派遣の悩み

面接に行ったら派遣の営業が最悪【合わないなら使わないのが良き】

面接に行ったら派遣の営業が最悪【合わないなら使わないのが良き】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

転職経験×エージェント×転職ブロガーで生きています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事では、こんな悩みを解決していきます。↓↓

ごりー
ごりー
面接に行ってみたら、派遣の営業が最悪だった。あんなうざいなら、派遣は辞めておこうかな、、、。

 

正直に伝えますと、僕は元派遣営業です。

「同じ派遣営業の言うことなんて信じられるかー!」って思うかもですが、内情を知っているからこそのリアルをお伝えしたいと思います。

 

ということで、面接の段階で最悪だと感じた人に、これから起こり得る3つのことを解説していきます。

派遣の営業が最悪だった後に起こり得ること3つ

派遣の営業が最悪だった後に起こり得ること3つ
  • 面接で応募者を駒として扱う
  • 応募先以外に全く探さない
  • 派遣先に紹介されてもサポートが雑

こんな未来が訪れるかもしれません。どれもこれも、僕の周りにいた派遣営業のリアルなお話です。

 

面接で応募者を駒として扱う

面接官との出会いというのは、転職においてめちゃくちゃ重要です。

応募者をしっかり見てくれる面接官もいれば、自分たちの利益になる駒としてしか見ていない人もいます。

 

面接に行って派遣の営業が最悪だったと感じるときは、後者の様な面接官と出会ってしまったときが多い。

たとえば、駒として見られるというのはどういうことか。

 

一番分かりやすいのが、応募先に紹介できる条件を満たしているかどうかだけをヒアリングしてくるということ。

皆さんの人柄なんて興味ないパターンですね。

 

質問は端的で、応募者の人生や人柄にはあまり興味がないような面接なので、かなり雰囲気は悪いです。

じゃあ、こんな派遣の営業が面接官だったら面接後はどうなるのか、これをお話していきます。

 

応募先以外に全く探してくれない

応募先へご紹介が出来ない場合、派遣の営業は他の候補地を探す努力をしなくてはいけません。

 

あくまでも努力であって、強制ではないことがポイントです。なので、ここで良い派遣営業なのかどうかを見極めることができます。

たとえば、こんな特徴がある派遣営業は良い傾向です。↓↓

  • 事前に候補地を提示している
  • 結果が出てなくても連絡を早くにくれる
  • ご紹介不可の際に候補地を提示してくれる

 

時系列的にも大体上記の通り。ここまでしてくれれば、活用する価値のある派遣営業だと思います。

もちろん、経歴や資格等によっては良い派遣営業さんだとしても案件を紹介して貰えない可能性もありますけどね。

 

それでも、面接のときに「この条件だとここは難しいかもしれないので、他のこんなところはいかがですか?」なんて聴いてくる派遣営業は良いほうですね。

逆に最悪な派遣営業の場合は、下記の特徴があるのでお付き合いには要注意ですね。

  • 他の候補地を聴いても、はぐらかしてくる
  • 応募先が紹介不可の場合の話がない

 

派遣先に紹介されてもサポートが雑

派遣先に紹介して貰えればOKとはならないのが派遣なんですよね。

なぜなら、就業後も派遣営業のサポートを受けていくからです。たとえば、契約更新であったり、時給UPなどの就業条件の向上のときなど。

 

他には、契約内容(勤務日や時間)を変更したい場合に派遣営業の力を借りることになります。

日頃から困ったことや不安なことがないか確認してくれる、一緒に歩いてくれるような派遣営業と出会えたら最高ですね。

 

ただ、これまで話したような最悪な営業が担当の場合、ここのサポートも雑な可能性がめちゃくちゃ高いです。

 

直接会って話を聴いてほしいのに、忙しいことを理由に会ってくれない。交渉をしてほしいのに、100か0かでしか話してくれないなど。

せっかく良い派遣先と出会えても、派遣営業のせいで台無しになるなんてことがあるわけです。

 

就業後に派遣の営業担当を変えるのは、同じ派遣会社で働く限りほぼ不可能。

つまり、残された手段は派遣会社を変えることになります。ただ、他の派遣会社に移ると時給や仕事内容が変更になる場合があるので要注意なんです。

 

まとめ:合わないなら使わないのが良きです

面接のときに最悪だなって思った派遣営業は大抵がそのイメージ通りになります。

面接のときは良い人ぶって、紹介後からほっぽりだすような面倒くさいことをする営業は滅多にいませんからね。

 

なので、もう最悪な派遣営業と出会ってしまったなという人は、無理せずに他の派遣会社を試してみるのをおすすめします。

そして、その疑いがある人も、無理せずに他の派遣会社を探してみて良いんじゃないかなと思います。

 

派遣会社は他にたくさんありますし、同じ派遣先を扱っているところもあるはずです。派遣営業のせいでみなさんが損する未来は絶対に避けましょう。

 

ということで、最後におすすめの派遣会社を2つだけご紹介して終わりたいと思います。条件が合いそうな求人があれば、チャレンジしてみると良いかもですね。

 

おすすめの派遣会社2つ

おすすめの派遣会社2つ
  • 面接で応募者を駒として扱わない
  • 応募先以外に全く探してくれない
  • 派遣先に紹介されてもサポートが雑

これらの可能性が限りなくゼロに近い派遣会社2つをご紹介して終わりたいと思います。

 

顧客満足度が高く、案件数が多いことが特徴

おすすめの派遣会社は下記の2つになります。双方ともかなり大手の会社ですので、求人数はかなり多めです。

おすすめの派遣会社↓↓

テンプスタッフ:求人数とスタッフ満足度を重視する方向け【女性特化】

マイナビスタッフ:有名な企業を含めた求人数の多さを重視する方向け

 

テンプスタッフに関しては毎年スタッフ満足度ランキングで上位にいますね。

 

応募先がダメな場合や、他の派遣先を希望する場合も、しっかりと営業が候補地を探してくれます。

女性限定の派遣会社になりますので、女性の方であれば、まずはここの求人を見てみるのが良いんじゃないかなと思います。

 

ただ、テンプスタッフにはない求人がマイナビスタッフにはあるんなんてこともあります。

なので、選択肢が多くなるように複数の派遣会社にエントリーするのもアリかなと思います。

 

派遣の転職活動時は複数の派遣会社を活用しておくと、かなり早いスピードで転職することができますし、比較もできるのでかなりおすすめですね。

上記2社に関しては下記の記事で詳しく解説しているので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社について詳しく知りたい方向けの記事

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!