ではありますが、の分自分に合っているのか・自分でもそのような企業で働けるか不安に思う方はいらっしゃるかと思います。

本記事は、これからフレックスタイム制で働こうと考えている方には必読の記事になります。

 

この記事を読めば、

フレックスタイム制度を採用している企業が求める人材が分かり、自分がその働き方に合うかどうかを理解できます。

 

 

てんた
てんた
最後までぜひ読んでみてくださいね!

 

 

 

フレックスタイム制度の仕組み

フレックスタイム制度の仕組み

 

フレックスタイム制度は、1ヶ月間の総労働時間を決めておき、その時間内で働くように労働日や時間を自分で決められる制度です。

フレックスタイム制度を構成するのは、これらの2つの時間です。

  • フレキシブルタイム(指定した時間内は出社・退社を自由にできる)
  • コアタイム(必ず出社していないといけない時間)

 

フレックスタイム制度

上の図は簡単な一例になります。

コアタイムに関しては、大体の企業が10~16時の間に設けていますが、企業によって異なりますので、確認が必要です。

フレックスタイム制があれば、ある日は4時間だけ働いて、他の日に+4時間働くなんてことも許されます。

1ヶ月の合計労働時間を満たせばいいので、その配分は自由です。

 

 

 

フレックスタイム制度を採用する企業の特徴

フレックスタイム制度を採用する企業の特徴

 

フレックスタイム制は自由度が高い働き方になります。

本制度を採用している企業は全体の約6%ほどで、そのほとんどが規模の大きい企業です。

ということで、まずは、フレックスタイム制を採用している企業の特徴から見ていきましょう。

フレックスタイム制度を採用する企業の特徴がこちら

  • 社内満足度を高めて優秀な人材を集める目的がある
  • 残業時間を削減する目的がある

 

 

社内満足度を高めて優秀な人材を集める目的がある

 

フレックスタイム制度を採用する企業は、社内満足度を高め、優秀な人材を集める目的があります。

というのも、社内満足度を高めることは、その後に優秀な人材が集まることと結びついているからです。

優秀な人材ほど、最先端かつ効率的な働き方を求める傾向があり、短時間でも成果を出すことができます。

そのような人材を採用するために、企業は、フレックスタイム制やテレワークなどを採用し、既存の社内満足度を高める努力をしています。

 

コロナウイルスの影響もあり、働き方を見直している方は多くいますし、これから数年をかけて、更に働き方は改革されていきます。

つまり、時代が変わっていくということですね。

新しい働き方、営業の仕方、会議の仕方などなど、これまで当たり前とされていた働き方から、より効率的な働き方を実践していく企業が増えていくと思われますので、要チェックですね。

 

 

残業時間を削減する目的がある

 

フレックスタイム制を採用する企業のほとんどは、残業時間を減らすことを目的にしていることが多いです。

なぜ、フレックスタイム制を採用することで残業時間が減らせるのかというと、こんな理由があります。

  • 労働者に自由度を与えて、作業の効率化を図るため
  • 繁忙期にも柔軟に対応するため

 

 

労働者に自由度を与えて作業の効率化を図るため

テレワークにもいえることですが、ある程度の自由がある働き方のほうが作業の効率化は向上します。

仕事の進め方や時間の使い方など、制限が緩い方が人は工夫してこなそうとしますので、フレックスタイム制度を採用すれば、短時間でも質の高い作業ができるようになります。

 

 

繁忙期にも柔軟に対応するため

フレックスタイム制を採用すると、繁忙期にも柔軟に対応できます。

たとえば、1週間集中的に忙しい日が固まっていたとします。

毎日2時間の残業を強いられたとすれば、翌週は毎日2時間早く帰宅することができます。

フレックスタイム制度では、忙しいときはよく働いて、頑張った分を他の日に早く帰宅することができます。

 

 

 

フレックスタイム制度を採用する企業が求める人材像

フレックスタイム制度を採用する企業が求める人材像

 

フレックスタイム制を採用する企業が求める人材像については、2020年の以降に企業が求める人材像と被る部分が多いです。

その人材像の特徴がこちら

  • 効率的に結果を出せる人材
  • コミュニケーション能力と調和性がある人材
  • 自主的に動ける人材

 

