仕事の悩み

【派遣営業は続かなくて当然です】派遣営業を辞めたいなら転職すべき

【派遣営業は続かなくて当然です】派遣営業を辞めたいなら転職すべき

 

今日もお疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごり
ごり
派遣営業の仕事ってめちゃくちゃ辛い…。辞めたいって思うのは自分だけじゃないよね…?もう辞めちゃっていいかな…?

 

結論からいうと、派遣営業は続かなくて当然の職種です。めちゃくちゃキツイし、精神的に参ってしまう営業さんもとにかく多い。だからこそ、「もう無理だ」っていう壁を越えられそうにないなら、ササっと転職すべきです。

僕も派遣営業経験があるのでよく分かりますけど、正直おすすめするような仕事ではないかなと…。

 

派遣営業に興味がある方、もう既に派遣営業をしていて辞めようか考えている方。本記事は、両方にとって有益な内容となっています!

3分ほどで読み終わります。

派遣営業は続かなくて当然の仕事です

派遣営業は続かなくて当然の仕事です経験者視点でいうと、派遣営業は何年も続かなくて当然のお仕事かなと。というのも、派遣営業って3方向からのストレスで悩まされるお仕事だからですね。

ストレス耐性が優れていないとマジでやっていけないわけですが、1つ1つ分解して考えてみましょう。↓↓

  • 派遣スタッフからの辛いこと
  • 派遣先からの辛いこと
  • 派遣会社からの辛いこと

 

派遣スタッフに振り回されるのはよくある

僕が派遣営業をしていた頃、下記のことでストレスフルだった記憶がありますが、現役さん方はめちゃくちゃ共感するはずです。↓↓

  • 派遣先との面談をドタキャン
  • 就業開始日に来ない
  • 時給上げのしつこい要求
  • 即日で辞めようとする

 

もちろん、良い派遣スタッフさんもたくさんいるんですよ。ただ、人事部が正社員の人を面接して、その人が入社するまでサポートするのとはわけが違うんですよね。(笑)

「うそだろ!?」って悪い意味で驚かされる頻度が多いですし、簡単に人を信用できなくなるのが派遣営業です。

 

逆に、人に対して冷たい部分も持てる方じゃないと直ぐに辛くて辞めちゃうかなって感じですね。

ただ、派遣スタッフからの辛いことで収まればただの管理職のスモール版で収まるんですけど、厄介なの派遣先と派遣会社からのストレスも絡んでくるってことですよね。

 

派遣先からの理不尽さに耐えることが多い

派遣先からのストレスもめちゃくちゃ厄介でして、大きく理由を分けると下記の2つ。↓↓

  • 派遣について無知であること
  • 派遣スタッフの悪態=営業への評価

 

派遣について知らない派遣先あるあるの1つが、「派遣先との職場見学(顔合わせや面談)まで進んだら採用しないといけない」というルールを知らずに不採用にしてくることですね。

法律的にアウトなんですけど、これを普通にしてくる派遣先は多いんですよね。派遣営業もこれには困惑です。派遣先との関係によってはあまり強く言えないときもあるので、派遣会社側が折れるしかないんですよね。

 

そして、一番辛いのが、「派遣スタッフの悪態は全て派遣営業の責任問題」です。

当然と言えば当然なんですけど、派遣営業としても想像してなかったような状況が頻繁に起こります。優しく対応してくれる派遣先もあれば、怒声を撒きちらす派遣先もいたり。「それは私のせいじゃないし、どうしようもなかったのに…」っていうのが通用しないんですよね。

 

派遣会社からのノルマがキツイ

ほどんどの派遣会社にはノルマがあります。「月に何人派遣しないといけない」って感じですね。そのノルマがあるゆえに、採用しないほうがいい応募者を採用してしまったり、採用するために募集内容を嘘ついたりする営業さんがいるわけですね。

ただでさえ、派遣スタッフを管理するだけで大変なのに、派遣会社からのノルマもある。そりゃあ、精神的にキツイお仕事ですよね。

 

