派遣の悩み

派遣を辞めたいと言いにくい方へ【計画的に上手く辞める方法を解説】

派遣を辞めたいと言いにくい方へ【計画的に上手く辞める方法を解説】

 

毎日お疲れ様です、てんたです。

簡単に自己紹介をしますと、本業で正社員や派遣のエージェント業務をしながら、複業で月に1万人以上が訪れる転職ブログを運営しています。

 

さて、本記事ではこんな悩みを解決します。↓↓

ごりー
ごりー
派遣を辞めたいってすごく言いにくい。問題にならずに上手く辞められる方法ってないの?

 

「派遣を辞めたい!」っていうのを言いにくいということは、多少恩義があったり、衝突を避けて辞める方法を知りたいはずですよね。

そこで、派遣営業経験者の僕が「派遣元側がスタッフからこうされたら背中を後押しするしかないな」っていう退職方法をお話していきたいと思います!

 

ここまでして辞めさせて貰えないようならブラックと言ってもいいくらいなので、恩義なんて感じずにササっと退職しちゃって良いと思いますよ。

4分あれば読み終わりますので、最後までお付き合いくださいね~!

辞めたいと言いにくいときに上手く辞める方法

辞めたいと言いにくいときに上手く辞める方法上手く辞めるというと、派遣会社からのしつこい引き留めに遭わなく済むとか、次の転職先にスムーズに移行できるとか大体そんな感じですよね。

じゃあ、その為にどうすればいいのかというと、「派遣会社が困るような退職状況にしない」というのが重要になってきます。そこで大事なのが下記の2つ!

  • 派遣営業を困らせる要素を潰す
  • 自分の将来の為だとごり押しする

 

派遣営業を困らせる要素を潰す

派遣営業が困るような状況を作らないのはめちゃくちゃ大事です。じゃあ、どんなことが起きると派遣営業は困るのかというと下記の3つ。

逆に言えば、この3つのことで困らせないようにすれば、すんなりと退職できますよ!

  • 後任が決まらない
  • 契約満了の前に辞めようとする
  • 勝手に次の転職日が決まっている

 

後任が決まらない問題

派遣営業視点でお話しますと、後任を決めれてもいないのに退職者を出してしまうと、会社からも派遣先からも怒りを買うことになります。

会社からは「1人いなくなった分の損失はどうするんだ!早く埋めろ!」と言われ、派遣先からは「1人いなくなった分、うちの常勤がカバーしないとなんだけど!」と言われるわけです!

 

なので、基本的には後任が決まってから退職してもらうようにするので、それがまだ決まっていないようなら簡単に直ぐに辞めることはできないかなと思いますね。

逆にいえば、早めに退職意思と時期を伝えて、後任を見つける時間を作ってあげて、上手く後任が見つかれば、すんなりと円満に辞められますよ!

 

契約満了前に辞めようとする問題

基本的に働く期間は契約で定めているので、それを破って辞めようとすると、派遣会社と派遣先でトラブルになることが多いんです。

派遣会社としては、派遣先から「正式な契約として働く期間を決めているのにどういうつもりだ!退職する分他のスタッフがカバーしないとなんだから、そのカバーするスタッフの給料を補填しろよ!」って言われて、ひたすら謝るしかない。

 

僕も同じような経験がありますけど、まあ営業としては辛い時間なわけですよ。会社からも派遣先からも責められるわけですからね。

もちろん、みなさんの人生もあるので、ここはそんなに気にしなくてもいいとは思います。

 

でも、派遣営業が困るという事はみなさんの退職を止めようとしてくるということなので、契約期間を意識して退職予定を計画するのが良いかなと思いますね!

 

勝手に次の転職日が決まっている

「もう次の転職先に勤め始める日が決まっているので、それまでに辞めさせてください」っていうのがたまーにあるんですけど、これはめちゃくちゃ大問題になるのでやめた方が良いです。(笑)

そりゃあそうですよね、退職日が決まっていないのに入職日が決まっているなんて派遣会社としても派遣先としても迷惑でしかないですもん。

 

何が言いたいのかというと、「退職日は勝手に決めないでしっかり話しあって決めようね」ってことです。

そうしないと派遣会社から、もしくは派遣先から嫌がらせの様なことをされる可能性が大ですし、実際にそのくらいのことをしちゃってますからね。

 

「派遣会社がめちゃくちゃブラックで絶対に辞めさせてくれなそう!」とかだったら話は変わってくるんですどね。

上記の場合の対処法は記事の後半にお話しますね!