フレックスタイム制度を採用する企業では、特に[ 自主的に動ける人材 ]を重視しています。

というのも、フレックスタイム制度というのは、自分で考えて仕事を進めていく環境と言い換えることができるからです。

時間の使い方や作業の効率化を自分で行えるか、分からないことがあった際に、その時間内に教えてくれる人が出社していなくても、自分で考えて、問題を解決できるかどうかが重要です。

 

2020年以降に企業が求める人材について、より詳しく知りたい方はこちらの記事を読んでみてください。

【コロナで求められる人材は変わる】2020年以降に企業が求める人材とは
【コロナで求められる人材は変わる】2020年以降に企業が求める人材とは本記事では、「2020年以降に企業が求める人材」についてお話しています。本記事を読めば、これからどんな人材が採用されるのか理解できます。...

 

 

 

フレックスタイム制度は自分に合うのか

フレックスタイム制度は自分に合うのか

 

フレックスタイム制度に合う方の特徴はこちらです。

  • 自分で考えたペースで働きたい方
  • 朝の出社時間の質を高めたい方
  • 時代の流れに敏感な企業で働きたい方

 

 

自分で考えたペースで働きたい方

 

誰かに指示された働き方よりも、自分で決めた働き方のほうが捗る人は多いと思います。

自分で自分を律することができ、計画性を持って行動できる方は、フレックスタイム制度に向いているといえます。

わざわざ自分が苦手と感じる働き方を克服しにいく必要はありません。

働き方の自由度は、これから更に高まっていきますので、自分に合う働き方、ペースで働いて、成果を出せばいいんです。

 

 

朝の出社時間の質を高めたい方

 

朝の出社時間の質を高めたい方にも、フレックスタイム制度は合っています。

フレックスタイム制度では、朝のコアタイムかた働き始めることができますので、満員電車になりやすい時間を避けることができます。

満員電車に乗って出社するのと、そうでない場合では、気持ち的にも雲泥の差がありますよね。

また、朝早く起きて、自分の価値を高めるための努力の時間を作ることだってできます。

たかが朝の出社時間、されど朝の出社時間です。

 

 

時代の流れに敏感な企業で働きたい方

 

時代の流れに敏感な企業で働きたい方も、フレックスタイム制度に合っています。

つまり、残業は当たり前、朝の朝会は当たり前、上司の指示通りにしなくてはいけないような、古臭い企業で働きたくない人は、フレックスタイム制度などの現代らしい働き方を積極的に採用している企業で働いた方が絶対に良いです。

 

ここを妥協し、我慢して働いていくと、必ず精神的に追いやられていきます。

既に、そのような環境にいる方は、強く転職することをおすすめします。

転職初心者向けに、転職の流れや内定を貰うために必要なことについてまとめた記事がこちらですので、ぜひ読んでみてください。

転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】
転職初心者はどうするべき?【転職初心者のための転職マニュアル】この記事を読めば、転職活動は何のために行うのか、転職活動で必要な準備や転職エージェントについてなど、転職に役立つ情報を知ることができます。...

 

 

フレックスタイム制度を採用している企業をチェックしてみよう!

フレックスタイム制度を採用している企業をチェックしてみよう!

 

ということで、ここまで[ フレックスタイム制度を採用する企業が求める人材 ]についてお話してきました。

 

ここまでで大体、自分がフレックスタイム制度を採用している企業でも働けそうかどうか分かってきたかと思います。

記事の流れからも、フレックスタイム制度で働ける人材像に、自分が合うのかどうかで考えてしまっているかもしれませんが、それが全てではありません。

大切なことは、フレックスタイム制度を採用している企業で働いてみたいと思うかどうかです。

 

転職活動では、その意欲が最も重要なものですので、ぜひ、フレックスタイム制度での中で働いてみたいのかどうかを自問自答してみてください。

 

より具体的にイメージをするには、実際に求人をチェックしてみるのが一番です。

求人数が他社よりも圧倒的に多いリクナビNEXTで、早速求人をチェックしてみましょう!



思ったら、即行動が一番です。

こちらから簡単に登録して求人をチェックリクナビNEXT

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!