派遣の悩み

派遣を1日で辞めるのは可能【辞職方法とそれより大事なことを解説】

派遣を1日で辞めるのは可能【辞職方法とそれより大事なことを解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

ササっと自己紹介をしますと、毎日サラリーマンとして本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています!

 

さてさて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣を1日で辞めることってできるの?どんな理由だったら辞められるの?

 

結論からいうと、派遣を1日で辞めることは可能です。辞める方法も意外と簡単なので、ここは一瞬の苦労かなと。なんですけど、大事なのはその先のお話になります。

ここを適当にすると長い苦労に繋がりますので、本記事を参考にして、しっかりと考えながら損しないように行動していってほしいです!3分ほどで読み終わります。

派遣を1日で辞めるのは可能です

派遣を1日で辞めるのは可能です派遣は意外と簡単に辞められます。「1日で辞めるのはさすがに無理でしょ」って思うかもですが、逆に1日のほうが辞めやすいんですよね。

 

可能だけど、本当に辞めて良いのか少し考えよう

ということで、派遣を1日で辞める方法を解説していこうと思うのですが、その前に1つだけ考えてみてほしいことがあります。

それが、「本当に辞めていいのかな?」ってことですね。

 

そう言われると少し迷っちゃう人も多いかなと思います。全く迷わずに辞めたいですって言いきれる人はごくわずかですからね。どっちが良いとか悪いとかはなく、これは本当に個人差によります。

大切なのは、辞職願望の中にある感情の見極めです!

 

一時的な感情であればもう少し考えたほうがいいかもしれないんですけど、将来性を考えた上での感情ならササっと辞職してもいいかなと。例えば、こんな感じですね。↓↓

一時的な感情→働くの怠い、面倒、休んでいたい

将来性含む感情→キャリアプランを叶える為には辞めるべき

 

あくまでも一例ですが、キャリアプランとかの将来性を考えた上で、一時的な感情に流されていないのなら、辞めてもいいんじゃないかなと思います。

ここを少しでいいので考えてみてくださいね。考えた上で退職したいという方は次に進みます。

 

派遣を1日で辞める方法を解説

冒頭でもお伝えしましたが、派遣を1日で辞めるのはめちゃくちゃ簡単です。

なぜ、簡単だと言い切れるのかというと、実際に自分のスタッフに1日で退職された経験が僕にはあるからです。派遣営業として誇れることではありませんが、声を大にしてお伝えしたいと思います。(笑)

 

まず何よりも伝えたいのは、初日から2週間以内に退職する人はめちゃくちゃいるよってことですね!

めちゃくちゃは言い過ぎかもしれませんが、みなさんの想像よりも多いんじゃないかなと思うんですよ。もちろん、派遣先や職種にもよりますが、それでも派遣営業としての感想でいうとそこまで珍しいことではないんです。

 

なので、事例はたくさんあるので安心してください。じゃあ、ここから焦点をあててほしいのが「どうやって1日で辞めるのか」ってことです。

結論からいうと、1日で辞める方法は根性論になってきます。理由は簡単でして、辞める理由を伝えた後に必ず引き留めにあい、それを振り切らなければならない未来が待っているからですね。

 

「1日で辞めるなんてあまりに身勝手過ぎます。少なくとも契約期間は守ってください」って派遣営業から言われるのがオチ。派遣先から余程悪い評判を受けていれば別ですが、基本的に1ヵ月以内の退職を簡単に認める派遣営業はいないと思っておいてください。

どんな理由であってもこの状況は避けようがないです。無理に避けようとするほど、後々自分が損をするようになります。シンプルな分、根性を要するのが短期での退職ですからね。

 

なので、思っていた仕事内容と違ったとか、やっぱり他の仕事がしたいとか、本当に退職理由は何でも構いません。

重要なのは「辞めたい意思をどこまで負けじと主張できるか」ですからね。念のため、よくある退職理由をご紹介しておきます。↓↓

  • 聴いていたよりも仕事内容がキツイ
  • 両親の介護をしなくてはいけない
  • 働き方が自分に合わない

 

連絡しないで辞めるのは絶対にやめよう

念のためお話しておきますが、連絡しないで辞めるのは絶対におすすめしません!

