派遣の悩み

【結論:応募段階で決まる】派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴3つ

【結論:応募段階で決まる】派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴3つ

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣ですぐに仕事が決まるってあるの?どうしたらすぐに決められる?

 

結論からいうと、派遣ですぐに仕事が決まる人は結構いまして、そういう人には3つの特徴があります。

その3つの特徴さえマネてしまえば、案外サラッと派遣の仕事を手に入れられるので、ぜひ実践してほしい!

 

本記事は3分ほどで読み終わります!※ちなみに僕の派遣営業経験を基にお話しています!

派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴3つ

派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴3つ早速ですが、派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴は下記の3つです。↓↓

  • 条件を具体的に広く伝えている
  • 複数の派遣会社を活用している
  • 面接力が高い

 

条件を具体的に広く伝えている

1つ目の特徴が「条件を具体的に広く伝えている」ということですね。

具体的にいうと許容範囲の話になってくるわけですが、たとえば通勤時間や勤務日数、仕事内容などの条件を広く伝えている人ほど、すぐに仕事が決まりやすいわけです。

 

まあ、当然と言えば当然なんですけどね。(笑)

でも、派遣営業として面接官をしてきた立場からお話すると、「いや、この条件以上は絶対に譲れません!」って人は結構多いんですよ。

 

別にそれが悪いことではないですし、そういう働き方ができるのが派遣の良いところでもあるんですけど、就業のしやすさという観点ではデメリットになりやすいんですよね。

なので、すぐに仕事を決めたいのであれば、勤務条件はできるだけ広くして派遣営業に伝えることをおすすめします!

 

予め、絶対に譲れない条件と、就業するためなら譲れる条件という2つに分けて派遣会社との面談に臨むのが一番分かりやすいので良いですよ!

応募者側から「広い条件で探しています」と伝えないと、応募された案件以外は紹介できないと考える派遣営業も多いですからね。要注意です!

 

複数の派遣会社を活用している

すぐに派遣の仕事が決まる人の2つ目の特徴は「複数の派遣会社を活用している」ということですね。

「複数の派遣会社を使うなんてめんどくさ!」って思う気持ちはよーく分かるんですけど、下記の理由から1社に頼ってしまうのはめちゃくちゃ危険なんですよ。↓↓

  • 派遣会社の求人サイトは釣りが多い
  • 営業速度が派遣会社によって異なる

 

まず、派遣会社のサイトは転職サイトとは違って釣り求人が圧倒的に多いんですよ。

実際に登録に行ってみたら、「え、応募した案件と全然違うじゃん」なんてことになるのはよくありますし、勤務先を特定せずに広めの地域で特定して募集するなんてこともよくあります。

 

派遣会社側としては「応募した案件とは違うし、条件少し悪いけど、すぐに就業できるならここでいっか」って応募者に思ってもらえれば満点なんですよね。

もちろん、こういう釣り求人を出す方法は良くないですし、全ての派遣会社が行っているわけじゃないですよ。

 

でも、妥協して就業させようとしてくるところもあるので、良い選択肢を増やすためにも複数の派遣会社を活用しておくのがおすすめですね!

そして、もう1つの理由が「派遣会社によって営業速度は異なる」ということ。

 

営業速度の業務内容は下記の通りでして、この工程をどこまでスピーディーに行えるかっていうのは派遣会社によって、さらに派遣営業によって異なるわけです。↓↓

  1. 派遣会社から派遣先へ紹介資料提出
  2. 派遣先が資料を基に書類選考実施
  3. 3者間で顔合わせの日程調整
  4. 顔合わせ実施

 

もしも、1社に絞っていた派遣会社の営業さんの仕事遂行速度がとんでもなく遅いと、案件を提示してもらうまでに3週間くらいかかることもあり得ます!

一般的には遅くても1週間くらいなので、この2週間の差って結構致命的ですよね。

 

面談した際によほど良い派遣営業だったなら話は別ですけど、すぐに仕事を決めたいのであれば派遣会社の複数活用をしておくほうが効率的です!

