仕事の悩み

1年目の転職は難しいけど、攻略法あります【成功のための事前知識】

1年目の転職は難しいけど、攻略法あります【成功のための事前知識】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

販売員を1年目終わりで退職し、その後起業活動を経験した後、転職をすることで年収を爆上げすることに成功しました。

現在は、販売員時代と比べて400万円ほど上がっています。

 

さて、先日、本業のほうでこんな悩みの相談を受けました。↓↓

相談者さん
相談者さん
1年目で転職することは難しいですか?

やっぱり、1年目の転職はイメージが悪いものですか?

 

結論からいうと、1年目で転職することは、難しいかもですが、絶対に可能です。

いまの時代は転職自体がそこまで難しいものでもないので、1年目の転職のハードルはすこーしだけ下がっています。

ただ、1年目の転職を成功させるためには、必要なものがあるんです。

それはズバリ、成果です。

 

本記事の内容

  • 1年目の転職で成果が必要な理由について
  • 成果がないときの1年目の転職方法について

 

 

 

1年目で転職するなら成果が必要です

1年目で転職するなら成果が必要です

 

ぶっちゃけ、成果を持ち込めさえすれば、1年目の転職はどうとでもなります。

僕は大したスキルも経験もありませんでしたが、成果とやる気を武器に転職を勝ち取りました。

 

成果は1年目の全てを表します

 

全ては言い過ぎですけど、成果というのは、転職をする上でいくつかの大切なことを表してくれます。

たとえば、こちら。↓↓

  • 仕事の姿勢
  • 転職者の能力
  • 転職者の性格

 

どれもこれも面接官が重視することばかりですし、イメージを良くしておきたい要素になります。

少し深掘りします。

 

仕事の姿勢

たとえば、営業の仕事をしていたとして、社内でトップの成績を取っていたとしましょう。

毎日ダラダラと仕事をしていてトップを取れるわけがないですし、多少頑張る程度でも足りないですよね。

つまり、他の人よりも何倍も努力をしたということになります。

その姿勢を評価しない面接官はどこにも存在しません。

 

転職者の能力

どんな分野であろうと、トップを取れるくらいなら、何かしらの能力が高いということですよね。

たとえば、どんな人でも虜にするコミュニケーション能力とか、どんな状況にも対応できる計画力や臨機応変力があるとか。

努力を継続できることも能力や才能の1つです。

成果を出すということは、何かしらの秀でたものがあることの証明になります。

 

転職者の性格

転職の面接では、結構応募者の性格をチェックしています。

その人が応募した職種に向いている性格なのか、配属予定の部署の空気に合うのか、上司になる社員と性格が合うのかなどなど。

特にアピールしておくべきなのは、努力ができる性格と人に気に入られる性格です。

成果があれば、アピールが難しい努力できる性格を表すことができます。

 

成果があれば、面接官からの印象が180度変わる

 

正直、1年目終わりで転職活動をすると、以下のような感じで、面接官から疑いの目を向けられてしまうのは避けられないかなと思います。

「なぜ、研修で基礎をつけ終えたタイミングで退職しちゃったのかな?」

僕も普段面接官をしているので、この疑問を持つ気持ちがよく分かりますし、疑問を持つことは仕方がないことなんですよ。

 

じゃあ、1年目の転職というだけでイメージ悪いスタートやん!ってなりますけど、別にそれは気にしなくて大丈夫。

面接官の印象をガラッと変える起爆剤を用意しておけばいいわけです。

その起爆剤に一番効果があるのが成果になります。

 

というのも、もし、退職理由を人間関係であったり、仕事内容が合わなかったとかっていう正直な内容で回答しちゃったとしても、成果があればイメージは下がりません。

それでもしっかりと努力をして、結果を出せたというところに高評価です。

もちろん、ある程度の協調性のある性格が必須なんですけどね。

 

1ヵ月で300万円売った成果【体験談】

 

「1ヵ月で300万円売った成果」というのが僕の販売員時代の成果です。

1人平均3万円くらいなので、ざっと計算して1ヶ月で100人くらいのお客さんを対応していたことになりますね。

もちろん、中にはもっと売り上げているスタッフもいましたが、転職でアピールするには十分な成果だったわけです。

実際、これを持ち込んで面接に挑んだところ、ほぼ全ての企業から高評価を頂きました。

 

こういう成果をアピールする上で、以下のことが大切になってきます。↓↓

  • なぜその成果を達成することができたのかについて、企業が求める人材像と合わせて説明すること
  • 話すときは、エピソードをつけて伝えること

 

詳しくは、こちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。↓↓

転職での最終面接の通過率は50%ほど。

それを90%にまで上げる3つの対策について、本記事でお伝えしています。

最終面接が控えている方は必読ですよ。

【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策
【面接前に必読です】転職の最終面接通過率を50%→90%に上げる対策この記事を読めば、転職の最終面接の通過率50%を90%にまで上げる対策について理解することができます。...