誰かに迷惑がかかる状況で楽をしていると、必ずどこかで損をすることになります。現実的な話をすると、まず最初に困らせてくるのが派遣営業ですね。

 

営業担当から鬼電がかかってきたり、家に営業担当やその上司がくるなんてこともよくあります。そんなことになったら想像するだけでも面倒じゃないですか?僕だったら絶対に嫌ですね。(笑)

僕も上司と一緒に派遣社員の自宅に訪問したことがありますけど、派遣社員からしたら警察に追われているみたいで怖い話ですよ。

 

退職の意思を伝える怖さも、面倒な気持ちもよく分かりますが、所詮は一瞬の苦労です。でも、ここを避けようとするとめちゃくちゃ面倒くさいことに発展しやすい。

なので、ササっと伝えてしまいましょう!

 

結論:一瞬の苦労なので即行動しよう

ということで、ささっと一瞬の苦労を終わらせてしまいましょう。こういうのは考える時間が長くなるほど、どんどん言いづらくなっていきます。理由をどうするのか。止められたらなんて言うのか。妥協できるのかどうか。

少なくとも、このあたりを考えておけば何とかなるもんです。ささっと行動に移して、前に進んでいきましょう!

 

ただ、いまのみなさんにとって一番大切なのは、辞める方法よりも辞めた後のことです。

辞めるまでは単純な根性論作業ですけど、辞めた後の行動はしっかり考えていかないとですからね。最後にここをお話して終わりたいと思います。

 

辞めた後の転職活動でするべき2つのこと

辞めた後の転職活動でするべき2つのこと1日で辞めた後の転職活動。これからの人生を左右する分岐点です。しっかり考えていきましょう!

 

なぜ1日で辞めたのかをうやむやにしないこと

まずは、同じことを繰り返さないように、なぜ1日で辞めることになったのかを明確にしておくのが大事ですね!

何が原因で1日で辞めようと思ったのか。何で1日で辞めると決めたのか。今回のことで分かった自分に合う環境とは何なのか。

 

言い方が間違っているかもしれませんが、失敗したって次に活かせば問題ないですから。原因を突き止めて、次は同じことがないようにする。これが大事ですね!

僕も過去に同じようなことを経験しています。テニスコーチになろうとしたり、レストランのオーナーになろうとしたり、起業活動に挑戦したり。ここには書ききれないくらいのキャリアミスを犯してきました。

 

きっと現実に染まりきった人からすれば、僕は数多くの失敗を経験しています。でも、個人的には失敗って成功するまでのただのトレーニングでしかないと思っています。

あなただって同じはずなんです。

 

トレーニングから抜ける人もいるでしょうし、まだトレーニングが続く人もいると思います。だけど、次が良ければそれは成功といえますし、次がダメだったらその次に成功すればいいんです。成功するまで一緒に進んでいきましょう!

そのために、まずは同じことを繰り返さないように原因を明確にしておきましょう!

 

面接のときに出来るだけ情報を引き出そう

派遣を1日で辞めてしまう方は、大きく下記の3つのタイプに分けられます。↓↓

  • 派遣会社に騙された人
  • 想像と現実のギャップが大きい人
  • あまり深く考えずに就業した人

 

どれも同じくらいの割合でいらっしゃいまして、一番最悪なのは「あまり深く考えずに就業した人」ですね。同じ派遣会社では二度と採用されなくなるし、何より時間を無駄にしているので勿体ないです。

とはいえ、既に起きてしまったことはどうしようもないですよね。大切なのはどう同じことを繰り返さないかということですよね。

 

結論からうと、解決方法はどれも同じでして、「面接のときに出来るだけ情報を拾い上げる」ことを意識するのが大切です!

派遣会社との面接と派遣先との面談の両方で出来るだけ多く細かい情報を拾い上げていけば、派遣会社に騙されることもなくなれば、想像と現実のギャップを限りなく小さくすることが出来ますからね。

 

まとめ:良い派遣会社を使うのが一番の解決策です

直接的な原因ではないかもしれないですけど、派遣会社や担当営業が適当なところほど、離職率は高くなっています。面接時の説明が適当だったり、就業後のフォローが適当だったりが理由ですね。

なので、変にマイナーな派遣会社や悪評の多いところは使わないことをおすすめします!

 

あとは、自身の努力次第でどんどんキャリアは良くなりますからね!おすすめの派遣会社については下記の記事でまとめているので、良かったら参考にしてみてください。

参考記事:おすすめの派遣会社3選についてまとめ

 

派遣や転職について不安や悩みがあれば、是非早いうちに相談してください!完全無料・個人情報不要で相談受付中です!ご相談については下記の記事でまとめていますので、そちらを参考にお願いします。

参考記事:【完全無料】派遣の不安解消&相談ページ

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!本ブログがみなさんのお力になれたら嬉しいです。