派遣の悩み

派遣を3年で辞めたくない就業前の方へ【結論:無期雇用を狙おう】

派遣を3年で辞めたくない就業前の方へ【結論:無期雇用を狙おう】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣で3年以上働くのは無理なの?3年で辞めたくないときはどうしたらいいの?

 

結論からいうと、派遣で3年以上働くことは可能です。実際に3年以上働いている方を担当した経験もありますし、自分のスタッフで3年以上働けるように動いた経験もあります。

とはいえ、世の中には、3年以上同じ場所で派遣として働けないように仕向けている派遣会社もありますし、どちらかというと3年以上働けない派遣会社のほうが多いくらいです。

 

じゃあ、どういう派遣会社だと3年以上働ける可能性が高いのか、そして、そもそもどうすれば3年以上働けるのかっていうところを本記事で解説していきます!

3分ほどで読み終わるので、ぜひ最後までお付き合いください!

派遣を3年で辞めたくない就業前の方へ

派遣を3年で辞めたくない就業前の方へ結論からドンドンお話していきます。

 

結論:無期雇用を狙うしかない

同じ派遣先で3年以上働きたい場合、現実的にベストな対処法となるのが「無期雇用化を狙う」ことです。

実際、僕はこの方法でスタッフの「同じ派遣先で、同じ職種で、同じ部署で3年以上働きたい」という希望を叶えてきました。3年以上といわず、5年、10年働いていた方もいます。

 

とはいえ、「そもそも無期雇用ってなに?」とか「それがほんとにベストなの?」って思う方がほとんどだと思うので、順を追って解説していきますね。

 

派遣に存在する3年ルール

まず、はっきりさせておきたいのが、「なんで3年で辞めたくないという悩みが生まれてしまうのか」ということ。

結論からいうと、「3年以上同じ派遣先で、同じ部署で、同じ職種で勤務することはできない」という3年ルールがあるからですね。

 

ちなみに、派遣先でも3年ルールはありますが、今回はスタッフ側の話に限定しますね。もっとこの派遣法について気になる方は、参考記事:派遣の3年ルールについてまとめを参考にどうぞ。

ということで、話を戻しますね。

 

派遣の3年ルールというのは、そもそも「派遣スタッフの雇用安定を叶えるための法律」です。なので、全然あなたの敵ではなくて、むしろ味方です。

ただ逆に、「雇用安定措置も大切だけど、3年以上同じ派遣としての働き方をしたいんだけど」っていう方にとっては少し面倒な法律ですね。

 

じゃあ、3年以上働きたい場合はどういう対処法があるのか。これも結論からいうと、全部で4つの対処法があります。

 

3年で辞めたくないときの対処法

4つの対処法は下記の通り。↓↓

  1. 派遣先で正社員雇用化を求める
  2. 派遣会社で無期雇用化を求める
  3. 派遣先をまるまる切り替える
  4. 同じ派遣先で部署や職種を変える

 

記事冒頭でお話した「無期雇用化」というのがベストな対処法ですので、その他を1つ1つ簡単にお伝えしていきますね。

まず、「派遣先で正社員化を求める」対処法についてですが、派遣会社としては損失でしかないということと、派遣先としても正社員化はためらうところがほとんどなので、可能性は低いです。そもそも正社員として働きたい場合ですけどね。

 

「次の派遣先をまるまる切り替える」対処法ですが、これが派遣スタッフにとっては一番避けたいことですよね。「ここで働けるから応募したのに意味ないよ」って感じです。(笑)

そして、この対処法は、派遣会社が一番してくることでもあるので、ここの対応次第でスタッフにとって優良派遣会社なのかどうか見極められます!

 

最後に、「同じ派遣先で部署や職種を変える」対処法ですが、正直その人次第な選択肢ですね。派遣先の立地に魅力を感じている人からすると良い選択肢ですし、仕事内容や時給が変わるとどうなのって思う方にとっては微妙ですよね。

なので、正直おすすめの選択肢はいえません。

 

結論:ベストは無期雇用です

お待たせしました。残りの選択肢であり、僕がベストであると主張する「派遣会社に無期雇用化をお願いする」対処法について詳しくお話していきます。

まず、結論からいうと、下記がおすすめする理由になります。↓↓

  • 職種や配属を変えずに済む
  • 時給の維持や向上がしやすい
  • 派遣先を変えるときも給料アリ
  • 派遣会社がホワイトか理解できる

 

「職種や配属先を変えたくない、同じ職種だからこそ意味がある!」っていう方がほとんどのはずで、まさに無期雇用化はそういう方を救うための措置なんです。

引き続き派遣先との契約更新確認はしていくことになりますが、派遣会社との契約は無期雇用になるので、これから他の派遣先へ異動する際の派遣先を探す時間も給料が保証されています。

 

派遣として3年以上同じ職場で、同じ職種で働きたいという悩みは無期雇用化で解決できますし、現実的な実現のしやすさでいってもこれがベストですね。

ただ、実を言うと、無期雇用化して貰えるかどうかは絶対じゃないんですよ。「派遣会社がホワイトかを理解できる」というのもここが関係しています。

 

無期雇用になれるかは絶対じゃない

無期雇用になれるかは絶対じゃない無期雇用化できるならそうするのがベストです。

だけど、全部の派遣会社が無期雇用化してくれるわけじゃないんですよね。派遣の闇ともいえる部分ですが、大事なことなので正直に経験をお話していきます。

 

無期雇用化は派遣会社次第です

無期雇用化できるところ、してくれないところ、どちらのほうが多いのかというと、「無期雇用化してくれないところのほうが多め」ですね。

法律面でいっても、無期雇用化しなくても他の措置をとればいいので、めんどくさがる派遣会社は3年経つ前に派遣切りをしてきたりもします。

 

なので、無期雇用化をしてくれるかどうかは本当に派遣会社次第なわけです。

じゃあ、無期雇用化をしてくれる派遣会社なのかどうかを見極める方法は何なのかというと、下記の通りしかありません。↓↓

  • 面接で直接3年以上の対処法を聴く

 

無期雇用化の言葉を出さないことがコツです

あえて自分から無期雇用化について言葉を出さないことが見極めるコツですね。

スタッフ思いで無期雇用化を積極的に採用している派遣会社であれば、「3年以上働きたいときにどうすればいいのか」という質問をされたときに必ず派遣営業から無期雇用化について説明をします。

 

無期雇用化をする気がない派遣会社だと、無期雇用化という具体的な対処法を述べずに「頑張り次第では3年以上も働けますよ」みたいな抽象的な言葉を使いますからね。

正直、3年ルールを知っている応募者の方はめちゃくちゃ少ないですし、その対処法として無期雇用化があるのを知っている方はもっと少ないです。

 

なので、悪い派遣会社は、わざわざ自ら説明することはなく、責任問題にならないようにゆらゆらとかわしていく対応をしてきますので、要注意ですね。

ビジネス雑誌でも紹介されている人気の派遣会社については、参考記事:おすすめの派遣会社についてまとめで解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

 

まとめ:派遣は3年以上働けます

派遣は3年以上働けますし、それは同じ派遣先で、同じ部署で、同じ職種でも可能です。

ただ、それを叶えるのは無期雇用化しかなく、無期雇用化してくれるかどうかは派遣会社次第ですので、最初から信頼できる派遣会社を利用することが大切になってきます!

 

悪い派遣会社に利用されないよう、最低限の知恵を身に付けて良い派遣の働き方をしていきましょう!

 

本記事でご紹介した参考記事

参考記事:派遣の3年ルールについてまとめ

参考記事:おすすめの派遣会社についてまとめ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!