業界インタビュー

【栄養士が転職をする2つの理由とは?!】栄養士インタビュー

こんばんは、これから夜食を食べるてんたです!

 

日本では、ほとんどの方が小学生から高校生までの間に給食を経験しているんじゃないのかなと思います。

主に学校や病院などで、栄養的なメニューを考えて作るお仕事が栄養士です。

そんな栄養士の方々が転職する理由は主に2つあるそうなんです。

 

ということで、本記事では、栄養士が転職をする2つの理由について現役栄養士さんにインタビューしてきました!

てんた
てんた
ぜひ、最後までお付き合いくださいね!

 

 

 

栄養士の業界事情

 

 

てんた
てんた
インタビューよろしくお願いします。

まずは、栄養士の業界事情について少し教えてください。

 

スガさん

現場の負担が増えているというのが一番ですね。

やはり、専門職なので資格を持って働こうとする母数が少ない。なので、私の職場でも残業時間が多いですし、労働環境は悪化している印象はあります。

現に、栄養士の資格を持っていても全く別の仕事をする人もいますし、そういう人たちを取り込めない状況なのが今の栄養士業界の特徴かなと思います。

 

てんた
てんた
栄養士の職に就く人のその後のキャリアはどのような道が多いんですか?

 

スガさん

栄養士の資格を持っていなくても働けるのが、まだ人材問題の救いですね。

一般的なキャリアとしては、その後に管理栄養士の道に進もうと考えている人が多いです。

あとは、食品の企画や管理に進む人は多いですし、全く違う職種に進む人もいます。

 

 

 

【覚悟しておいてほしい】栄養士が転職をする理由2つの理由

 

 

てんた
てんた
では、栄養士として働く上で、覚悟しておいた方が良いことはありますか?

 

スガさん

もし、これから栄養士の道に進もうと考えている方に知っておいて欲しいことは2つあります。

1つ目がやりがいを感じにくい職場です。

料理を作るのが好きであったり、メニューを作るのが好きな人って”自分が作った料理を食べた人の顔を見たい”っていう思いがあると思うんです。

ただ、栄養士の残念なところはその顔が見れないことです。

なので、なんのために自分は仕事をしているのか考えてしまう時もありますし、やりがいというのは感じられないですね。

 

 

てんた
てんた
やりがいが感じられないのはモチベーションが下がりそうですね。

もう1つはなんでしょうか??

 

スガさん

もう1つはシンプルに待遇があまり良くないです。(笑)

ボーナスはありますけど、給料は一般的なサラリーマンより少し少ないですし、専門職でこれか・・・っていう感じですね。(笑)

ただ、営業職とは違って、社員1人1人の成果が見づらい分、年功序列の給料体制になっています。

そこは栄養士の道を選ぶ方の性格には合っているのかなとは思いますね。

あとは、人手不足なので休みが少ないことも辛いことの1つですね。

週に2日の休みがない月なんてよくありますし、残業も少ないとは言えないですね。

 

 

 

まとめ

 

本記事のインタビューをまとめます!

栄養士の業界は人手不足で現場の負担が大きくなっている

 

栄養士が転職する理由

  • やりがいを感じづらい職場(自分が作った料理を食べた人の顔や反応が見えない)
  • 給料の低さや休みの少なさといった待遇があまり良くない

 

てんた
てんた
学校や病院で食べる料理を作っている方々がストレスフルな環境で働いているのは中々悲しいことですね。現場の方の労働環境が良くなりますように!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!