面接の悩み

【結論:数字のアピール必須】正社員経験がない人の転職攻略法を解説

【結論:数字のアピール必須】正社員経験がない人の転職攻略法を解説

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
正社員経験がないから転職活動で苦戦してる…。どうしたら受かるようになるの?

 

結論からいうと、正社員経験がなくても、正社員へ転職することは可能です。

実際に僕が実現していますので、本記事の内容はほぼ体験談とその後のエージェント業務経験に基づく内容となります。

 

大事なことを先にお伝えしておきますと、正社員経験のない転職で一番大切なのは「正社員経験がないけど、この人なら大丈夫だろうと思われるようにすること」です。

当然といえば当然なんですけど、意外と具体的にどうしたらいいのか分からない方は多いんですよね。過去の僕もその内の1人です!

 

なので、具体的にどうしたらいいのかという対策部分について、本記事で解説していきます。4分ほどで読み終わります。

正社員経験がない人の転職攻略法

正社員経験がない人の転職攻略法本記事を執筆している僕自身が正社員経験のない転職活動を経験しています。そのときの経験と、エージェント経験を基にお話していきます。

早速、具体的にしてほしい攻略法の一覧が下記の通りです。↓↓

  • 実績のアピール
  • その実績が評価される職種選び
  • 企業が求める人材像とのマッチング

 

実績のアピールが一番理解しやすい

「正社員経験はないけど、私には採用するだけの価値があります!」と言葉だけで言われても、残念ながら納得して貰えないのが転職です。

なぜかというと、「その採用するだけの価値ってどうやって証明できるの?」って話になるからですね。

 

じゃあ、どうやって証明するのかというと、やる気でも思いでもなく、企業側にとって一番理解しやすいのはやはり実績になります。実績の中でも特に大切なのが数字の部分。

数字でアピールできないと、どうしても抽象的な表現になってしまうので、書類選考でも落とされやすいですし、面接まで進めても印象に残りづらいです。

 

なので、出来るだけ数字で実績を伝えるようにしましよう!

アピールできるだけの実績がないと、根性論で働かされる場所へ転職するしかないか、もしくは余程人柄が良くて若さを評価して貰えるかの2つに1つですね。

 

めちゃくちゃ幸運なことに、過去の僕にはアピールできる実績がありました。

何かというと、販売のお仕事をしていたときの個人売上が月間300万円でして、当時の配属店舗では歴代1位の数字でかなり分かりやすいアピールになったんですよね。

 

同じ販売職種の企業や営業職として応募した企業からはめちゃくちゃ高評価して貰えまして、これがなかったら間違いなく当時の転職はうまくいっていなかったはず。

ただ、一方でその実績を全く評価して貰えない企業もありまして、そこで大事になってくるのが次のお話です。

 

その実績が評価される職種で経験を積むべき

良い実績を持っていても、それが評価される職種でないと意味がないんですよね。

例えば、僕の販売売上の実績でいえば、営業職や販売職からはめちゃくちゃ高評価でも、人事職では全く評価されませんでしたし、逆に「君は人事は向いていない」くらいまでハッキリ言ってもらいました。(笑)

 

当時の僕は「人事の仕事であっても、この実績は評価してもらえるだろ~」って思っていましたが、甘かったですよね。その後も2社くらい人事職を受けましたが、どこも最終面接で落とされてしまいました。

時間と労力を無駄にすることになるので、ぜひ本記事を読んで頂いているあなたには同じ目に合わないようにして貰えたら嬉しいですね。

 

企業が求める人材像とのマッチングを意識しよう

実績を数字でアピールすること、そしてその実績が評価される職種を選べばいいと分かったところで、次はどんな企業を選べばいいのかっていう話になります。

これも結論からいうと、「企業側が求めている人材像が、自分の特徴とマッチングしている企業」を選びましょう。

 

例えとして僕の話を出しますと、「アットホームな雰囲気を求める会社」と「成長を前面に押し出す企業」は避けていました。

前者は単純に僕が苦手なので避けまして、後者は正社員経験のない未経験者が成長をひたすら押してくる企業に入社するとめちゃくちゃハードワークになるだろうなと思って避けていましたね。

 

逆に、「真面目にコツコツ努力ができる方」とか「自分から率先して行動できる方」みたいな文言を出している企業とは相性が良いなと思って、そういうところだけひたすら応募しました。

その結果、人事職以外のところは5社中4社くらい内定を貰えていましたね。

 

じゃあ、採用者側の視点に立ってお話しますと、求人に書いている求める人材像をクリアする応募者がいれば、かなりの好印象になります。「あなたみたいな人を待ってました!」って本当に思いますよ。(笑)

もちろん、求人に書いてあることをそのまま伝えるのはNGですが、自分の過去のエピソードと絡ませて伝えれば、意外と簡単に最終面接まで行けますね。

 

応募の時点で、自分の特徴とマッチする企業を選んでいくと採用されやすくなるので、絶対に実践してみてくださいね!