ノルマに対してインセンティブなどがあれば別ですけど、派遣営業ってそこまで給料も良くないですからね。派遣といえば、「派遣会社が儲けている」という風潮がありますけど、派遣というビジネス自体全然儲かりにくいですから。

だったら、転職エージェントをしたほうが儲かります。お金の話で申し訳ないですが、これが現実なんですよね。

 

結論:とりあえず謝るしかないのが派遣営業

「派遣営業とは」という問いがあったとすると、「とりあえず謝るしかない、まさにサラリーマンの仕事」と答えるかなと。もちろん、スタッフをサポートすることにやりがいを感じることもありますよ。

良い面もありますけど、圧倒的にストレスフルな部分の方が強い仕事ですからね。派遣会社にもよりますけど、3年続けばめちゃくちゃ立派だと思いますね。

 

なので、断定してしまうと、これから派遣営業に転職しようかなと思っている方に派遣営業はおすすめしません。もう派遣営業が辛いと悩んでいるなら転職もアリです!

最後にここを深堀りして終わりますね。

 

派遣営業はおすすめしません

派遣営業はおすすめしませんこれから目指すのもおすすめしませんし、ある程度頑張ったなら無理せずに転職してもいいかなと。派遣会社自体がブラックなところもあるので、無理しないのが大切です。

 

これから派遣営業を目指すのは非推奨

とりあえず、派遣業界には無理して足を突っ込まない方がいいです。(笑)

営業の経験が必要なら他にもいくらでもありますし、既に営業経験があるなら転職エージェントを目指した方がいいかなと。

 

どうしても派遣営業に挑戦するのであれば、しっかり派遣会社は見極めたほうがいいです。訴えられたりするのは嫌なので会社名は出さないですが、基本的に規模が小さくて、待遇条件に安定要素がないのは怪しいです。

スタッフからの評価が悪いところは、基本的に営業からの評価も悪いですからね。そこらへんを調べて参考にして貰えたらと思います!

 

もう派遣営業が辛いなら転職すべき

既に派遣営業として働いていて、「もう辛くて耐えられない…」と感じているのであれば、無理せずに転職すべきです。

僕も経験者なのでよく分かりますが、スタッフへの時間外対応だったり、派遣先からの苦情連絡などなど、本当に辛いお仕事ではありますからね。人を扱うって本当に大変です。

 

最低でも1年、出来たら2年くらいは職歴として残した方がいいのは正直なところですが、それでも精神的部分で次の転職に影響するくらいならササっと退職しちゃいましょう!

1つくらい短い職歴があっても、次もしくは今までで長期期間働いた経験があれば、何とかなるもんです。

 

とはいえ、引継ぎ等ですぐに辞められないでしょうし、そもそも退職届を受理してくれない場合も考えられます。

後者の場合は、めちゃくちゃブラックな派遣会社だと思うので、自力で退職しようとしたらかなり苦労するかなと。なので、少しお金はかかりますけど、退職代行とかでキッパリ退職してしまうのもアリかなと思います。

 

参考程度に退職代行の記事を貼っておくので、お金ではなく、精神的に余裕がなさそうな方は参考にしてみてください。

参考記事:男性に特化した退職代行サービスまとめ

参考記事:女性に特化した退職代行サービスまとめ

 

結論:派遣営業を辞めたいなら転職すべき

派遣営業をずっと続けるなんて現実的に無理だと思いますし、本当に無理な人は半年もたないような仕事です。なので、精神的に立ち直れなくなる前に辞めることをおすすめします。

何より、同じく派遣営業を経験している僕の正直な意見ですので、合わないならササっと転職したほうがいいです!

 

こういうときは、「たかが仕事」理論で考えて、視野を広くして考えていきましょう!

 

関連の参考記事

参考記事:男性に特化した退職代行サービスまとめ

参考記事:女性に特化した退職代行サービスまとめ

参考記事:派遣の不安解消&相談ページ

※↑派遣営業としての相談でも、いつでも受け付けます。

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!