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

 

面接力が高い

すぐに派遣の仕事が決まる人の3つ目の特徴は「面接力が高い」ということなんですけど、「いやいや、面接力が高いなんてすぐにマネできないじゃん!」って思う方もいるはずですよね。

でも、派遣における面接力の高さって、実は「準備」できちゃうんですよ。

 

準備できるほど簡単なことなのに、「派遣だから何とかなるだろ」って精神で適当に派遣会社との面談に臨んでしまい、派遣会社の選考に落ちてしまう人は結構いるわけです。

じゃあ、具体的にどんなことを準備すればいいのかというと、下記の通りです。↓↓

  • 最低限の面接マナーを守る
  • 親しみやすさを出す
  • 質問を必ず行う

 

まず、お伝えしておきたいのが、「派遣会社側の人間は登録会や面談時のマナーを意外とよく見ている」ということですね。

印象の良い挨拶がしっかりできるか、立った後に椅子をしまえるか、コミュニケーションが一方的にならないか等々。

 

わざわざ本屋で面接マナーの本を買うほどのことではないですけど、上記のことくらいは問題なくできておく必要があります!

2つ目にお伝えしたいのが「親しみやすさを出す」ということですね。

 

派遣って人間関係が出来上がったところに飛び込むことがよくありますし、派遣先の直接雇用者とも関わることがあるので、コミュニケーション能力だったり親しみやすさを重要視されやすいんですよ。

面接が苦手な人は特に堅い印象を与えやすいので、恥ずかしいとは思いますけど、自分で話し方や声のトーンなどを確認して、イメージよりも2倍くらいは明るめにしておくのがいいですね!

 

そして、最後の1つが「必ず質問を行うこと」です。

先程のコミュニケーション能力をアピールするための一要素でもあるんですけど、質問を行うことで「お、この人は本気でこの仕事を受けたいんだな」って派遣営業側に思わせることができるんですよ。

 

応募者側から率先して就業の意思を伝えられるのかっていうのはめちゃくちゃ大事なことなので、多少面倒かもですけど質問は用意しておくことがおすすめですね。

ちなみに、質問の内容は求人に書いていないことを掘り下げる内容がいいですよ!

 

結論:応募段階で決まります

一旦話をまとめますと、派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴は下記の3つです。↓↓

  • 条件を具体的に広く伝えている
  • 複数の派遣会社を活用している
  • 面接力が高い

 

どれもこれも応募の段階で知っていれば対策できることばかりなので、本記事をきっかけに対策をして貰えたらと思います!

ここまでの内容で「派遣ですぐに仕事が決まる人の特徴」について理解して貰えたと思うんですけど、実は、仕事がすぐに決まるのが良いことではないときもあるんですよ。

 

これだけ最後にお話しますので、もう少しお付き合いください!

 

すぐに決まるのが危険なときもあります

すぐに決まるのが危険なときもあります注意点だけお伝えするので、あと1分くらいで読み終わります!

 

1週間以内に勤務開始は怪しいんです

結論からいうと、1週間以内に勤務開始まで辿り着くところはブラック臭がして怪しいんですよ。

というのも、派遣会社と派遣先が連携しないといけない派遣という働き方において、1週間で就業開始というのは相当に早すぎるわけです。

 

具体的にいうと、先程お話した下記の流れを完了するだけでも大体1週間はかかるもんなんですよ。↓↓

  1. 派遣会社から派遣先へ紹介資料提出
  2. 派遣先が資料を基に書類選考実施
  3. 3者間で顔合わせの日程調整
  4. 顔合わせ実施

 

人手不足ということは共通しているとしても、一般的なケースは、勤務開始までにどんなに早くても面談から2週間くらいはかかるもんです。

ここが早すぎるときに考えられるのは「余程の人手不足が発生している現場」なのか「契約関係が雑な派遣会社もしくは派遣先」なので、良いことはないんですよね。

 

個人的な派遣営業経験からしても、面談をしてから1週間以内に就業した経験のある人は、そのときの派遣会社に対する大きな不満が原因で退職している方がほとんどなので、「就業までが早すぎるところは、やっぱり悪い派遣会社が多いよね」って感じですね!

 

まとめ:複数の派遣会社を活用してリスクヘッジしよう

派遣の仕事をすぐに決めたいのであれば、面接力を高めておいて、複数の派遣会社を活用しながら、条件を広めに伝えていくのがベストです!

めんどくさがって1社に絞ったり、面接対策をサボってしまうほど悪い結果に繋がりやすいので、ササっと行動に移していきましょう!

 

関連のおすすめ記事

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

派遣でよくある不安について解説した記事がこちら

派遣の職場見学についてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!