派遣の悩み

派遣でよくある即日勤務の意味を派遣営業経験者が解説【落とし穴有】

派遣でよくある即日勤務の意味を派遣営業経験者が解説【落とし穴有】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

本業でエージェント業務を、複業で転職ブログを運営しています。

月に1万人以上が訪れる本ブログでは、転職や派遣に関する記事を投稿しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣でよくある即日勤務ってどういう意味なの?

 

結論からいうと、面接の際によく聴かれる即日勤務希望という意味は「派遣会社と派遣先に合わせますよ」という意味合いがかなり強いです。

そして、即日勤務を希望したからといって、すぐにお仕事を始められるとも限りません。

 

上記が落とし穴の1つでして、もう1つ絶対に気を付けてほしい落とし穴もあるんです。

もう1つの落とし穴と併せて、派遣における即日勤務の意味について本記事で深堀していきますね。

 

派遣における即日勤務の意味を解説

派遣における即日勤務の意味を解説僕は派遣営業経験があるのでかなり内情を知っています。

その経験から応募者のみなさんが知っておいたほうがいい即日勤務の意味が下記の通りです。↓↓

  • 即日勤務を希望しても実際は難しい
  • 即日勤務できない方が安心安全

 

即日勤務希望でも本当に即日からは無理

これがリアルなところでして、即日勤務を希望しても本当に面接の即日から働けるところは滅多にないです。

なぜかというと、派遣会社と派遣先は繋がっていないからです。

 

たとえば、派遣会社の営業が応募者と面接をしたら、下記の通りのことをしていく必要があります。↓↓

  1. 応募者の紹介書を作成し、派遣先へ提出
  2. 派遣先から顔合わせの可否返答待ち、日程調整
  3. 顔合わせ、派遣先の選考待ち
  4. 入職書類準備

 

これらを1日で終わらせることはどうやっても不可能ですよね。

1日で終わらせられても紹介書の作成と顔合わせの日程調整くらいなもんで、その先は絶対に1日やちょっとなんかでは終わりません。

 

なんなら入職書類準備の後に制服試着であったり、オリエンテーションに参加だったりするところもありますからね。

なので、どんなに早くても2週間、遅ければ1ヶ月くらいは掛かるのが平均的です。

 

そして、これから分かるめちゃくちゃ大事なことがありまして、それが「即日勤務できるところは怪しんだよ」ってこと。

これがもう1つの落とし穴なんです。

 

本当に即日勤務できるところは怪しいです

即日勤務できるからといってそれが良いこととは限らなくて、どちらかというと怪しい派遣会社が圧倒的に多いんです。

というより、下記のようなことを言われたらとにかく警戒しておいたほうがいいですね。↓↓

  • 「即日勤務できます!」
  • 「明日から働いてくれませんか?!」
  • 「1週間以内に勤務開始できます!」

 

いやいや、本当に即日勤務なんて考えられないです。

派遣先の採用担当だって暇じゃないですし、紹介書だけ見て採用するところなんてないですし、あっても絶対にそんなところで働くのは辞めた方が良い。

 

でも、なんで即日勤務ができると主張する派遣会社があるのか。それは単純に人が足りないんです。

人が足りないから「即日勤務可能!」という呼び込みをつかって、出来るだけ多くの応募者を集めるわけです。

 

そして、挙句の果てに「即日勤務は可能だけど、最初の数日分は契約書が出来ていなかったから給与が出ません」なんてことを言いだす。

就業を急ぐ理由があるのも分かりますし、気持ちも分かりますが、本当にこの罠にはかからないほうが良いです。

 

あとで損するのは必ず無理をしてしまった応募者と派遣会社ですからね。

 

結論:即日勤務の目安は2週間後からです

ということで、即日勤務というのはあまり期待しないほうがいいですし、本当に面接の翌日から働けることなんてあり得ませんし、可能であっても信頼できません。

即日勤務の目安は2週間くらいなんだと思っておくくらいが丁度いいですね。

 

