派遣の悩み

派遣で説明されていた業務内容と違う【問題にならない退職法を解説】

派遣で説明されていた業務内容と違う【問題にならない退職法を解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣へ転職したんだけど、働き始めてみたら面接時に説明された仕事内容と違う。こういう時ってどうしたらいいの?辞めれるの?

 

結論からいうと、説明された仕事内容と違うことを理由に退職することは可能です。

面接時に説明された仕事内容と違うっていうのは残念ながらあるあるでして、実際にこれを理由に退職する人はかなり多いんですよね。

 

そもそもの「辞めるべきかどうか」については、説明された内容とどこまで違うかにもよりますけど、基本的には続けたいと思える仕事でないならササっと辞めるべきです。

じゃあ、どのくらいの基準で辞めた方がいいのかってことを含め、本記事では下記の内容についてお話していきます!4分ほどで読み終わります。

  • 辞めるべきかどうか
  • 問題なく辞める方法
  • 退職後の転職活動

 

派遣の仕事内容が違うときの対処法を解説

派遣の仕事内容が違うときの対処法を解説まずは、下記の2つからお話していきます。

  • 辞めるべきかどうかの基準
  • 問題なく退職する方法

 

辞めるべきかどうかの世間基準

そもそも、派遣会社から説明される仕事内容と、実際の内容が完全に一致していることは稀です。

理由は、「派遣会社も本当に細かい仕事内容までは知らないから」ですね。

 

知っているのは、派遣先から伝えられている内容(求人に掲載される内容)と、実際に稼働しているスタッフがいれば、スタッフから聴いた内容くらいです。

スタッフから聴いていたとしても、スタッフが全てを伝えているわけでもなければ、あえて説明しないものもあったりします。

 

なので、そもそもとして、多少の誤差はあるものだと思っておいたほうが良いです。派遣の働き方に限らず、正社員枠で転職する際も同じですけどね。

そして、辞めるべきかどうかの基準は、正にこの誤差がどれくらい大きいのかってことになります。

 

たとえば、「聴いていた仕事内容は全然なくて、実際の仕事内容はめちゃくちゃ辛い」という場合は、派遣会社側があえて隠して採用にこぎつかせたってことになるので、これは辞めるべきです。

逆に、「事前に聴いていた仕事内容に加えて、少しだけやることが多い」とかだと、他の派遣会社を利用しても、その誤差くらいは再度経験するかもなので、そんなに嫌じゃないなら続けていも良いんじゃないかなって感じですね。

 

問題なく辞める方法は1つだけ

正直、派遣で心穏やかに退職したいときの問題なく辞める方法は1つだけです。

結論からいうと、それは「最初の契約期間を全うして、契約期間満了で退職する」という方法ですね。これが出来るのであれば、無駄に派遣会社や派遣先と闘う必要がなくなるので、おすすめではあります。

 

とはいえ、2ヵ月後だったり、3ヵ月後まで待てない方もいると思うんですよね。

そんなときにおすすめするのは下記の方法ですが、正直、少なくとも派遣会社とバチバチになる可能性は高いので、それでも良いよって方のみ実践してください!

  • 電話でひたすら意思を貫き通す
  • 派遣先を味方につけて抗議する

 

【強引】電話でひたすら意思を貫き通す

良くも悪くも強気でいるのが苦手という方は絶対に無理しないでください。(笑)

「電話でひたすら意思を貫き通す」方法は、それだけリスクがありますし、結果としては0か100かになることが多いですからね。

 

というのも、下記の2つの状況が起こりやすいわけでして、どちらになるかは伝え方と相手である派遣営業次第です。

  • 電話で伝えるだけで辞められる
  • 無理の一辺倒返しを食らう

 

派遣営業がスタッフ思いの方、あまり強気になれない方であれば、電話で退職の意思を伝えるだけで辞められる可能性があります。

もちろん、多少の引き留めであったり、困るという返答はありますけど、それでもこれで退職できればラッキーではありますね。

 

逆に、派遣営業が強気な方だと「退職なんていまは無理」の一辺倒返しをされる可能性がめちゃくちゃ高いです。(笑)

契約期間を結んで働いているので、契約期間を守るのは当然と言えば当然なので、難しいところではありますよね。

 

ただ、今回の場合、「仕事内容が事前に伝えられていた内容と違う」という問題があるので、これを理由にして退職意思を伝え続けられれば、そんな派遣営業でも折れるしかないかなと。