 

結論:実績のアピールを考えよう

正社員経験がないからこそ、「この応募者は大丈夫だな」と思わせるようなアピールが必要になってきまして、そのアピールとして一番効果があるのが実績部分ですね。

なので、まずは実績部分あれば、それを前面に出してほしいんですけど、中には「実績なんて見当たらない…」っていう方もいますよね。

 

まず、入社後に自分が困らない程度であれば、多少のごまかしはしてOKです。たとえば、実際の売上が270万円だったところを300万円として伝えるとかですね。

逆に、事務系で数字では表しづらい職種であれば、このくらいのパソコンスキルがあってとか、めちゃくちゃ辛い職場だったけど2年間無欠勤とかでも充分評価して貰えます。

 

要は、「自分のどの部分を評価して貰うためにどうやって伝えるか」ということですので、実績は探せば意外と出てくるもんです。

「2年間無欠勤なんて社会人は当たり前でしょ」って思いかもですが、本当に辛い職場で2年間無欠勤はめちゃくちゃ凄いことですよ!特に現代は人の流れが激しいので、アピールでしかないですね。

 

とはいえ、「そもそも面接まで辿り着かないよー」ということで苦労している方もいますよね。僕も面接まで進めなかった経験はたくさんあるので、気持ちはよーく分かります。

じゃあ、どうしたら面接に辿り着きやすくなるのかを最後にお話します!

 

そもそも面接にたどり着くまでが大変です

そもそも面接にたどり着くまでが大変です正社員経験がないと、面接にたどり着くまでがかなり大変です。何十社と応募しても全く面接に進めないこともあります。

じゃあ、どうしたら面接にたどり着きやすくするのかというと、「独力の方法」と「他力の方法」の2つに分けられます。

 

書類に最大限の魅力を記載する【独力】

まずは、独力で書類選考を突破する方法ですが、シンプルに履歴書や職務経歴書へ最大限の魅力を記載するしかないです。

その2つに魅力がないからこそ、書類選考で落ちてしまうわけですからね。

 

じゃあ、どうすればいいのかというと、お願いしたいのは下記の2点です。↓↓

  • 細かい書き方の工夫
  • 実績を数字で記載する

 

細かい書き方の工夫というのは、たとえば派遣での就業経験があれば、正社員へ進むはずだった紹介予定派遣(最長6ヵ月間)と記載するとか、アルバイトだったけど副店長の役割を担っていましたとかですね。

あまり情報を詰め込み過ぎると見た目が悪くなってしまうので、そこは要注意です。

 

職務経歴書に関しては、分かりやすく必ず実績を数字で記載しておきましょう。出来るだけ全ての職歴に実績を入れられるのがベストですね。

どのくらいの売上に貢献しましたとか、どのくらいの部下を管理していました等々。

 

転職エージェントを利用する【他力】

とはいえ、それだけ対策をしても面接に進まないときはあります。

企業によって採用担当の評価ポイントは異なりますし、人によっては正社員経験がないと分かったらそれ以上詳細を確認しないなんて人もいますからね。

 

なので、そういうときはササっと他力に頼った方が良いです。コネを使える人は使って、ない人は転職エージェントに頼るのが一番ですね。

転職エージェントは普通のエージェントではなく、「正社員経験がない応募者に特化したエージェント」を活用することをおすすめします!そうじゃないとマッチング率が低くなるので、使うだけ損なんですよね。

 

個人的におすすめしているのは、リクルートが運営している就職Shopか、マイナビが運営しているマイナビ20’sですね。

どちらもデメリットもあればメリットもありまして、参考記事:おすすめの転職エージェントについてまとめで詳しくまとめているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

まとめ:やれるだけのことをやり尽くすのみです

正直なところ、正社員経験がないのはかなりアドバンテージになります。もちろん、世の中にはスーパーアルバイトみたいに、アルバイトでもめちゃくちゃ実績を出していて評価されやすい人もいますけどね。

でも、過去の僕を含めて、工夫と出来る限りの努力をしないと、受からない人がほとんどなんです。

 

一瞬で解決できる魔法はないので、やれるだけのことをやり尽くすしかないわけですね。挫けずに、諦めずに、賢く戦っていきましょう!

 

関連の参考記事

参考記事:おすすめの転職エージェントについてまとめ

参考記事:未経験職種への転職についてまとめ

参考記事:正社員への転職から派遣への変更についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!