派遣の悩み

派遣で働いても交通費は出るのか解説【派遣営業経験から基づいた話】

派遣で働いても交通費は出るのか解説【派遣営業経験から基づいた話】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業で転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿中です。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣で働いても交通費は出るの?出ないときはどうしたらいいの?

 

結論からいうと、派遣で働いても交通費は出るところがほとんどです。

ただし、どの派遣会社も全額出してくれるとは限らなくて、上限が決められているところもあります。

 

そして、最悪な場合、交通費が出ないなんてところも。就業するにあたって大事な部分ですので、ぜひ確認しておいてほしいですね。

大事な要点だけをお話しますので、大体3分以内に読み終わるかなと思います。

 

結論:派遣の交通費が出るとは一概には言えない

結論:派遣の交通費が出るとは一概には言えない結論は上記の通りでして、交通費は出るもんだと安心しておくのは危険です。

派遣営業の経験上、これを理由に派遣会社を変えていた方も多かったので、あらかじめそうならないように情報を入れておきましょう。

 

全額支給してくれるところが全てじゃないです

派遣での交通費支給方法は主に下記の通りです。↓↓

  • 全額支給
  • 一部支給
  • 時給に含ませる

 

正社員でも交通費に上限があるところがありますが、派遣でもそれは同じ。

全額支給してくれるところもちろんありますが、一部支給や時給に一部含ませて支払う形もあったりするんです。

 

ただ、派遣会社が悪者ってわけでもなくて。

派遣スタッフのことを思えば全額支給がベストなのは派遣会社も分かっていますし、一部支給にしているのは派遣会社が得をしているわけでもありません。

 

これってズバリ、派遣先によってどのくらい交通費を出して貰えるのかは変わってくるんです。

 

「交通費が出ない=悪徳ではない」です

交通費が出る仕組みは、派遣会社が派遣先に請求することが基本です。

派遣料金額の請求とは別途で全額請求できるのか、それとも一部しか出してくれないのか、ここの決定権を持っているのが派遣先なんです。

 

つまり、交通費が出るか出ないかは派遣先が大きく影響していて、「派遣会社=悪徳」には繋がらないよってこと。

 

どうしても世の中の風潮的に派遣会社が怪しくなってしまいますが、意外とそうではないんですよ。

派遣会社は逆に交通費を出して貰えるように交渉する側なので、言うなればみなさんの味方。

 

なので、交通費が全額出ないからといって、悪徳な派遣会社だと決めつけると機会を逃すことになるかもしれません。

ただ、交通費支給の有無を事前に教えてくれないのは悪徳ですからね。

 

そこは次のお話に繋がります。↓↓

 

面接時に欠かさずにチェックしよう

見分け方としては求人に書いてあるはずですが、必ず面接時に聴くようにしましょう。

交通費や社会保険に関しては、派遣会社から特に何も言われなければ自分から確認をしておく必要があります。

 

「聴かれなかったから」という言い訳を作らせないようにするためでもありますし、就業してから知ってアタフタするのも面倒ですからね。

必ずチェックするようにしてください!!

 

ちなみに、全額支給と言われたらそれでいいんですけど、一部支給とか言われたら細かく条件を聴いておくのが良きです。

お金にうるさいと思われないか心配かもですが、これで評価が左右されることは決してありません。

 

なので、面接時に聴くのが一番対処が早くできますが、最悪派遣先との顔合わせのときでも大丈夫です。

いずれにしても聴くことは忘れないようにしましょうね。

 

交通費を出して貰えないときの対処法

交通費を出して貰えないときの対処法残念ながら、世の中には交通費を出してくれない派遣会社があります。

そのときにどう対応をすれば良いのかを最後にお話して終わりたいと思います。もう少しだけお付き合いくださいね。

 

派遣会社ごと変える

まず一つ目が派遣会社ごと変えてしまう対処法でして、下記のようなことを思う方にはおすすめですね。↓↓

  • 「もうこんな派遣会社は信用できない!」
  • 「もっとスタッフ思いの派遣会社に移りたい」

 

派遣先が決定権を握りながらも、派遣会社がうまく交渉すれば全額支給を勝ち取れる場合もあったりします。

たとえば、積み上げた実績と信頼から特別に交通費を出して貰える派遣会社もありますし、お偉い方々同士の繋がりがあれば特別待遇をしてくれることも。

 

なので、派遣会社を変えることで交通費や社会保険、時給などの待遇が改善される可能性があるということですね。

 

上記のことがメリットになるわけですが、デメリットとしてはこちらが考えられますね。↓↓

  • 再度派遣会社との面接、顔合わせの手間がある
  • 無職の期間が出来てしまう可能性がある
  • 他の派遣会社に受かる保証がないこと

 

手間や無職の期間が出来てしまう可能性というのは、ある程度仕方がないかなと思います。何も失わずに何かを得るというのは無理ですからね。

ただ、他の派遣会社に受かる保証に関しては、複数の派遣会社にアタックしてみると解決しやすいです。

 

営業担当の特性やどれだけスタッフ思いな会社なのかというのは、派遣会社によって変わってきますので、不満や不信感があるようならここを検討しておくと良いかなと思います。

 

実際に派遣会社を変えてみたいという方は、下記の記事が参考になるかなと思いますので、良かったらどうぞです。↓↓

派遣会社を乗り換えたい方に向けた記事はこちら

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

派遣先を変えてもらう

もう1つの対処法が派遣先を変えてもらうということ。同じ派遣会社であっても、派遣先によって交通費の有無は変わってきます。

派遣先を変えてもらうことで更に良い待遇を得られるかもしれません。

 

ただし、一度就業してしまうと、半年~1年くらいまでは派遣先を変えてもらえないんだと思っておいたほうが良いです。

派遣先にも迷惑になりますし、派遣会社の信頼性も落としてしまうので、そのくらいの期間は粘るようにお願いをされるはず。

 

なので、その期間を耐えることができて、尚且つ同じ派遣会社で雇用されたいのであれば、派遣先だけを変える方向で検討してみるのが良いかもですね。

それが待てないなら派遣会社を変えるのがベストです。

 

まとめ:面接で聴きとり、無理なら乗り換えよう

 

交通費が全額支給の保証はないので、まずは面接時に直接聴いておきましょう。

もしそこで交通費が出ないようだったら他の派遣会社を検討してみるのも良いですし、最初から複数の派遣会社にエントリーしておくのもアリです。

 

大切なのはみなさんが安心した環境で働けるかどうかですので、ここは多少面倒でもこだわるようにしましょう!

 

本記事で紹介した記事

派遣会社を乗り換えたい方に向けた記事はこちら

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!