 

派遣先を味方につけるのも危険です

ちなみに、これはあまりおすすめしません。

理由は、「派遣先が味方になってくれなかったときの状況が最悪だから」ですね。派遣会社も派遣先も完全敵になるので、それ以降の勤務はかなり地獄になると思います。

 

もし、味方にできたのであれば、一緒になって「違う仕事内容を伝えるのはおかしいよね」で派遣会社に抗議できるので強い味方ではあります。

ただ、本当におすすめはしないので、そういう方法もあるんだな程度に受け止めてくださいね。

 

最初の契約期間を全うするのが一番安全

おそらく、最初の契約期間は2~3ヵ月になっているかと思いますが、その契約期間を全うするのが一番安全です。

それまで耐えないといけない辛さはありますが、メリットももちろんあります。↓↓

  • 派遣会社からの信頼を得られる
  • 新しい派遣先を紹介して貰いやすい
  • 精神的負荷が一番少ない

 

見てお分かりの通り、今後も継続してその派遣会社で雇用されたい方、もしくは強引に退職話をするのが苦手な方向けの退職方法です。

「事前に伝えられた仕事内容とは違うけど、それでも何とか最初の契約期間までなら続けられる」って思える方は、契約期間満了での退職が一番おすすめですね。

 

ちなみに、辞める相談もなしにいきなり姿をくらますとかは辞めておきましょう。

金銭的なトラブルには滅多になりませんが、場合によっては派遣営業からしつこく連絡がくるかもですし、最悪家にまでくる可能性がありますからね。

 

次の派遣の転職で失敗しない方法を解説

次の派遣の転職で失敗しない方法を解説これから再度転職活動をする方に向けて、時間を無駄にせず良い派遣先を見つけるコツをお話します。基本的な話ですが、どれも大切なことです。

 

信頼できる派遣会社を活用しよう

まずは、信頼できる派遣会社を活用することが一番です。

仕事内容が話と違っていたり、福利厚生の部分で嘘をついたり、そもそも説明がない派遣会社も少なくないですからね。

 

ベンチャーや小さく歴史の浅い企業ほど雑なところが多い傾向にあるので、しっかりと会社の情報を調べておくのをおすすめします。

ただし、どの派遣会社もある程度賛否両論ありますので、その場合は直接面接に行ってみるのがベストですね。

 

そして、先ほどもお伝えしましたが、新しい派遣会社を活用したり、新しい派遣先を紹介して貰おうとするとどうしても時間がかかってしまいます。

早くても1ヶ月後、遅くても2ヶ月後くらいに就業開始できるくらい。

 

良い派遣会社ほどしっかりと時間をかけて紹介を進めていきますので、絶対に即日勤務をアピールしているところには引っかからないようにしましょう。

即日勤務アピールするところの怪しさについては、参考記事:即日勤務のリアルな意味まとめで解説しているので、良かったら参考にどうぞ。

 

個人的におすすめの派遣会社については、参考記事:おすすめの派遣会社についてまとめで解説しているので、こちらも良かったら参考にしてみてくださいね。

 

派遣営業を見極める意識で面談を受ける

どんな職種においてもそうですが、変わり者とか酷い性格の人はいるもので、性格が良いから売上が良いとは限らないのがビジネスの嫌なところですよね。

何が言いたいのかというと、「どんな業界でも酷い性格だったり、不誠実な人はいるので、面談の際に派遣営業についてもしっかり見極めよう」ということ。

 

面談中の態度が横暴な派遣営業は採用となってもそのまま変わらずですし、派遣スタッフを駒としか扱っていない人は一切無駄のない面談内容になります。

「この人からサポートを受けたい」って思える派遣営業と出会えることがベストなので、しっかりと見極めていきましょう!

 

まとめ:無理して耐える必要はないです

説明されていた仕事内容と違うから退職するのは可能ですし、最悪すぐにやめることもできます。

だけど、個人的には1ヶ月もしくは最初の契約期間までは耐えて、その時間を転職活動の時間に使いつつ、お金を稼いでおくのがいいかなと思いますね!

 

仕事内容が全く異なるようであれば、それは派遣会社側の落ち度ですので、無理してそれに付き合う必要はないですよ!

 

本記事で紹介した記事

参考記事:即日勤務のリアルな意味まとめ

参考記事:おすすめの派遣会社についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!