少なくても派遣会社としてはそう思っているので、そこの基準に合わせつつ、出来る限り早めに就業開始出来るように対策をしていきましょう。

ということで、最後にその対策についてお話して終わりたいと思います。

 

もう少しだけお付き合いくださいね。

 

派遣で即日勤務したいときにすべきことを解説

派遣で即日勤務したいときにすべきことを解説派遣の仕事をどうしても即日から始めたい、どうしても出来るだけ早くから始めたいという方がすべきことは下記の通りです。↓↓

  • 面接時に今後の流れを確認する
  • 複数の派遣会社を利用しておく

 

面接のときに今後の流れを確認する

「即日勤務できます!」なんてことが求人に書いてあるなら、必ず面接のときに今後の流れを確認しておきましょう。

派遣会社側から説明させるってのが重要なんです。

 

具体的に何を確認すればいいのかというと、主に下記の3つのこと。↓↓

  • 派遣先との連携がしっかりあるのか
  • 就業開始までの期間の目安

 

先程もお話しましたが、まずは派遣先に提案するための紹介書の作成、そしてそれを提出してから派遣先が会ってみたいと決めるまでに3日~1週間程度はかかります。

なので、まずは今後のスケジュールの中に派遣先との連携がしっかりあるのかを確認してください。

 

ここの説明がなかったり、「1日で大丈夫」と言われたら必ず詳細をヒアリングしておくこと。

この時点で怪しさはありますので、どうしてもその派遣会社で雇用されたいならヒアリングは必須になります。

 

もし、他の派遣会社でも良いのなら、この時点で怪しい派遣会社とは縁切りしておいたほうがいいかなと思いますね。

 

複数の派遣会社を利用しておく

就業開始を出来るだけ早くする方法の1つが「チャンスを逃さないこと」です。

「A社に落ちたからこれからB社の求人を見て、もしなさそうだったらC社の面接を受けてみようかな」ではなく、最初から候補の全派遣会社の面接を受けてみること。

 

1社だけで決まる可能性の方が少ないので、最初から先を見越して複数の派遣会社を利用しておいたほうが圧倒的に効率的です。

具体的には2~3社くらいとは面談をしておいたほうがいいかなと思います。

 

一気に複数の派遣会社を利用して、ダメだった時に今後利用できなくなるんじゃないかと思うかもですが、この心配は必要ないんです。

派遣会社からの評価が良ければ、そのときに紹介に結びつかなくても、再度活用したときに紹介先を提案してくれます。

 

保険のかけ方としては、下記のように伝えておけばOKです。↓↓

  • 時期を改めて応募させてください
  • 現職を退職したときは是非とも紹介をお願いします

 

言葉は上記のようなので大丈夫ですが、あくまでも面接での高評価あっての保険なので、興味のある派遣会社には手を抜かずに面接をしておきましょう!

 

ちなみに、おすすめの派遣会社についてまとめた記事を貼っておきますので、良かったら参考にしてみてくださいね。

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

僕のコネが使える派遣会社についてまとめた記事がこちら

 

まとめ:即日勤務の効果はあまりないです

本記事では即日勤務の意味についてお話してきましたが、実際に即日から働けるところはありませんし、あったとしたら怪しさ満点の派遣会社ですね。

つまり、即日勤務の効果っていうのはあまりなんだなってこと。

 

派遣会社としても、応募者が即日勤務を希望していたら「派遣会社と派遣先側の都合で早めに決められるな」くらいにしか思っていないです。

契約書などの入職手続きを含めて時間は必ずかかってしまいますからね。

 

2週間後くらいから働き始められるかなっていうのが目安になりますので、複数の派遣会社を利用しながら出来るだけ早く勤務開始できるよう努力していきましょう!

 

本記事でご紹介した記事

おすすめの派遣会社についてまとめた記事はこちら

僕のコネが使える派遣会社についてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!