 

意外と転職の面接でやりがちなのが、短文のみで回答してしまうこと。

結果(成果)の短文+エピソードを伝えるのが一番面接官の評価が良い伝え方になります。

本記事にて詳しく解説しています。↓↓

【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について
【転職活動での長所と短所の伝え方】企業に印象良く伝える方法について本記事を読むことで、転職活動の面接で自身の長所と短所を上手く面接官に伝えられるようになり、内定を貰う確率を高めることができます。...

 

 

 

成果がないときの1年目の転職方法【誰でもできる】

成果がないときの1年目の転職方法【誰でもできる】

当然の事ですが、もう既に退職してたら成果を作ろうにも作れないですよね。

そんな方に向けて、成果なしでの1年目の転職方法を解説します。

誰でもできるので、安心してくださいな。

 

転職エージェントを利用してみる

 

何かと転職エージェントを警戒される方がいますが、プロの意見は取り込んでおいて損はないです。

たとえば、企業がどのような人材を欲しがっているのか、面接では主になにを聴かれるのかなど、有益な情報を多く得ることができます。

転職エージェントを利用している人のほうが、企業からの信頼感も高くなりますしね。

 

もちろん、デメリットもいくつかありまして、1年目での転職ですと、エージェントによっては多少の難色を示してくるかもしれません。

その場合は、個人的に転職を頑張ればいいだけですし、Twitterからメッセージを送って頂ければ僕もお助けしますよ。

なので、総合的に見ても、転職エージェントを利用してみたほうが良いですね。

 

もっと転職エージェントの利用について知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。↓↓

転職エージェントを活用することは無駄にはなりません。

有益なものはドンドン利用したほうがいいです。

本記事では、転職エージェントを信用できないという方に向けて、 転職エージェントの信用性と正しい活用方法について解説していきます。

https://tenterview.com/careeragent-trust-bestway/

 

有益な転職エージェントを紹介

 

ということで、転職エージェントは利用しておいたほうが良いのですが、全ての転職エージェントが有益というわけではありません。

残念ながら、ネットでは満足度1位とかってなっているところが、実際の口コミでは低評価が多いなんてことが起きています。

なので、ここでは、実際に口コミが良かった転職エージェントを2つご紹介します。

 



1.リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴はこちらです。↓↓

  • 営業力の高いエージェントが多く、面倒見が良い
  • 大手なだけあって書類選考通過率が高い
  • 企業との交渉に強い

 

エージェントの力に頼りたい方には、特におすすめです。

こちらから詳細をチェック→【リクルートエージェント】

 



2.マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sの特徴はこちら。↓↓

  • ヒアリング能力が高いエージェントが揃っている
  • 面談よりも相談に近い形でサポートを受けられる

 

自分の意思を大事にしながら進めていきたい方におすすめです。

こちらから詳細をチェック→マイナビジョブ20’s

 

個人でできる最大限の転職努力

 

ぶっちゃけ、転職は企業にとって魅力的な武器転職に関する知識があれば、大して難しいことではないんです。

でも、6割くらいの人は、準備とありのままを勘違いして失敗してしまいます。

なので、以下に転職をするときに読んでおきたい記事を貼っておきますので、ぜひ参考にしてみてください。

どれも5分あれば完読できます。

 

転職はやる気次第でかなり成功率は変わってきます。

ただし、やる気と言っても、根性論なんかではないです。

経験やスキルがないと難しいのが転職ですが、経験やスキルがない人の攻略口は正にこのやる気の部分になります。

転職はやる気次第という言葉の意味を解説【決して根性論ではないです】
転職はやる気次第という言葉の意味を解説【決して根性論ではないです】転職はやる気次第でかなり成功率は変わってきます。 ただし、やる気と言っても、根性論なんかではないです。 経験やスキルがない人の攻略口は正にこのやる気の部分になります。...

 

  • 面接の結果待ちで死にそう…。
  • 面接の結果待ちの時間はどう過ごしたらいいの?

↑こんな悩みを解決する記事を書きました。

転職は、内定を貰って働き始めるまでです。 面接の結果待ちの間も努力を積み上げておきましょう!

【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させるための過ごし方を解説 
【面接の結果待ちで死にそう】転職を成功させるための過ごし方を解説 転職活動をしていると、必ず面接の結果待ちの時間が訪れます。この結果待ちの期間をどう過ごすかで転職を成功させる確率がグンっと高くなります。 本記事では、転職を成功させるための結果待ち時間の過ごし方を解説していきます。...

 

前職を辞めた理由を正直に答えすぎて、不採用とされた方はめちゃくちゃ多いです。

面接で前職を辞めた理由について聞かれたときは、誠実になるべきですが、正直にならなくても大丈夫。

本記事を読めば、前職を辞めた理由の伝え方のコツを理解できます。

転職で前職を辞めた理由の上手い伝え方【正直になりすぎるのは危険です】
転職で前職を辞めた理由の上手い伝え方【正直になりすぎるのは危険】前職を辞めた理由を正直に答えすぎて、不採用とされた方はめちゃくちゃ多いです。 面接で前職を辞めた理由について聞かれたときは、誠実になるべきですが、正直にならなくても大丈夫。...

 

ぜひ、読んでみてくださいね

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!