 

自分の将来の為だとごり押しする

「自分の将来の為だとごり押しするって派遣会社と営業さんを困らせてるじゃん!!」って声が聞こえてきますが、これはあくまでも先程お話した3つのことを守っても辞められなかったときに使える手段のイメージですね。

「ここまで派遣会社が困らないようにしたから、自分の将来の為だと理解して辞めさせてくださいね」って伝えれば、本当のブラックじゃない限り退職はさせてもらえます!

 

具体的にどんなことを言えばいいのかというと、例えば、「ずっとチャレンジしたかった職種があって、良い企業が募集をし始めたから、もし受かったら来月末までの契約で満了にしてください」とかですね。

もしくは、「生活していくためにも正社員に転職しないと食っていけない」とかとか。

 

ここまですれば円満に退職できるので、辞めにくいと悩んでいる方は計画的に実践してみてください!

 

結論:派遣元が困らなければ簡単に辞めれます

一旦結論ですが、派遣元である派遣会社が困らなければ簡単に辞められるので、退職したいと言いづらい方はここを意識して退職計画を考えるといいかなと思います。

具体的には下記のことに注意!って感じですね。↓↓

  • 後任を決めてもらってから辞める
  • 契約期間は守って辞める
  • 勝手に退職日を自分で決めない

 

ただし、ここまでしても辞められないような派遣会社もあるのが現実です。

いわゆるブラック企業、ブラックな派遣会社になるわけですが、どっちかというとこういう派遣会社のほうが少し多いかなというのが派遣営業経験者の僕の見解。

 

そんなブラックな派遣会社のためにみなさんが潰れてしまうのは可笑しな話ですので、最後にその対処法についてお話して終わりたいと思います!

 

どうしても言い出せないならお金を使おう

どうしても言い出せないならお金を使おう退職させてもらえないような派遣会社にいるとき、そして、どうしても辞めたいと言い出せないときは思い切ってお金を出してでも退職するのが良いかなと思います。

要は退職代行サービスを使ったほうが効率的に、変にストレスを受けることなく辞めれますよってことですね。

 

退職代行は確実に辞めれる

なんでお金を出してまで退職代行を使う人がいるのかというと、「退職代行サービスを使えば確実に退職可能」だからです!

そして、確実に退職ができるとなると、下記のような良いことが付随してきます!↓↓

  • 転職活動に集中しやすくなる
  • 次の転職先が決まりやすくなる

 

まず、退職代行が退職に関する交渉を全て代わりにしてくれるので、退職に対して余計なストレスがかからない分、かなり転職活動に集中しやすくなります。

そして、退職がスムーズに進む分、転職先での勤務開始日が決めやすくなるので、次の転職先が決まりやすくなるんです!

 

おそらく、辞められないで悩んでいる人にとっては一番うれしいことかなと思います。退職日が決まらない限りはどうやっても転職が上手くいくことはないですからね。

3万円くらい払って、転職活動の大きな邪魔になる虫を駆除できるならササっとしたほうが良いかなと個人的には思いますね!

 

おすすめの退職代行サービス

ちなみに程度の紹介ですが、個人的におすすめの退職代行サービスが下記の通りです。↓↓

  • わたしNEXT
  • 男の退職代行

 

両方とも「toNEXTユニオン」という退職代行会社が運営していまして、厳しい審査を通った僅かな退職代行しか貰えないJFAA特級認定というのを取得している優良退職代行ですね。

おすすめの理由は主にこちら。↓↓

  • 利用料金が比較的安めの3万円
  • 優良退職代行の証明となる資格取得
  • 確実に退職ができること

 

良いことばかりを伝えても信用性がないと思うので、デメリットが気になる方は下記の記事で存分に解説していますので、良かったら参考にしてみてくださいね!

女性に特化された「わたしNEXT」についてまとめた記事はこちら

男性に特化された「男の退職代行」についてまとめた記事がこちら

 

まとめ:言いにくい人こそ計画性が命です

何も対策していないのに、すんなりと辞めさせてくれるような派遣会社はほぼありません。

「勇気を出して言えば大丈夫だよ!自分の人生を優先にして!」っていうのも正解ですし、その通りだと思うんですけど、その方法が合わない人もいるわけですよね。

 

そういう方の場合は、とにかく計画性が重要になってきます。

具体的に考えることは本記事で解説したことで大丈夫ですので、派遣元側がすんなり辞めさせてくれるようにこっちから誘導していきましょう!

 

それでもどうしても辞められないという方は、退職代行も視野に入れて考えても良いかなと思いますね!

 

本記事でご紹介した記事

女性に特化された「わたしNEXT」についてまとめた記事はこちら

男性に特化された「男の退職代行」についてまとめた記事がこちら

 

てんた
てんた
最後までお読みいただき、ありがとうございました!